カテゴリ:

来年の話をすると鬼が笑う…と言いますが
次の冬にはモッズコートが欲しいなぁ…と
考えています。

骨格診断を知り
自分のタイプを知り
モッズコートが似合いやすいと知って
挑戦してみたいと思ったからです^^。

(※pinterestより)

ファー付きのフードがあるコートで
こんなカジュアルコーデ、素敵だなぁ…💛
色はもちろんカーキ。
靴もやっぱりCONVERSEと合わせて。

ナチュラルタイプには
似合いにくいスキニーも
コートにボリュームがあれば
バランスよくなりますね。

さて、話は変わりますが
TBS系ドラマ『きみが心に棲みついた』。
いつもの関西弁ではなく
テンション抑え気味の
桐谷健太さんの演技が新鮮で
年甲斐もなくハマっています。

そして、その桐谷健太さん。
このドラマではアウターはいつもモッズコート。

(※画像はお借りしています)

とてもお似合いではありませんか?
このコート姿を見て
勝手にナチュラルタイプだと診断(笑)。

ドラマの展開も気になりますが
桐谷さんのコート姿も毎回楽しみ。

あの人は何タイプだろう…と
考えながら観るのも
これまでとは違った
楽しみがあります。

新しいドラマの楽しみ方発見です^^。

カテゴリ:

冬のセールでバッグを購入しました。

<Furling by Giani>

 

このバッグを見つけたのは
骨格診断士養成講座の課題として
スタイルブックを作るために

普段はあまりみることのない
山積みのファッション雑誌を
めくっていたとき。

ムートン×レザー
そしてこのサイズ感…。

ナチュラルタイプにぴったりではありませんか(笑)。

雑誌の写真をチョキチョキ切り取りながら
そのバッグが気になって仕方ありません…。

早速ネットで検索してみると
ちょうど30%offのsale対象品。

(定価では買えないよね…)
(こんなタイプのバッグは持ってないし…)
(これからの自分のスタイルに合いそう…)
(10年は使えるよね…)
などと
色んな理由を考えること約一週間。

結局ポチリ。

こうしてムートン×レザーのバッグが
我が家にやって来ました。

デニムなどのカジュアルスタイルにはもちろん
モノトーンなシックな装いにもポイントとして
活躍しそうな存在感です^^。

(しかし、何だかミイラ取りが

ミイラになってしまったような…💦。)

脱『私なんか』

カテゴリ:

広島にある某大学のCMのお話です。

 
受験を控えた女子高生が
教室で友人と
 
「私なんか…。」
 
と、話しています。
 
「どうせ私なんか受かりっこないよ。」
 
と、続けて言う彼女に
側を通った男子クラスメートが
 
「私なんか…じゃないだろ。」
 
と言って教科書で頭を
ポンっと叩き、女子高生は
はっとした表情をします。
 
次のシーンでは
輝くような笑顔の
女子高生が映るので
彼女は
 
「私なんか」
 
を乗り越えて
合格したのでしょう。
 
この甘酸っぱいシチュエーションが
羨ましい…というお話ではなく(笑)
何度も出てくる
 
「私なんか」
 
というセリフが気になります。
 
私自身、「私なんか」という
理由を挙げてみると
10秒の間に20個くらい
言える自信があります(笑)。
 
きっと誰にだって
多からず少なからず
そんな気持ちがあるはず。
 
自信満々に見える
あの人だって
悩みのなさそうな
この人だって
 
「私なんか」
 
と思うことはあるはず。
 
しかし、この
 
「私なんか」
 
実に楽しくない言葉だと
思いませんか?
 
人から誉めらても
いやいや私なんか…と 
思ってしまったり 
 
何かに興味を持っても
ついつい私なんか…と
思って機を逃したり…。
 
突然ですが
私は去年父を亡くしました。
 
晩年の父の口癖は
「人生楽しまにゃ。」
 
当時は
(また軽いこと言って…。)
と、半分呆れていましたが
 
父との別れによって
身を剥がれたような思いを経験し
『死』を身近なものとして実感した
今となっては、その言葉を
とても重く受け止めています。
 
『人生を楽しむ』ために
「私なんか」は禁句。
 
父の死後、そう強く
感じるようになりました。
 
そして今、「私なんか」を
「私だから」に変えようと
奮闘中です(笑)。
 
『私だからできること』
それをひとつ探すことが
2018年の目標です。

 

骨格診断を学んでいるのも
『私だからできること』を見つけるため。
 
骨格診断を学び、カラーの知識を身につけ
それによって自分にためだけではなく
必要とされる方のお役に立てると思うと
楽しみでわくわくします^^。
o0960096014119310468
 
リバティとリネンの
ハギレを使ったポーチ。
 
どうやら小さなハギレが
捨てられない性分みたいです(笑)。

このページのトップヘ

見出し画像
×