2006年05月17日

街の食堂 1

昨日は大変つらい知らせがあった。
で、昨日の事を書きそびれてしまった。

昨日の昼食はこの頃流行の○○食堂ってけっこう大きなフランチャイズのお店で食べた。
立松和平さんのホームページの和平発言の中にこんな事が書かれていた。

相変わらずあちらこちらと旅をして暮らしている私であるが、最近は旅の楽しみがずいぶんと失われてきたように思う。車で走っていて、今どこにいるのだったか分からなくなることが、しばしばある。つまり、全国どこに行っても景色がたいして変わらないのである。
 ことに郊外に行くと、全国チェーンの大型店が派手な看板を掲げて並び、全国同け風景を形成している。街の中心部に行けば、商店衛は駐車場がないためかさびれ、シャッターを閉めてシャッター通りと言われているところが少なくない。

そのとおりである。
昔は○○食堂と言えばガラスのケースに煮物や焼き魚などが陳列されていて
自由に取って後でお勘定してた。昼間からビールや酒も飲んでる人もいたりした。
東京暮らしがあったので思うのだけれど、このシステムはあまり関東にはなかった
様な気がする。(あったらゴメンナサイ)
資本力さえあれば街の○○食堂もこんなふうになってしまうんだなと思った。
むなしい気がした。


昨日は大変つらい知らせは知人が亡くなったということであった。
知らせを聞いたとき血の気が引いた。そして涙がでた・・・
ご冥福をお祈り致します。


こんな時代に生きてる私たちは幸せなんだろうかとつくづく思った。



logitecbiz at 10:08コメント(1)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 玄さん   2006年05月19日 00:55
昔は「国敗れて山河あり」といったものですが、いまは「土建や栄えて山河なし」の日本にしてしまいました。人工的な風景、食べ物から、希望や生きるエネルギーは生まれないように思いますが・・。

 立松和平(本名横松和平)は、僕らのやっている「川の学校」の講師です。一年に一回ぐらいはやってきます。

 ところで、「玄さん頑張れ」ですが、次に書くところでは、「家出」します。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Profile

ピーシーワークス

タグふれんず
livedoor 天気
Recent Comments
Recent TrackBacks
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ