ヒラバーおじさん

平場(主にダート)をたまに予想するブログ 逃げ馬より差し馬

東京11R 東京優駿

◎17ヴァルコス 14着
◯5コントレイル 1着
△3ワーケア 8着
△10コルテジア 12着
△6ヴェルトライゼンデ 3着

ヴァルコスはスタート後にスッと好位につけて運ぶも直線で伸びず。横山典Jが途中で捲っていったのでペースが上がると思いきや誰も動きませんでしたね。もしあそこからペースが上がって消耗戦になっていればどうなっていたかは気になりますが、ノースヒルズ軍団は絶対に動かなかったでしょう。でも三浦Jは希望通りの競馬をやってくれましたので何も文句はありません。この臨戦過程で良くやってくれました。菊花賞でも買いたい馬ですね

コントレイルはいやあビックリですね。何も語る事はありません

ワーケアは足りませんでしたね。というか仕上がってなかったと思います

コルテジアは勝ち馬を良くサポートしました。直線では垂れましたが、次は1800mぐらいの距離で買ってみたい

ヴェルトライゼンデは道中勝ち馬の後ろという絶好のポジションで運びました。最後は団子状態の中、3着を確保。こういうところは流石ですね池添J


FullSizeRender

ダービーなので金額を多めに張りましたがハズレ。でもこの状況の中で何とか無事に一生に一度の大レースを見届けられて良かったです



5月30日
京都10R  東大路ステークス

◎11ケイアイパープル1着
◯16ハギノアトラス 4着
▲5スペクター 3着
△12ストーミーバローズ 11着

ケイアイパープルはスタート後押して押して外の番手ポジションを確保。あのスロー逃げで誰も仕掛けて来なかったので楽に運べたというのもありますが、テン乗りでも理想的な競馬をしてくれました。揉まれ弱い馬なので次走内枠に入った時がどうなるかは注目ですね

ハギノアトラスは絶好のスタートだったので逃げるかと思ったらストーミーバローズが壁になって無理に行かず道中は5番手のポジションに落ち着く。4角で押し上げて行くも直線で1着馬と2着馬に置いていかれた。もう1列前で運んで欲しかったですが、直線は案外伸びませんでしたね。外枠で外を回された事と休み明けで体重12キロ減が響いたんでしょう。次走は阪神を使って小倉の薩摩Sかハンデ戦の釜山Sが目標なんですかね

スペクターはスローな流れを3角から押し上げて3着を確保。3角からの早仕掛けが板についてきたように感じます。最後は良い脚を使うので後は前半の位置取りだけですね

ストーミーバローズは好位で運ぶも勝負所で反応せず。理由は分からないですが、ブランクが少し長かったですからメンタルがまだ戻っていないというのもあるんでしょうか。使いつつですね

2着のアヴァンセは幸J騎乗。京都の最終週で気合いが入っていたのか、この日の幸Jの成績は2-2-1-4と好調。それに気づいて◎との馬連を上手い事買えた人も多いんじゃないでしょうか



東京11R 欅ステークス

◎9リュウノユキナ 9着
◯15アディラート 3着
▲5ミッキーワイルド 2着
△11タガノアム 4着
☆10メイケイダイハード 11着

リュウノユキナは好位につけて直線抜群の手応えも残り100m程で失速。距離が少し長かったのでしょうね。騎乗については文句の付け所は無かったと思います。次走は夏の新潟のNST賞が目標ですかね。楽しみです

アディラートは残り200m前後で手応えが怪しくなるも残り100mのところでまたグイッと伸びましたね。鞍上が必死に追って応えてくれた感じです。良い騎乗でした

ミッキーワイルドはまさか後方からの競馬になるとは思いませんでしたが、直線残り200mで鞭を2回入れただけで急加速。すごい伸びでした。この馬はやはり強いですね。少し侮ってました。あの位置から落ち着いて運んだルメールJも流石でした

タガノアムはまあ定位置といった感じでしたが、残り400mの地点で狭くなっていたミッキーワイルドの内を突こうとしていたのが解せませんね。まあ外に出せるか際どいタイミングでもありましたが、もし出していたら3着はあったでしょう

メイケイダイハードはまあ見所無し。私の見る目がありませんでした。すみません。ちなみにこの馬、グリーンチャンネルのパドック推奨の1番手でした。紹介されるとオッズが急に下がってビックリしました。無観客競馬になる前はこんな事は無かったので、やはり結構観ている人が多いんでしょうね



京都12R

◎11リシュブール 6着
◯1ケイアイターコイズ 4着

リシュブールはスタートから出して行けたところまでは良かったのですが、外からシャイニーロックが被せてきて番手を取れませんでしたね。あの速い流れでも最後は粘っていたワケですし、前半スムーズなら馬券内はあったと思います。悔しかったですね

ケイアイターコイズはシャイニーロックに終始プレッシャーをかけられ厳しい流れでした。それでも4着ですから次走も期待できますよ



東京12R

☆14テンノサクラコ 8着

14人気ながら良く頑張ったと思います。ただ、さすがに引退の文字は見えてきてますね



5月31日
京都5R

◎9サウンドワイズ 6着
◯15ソプラドール 3着
▲12ディーズローリエ 2着
△8ロゼキルシュ 9着
△3ボルサリーノ 10着

サウンドワイズは余裕でハナを切れそうなテンの速さだったが3番手に控える。前半34秒ではさすがに残れませんでした。それでも6着ですし上積みも見込めます。次走は阪神に出してくるでしょうから楽しみです

ソプラドールはやはり距離短縮がハマりましたね

ディーズローリエは外枠から後方でじっくり溜めて4角ではかなりの手応えでしたね。展開を決め打ちして運んだ鞍上の好騎乗です

ロゼキルシュは中団に控えた時点で終了

ボルサリーノは3角手前で手応えが怪しくなった。もう少し馬場が湿った方が良かったですね



東京9レース 薫風ステークス

◎2ビービーガウディ 7着
◯7サンチェサピーク 1着
△3シベリウス 11着

ビービーガウディは直線に入ったところで詰まってしまいスムーズさを欠いた。3,4着馬と同じ上がりを使っていたので、道中もう1列前でスムーズに運べていれば3着はあったかもしれません

サンチェサピークはさすがにここでは負けませんでした

シベリウスは見所無し



京都10R  安土城ステークス

☆3グランドロワ 2着

注文通りの騎乗。隣のロケットの方が楽にハナに立ってたのですが譲ってくれましたね。良かったです。ちなみにハンデ戦の酒井Jについて今週の半ばぐらいに記事を更新する予定です。お楽しみに



東京12R 目黒記念

☆6メートルダール 7着

良く頑張りました。直線でスムーズに間を割れていれば馬券内は際どかったかもですね



タテ目を喰らうレースもありましたが、今週はそこそこ良い予想ができたと思います
先ほども触れたように今週の半ば酒井Jについての記事と5月に推奨した本命馬の回収率の記事を更新する予定です

それではまた



ツイッターやってます→
https://mobile.twitter.com/hirabaoji


記事が良ければクリックお願いします🙇‍♂️

競馬ランキング

東京9R 薫風ステークス

◎2ビービーガウディ

もともと集中力に欠ける馬で直線で抜け出した後に気持ちを切らしたりする事が多い馬。ところが、休み明けの前走はブリンカー効果で最後まで集中して走る事ができた。今回の追い切りは坂路で良い時計が出ており、デキは申し分ない。前に壁を作った方が良いタイプなので内枠はプラスだし、最後まで追える鞍上に乗り替わったのもプラスだろう。メンツ的に今回も前走のようなペースで流れるはずなので、内で溜めを効かせて運べば逆転はある


相手は

◯7サンチェサピーク
△3シベリウス

サンチェサピークは前走緩いペースを意識して早めに進出したが相手が悪かった。今回は強敵もいないので首位筆頭だろう

シベリウスは個人的にずっと追いかけている馬だがなかなか馬券になってくれない。ところが前走は逃げを打ち、最後まで渋とく走って新味を出した。今回はどのような手を打ってくるかは分からないが、ハナにこだわる馬は見当たらないので再度逃げを打つ可能性が高い


買い目は

単複
馬連
◎-◯
ワイド
◎◯△ボックス

計6点



☆プチ狙い馬☆

京都10R 安土城ステークス

☆3グランドロワ

昨日行われた芝全6レースで逃げた馬の成績は3-0-1-2という前残り馬場。逃げてこそのグランドロワにとって有利なセッティングだ。鞍上はハンデ戦が得意の酒井J。過去8回行われた安土城ステークスで酒井Jは3回騎乗し1-0-1-1と好成績。3着の時は13番人気の逃げ馬だったので今回はおあつらえ向きの舞台ではなかろうか
隣にロケットがいるのは気になるが積極果敢に行ってほしい



東京12R 目黒記念

☆6メートルダール

この馬は東京を得意としており成績は4-0-2-1。近走は不振だが、今回は約3年ぶりの東京なので期待が持てる。かなりズブくなっているらしいので距離延長はプラスだし、内枠に入ったのもプラス。もともと去年のAJCCでシャケトラとフィエールマンとヤり合って3着だったワケだし地力はある。ハンデ戦らしく一発に期待したい



ツイッターやってます→
https://mobile.twitter.com/hirabaoji


記事が良ければクリックお願いします🙇‍♂️

競馬ランキング

京都5R

◎9サウンドワイズ

この馬の武器は抜群のテンの速さ。レシステンシアがいた新馬戦でハナを切った事がある。短距離戦で先手を取れるのは大きな強み。今回のレースは川須Jに乗り替わるので積極的な競馬をしてくれるだろう
前走はレベルの高い勝ちタイムだったジェネティクス戦。このレースは36.5-35.4という1200mではなかなか見ないスローな流れだったので最後は決め脚勝負になった。3着とは少し着差をつけられたが、昇級初戦でもスッと先行できたし特殊なペースだったので悲観することは無い。とは言えまだ力不足だった事は否めない
今回は休み明けの1戦。休み前より追い切りの動きが良くなり、特に2週前にウッドで追い切った時計が秀逸。確実に成長して帰ってきており、陣営も自信があるようだ。鞍上が3週続けて追い切りに乗っているのも好感が持てる。距離は1ハロン伸びるが、母がこの距離で好走しているので問題は無いだろう


相手は

◯15ソプラドール
▲12ディーズローリエ
△8ロゼキルシュ
△3ボルサリーノ

ソプラドールは前走がハイレベルな1戦。今回は距離短縮だがこの産駒は京都ダート1400mとの相性が良い。外枠に入ったのもプラスだ

ディーズローリエは末脚鋭い。3走前はほぼ最後方からスゴい脚で追い込んできた。前走は芝戦で度外視。今回サウンドワイズが引っ張る流れなら馬券内に来てもおかしくは無い

ロゼキルシュは前走直線で一旦交わした2着馬に差し返されそうになったが競り勝った。最終的に半馬身出て競り勝ったのだからまだ余力はあったと思われる。勝ちタイムも優秀で昇級戦でも通用するはずだ

ボルサリーノはコース巧者。馬場が渋ってきそうなのはプラス


買い目は

単複
ワイド
◎-◯▲△△

計6点



ツイッターやってます→
https://mobile.twitter.com/hirabaoji


記事が良ければクリックお願いします🙇‍♂️

競馬ランキング

↑このページのトップヘ