Dynamic_Queue

シーズン6で一番の変更点は、Dynamic queueが導入されることだと思います。その結果、Duoが主流になる理由についてまとめます。

Dynamic Queueによる主な変更点

・最大5プレイヤーまで同時にQueue可能に
・メインとセカンダリーロールを指定してQueueを入れる
・先に自分がピックする予定のチャンピオンを味方に見せれる
・Ban指定するプレイヤーが1番上のプレイヤーから下位3になる

メインロール以外のプレイ回数の増加

今まではロールを譲るという行為が、メリットになる場合が多かったです。しかし、機械的にベストなロールに割り振られるDynamic Queueになると、譲る行為はデメリットになります。

例えば、GosuがADC/Supportを選択しサポートになった場合、Support/ADCを選択しているプレイヤーがいれば交換すれば良いだけですが、確率的にほぼないでしょう。

大抵の場合、2名以上がベストロールを失うことになります。当然ベストなロールで選択しているのに譲りたくもないでしょう。

もう一つに、自分がPBEをやった体感です。Support/Junglerにしても、10回中2~3回はJunglerでした。サポートでさえ結構セカンダリーにきます。

ロールの人気でもすごく左右されます。セカンダリーロールを今だったらTopにすれば(Poppy/Illaoiが人気なため)、ほぼメインロールになると思います。

解決策

配信とかみればわかると思いますが、レートが高くなるにつれて、メインロールでやることの重要性が増します。

解決策は簡単です。Duoをして、お互いのメインとセカンダリーロールを選べば100%メインロールになります。

SoloQ戦士達はどうなる?

譲るということが無くなる可能性があるので、メインロール取りにくくなるかもしれません。特にMidレーンとかですね。

複数Queueの方がメリットが高いように思えますが、勝率が約50%になるようにMMRペナルティーを受けます。SoloQの方がレートが高いプレイヤーが集まるようになるため、SoloQ戦士は健在でしょう。


公表によると、複数でQueue入れた場合は、95%相手も同様なプリメイドになるとのことです。ただし、Solo/DuoQに比べてQueue時間の増加するのは確実で、機能するか・流行るかどうかは微妙だと思ってます。

最後に

いつDynamic Queueがくるかはまだ未定です。PBEではまともに機能したことがないので、当分先になると思います。

特に高レートでは、回数をこなせてメインロールを確実に取れるDuoが人気になると予想してます。SoloQ戦士を貫くならセカンダリーロールを桜の咲く頃までには鍛えておきたいですね(遠目)。

追記:Supp/BotとBot/Suppは同時に選べないようです・・・最低でも3種類ロールを混ぜないないといけないみたいです。