ロハス(LOHAS)な生活

スケルトンリフォームや耐震リフォームを多く手がけている東京都江東区のリフォーム会社、エコリフォームです。私たちの造る家で末永くしあわせに暮らせるよう、ロハス(LOHAS)な生活情報を発信しています。

暮らしのお役立ち情報もいっぱい!エコリフォームのサイトはこちらから
http://www.eco-inc.co.jp/

こんにちは。
エコリフォームの西澤です。

先日東京ビックサイトで行われた国産の木材展示会「木コレ(モクコレ)」に行ってきました。

reIMG_1482

会場内は全国の都道府県のブースが組まれて、各地の木を使った家具や建材などバラエティに富んだディスプレイが楽しい展示会でした!

reIMG_1483


reIMG_1486

reIMG_8400
▲産地ごとに特徴が異なる木材で様々な製品が開発されています!

最近は価格や生産性などが重視されて木目風のプリントが施された商品が多く出回っていますが、やはり本物の木の質感に触れるとあたたかみが全然違います。

海外では過剰な森林伐採が問題になっているところもありますが、日本では逆に国産の木材の需要が減ってきていることで山林を手入れする人材不足が問題になっているとのこと。
人の手が入らなくなった山林は木がしっかりと根を張ることができず、土砂崩れや地滑りを起こしやすくなります。今年発生した台風で木がなぎ倒されて大規模停電を引き起こした千葉県の山林も、そうした手つかずの山林だったそうです。

reIMG_8402

つい先日のことですが、エコリフォームでは和歌山県産の紀州杉をふんだんに使用した新築住宅が完成しました。

R0046932

実はこのお宅、インテリアコーディネーターの阿部の自宅なんです。
完成直後にスタッフ全員でお邪魔しましたが、木の質感や風合いだけでなく、家全体に広がる木の香りにとっても癒されます。
断熱にもこだわっているので、冬でも暖かく快適なんですよ〜!
阿部の自宅の工事中の様子や完成写真などは以下のブログに詳しく載せています。ご興味を持たれたかたはぜひご覧ください。

top-blog3
>リフォーム工事中のお宅をご紹介!

本物の木の良さはなかなか写真では伝わりづらい部分がたくさんあるのですが、最近は公共施設などでも国産材を使用した建物が増えてきているようです。
このほど完成した新国立競技場も全国各地の木材が使われているとのことで、今度機会があればぜひ行ってみたいと思います!

・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

ランキングに参加しています。画像をポチッと押していただけると嬉しいです!
  

こんにちは。エコリフォームの西澤です。

こちらのブログを書くのはずいぶん間が空いてしまいました。
最近はリフォームの現場をご報告するブログを週に一度くらいのペースで更新しています。よろしければこちらもご覧ください。
>リフォーム工事中のお宅をご紹介!

さて、今回は先日友人と訪れたカフェ兼雑貨店をご紹介します。
新木場駅から徒歩3分の場所にある古い銘木倉庫をリノベーションした「CASICA(カシカ)」です。

IMG_1732
倉庫だった頃の面影を残しつつ、オシャレに整えられた外観。


IMG_1733
隣はギャラリーになっていました。

店内は薬膳料理を取り入れたカフェや古道具・家具などが販売されているスペース、スタジオなどがあり、とっても素敵な空間だったのですが、タイミング悪く子供が熱を出し、呼び出しの電話がかかってきたため中の写真を撮れないままバタバタと帰ってきてしまいました…。

店内の雰囲気はお店の公式Instagramの写真を拝借してご紹介します。

日本の古いタンスや引き出しなどが好きな人にはたまらない家具エリア。きちんと使えるよう修理されて販売しています。


珍しいグリーンも品揃え豊富。


カフェでは自分の好きなお惣菜を選んで盛ってもらえます。


カフェのテーブルやお店の什器もいい味出してますよ。


ちょうどお昼時に行ったので、ベビーカーを押したママさんから近場で働く会社員風の人まで、色々な人がゆったりとランチを楽しんでいる様子でした。
元木材の倉庫というだけあって、天井も高く広いので、カフェにいても雑貨エリアにいてもそれぞれ思いのままにのんびりと楽しむことができそうなお店です。

何かのついでに…とはなかなか訪れない場所ですが、民藝品や古道具の雰囲気が好きな方にはとってもオススメです。
私もまたゆっくり時間が取れそうなときに改めて来たいと思います!

>CASICA
・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

ランキングに参加しています。画像をポチッと押していただけると嬉しいです!
  

こんにちは。エコリフォームの西澤です。

今回は先日リフォームしたマンションの浴室をご紹介します。

re081_r

こちらは江東区にある築40年超のマンション。壁と天井には杉をぜいたくに使い、浴槽周りには黒のタイルを張って高級旅館の離れにあるような雰囲気のあるお風呂が出来上がりました。

タイル張りのお風呂ってカッコいいけど、床が硬くて冷たくて…
と敬遠している方もいるかもしれませんが、こちらの床はなんと天然のコルクでできています。

コルクは空気が多く含まれているので足触りが柔らかく、冬でもヒヤッとしないため居室用のフローリング材としても人気です。
そして木のフローリングにない大きな特徴が、その耐水性。昔からワインの栓にコルクが使われているように、とても水に強い素材なんです。

081_r02
▲水にさらされることで若干の伸縮があるので、目地を切って張ります。壁のタイルの目地とピッタリ合っていますね。

一方、お部屋に使うコルクタイルの方は目地をとらずに隙間なく張ります。足腰への負担を軽減したいご高齢の方や、床座の生活をされるご家族に特に人気の床材です。

reint1901_img01
▲こちらはLDKすべてにコルクタイルを施工した台東区のマンションリフォーム事例。床暖房対応のコルクタイルを使用しています。

reIMG_7931
▲左が浴室用コルクタイル。右が居室に使うコルクタイルです。

reIMG_7934
▲浴室用コルクにはしっかりとした厚みがあります。

私は以前タイルのお風呂で陶器のソープディッシュを落として割ってしまったことがあるのですが、コルクの床なら心配無用ですね!高齢者や子供の転倒も防いでくれそうです。

お手入れ簡単なユニットバスもいいですが、こんなこだわりのお風呂で一日の疲れを癒すのも素敵ですね。



・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

ランキングに参加しています。画像をポチッと押していただけると嬉しいです!
  

こんにちは。エコリフォームの西澤です。

先月末の話になりますが、我が子の小学校の運動会に行ってきました。
最近の運動会は子供たちには給食があったり、午前中のみで終わったりとお弁当を用意しなくてもいい学校が増えているそうですが、うちの小学校はお昼は家族でお弁当を食べる方式です。
今年のお弁当は長男から熱烈なリクエストがあり、近年密かなブームになっている「そうめん弁当」にチャレンジしました!

長男は去年の夏休みの学童でお弁当にそうめんを持ってきているお友達を見てから、「僕もお弁当そうめんにして!!!」とずっと言い続けていたのです…。

お弁当にそうめんって、のびちゃったりくっついたりで美味しく食べられるのか疑問に思う方もいると思います。私もそう思ってずっと二の足を踏んでいました。
しかし今年は天気予報で30℃越えだったこともあり、冷たい麺の方が食べやすいだろうとやってみた結果、もうこれが大正解だったので、みなさんにもオススメすべくブログをしたためます!

オススメしたいと言ったものの、当日バタバタして写真を撮るどころではなかったため、Instagramからきれいに整えられたそうめん弁当の写真をご覧ください。

▲そうめん弁当のお手本のような作品!!!
パスタのようにフォークでくるくる巻いて入れるそうです。

▲一箸ずつ巻くの面倒〜という時にはこんな風に具沢山にしてぶっかけにすると簡単です。

▲我が家はこんな感じで紙コップにそうめんと具を入れて、冷やして持参したストレートつゆを注いで食べました。(こんなに豪華ではないですが…)

「のびないのか」という問題と、「くっついて食べづらくないのか」という問題については、全く問題なしでした!!

コツは
・袋の表示時間通り茹でること
・麺の水分はしっかり切っておくこと
・キンキンに冷やしておくこと
の3つです。

固めに芯を残して茹でたり、水分を切らずに置いておくとかえって麺が水分を吸ってのびてしまうそうです。
そうめんはくっついてしまっても、つゆにつけるとすぐにほぐれます。
子供たちは念願のそうめん弁当に大喜び。季節外れの暑さにバテ気味の大人もつるっと食べられて好評でした。

食べ終わったつゆ、どうやって持って帰ろう…と思っていましたが、猛暑で汗だくだったので、「しょっぱくて冷たくて美味しいね〜」と言ってみんなつゆまで飲んでました(笑)。

私は見かけたことがないのですが、友人の小学校には電池式の流しそうめん器を持参してきている人もいるのだとか…!荷物が多くなって大変そうですが、子供のテンション上がりますね。

今年もまた暑い季節がやってきます。
普段の通勤・通学にもそうめん弁当、おすすめですよ!

・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

ランキングに参加しています。画像をポチッと押していただけると嬉しいです!
  

こんにちは。
エコリフォームの西澤です。

平成も残すところあとわずかですね。
今年は新天皇即位の祝日で10連休!という方も多いのでは。

長いお休みがあると、自宅のリフォームについて考える時間もたくさんありますね。
そんな方にうってつけ…かどうかは分かりませんが、最近知って「えっ、こんな機能あったんだ?!」とビックリしたユニークな設備をご紹介します。

●パナソニック いろりダイニング
irori_dining
Panasonic公式ホームページより>

ポイントは4口横並びになったIHクッキングヒーターを囲んで調理・食事ができる囲炉裏スタイル。
最初3口横並びになったIHが普通のキッチンに設置されたものを見たときは、「うーん…まあ、奥行が浅いのは便利なこともある…か…?」と思っていましたが、このスタイルなら納得。むしろこれがやりたくて横並びIHを作ったのねと思いました。


キッチンなので当然ですが、IHの真上に換気扇があって、鍋や焼き肉を囲んでも部屋に匂いが広がらないのは画期的。
シンクも3方向から使えるようになっていて、ホームパーティーや家族みんなで料理したい方にピッタリですね。

>Irori Dining いろりダイニング | パナソニックの「住空間」提案 | Panasonic


●TOTO きれい除菌水(キッチン)
toto
TOTO公式ホームページより>

TOTOのトイレのCMでおなじみのきれい除菌水が、実はキッチンにも付けられるなんて知りませんでした。

TOTOのホームページによると、

「きれい除菌水」は水に含まれる塩化物イオンを電気分解して作られる除菌成分(次亜塩素酸)を含む水です。薬品や洗剤を使わず、水から作られます。時間がたつともとの水に戻るので環境にやさしいのが特長です。

とのこと。
次亜塩素酸は一時期インフルエンザ予防にもなると話題になったパナソニックの空間除菌脱臭機「ジアイーノ」で生成されるものと同じ成分ですね。

まな板・包丁やふきんの除菌に使えたり、最終使用の8時間後に自動噴霧してシンクや排水溝の網かごのヌメリを抑制できるということで、きれい好きな方は要チェックですよ。

なんとキッチンにぴったりな機能!と思うんですが、「きれい除菌水」といえばトイレ、というイメージが植え付けられてしまっていて、少し損をしているのでは…という気も…。CMっておそろしい…。

>きれい除菌水|キッチン(台所) - TOTOのシステムキッチン『ザ・クラッソ』


●クリナップ ハイブリッドコンロ Dual Chefdual_shef2
ガスコンロもIHも捨てがたいから、両方付けちゃえ!というとっても日本人的なこちらのコンロ。
IHは縦長になっていて、長方形の大型グリルパンにも対応できるのは魅力的!そして何よりデザインがカッコいいです!

本格調理にこだわりたい人のための「クラフツマンデッキシンク」も大型シンクと繋がっている作業台が丸洗いできて、ステンレスにこだわっているクリナップらしい商品です。



>システムキッチン│セントロ│ガスコンロ│クリナップ


●ノーリツ Yupatio おそうじ浴槽
yupa29_1
ノーリツ公式ホームページより>

ノーリツって、給湯器やコンロだけじゃなくてユニットバスも作っていたんですね。
なんとこのノーリツのお風呂には、バスマジックリンの投入口があり、ボタン一つでお風呂を自動洗浄してくれる機能がついています。しかもこの機能、もう発売してから20年以上も経つのだとか。全然知らなかった!

共働きの忙しい家庭をターゲットにしているようですが、腰が悪くてお風呂掃除が大変という人にも好評とのこと。

そして現在は無線LAN対応でスマホアプリも開発され、この3月からはAmazonのスマートスピーカーに接続可能になったそうです。
「アレクサ、ノーリツでお風呂を洗って」でお風呂掃除が完了してしまうのです。す、すごい!

このお風呂はうまく宣伝すればもっと需要が掘り起こせるのでは…?


キッチンのこだわり機能はだいたいシリーズ最上位クラスに採用されるので、なかなか気軽に取り入れられないことが多く、知名度も低くなりがちですが、調べると各社工夫して開発しているんですね!
それぞれユニークな機能があると選ぶのに楽しみが出てきますね。

いろんな面白い機能があるのは分かったけど、とりあえずウチはスタンダードなキッチンやお風呂でいいわ〜という方は、これまでエコリフォームで手掛けたこちらの事例も参考にどうぞ!
<水まわりPICKUP>キッチン
<水まわりPICKUP>お風呂
・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

ランキングに参加しています。画像をポチッと押していただけると嬉しいです!
  

こんにちは。エコリフォームの西澤です。

エコリフォームのスタッフは建築士の塩谷以外全員女性なので、毎日のおやつは欠かせません。
15時になるとその日のお茶当番のスタッフが用意してくれるので、みんなおやつを食べて小休憩です。

そんな習慣を知っている業者さんやお客様から色々なおやつを差し入れしていただくことも多く、いつもスタッフ全員大喜びでありがたく頂いております!

oyatsu
▲ある日のおやつ。かわいいお土産を頂きました。

Web担当のスタッフ柴田がその日のおやつをTwitterでつぶやく今日のおやつツイートも密かな人気コンテンツです。
>エコリフォームTwitter

過去の人気ツイートは月ごとにメルマガ「エコリフォームNOW」として発信しています。やはり豪華なおやつや珍しいおやつはTwitterでも人気です。


…と、おやつがあってうれしい話を書いていますが、今回お話したいのは、おやつの話ではなく、おやつに添えられるお茶の話です。

みなさん、紅茶の種類といえば何を思い浮かべるでしょうか。
レストランなどでは「ダージリン」と「アールグレイ」の二択であることが多いように思いますが、紅茶の世界では

中国の「キーマン」
インドの「ダージリン」
スリランカの「ウバ」

が世界三大銘茶なのだそうです。

あれ?アールグレイは?
と、思いませんか?

実はアールグレイは茶葉の銘柄ではないのです。
茶葉にベルガモットの香りをつけたフレーバーティーの名前が「アールグレイ」なのです。

紅茶に詳しくないワタクシ、アールグレイは今までずっと茶葉の名前だと思っていました…。

アールグレイは茶葉としてはキーマンが使われることが多いのだとか。しかし稀にダージリンで作ったアールグレイという、ややこしいものもあるそうで。

ちなみに茶葉の名前になっているキーマンやダージリン、ウバなどは産地の名前で、アールグレイは人名が元になっているそうです。

インターネットで色々調べると紅茶の種類は本当にたくさんあって、同じ産地でも季節や等級によって全然味が違うとのこと。
深追いすると理解が追い付かなさそうなので、そっとブラウザを閉じました。

今まで深く考えずにおいしく頂いていた紅茶ですが、これからは茶葉の種類も少しずつ詳しくなっていけたらいいなと思います!
・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

ランキングに参加しています。画像をポチッと押していただけると嬉しいです!
  

こんにちは。エコリフォームの西澤です。

以前このブログで、戸建て用宅配ボックスの記事を書きましたが、あれからも宅配ボックス市場はどんどん成長し続け、現在も右肩上がりなのだそうです。
一家に一台時代もそう遠くない未来に訪れるのかも?

環境省でも宅配の再配達によるCO2を減らすためのプロジェクトを推進していて、全国各地で宅配ボックスを使った実証実験が行われているようです。

COOL CHOICEできるだけ1回で受け取りませんかキャンペーン_LOGO
>COOL CHOICEできるだけ1回で受け取りませんかキャンペーン〜みんなで宅配便再配達防止に取り組むプロジェクト〜|COOL CHOICE 未来のために、いま選ぼう。 


そんな中、エコリフォームの事務所がある江東区でも実証実験が行われるとの情報をキャッチしました。
キッチンやトイレなどの住宅設備でおなじみのLIXILさんによる実証プロジェクトで、今回江東区と江戸川区の戸建て100世帯を対象にモニターを募集するそうです。

nr0124_01_01
※宅配ボックス設置イメージ(LIXILニュースリリースより)

モニター期間は2019年5月1日〜2020年1月31日。
ご家庭のWi-Fi環境を使って、スマートフォンでの管理が可能なIoT宅配ボックスを無償で提供してもらえ、モニター期間終了後もそのまま使用できるとのこと。

これは気になる…!
しかし残念ながら私は千葉県民なので、江東区・江戸川区の戸建てにお住まいの方は検討してみてはいかがでしょうか。

モニター応募期間は、本日 2月1日(金)〜2月20日(水)まで です!

詳しい要件や応募方法などは下記の公式ページをご覧ください。
>IoT宅配ボックス実証プロジェクト 参加者募集フォーム
・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

ランキングに参加しています。画像をポチッと押していただけると嬉しいです!
  

こんにちは。エコリフォームの西澤です。
12月は平年よりも比較的暖かい日が多く、暖冬ともいわれていましたが、この年末は数年に一度レベルの寒気がやってきているそうです。

「とにかく冬が寒くて…」と、エコリフォームに訪れるお客様がよくおっしゃるのですが、築年数の古い戸建ては本当に寒いです。
私が今住んでいる家は築30年ほどの戸建てなんですが、こちらも例にもれず寒いです。

リフォームして断熱強化したいですが、そう簡単にはいかないので、毎冬エアコン+灯油ストーブで乗り切っています。

ストーブといえばこれ。アラジンのブルーフレーム。
IMG_1041

ファンヒーターの方が安全で簡単ですが、この実際に燃えてる火の暖かさはヒーターの温風とまたちょっと違うんですよね〜。

普段はやかんを上に置いて加湿器がわりに。(でも本当は倒れたら危険なので上でお湯沸かしたらいけないんだそうです…)
時にはアルミホイルで巻いたさつまいもを置いて焼き芋に。
寝る前にはやかんのお湯を湯たんぽに入れて布団に入ります。

この灯油ストーブ、キャンプブームも相まって近年またじわじわと人気が出てきているそうです。
今年発生した地震で停電が続いた北海道でも、この電源がいらないタイプのストーブが大変売れたんだとか。実際我が家でも東日本大震災で起こった停電の時に大活躍でした。

灯油を買いに行ったり、空焚きにならないように残量を気にしたりと面倒なことは多いですが、それ以上の心地よさがあるので、使ってみたいなと思う方にはぜひおすすめです!私も火事や換気に気を付けて上手に使っていきたいと思います。

さて、エコリフォームは本日で仕事納め。
これからみんなで年末の大掃除です!

今年も一年ロハスな生活のブログにお付き合いいただきありがとうございました。

新年は1月7日(月)より営業いたします。

皆様よいお年をお迎えください。

・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

ランキングに参加しています。画像をポチッと押していただけると嬉しいです!
  

こんにちは。エコリフォームの西澤です。

来年のゴールデンウィークは天皇即位の祝日が加わって10連休となり、もうすでに旅行業界ではGWの予約が埋まってきているそうです。

私はまだ何も予定を立てていませんが、せっかくなので国内で遠出できたらいいなと思っています。

それはさておき、連休といえば、今月も祝日による連休がありますね。

11月23日 勤労感謝の日です。
kinroukansyanohi_title

そこで私、最近不思議に思っていたことがあるんです。

日本の勤労感謝の日と、アメリカの感謝祭(Thanksgiving Day)って同じ時期だけど、関係あるのかなって。

いい機会なので調べました。
で、結論から言うと、
「偶然同じ時期になっているだけで関係はない」
そうです。

しかし、勤労感謝の日の由来も、感謝祭の由来も、元をたどれば秋の収穫を祝う行事からとのこと。
大地の恵みに感謝する気持ちはどこの国も変わらないということですね。

以前エコリフォームのメルマガでも勤労感謝の日の由来について調べた回がありました。詳しくはこちら↓からどうぞ!

kinrou_katamomi
祝日法によると、勤労感謝の日は「勤労をたっとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」となっています。
日本では行楽シーズンと重なることもあり、ただの休日としてお出かけする方が多いかと思いますが、アメリカでは、感謝祭は普段会えない家族や親戚が集まって食事会をする家族行事の日になっているそうです。

普段あまり意識することのない祝日の由来ですが、たまにはその意味に思いをはせて、「感謝の心」を再確認する日にするのも良いのではないでしょうか。
勤労感謝の日に限らず、「ありがとう」の気持ちは常に伝えていけるようにしたいですね。

・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

ランキングに参加しています。画像をポチッと押していただけると嬉しいです!
  

こんにちは。エコリフォームの西澤です。

先週末、エコリフォームのお客様感謝イベントとして、日本橋川〜神田川のクルージングに行ってきました!

日本橋のたもとにある船着き場から乗船して、いざ出発!
PA130001

今回乗船したのは、ジールさんの神田川〜日本橋の周遊クルーズ。
日本橋川を上って神田川に入り、隅田川を経由してまた日本橋へ戻ってくるルートです。
p_108-r3

まずは地上からは見られない、眼鏡橋の石橋修復工事現場の脇を通り抜け…
IMG_0801

首都高の高架下を進んでいきます。
IMG_0810

皇居沿いには、江戸城に使われていた石垣の名残があったり、
IMG_0816

ちょうど神田川に差し掛かる水道橋では明治時代からのレンガの陸橋を眺めることができました。
IMG_0817

地下鉄丸ノ内線の線路の下をくぐるというレアな体験も。
IMG_0821

途中、不燃ごみを埋立地まで運ぶ運搬船とすれ違いました。
川は現代の生活にも水路としての役割があるんですね。
IMG_0826

そして船は隅田川に。船の向きを上流側に向けて、スカイツリーを見せてくれました。
IMG_0831_2

最後は日本橋川に戻り、また首都高の下に入っていきます。
IMG_0834

一周してスタート地点の日本橋に到着!
約90分の船旅でした。
R0045739

川からの眺めは地上からは見えないものがたくさん!川の上にかかる橋も、歴史のあるものばかりで、ガイドさんの歴史うんちくもとってもためになりました。
普段暮らしている街には、視点を変えて見てみるとまだまだ知らないことがたくさんあるのが分かります!

今回は過去にリフォームさせていただいたお客様がたくさん集まってくださり、クルージング後の昼食ではリフォーム当時のことや現在のお家の様子など、みなさん大変盛り上がっていました。

私がリフォーム事例ページを作成したお客様もいらっしゃっていて、写真でだけ拝見していた方に実際にお会いでき、貴重なひと時となりました!

ご参加くださった皆様、どうもありがとうございました。

・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

ランキングに参加しています。画像をポチッと押していただけると嬉しいです!
  

このページのトップヘ