ロハス(LOHAS)な生活

スケルトンリフォームや耐震リフォームを多く手がけている東京都江東区のリフォーム会社、エコリフォームです。私たちの造る家で末永くしあわせに暮らせるよう、ロハス(LOHAS)な生活情報を発信しています。

暮らしのお役立ち情報もいっぱい!エコリフォームのサイトはこちらから
http://www.eco-inc.co.jp/

こんにちは。エコリフォームの西澤です。

早いもので、今年も半分が終わろうとしています。
沖縄では早くも梅雨明け宣言が出されましたが、関東でも夏さながらの暑い日が多くなりましたね。

ところで、毎年年末の大掃除の定番として取り上げられるキッチンのレンジフード掃除ですが、実は年末の寒い時期にやるよりも、気温が高い夏の方が汚れを落としやすいそうです。
レンジフードの掃除って、時間が経った油汚れがなかなか落ちないし、高い場所で手が届きづらいし、ファンを取り出して洗うのも面倒で…と、考えるだけでも憂鬱になってしまいますよね。

しかし!今はそんなレンジフードのファン掃除が10年間不要という、キッチンの大掃除に革命を起こすレンジフードを各社こぞって発売しているのです!

今回はそんな最新のレンジフードをいくつかご紹介します。
キッチンリフォームをお考えの方、要チェックです。


― 主要4メーカーの最新レンジフード ―

2017年6月現在、国内の主要キッチンメーカーで、「10年間ファン掃除不要」をうたうレンジフードを取り扱っているのは、「Panasonic」「クリナップ」「LIXIL」「トクラス」の4社。
各社それぞれ特徴が異なりますので、以下にご紹介します。

【Panasonic】
ほっとくリーンフード
panasonic1

こちらのファンは使用後、高速回転をして油汚れを吹き飛ばし、ファンに残る油汚れが極力少なくなるようにしているので、10年間使用してもファンの汚れは従来のレンジフードの1年分相当。つまりファン掃除は10年間不要。という仕組みです。

油が集まるプレートは年に1回程度掃除が必要で、食洗機でも洗えるそうです。
普段のお手入れは表面をサッと拭くだけでOKです。

panasonic2

ほっとくリーンフード | システムキッチン | 住まいの設備と建材 | Panasonic


【クリナップ】
洗エールレンジフード
cleanap1

こちらはもうちょっと複雑な構造で、フィルターとファンが一体化した「ファンフィルター」が使われており、それをお湯で丸洗いする自動洗浄機能が付いているというものです。
月に1回ほど、給油トレイに40〜45℃のお湯をセットし、洗浄運転をすることで、10年間ファンフィルターを交換せずに使うことができるのだそうです。

cleanap2

月に1回、という目安のほか、洗浄が必要なタイミングになるとランプが光って知らせてくれる機能もあり、自動洗浄と一緒に、手が届くところをサッと拭くだけで普段のお手入れが完了します。



【LIXIL】
よごれんフード
lixil1

こちらで採用されているのは、「オイルスマッシャー」というフィルターのような回転ディスクで、これがファンの手前にあることで、ファンまで油分を届かなくさせるため、ファン掃除が不要になるという仕組みです。

オイルスマッシャーでキャッチした油は、ディスクの回転でその下にあるトレーに飛ばされる機構になっており、オイルスマッシャーとトレーは3か月に1回程度の掃除が推奨されています。


【トクラス】
サイクロンフード
toclas1

他社にはない、ナナメ形状になったレンジフードで、煙を吸い込む前にしっかりと油汚れをキャッチするため、ファンの油汚れを防ぐ構造になっているようです。

普段のお手入れは、本体の拭き掃除と、小型フィルターの洗浄のみ。
フィルターは食洗機でも洗えます。

toclas2




― レンジフード単体で交換したい場合 ―

上記4つのレンジフードは、システムキッチンを設置する際に選べる設備となっていますが、キッチン全体は変えずにレンジフードだけ替えたい場合は、「リンナイ」や「Panasonic」からレンジフード単体の商品が発売されています。

【リンナイ】

LIXILのよごれんフードと同じような機構です。


【Panasonic】
DWシリーズ
エコナビ搭載洗浄機能付きフラット型レンジフード

こちらは先に紹介したクリナップの「洗エールレンジフード」と同じもの。
実は「洗エールレンジフード」はPanasonicのOEM製品なのです。
Panasonicキッチンの「ほっとくリーンフード」はキッチンとセットでなければ取り付けられませんが、こちらは単体での設置が可能です。
ややこしいですね…。



今回は「ファン掃除不要」のものをピックアップしてご紹介しましたが、上記のような高機能タイプでなくとも、最近のレンジフードはお掃除しやすい機構やコーティングなどが様々施されていて、メーカーさんの努力がうかがえます!

気になる製品は各社ショールームなどで実際にご覧になってみてください。


キッチンリフォームの事例を見たい!という方はこちらをどうぞ。
kitchen
リフォーム事例:<水まわりPICKUP>キッチン


・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

ランキングに参加しています。画像をポチッと押していただけると嬉しいです!
  

こんにちは。
エコリフォームの西澤です。

今回は、知ってるとちょっと得する(?)お洗濯の話題です。

子供が幼稚園や小学校に通いだして困った汚れの一つ、絵の具・クレヨン汚れ。
そのまま洗濯機に入れても落ちないし、手でもみ洗いしてもイマイチ…。
と思っていたところへ、「つまみ洗い」というものを教えてもらいました!

こちら、長男が学校で付けてきたクレヨン汚れ。
洗濯前にこの汚れを見落として洗濯機に入れて洗ってしまいましたが、やっぱり落ちていません。
01

この汚れ部分を濡らし、おしゃれ着洗い用の中性洗剤(原液)を垂らします。
02

そしてここがポイント!
下の写真のように汚れた部分だけをつまみ、爪の先で細かくこするように洗います。
03
※あまりやりすぎると生地を傷めてしまいますので、力加減にご注意を!

04
そしてすすげば…

05
じゃーん!
きれいになりました!

このつまみ洗いは絵の具・クレヨン汚れだけでなく、食べこぼしや泥汚れなどにも有効です。
手洗いしてもなかなか汚れが落ちない…とお思いの方、汚れ周辺を広範囲にゴシゴシしていませんでしたか?
実はその汚れ、洗い方を変えれば簡単に落ちるかもしれません!

落ちない…とあきらめる前に、シミの部分だけを指先でピンポイントにつまみ洗いしてみてください。
繊維の奥に入り込んだ汚れが浮いて、落ちやすくなりますよ。


ところで、先日関東でも梅雨入りが発表されましたね。
毎年梅雨の時期に困るのが、洗濯物の干し場所です。

弊社のお客さまにも、雨の日に洗濯物を干せるように「ホスクリーン」などの室内干し用のポールをご提案することが多いです。

使わないときにはポールを外すことができるので、見た目もスッキリ。
梅雨時以外に、花粉の飛散時期などにも大活躍です。

そんなホスクリーンを設置させていただいたリフォーム事例はこちら




濡れた洗濯物は結構な重量があるので、室内用ホスクリーンを設置するには、しっかりとした下地のある場所を選ばないといけません。

ホームセンターなどで壁や天井を壊さず下地の場所を探すセンサーが売っているので、ご自分で設置することも可能ですが、DIYに慣れていない方は、お近くの大工さんや工事業者さんにご相談されるのが良いでしょう。
・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

ランキングに参加しています。画像をポチッと押していただけると嬉しいです!
  

こんにちは。エコリフォームの西澤です。
私事ですが、今年で結婚して10年になります。
今回は、結婚当時から使っている桐のまな板をご紹介します!

こちらが我が家で使っている桐のまな板。

01

実家のある新潟の加茂市に本社を置くイシモク製のものです。
この桐のまな板を実家では昔からずっと使っていて、とても使いやすいので、結婚して家を出る際に同じものを買いました。

加茂市は、洋食器や金属加工で有名な燕・三条の隣にあるのですが、実はここは全国的にも有名な桐たんすの産地なのです。
現代の生活の中で桐たんすの需要が減っている中、イシモクでは若い世代のライフスタイルに合わせた桐の家具や小物を製造しているそうです。

この桐のまな板のおススメポイントは以下の3つ!

刃当たりがソフトで切りやすい
洗ってもすぐ乾くので、カビにくい
そしてなんといっても軽い!!

やはり木のまな板独特の、包丁が吸い付く感じというか、「トン」と切っても刃がはね返ってこない切り心地の良さは、プラスチック製品とは比べ物になりません。

木のまな板って、お手入れが大変そう…と思われるかもしれませんが、この桐のまな板は、調理で使用した後ささっと洗って立てかけておけば、食事をしている間にあらかた乾いてしまうくらいの速乾性があります。

我が家のまな板は特別なお手入れは何もしていませんが、10年使って上記の写真です。
10年も使っている割にはなかなかきれいだと思いませんか?(自画自賛!)

そして3つ目のポイント「軽さ」ですが、こちらは文字でお伝えするのはなかなか難しいですね…。

というわけで、我が家にある他のプラスチックまな板との重さを比べてみました。

02

写真のように、二つとも大きさが全然違うのですが、こちらをはかりに乗せてみると…

03

桐のまな板は、550g。500mlのペットボトル約1本分です。

04

対して、小さい方のプラスチックまな板は、489g。

その差は60gほど。
桐のまな板の方が大きい分、視覚効果も手伝って、実際持って感じる重さはほとんど変わりません。
まな板が軽いと、出したりしまったり、洗う時にも扱いやすいので、取り回しがとっても楽ですよ!

この桐製品を販売しているイシモクさんは、東京 日本橋にもショールームがあるので、興味を持たれた方は、ぜひ一度手に取ってご覧になってみてください。


桐は成長が早い木で、木材の中に空気を多く含むため、柔らかく軽いという特徴があります。
フローリングに無垢の桐を使えば、足触りがとっても柔らかく、足腰に負担がかからないほか、内に含む空気で断熱性が高いので、冬に素足で過ごしてもヒヤッとしない、床暖いらずの自然素材です!

桐のフローリングについては、こちらで詳しくご紹介していますので、よろしければご覧ください。

桐のフローリングを使用したリフォーム事例はこちら
moro-15
夏涼しく・冬暖かい自然派リフォーム

また、床材の他にも、桐は軽さを活かして建具などにも利用されます。
タンスの素材として使われているように、防虫効果や、調湿効果があるので、クローゼットの内部に桐をご提案することも多いんですよ。

桐の建具について詳しくはこちらをご覧ください。

桐の建具を使用したリフォーム事例はこちら
story03_3fsyuno02
安心して暮らしを楽しむ家
断熱環境が大幅アップ&自然素材で快適に

無垢材は傷つきやすい、手入れが大変などの印象があるかと思いますが、日々のちょっとしたことを気を付ければ長く快適に使える優れた素材です。
是非まな板などの小物からでも毎日の生活に取り入れてみてください。
・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

ランキングに参加しています。画像をポチッと押していただけると嬉しいです!
  

こんにちは。
エコリフォームの西澤です。

みなさん、今年のゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか?
私は友人家族と一緒に河口湖へ行ってきました。


河口湖 (トリップアドバイザー提供)

4家族で、大人8人と、3才〜7才までの子供8人の計16人。

子連れ旅行は子供の気分次第で予定が左右されるので、あまりプランを固めずに行ったのですが、2日目は天気が良かったので河口湖畔にある天上山へ行きました。
この天上山は、あの昔話のカチカチ山の舞台となった山とされていて、山頂への「カチカチ山ロープウェイ」が運行されています。

ウサギとタヌキが薪を集めていたのがこの天上山、そしてタヌキが泥船に乗せられたのが河口湖なのだそうです。

ここの展望台は、河口湖の全景や、富士山の裾野まで遮るものなく眺めることができる絶景スポット!ということで、ロープウェイ乗り場は長蛇の列…。

しかし私たちはそこには並ばず、歩いて山頂まで登るハイキングコースに挑戦しました。


入り口は舗装された道路ですが、それでもなかなかの傾斜。
山の中に入れば傾斜が緩やかになるかも…と思っていましたが、そんなことは無く、同程度の舗装されていない傾斜が山頂まで続きました。

この入り口の傾斜がきついと感じた方は、早めに諦めてロープウェイに並ぶことをお勧めします。

ハイキングコースにはアジサイが群生していて、花を楽しみながら登ることができるそうですが、アジサイの時期はまだ先。山道をひたすら登ります。

yama

体力が有り余っている小学生&父親チームはどんどん先に。
幼児&母親チームはお菓子で子供を励ましながらのんびりと。

登っている途中にときどき姿を現す富士山がとっても綺麗です!

fuji

山頂はロープウェイで上ってきた人でいっぱいで、ゆっくり景色を楽しめないので、ハイキングコース途中の展望スポットはかなり穴場だと思います。

そして登り始めて1時間ほどでロープウェイの駅がある展望台に到着!
時間としては、長蛇の列に並んで、ロープウェイに乗って…というのと、さほど変わらないのではないでしょうか?

「ハイキング」という名前の印象以上にきつい傾斜ではありますが、特別な登山装備の無い子供連れでも登れるコースですので、体力に自信のある方はぜひどうぞ。

ちなみに、カチカチ山ロープウェイのホームページ上でお勧めされているハイキングコースは、「ロープウェイで上り、歩いて下る」コースだそうです。

山頂でお昼ごはん…と考えておにぎりを持参したのですが、お昼を広げるようなスペースは無く、下りはあまり行列していないロープウェイで下山して、湖畔の公園に行きました。

IMG_7267

小学生男子の体力は無尽蔵…。
母たちはぐったりでしたが、子供たちの相手は主に男性陣にまかせて湖畔でのんびりと過ごすことができ、良い休日になりました!

 
・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

ランキングに参加しています。画像をポチッと押していただけると嬉しいです!
  

こんにちは。エコリフォームの西澤です。

エコリフォームでは、スタッフのお誕生日が近づくと、秘密会議が開かれます。
スタッフそれぞれの誕生日には毎回お誕生会を開いているので、そこで何をあげようか、プレゼント会議をするのです!

…といっても、大々的な会議をするのではなく、事務所にお誕生日の人がいないときに仕事をしながら話したり、LINEのグループを作って話したりする程度なのですが…。

今月はインテリアコーディネーターの千葉がお誕生日だったので、千葉が習っているお茶の道具とお干菓子をプレゼントしました!

IMG_3262
喜んでもらえて良かったです!

プレゼントはお休みの日などに代表して誰かが買いに行き、かかった金額を割ってみんなで出し合うスタイルなのですが、事務所にお誕生日の主役がいると、なかなか大っぴらにお金のやりとりができないので、みんなコソコソしています。

そこでサッとお金を渡したいときに、折り紙で包んで渡すことがあるのですが、これが簡単にかわいく包めて便利なのでご紹介します。


用意するのは、一般的な大きさの折り紙。
今は100円ショップでかわいい柄が売っていて重宝します。(私はSeria派です)

IMG_7227
お札は三つ折りにするとちょうどいいです。

IMG_7228-2
まず、折り紙の中央にお札を置き、お札の大きさに合わせて折り目を付けます。

IMG_7230
折り目に沿って、まずは上下をたたみます。

IMG_7231-2
そして左右をたたむ際、写真のように、筒状になった部分へもう片方を入れ込むと…

IMG_7233
できました!
簡単!


ここに、ちょっとアレンジを加えてみます。

IMG_7234
このように角を折ってからたたんでいくと…

IMG_7235
封筒のような形に!

IMG_7237
紙の端の折り方で色々表情が変わりますね!


日本は元々、大事なものは包んで隠すという文化で、こうした紙の折り方は礼儀作法の一つとして受け継がれてきたそうです。

礼儀作法うんぬんの話になると、ちょっと面倒になってくるので、あまり難しく考えず、手近にある折り紙で簡単にかわいく包む方法として覚えておくと役に立ちますよ!


▼こちらのサイトでは、折り紙でできる色々な包み方を動画で見ることができます。
ミドリ|ミドリスタイル|オリガミオリガミ◆胆泙衒説明書(動画)
http://www.midori-japan.co.jp/style/11052/movie/index.html


また、下記のサイトでは、もう少し凝った、A4サイズの紙を使ってできる折り方がたくさん紹介されているので、興味のある方はご覧になってみてくださいね。
A4折形
http://www.a4orikata.jp/


・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

ランキングに参加しています。画像をポチッと押していただけると嬉しいです!
  

こんにちは。
エコリフォームの西澤です。

春ですね!

春といえば桜です。

エコリフォームのショールームがある門前仲町では、永代通り沿いに桜が植えられていて、毎日桜を眺めながら通勤できます。
しかも事務所の窓の外にもすぐ桜があり、花見をしながら仕事ができるという贅沢さ!

門前仲町の桜

▲思わず写真に収めたくなる見事な枝ぶり。
この時季はいつもTwitterで毎日桜の開花状況をお届けしています。

門前仲町の桜は先週中頃に満開を迎え、今週の始めくらいまで花盛りでした。

都心の桜はもう大分葉っぱが出てきていますが、郊外ではまだ今が見頃という場所もあるようです。
今週末はちょっと遠出して、暖かな陽気の中お花見を楽しむのもいいかもしれませんね。


今年は東京が3/21にソメイヨシノの開花が発表され、全国で一番早い開花宣言だったそうです。
ちょうど満開を迎えるころに雨が降り、せっかく咲いた花が散ってしまわないかドキドキしました。
しかし、花が散ってしまうかも…とドキドキせずとも、散りそうな花と、まだ咲き始めの花を見分ける方法があるのをご存知ですか?

その花を見分けるポイントは、花の中心部の色!

咲き始めの花は中心が緑がかっていて、そこが段々赤くなっていくと、散り際のサインなのだそうです。

実際に近所の公園に花の色を見に行ってみました。

IMG_7216-2
ありました!確かに花の中心部はがくが透けて緑っぽく見えます。


IMG_7217-2
こっちは花弁にピンクの色が付いてきています。


IMG_7215-2
上の写真よりも色が濃くなっています。もうすぐ散りそうです!


今までなんとなく、咲き始めの桜の木は白っぽく見えるけど、満開になるとピンクになるのは、花の数が多くなるからかと思っていましたが、実際に花の色が変わっているからだったのですね!


もう近所の桜は盛大に桜吹雪を散らしていますが、来年のために覚えておきたい豆知識でした!
・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

ランキングに参加しています。画像をポチッと押していただけると嬉しいです!
  

こんにちは。
エコリフォームの西澤です。

先日、5月からの東京電力ほか主要10社の電気料金値上げが報道されました。
再生可能エネルギーを普及させるための「賦課金」が、5月から増額されるらしく、東京電力では月々約200円程度の値上げになるそうです。

電気料金といえば、昨年の4月から一般家庭でも自由に電力会社を選ぶことができる「電力自由化」が始まりましたね。

 denkyuu_chisanchisyou

これまでの電力会社だけでなく、ガスや石油などのエネルギー系の企業から、携帯などの通信事業者、スーパーやコンビニなどの小売業者まで、様々な会社が参入していて、2017年3月現在、東京電力管内で選択できる電力会社はなんと55社もあるそうです!

でも、こんなに沢山あると、どこにしたらいいのか迷って決められませんよね。

そこでおススメなのが、各社の電気料金を比較できるサイト「エネチェンジ」。

お住まいの地域や家族構成、生活スタイル、現在の電気使用量を入力すると、各社の電気料金を試算したものが一覧で表示されます。

result2
 
比較材料は料金だけではありません。
このサイトのおもしろいところは、各社の電源構成が見られるところ!
表示されたプランの詳細を見ると、その会社が販売する電気の発電手段の内訳や、温室ガス排出量が表示されます。

発電手段はどこも似たようなものかと思っていると、会社やプランによってかなり違いがあるようです。
太陽光などの再生可能エネルギーの供給に力を入れているところもあるので、そういった観点で電力会社を選ぶということもできますね。

fit

その他、電気とセットにするとインターネット使用料や携帯代・ガソリン代などが安くなるプラン、普段使うお店のポイントが貯まるプラン、野球・サッカーチームの応援ができるプランなど、様々な特典が付いたプランがありますので、ご自分のスタイルに合わせて選ばれるのが良いでしょう。

そしてこの4月からは、電気に続いて都市ガスも小売り会社を選択できる「ガス自由化」が始まります。
エネチェンジでは、このガス自由化に伴ったガス会社も比較検討可能!

ガスの方は制度が始まる前ということもあり、選べる会社はまだ少ないようですが、昨年から始まった電気のように、今後続々とサービス提供会社やプランが増えてくることが期待できます。

我が家は既に電力会社を変更済みですが、ガスの方も今後どのようなサービスが出てくるのか、定期的にサイトをチェックして注目していきたいと思います!

キャプチャ
> 電力比較サイト「エネチェンジ」


 
・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

ランキングに参加しています。画像をポチッと押していただけると嬉しいです!
  

こんにちは。エコリフォームの西澤です。

みなさん、ネット通販使っていますか?
お店の営業時間を気にせずパソコンやスマホで手軽に買い物でき、さらに家まで届けてくれるなんて、とっても便利ですよね。

nimotsu_ukewatashi

我が家はだいたい2週間に1〜2回は何かしら頼んでいます。
通販サイトも色々あり、個人向けのネット通販市場は年々拡大していっているようです。

しかし昨年末、佐川急便で取り扱う荷物量の増加で人手が足りなくなり、年末の流通量が多い間、時間指定の荷物に遅延が生じる見込みがあることが公式に発表されました。

そして先日、ヤマト運輸も取り扱い荷物に対するドライバー不足対策として、配達指定時間帯や料金の見直しをすることを発表。

ドライバーの負担になる原因の中には、荷物の再配達が大きな割合を占めているそうです。

そこで注目したいのが、宅配ボックス。
不在でも荷物を受け取れるロッカー形式のもので、新しいマンションでは設置されているところも多くなってきました。

takuhai_box_locker

マンションだけかと思いきや、最近では戸建て用の宅配ボックスも各社から発売されていて、ただの鍵付きの箱のようなものから、ポストと一体化したものまで様々な形があります。

実は建材・エクステリア業界としては、もう何年も前からパナソニック(旧 松下電工)が戸建て用宅配ボックスを発売していたんです。

そんなパナソニックさん、この丁度いいタイミングで宅配ボックスの新製品を発表してきました。
その中でも、住宅リフォーム会社として注目したいのはこちら!

img_newpro04
宅配ボックス コンボ-int(イント)
 
ポストと一体型になっている住宅壁埋め込み専用の商品です。
外から入れた郵便物や宅配物が室内で受け取れます。
今まで色々な商品が発売されていますが、室内受け取り型は業界初だそうです!
 
img_newpro05
出典:Panasonicホームページよりhttp://sumai.panasonic.jp/exterior/new/detail.php?id=new_products 

その他、スタイリッシュなデザインのポスト一体型商品や、アパート向け商品なども発表されています。



また、パナソニックでは宅配ボックスのモニターを募集し、ヤマト運輸・日本郵便と協力した実証実験を福井県あわら市で行っているようです。
その実験の中間発表では、それまで49%だった再配達率が、宅配ボックスを設置することで8%まで減少したとのこと。

設置スペースの問題や、商品価格など、色々気になる点はありますが、将来戸建て住宅でも宅配ボックス設置が当たり前、という時代が来るかもしれませんね。

・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

ランキングに参加しています。画像をポチッと押していただけると嬉しいです!
  

こんにちは。エコリフォームの西澤です。

先日、スリランカのお土産をもらいました。

象の柄がかわいいノートです。

ele001
 
製造元の説明が書いてある紙も入っていました。

どれどれ、どんな説明が書いてあるのかな…。

ele002

ん?

ele003

Elephant Dung → 象の糞

なんと、象のウンチから作られた再生紙でした!!


調べてみたら、この象の糞から作るリサイクルペーパーは、日本の会社が現地の人と協力して作っているのだとか。

スリランカでは長年続いた紛争や近代化で、野生の象が暮らす熱帯の森林が激減し、住処を追われた象が人里を荒らして問題になっていたそうです。
そこで人間と象との共存を目指してこの事業を始め、今では現地の人の雇用創出や、象が快適に暮らすための自然保護にも繋がっているとのこと。

とってもエコな製品ですね!

そういわれてみれば、表紙に使われている象の絵もおしりがフィーチャーされています。

ele004

元々は象の糞…というと臭いが気になるところですが、全然臭くありません。

象の糞の大半は繊維で、そもそもそれほど臭くない上に、製造段階で煮沸消毒している間に臭いが無くなるらしいです。
鼻を近づけてみても、ほんのり草っぽい香りがするだけで、説明書きを見なければ全然気が付きませんでした!

成分は象の糞100%ではなく、現地の印刷会社から出る古紙が混ざっています。

手すきの和紙のような素朴な風合いで、ノートの他にもメッセージカードやフォトフレームなども作られているようです。


この紙製品は「ぞうさんペーパー」という名前で日本にも輸出されています。

象からの派生物はすべてワシントン条約で輸出が禁止されているのですが、この製品だけは象の保護につながるものとして特例で許可が出ているとのこと。

オンラインでも購入できるそうなので、気になる方はHPをご覧になってみてください。

象のウンチでできた紙「ぞうさんペーパー®」
http://www.zousan-paper.com/

・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

ランキングに参加しています。画像をポチッと押していただけると嬉しいです!
  

こんにちは。エコリフォームの西澤です。

みなさん、「アイラップ」という商品をご存知ですか?

b7364870fc64d9a337658c0da0e0351b-480x480

この時代を感じさせるパッケージ。
中身はただのポリ袋…のように見えて、その辺のポリ袋とはちょっと違います!

このアイラップの一番の特徴は、湯せん・電子レンジOKという耐熱性。

ジップロックや、その他の似たようなポリ袋は沸騰したお湯に入れると熱で溶けてしまうのですが、アイラップは-30℃〜120℃までOK。

ざるを入れるなどして鍋肌に直接当たらないよう気を付ければ、お湯の中でぐつぐつ煮ても大丈夫なのです。


私の実家のある新潟市周辺では、昔から「袋といえばアイラップ」というくらい、どの家庭にもある超メジャー商品で、保育園や幼稚園の持ち物リストにも「ポリ袋」ではなく、「アイラップ」と書かれるほどです。

製造元はカセットガスで有名な岩谷産業のグループ会社らしいのですが、なぜか新潟でだけ爆発的に売れているのだそうです。

そういえばこちらに来てからは売ってるところをあまり見ないなと思っていました。


そんなアイラップも、たまに主婦向けのテレビ番組などで紹介されることがあるらしく、最近近所のホームセンターで売っているのを発見!
嬉しくなったので、みなさんにもこの便利さを伝えようとご紹介します。
 

昨夜はカレーを作りました。
IMG_7077

残りはアイラップに直接入れて冷凍します。
食べるときはそのまま電子レンジや湯せんで温めます。

その他にも野菜の切れ端を入れて保存したり、お肉の残りを冷凍したり…。
特にお肉はラップで包むより簡単ですし、空気を抜いて縛ると、レンジ解凍ができないときに流水解凍をすることができて重宝します。

鶏ハムを作るときなどにも、成形した鶏肉を袋でピッチリ包んで茹でると、ラップでキャンディ型にねじねじするよりも簡単で確実ですよ!

我が家のアイラップは、まだ近所で売っているのを知らなかったときにアスクルでまとめ買いした業務用です。

通常の60枚入りの箱は、だいたい100円〜150円ほどで売っています。

お手軽でとってもとっても便利なので、お店で見かけたらぜひお試しください!

・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

ランキングに参加しています。画像をポチッと押していただけると嬉しいです!
  

このページのトップヘ