2017年10月16日

母親セミナー盛況、白熱の討論!

今回は母親に加えて、塾の関係者もご参加いただきました。

DSC04641

 В横娃娃映1月に出来たアメリカの落ちこぼれ防止法について。
「どの子も置き去りにしない法(No Child Left Behind Act of 2001)」
(以下、「NCLB 法」と略す
その背景と対策。

アメリカの教育界では数字的に効果を証明するエビデンス(evidence)
を重視するので、統計的な根拠ある対処法が尊重される。

そのひとつとして幼少期の読み聞かせは,前頭葉DLPFCを刺激し活発に
することがわかってきたそうです。

t01890168_0189016813367426195

読書はストレスを軽減させリラックスさせる効果があるそうです。

◆動機づけとその効果


アンダーマインニング現象
内発的動機づけによって行われた行為に対して、報酬を与えるなどの
外発的動機づけを行うことによって、動機づけが低減する現象をいう。
例えば、好きでしていた仕事に対して褒美を与えると、褒美なしでは
やらなくなってしまう、などの現象。

母親が学校卒業後成績の評価を受けなくなって、その補償作用として
自分の存在証明のために子供の成績を上げることに専念し手しまうと
き、テストの結果だけをほめると、目標未達成のときの子供はうそを
つくようになる。

目標達成のプロセスをほめるべき。例えば、ミスがなかったことなど。
将来、工夫して努力する生徒になっていく可能性が高くなる。

:「一流のリーダーとなる調和力とは」

本日の公演の核心部分でした。

ぁ白熱した質疑応答がありました。実践上の問題点疑問点が多かっ
たように思います。

特に8歳以降の子供に指導するときは、答えを求めてきたときに、
安易に教えてはならないという点。
考えるヒントを少し与えて自分で考える道筋をつけるまで、指導者は
黙って見るていること大切というくだりが、塾を営むものとして参
考になりました。



ロゴス進学ゼミナール
大阪府藤井寺市春日丘1-9-30片岡ビル3F
072-953-1017
開校時間13:00〜23:00


logos_yoshii at 16:17|PermalinkComments(0)

2017年10月13日

平成26年阪大過去問演習!

阪大の医学部を狙う生徒のために、過去問演習をしました。

第一問のAにあるno more 〜 than・・・の構文は取れた

のですが、後半の比喩表現が難しかったそうです。

写真はB問題です。同じ内容を示す箇所が縦読みできれば楽
に推理できます。

これを「ソナタ形式」といって、同じ内容を少しずつ違う言葉

に変えて表現していくのです。

001



責任にも二種類ありますので注意してください。

賠償責任(政治家の説明責任):accountability
応答責任:responsibility





ロゴス進学ゼミナール
大阪府藤井寺市春日丘1-9-30片岡ビル3F
072-953-1017
開校時間13:00〜23:00


logos_yoshii at 22:32|PermalinkComments(0)

2017年10月12日

関大合格に超実践指導!絶好調!

関大に合格するためには?

 Р甬醋笋鮓Φ罎靴篤静昔呂鬚弔韻襪海函

◆Ф貅衫琉茲賄儀震簑蠅鯀世い鯡世蕕にして
解答方法をマスターすること!

:少しレベルの高い同志社大学の過去問に挑戦すること。

ということで既卒製のM君は,今日、同志社の問題に挑戦しました。

004

「〜に熱中する」という表現を5パターンマスターしてもらいました。

この方法でしっかり実力をアップしておきましょう。

なぜなら、この内容がそのまま選択肢として出題されるからです。

この超実践指導を受けたい生徒はお急ぎください。

ロゴス進学ゼミナール
大阪府藤井寺市春日丘1-9-30片岡ビル3F
072-953-1017
開校時間13:00〜23:00


logos_yoshii at 23:40|PermalinkComments(0)
プロフィール
Archives
コメント
訪問者数