2017年06月21日

知らないとやられる京大受験の盲点!!解説模擬授業!

来る6月25日、日曜日、京大の典型問題の解説授業を行います。

過去問を解いていて絶対の自信をつけてから本番に臨みたい、
京大実践模試でA判定をもらいたいという受験生のための
オープン授業です。

京大を第一志望にしている方なら誰でも受講できます。

過去問を材料に、知らなければ本番でやられる前提知識を学んでいきます。

 Ъ然淘汰によるダーウインの進化論も、京大では正当性を疑われてしまいます。

今西錦司の○○○理論が優先するからです。

京大独自の世界観をしっかり理解しましょう。

◆Ц渋綛餮譴亘榿屬療案用紙の大きさから論理関係を導き出すスマートなとき方を知る必要があります。

なぜ、答案用紙の大きさが、論理関係を表現できるのか、その秘密を探ります。

010



その前提知識である、アリストテレスの形式論理とは、京都府立医科大学の過去問を参考に解説します。

また、帰納法、演繹法、科学的研究法、京大特有の弁証法、そしてパラダイムシフトまでの概念を総覧します。

大手の予備校でも解説してくれない最高水準の前提知識が身につきます。

場所:ロゴス進学ゼミナール、藤井寺校舎
実施日時:6月25日、日曜日

一部:英語編 13:00〜14:50
二部:国語編 15:10〜17:00

講師:ロゴス進学ゼミナール代表 吉井健夫

予約:定員4名先着順に受け付けます。

高校名、学年(既卒もOK)年齢、住所、電話番号をお伝えください。

メイル、電話OK!

メイルアドレス
dream.by.logos@gmail.com


電話番号
072-953-1017


ロゴス進学ゼミナール
大阪府藤井寺市春日丘1-9-30片岡ビル3F

開校時間13:00〜23:00


logos_yoshii at 21:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

7月9日ロゴス母親セミナー案内

ただいまロゴスでは、6月の中間テストの結果と準備のプロセスを見直し、

さらに集中力のアップを必要とする生徒中心に「集中力を高め意欲を向上させる」

アハ!!パズル セブンブレインを実施中です。



最初にご自分の級を判定するテストを受けていただき、級判定が終了したら、早速週1回学習指導の直前を

利用して数字パズルを実施していきます。

018

生徒たちは、喜んで、無心に取り組んでいます。



小学5年、6年、中1年の生徒さんたちです。




中でも、5年生の生徒さんは、1回目で2時間集中、連続し

て2回目を要望し、その後6時間、集中学習を達成しました。



最新の脳科学を応用して、和歌山医科大と提携し、これを開発、

学校教育、企業教育、さらに高齢者の脳の活性化に対象を広げ

つつあるセレンブレインの創始者、長洲有紀子先生から直接そ

の仕組みとすばらしい成果報告を聞く機会を得ました。
16865059_1239237236167594_1687519841953533133_n


 最新の脳科学を応用したセレンブレインの仕組みと効用。

◆С惱指導の現場でであった生徒、お母様の問題解決をした事例紹介。

:ご自身の親とのかかわり、子育て、夫婦の人間関係等々幅広い実例を

いろいろ紹介くださいます。





参加希望者は是非早めにお申し込みください。



7月9日、13:30から

藤井寺市民会館パープルホール中会議室

定員;先着20名さま

参加料金:1000円



下記までご連絡ください。先着20名で締め切らせていただきます。



072−953−1017 ロゴス代表 吉井まで



ご質問のあるかたは事前に申し出てください。

取捨選択してお答えを用意していただきます。



例えば下記のような質問は尾有ですか?



 А岼柄阿暴った算数の単元を、いざ試験のときになると度忘れする癖を

直したいのですが、どうしたら?」



◆А崔羈慇犬砲覆辰討ら、勉強しなさいというと反抗してしなくなった。

どうすれば?」

:「センター試験廃止後の大学入試適正試験に備えるたまにはどうすればよいのでしょう?」

ロゴス進学ゼミナール
大阪府藤井寺市春日丘1-9-30片岡ビル3F
072-953-1017
開校時間13:00〜23:00



logos_yoshii at 15:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年06月20日

最近、脳に栄養補給していますか?

ロゴスのイベント表記「母親セミナー」に参加を希望される
方は早めのご予約をお勧めいたします。
7



先着20名限定。脳に栄養を補給する母親セミナーです。


「なぜ、?が、なるほどに変わる教育力アップ法」でお伝え
する内容は以下の仕組みがなぜ、どのように脳に影響を与え
るのかを最新の脳科学と指導経験、ご自分の子育ての
現場から実践されたこともとにわかりやすくお話いただきま
す。


027

logos_yoshii at 21:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
プロフィール
Archives
コメント
訪問者数