melee_minion

今週の5.23パッチでミニオン強化の変更がるので、それについてまとめます。

ミニオン強化の変更点

ミニオンのダメージ上昇は、(5% + (5% x タワー破壊数)) x 平均レベル差、ダメージ低減は、1 + (タワー破壊数 x 平均レベル差)によって決められます。チームの平均レベルが敵チームより高くなれば、ミニオンが強化され、ミニオンウェーブがプッシュされるようになります。

チャンピオンの平均レベルはミニオンのレベルと同じになるので、ミニオンをクリックすれば確認できます。

Riotの意図は

負けている側は、ミニオンがプッシュされることになるので、安全な位置でフリーズすることが容易になります。また、攻撃側からタワーを折るためのシージ機会が多くなり、守備的なプレーから逆転がしやすくなります。

注意したいのが、平均レベルの差はなかなかつきません。1差ついてる場合は、ほぼスノーボールした状態で、2差の場合は、崩壊してるような時にしかなりません。そういう状態で、逆転の機会を増やすための変更になります。

問題点

一番の問題点は、プレシーズンからタワーが柔らかくなり、さらにミニオンがプッシュされたら、逆転する機会がなくすぐ終わるんじゃないか?という点です。5.23パッチでは、対策としてInnerとOuterタワーヘルスの増加、タワーの時間経過で増加するArmor/MRが機能していなかったバグの修正、キルによる経験値減少(スノーボール対策)、20分以降にベースから自動でHomeguard効果が乗るようになります。

いくつかの対策がされていますが、レベル差がついてミニオンが押される状態になると、ビジョンも管理しづらくなり、バロン等も取られやすくなります。さらに、守備側はミニオン処理で分断されやすくなります。そうなってくると、攻撃側はタワーダイブがしやすくなります。逆転しやすくなるかというと疑問が残ります。

また、Redditでは、大会とかでよく使われるミニオンウェーブ操作してオブジェクティブに繋げるテクニック等がなくなるから導入すべきでない!という声が上がってます。しかし、PBEで何試合もやってみた感じ、平均レベル差がついたとしてもはっきりとした効果はわかりづらいです。本当に導入されてるのか?と思って、カスタムで調べてやっと判断できる位でした。負けている側でも、数の多いミニオンウェーブを作ればプッシュしますし、ウェーブ操作するテクニックは健在だと思います。

まとめ

ゲーム時間を短縮しつつ、逆転ができるようにするためRiotも試行錯誤してる所だと思います。勝ってる側は、ミニオンがプッシュしやすので、どうオブジェクティブに繋げていくか、負けてる側は、フリーズして経験値やゴールド差を埋めていけるかがより重要になると思います。