2007年09月21日

RSSわからないけど、googleリーダーを使ってみたよ

Googleリーダーの日本語版が公開されたので使ってみたよ。

まえにどっかのRSSリーダー使ってみたんだけど、
よくわかんない単語だらけだし、しかも調べても1.0だのと意味不明だし、
なんか画像とかないしテキスト途中で切れてるし。劣化版?と
ひろゆきさんと同じような感想だったので、
全く利用価値を感じられなかったので放置してましたRSS。

で、iGoogleに登録してたコンテンツを写して使ってみた。
これ便利ですね。わはは。

ちなみに僕は専門的な情報必要ないし、忙しくもないので、
そんなに切羽つまってネットみないタイプです。

ちなみに「忙しい」ってのは時間の問題でなく、
主観の問題でしょ、自称「忙しい」諸君。

話がそれました。

ひろゆきさんの分け方だと、

・ブログを書いてる人自体に興味があるパターン
 友達が書いてるとか、好きな芸能人が書いてるとか。。

・みんなが読んでるっぽいからなんとなく読んでいるパターン
技術者はなんとなくみんな読んでそうだから、小飼さんのブログをチェックみたいな。

この2パターンですね。

ちなみに小飼さんは「週二日働いたら負けかな」とおっしゃってました、
自称「忙しい」諸君。

と、勝ち組のひとことで私まで心が痛くなってきたところで、
一日使ってみた感想。

★毎日、確実に更新されているブログを登録する必要はないな。

毎日更新されるのが分かっているので、毎日見に行くため。
『finalventの日記』とかタイトル読んでも内容想像つかないし。

★あきらかに向いてないコンテンツも除外だな。

タイトルだけじゃ分からないのとか、画像とかyoutubeガンガン使ってるのとか。
あと、iGoogleでは三件のみ表示だった『はてブニュース』登録したら、
すぐさま100件超えてびびった。読む気なくします。
こりゃモチベーションの問題。全部情報ひろうのも考えものですね。

★結論

気になるけどあまり更新頻度高くないブログだけ登録しとけばおkじゃないの。
『ぼくはまちちゃん!』とか『ココロ社』とか。

使いやすいですね、Googleリーダー。
「全て既読にする」ボタンの位置とか、
アドレスぶちこむだけで、RSS配信してるか判断してくれるし。
気になった記事に印つけてリーダーにリンクを保存できるのとか素敵。

ただ、一度作ったフォルダの名前変更と削除できないんですけど、俺だけ?

情報として必要だけど、Googleリーダーにふさわしくないコンテンツは、
iGoogleにいれておくって使い方でしばらく試してみます。

参考になったなら幸甚。

lola_verc at 05:25|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!miscellaneous │はてなブックマークにこの記事を追加

2007年09月06日

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 雑感その2

《注! 鑑賞後にご覧ください》

映像に関してちょっと。
公開初日(9月1日)に見たので記憶がすでにあいまいです。

予告動画を見たときは、美しくなった新劇場版の映像に驚いたのですが、
劇場で観たときには映像に関して言えば、
それほど感動は起こらなかったのです。
これは、TVシリーズからのレイアウトより
再作画した前半シーンに関して言えばです。
ただ、痛いニュースでTV版と新劇場版の比較画像を見たところ、
決定的に新劇場版のほうが美しい。(あくまで、静止画としてのはなし)
むしろ、誤解を恐れずに言えば、
TVシリーズってこんなに作画ひどかったのかと思ったほどです。
それは私に、過剰に美化されていたエヴァンゲリオンの記憶があったせいです。
TV放映当時、間違いなく美しい部類だった作画(動画)に加えて、
脳内で美化されていたのですから、
それに遜色をとらないだけでも、
今回の映像がすばらしいことに気付くべきでした。
目が肥えたというのもありますが。

閑話休題。

以下、エヴァンゲリオンに限った話ではありませんが、
デジタルとアナログ、具体的にいえば、
セルとカメラの間に空間、というより空気感があるかないかでは、
決定的に映像が変わってきます。

TVシリーズの、なんともいえぬどんよりした空気感が、
新劇場版では感じられませんでした。
むしろデジタルペイントによって、エヴァらしからず、ポップであった
(よりアニメ映像として純化=抽象化していた)と言ってもいいほどです。

ただ、かんじんなのは、どちらが良い悪い、好き嫌いでなく、
デジタルによる映像の印象を戦術的にかなり有効に用いていたということです。

「You are (not) alone.」というサブタイトルにもあるとおり、
エヴァンゲリオンをポジティブな物語として再構築するにあたり
デジタルによるポップさが、かなり有効に働いた、
働いていくのは間違いないでしょう。

よどんた空気感とポップさというのは、TV版と新劇場版としての対比だけでなく、
お互いの時代の空気を反映している対比でもあります。

そして、そのポップさは、宇多田ヒカルを
主題歌にもってきたことにも現われていました。
たとえタイアップなどが関係していようとも、
私はこの曲、ヱヴァンゲリヲンにぴったりだと思っています。

・関連
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 雑感 〜圧倒的でないかラミエルは〜

2007年09月02日

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 雑感 〜圧倒的でないかラミエルは〜

《注! 鑑賞後にご覧ください》


雑感というより今後の展開やらの仮説。あとで書き直す可能性大。

アダムの卵は月、リリスの卵は地球。(仮説1)

ロンギヌスはリリスに。

使徒は月の卵からの生命か。

形象崩壊による、使徒の、生命のスープへの還元の強調。

第三使徒は、話のつじつまを合わせる存在か。(仮説2)
冒頭、赤い海跡に残る巨大な人型のラインが示唆している。

では、その第三使徒はどう殲滅したのか。
この月からの使者は地上に降り立った時に息絶えたのではないか。(仮説2-1)

六号機はアダムベース?(月から舞い降りたため)(仮説3)

使徒は十三、エヴァも十三。

シナリオ(ゼーレ?ゲンドウ?)による、レイとシンジの仕組まれた接触。
→リツコからミサトへ依頼した、シンジによるレイへのIDカード受け渡し。
場当たり的だった前劇場版のシンジ利用より、
今回はより計画的なシンジの利用がシナリオとして存在する?(仮説4)

概括やら、また3番目、やら言ってたが、カヲルは意味深すぎるのでスルー。

第六使徒ラミエルをまた見に行こう。

・関連
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 雑感その2

2007年09月01日

Amazonが一時的に大幅な値上げを敢行した件

ヨガブロガーfinalventさんが推薦する
Yoga: The Iyengar Way (ペーパーバック)
数日前、買おうとAmazonにとんだところ、

amazonなめんな





(画像はgoogleキャッシュより)

ろ、ろくせんにひゃくえん!?

確か2千円くらいだと思っていたので、石油が原因なのか?
と思ってたら今日、

amazonなめんな2










もとに戻ってた。急いで買いました。
某ブロガーの発言によるこんな都市伝説はさておき(笑)
Amazon大丈夫か?

lola_verc at 00:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!日々の気づき │はてなブックマークにこの記事を追加

2007年08月31日

もしも、ふせんのたばが、札たばだったら

ふせんをなくす。よくなくす。

僕は、本を読むことが苦手なので、
5分読んでいると、そわそわしはじめる。
そして、うろうろしはじめる。
で、読書に、ふせんは欠かせないので、
ふせんも、うろうろしはじめる。
そして、いつの間にか、ふせんがなくなる。

ふせんはたくさんあるのだが、
同じ色のふせんでないとだめなのだ。
ひとつの本に、いろいろな色のふせん、ではだめなのだ。

いま読んでいるのは、カラマーゾフの兄弟。
ドミートリーにとっての札たばとは、
僕にとってのふせんと同じなのだ。
本とは人生。
かれにとって札束は、ふせんに過ぎない。

ふせんがみつからない。

にじいろのふせんだ。

lola_verc at 19:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!miscellaneous │はてなブックマークにこの記事を追加

2007年08月29日

友だちの正体、岡田斗司夫によせて

岡田斗司夫のインタビューより。

友だちなしの生活を送るのに、ブログは便利なツールなのだという。

「仕事仲間がいれば、友だちなんて要りません。人間関係で必要なのは、仕事仲間と恋人と家族だけですから。それだけで、豊かな人生を送ることができますよ。

(中略)

男の友だちが要らない理由は、簡単です。友だちになるような人だったら、一緒に仕事をするからです。戦友とか仲間は欲しいけれど、友だちなんてぬるい関係は要らないでしょう」

(中略)

「友だちなんて作っているから、みんな無駄な時間を費やしているんですよ。友だちなんて、不良債権です。なので、ネットは便利です(笑)」

ステレオタイプに拘泥しないで自分の関係性を見出すことは素敵だと思うし、
こう言い切れる岡田氏はすごい。誤解を恐れず言えば、年齢もあるのだろうけど。

《友だちになるような人だったら、一緒に仕事をするからです。》

これは岡田氏の職業だからこそ言える部分もあるが。

おそらく岡田氏にとって必要である人間関係とは、
濃度が濃い情報のやりとりができる相手なのではなかろうか。
オタク的人間関係とでも言おうか。私もその傾向が強い。
こういうこと言うと批判されそうだが、誰しもそんなもの。
顔がいいから一緒にいると見栄えがいいとか、ケンカ強いから用心棒とかね。

必要のなくなった「友だち」というものに備わった要素がなくなるかと言えば、
それは、「仕事仲間」の中に残っている。
「友だち」から抽出した岡田氏にとって必要な要素だけが。

で、ふと思う。
仕事してる人がつくる関係で、仕事の延長上でない関係ってそんなにないよなと。
じゃあ、友だちと呼ぶ関係は大抵どこから湧いて出たのかというと、
仕事じゃなく、学校じゃないだろうか。いや、学校ということにしよう。

つまり、学校という義務である装置によって生まれる
関係性が「友だち」というものなのではないかということ。
そこから派生する友だちも、当然、装置の副産物だからそれに含まれる。

あとは、本当に恋人と家族が必要かという点についてだが、
風呂敷が広がりすぎてきたのでここまで。

あ、最後に、ひとつだけ。真っ赤なTシャツはマジでやめるべき。
ファッションの才能ないこと認めるのなら、
他人のコーディネイトにゆだねるのが一番。

失礼しました。

lola_verc at 19:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!日々の気づき │はてなブックマークにこの記事を追加

2007年08月27日

コニファーフォレスト8月26日、セットリストと雑感、ラルク

L'Arc〜en〜Ciel Are you ready? 2007 またハートに火をつけろ!

8月26日富士急ハイランド、コニファーフォレスト。

このライブに関してはよこすかにすでに行ってたので、新曲の雰囲気をより確かにしようと思ってたのですが、あまり新曲はやらず、がっかり。しかも客席多すぎ。
ということで以下、不満がおおい雑感です。

屋外なので音はどうなのかと思ってたら、拡散せずに塊で席まで届きました。
東京ドームよりよっぽどいいんじゃないのか。
ちなみに席はほぼ中央。

客席が左右に広がりすぎ。
端の人はまったくと言っていいほど見えなかったのでは。

以下、セットリスト。

1.SEVENTH HEAVEN

2.Killing Me

3.the Fourth Avenue Café

MC
hyde 夏は苦手。

4.New World

5.SHINE

6.夏の憂鬱 〜time to say good-bye〜

MC
hyde 夏だからって憂鬱ってねぇ。

7.STAY AWAY

8.HONEY

9.DAYBREAK'S BELL

10.MY HEART DRAWS A DREAM
前奏前、Kenがギターで聴かせる。
ただし、ふざけてるようにしか見えなかった(笑)

11.瞳の住人
キーは低い。がっかり。

12.いばらの涙
冒頭、yukihiroハットの16に対し、なかなか始めないKen。

MC
Ken バーベキューをやった。何聴きたい?

13.Driver's High

14.REVELATION

15.Pretty Girl
これが一番好き。で、これが一番、11月のシングルっぽい気がする。
キメのKenのコーラスが素敵。

16.READY STEADY GO

小休止。次はパンク。今回、一番ハラハラした部分(笑)
聴くたびに酷くなってる気がする。

17.Feeling Fine 2007
最低。「微熱〜」のところが特に。hydeのギターソロが唯一聴かせるねぇ。

18.HONEY 2007
最低すぎる。「運命が」からKenが、はしり出し、
つられてtetsuがもっとはしりだす。
そして一小節すっとばすtetsu。
ただ、さすがベテラン、そんなトラブルもなんとかつじつまが合って終了(笑)

一番の見せ場。1234焦らしのところで、yukihiroが

1.まず、つばを吐く。

2.ワン、ツゥ、スリー、フォォォォォーーーーー→マイクくわえる。

3.ベースでスタンド吹っ飛ばす。

4.とどめにスタンド蹴っ飛ばす。

5.メンバー若干ひく。

ちなみに私ドンびき。

パンク撤収。

19.NEO UNIVERSE

20.Caress of Venus
なぜ、ここで!

21.LINK

MC
hyde あと2本でツアー終わり。楽しかった。ありがとう。

22.叙情詩
冒頭、hydeの声に鳥肌立ちました。
都合、4回聴いてますが、初めて聴いたAWAKE以来の感動!ありがとう!!!

で、最後にMY HEART DRAWS A DREAMのPV
そして、アリーナツアー決定。

lola_verc at 15:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!ラルク │はてなブックマークにこの記事を追加

2007年08月06日

ペーパーバックを読書家のステータスとして差別化するという戦略

洋泉社のペーパーバック『地球環境問題はなぜウソがまかり通るのか』を読んだ。内容はさておき、巻末にこんなお触れ書きが。

洋泉社ペーパーバックスには、以下のような3つの特徴があります。

1.同時代の最も熱いテーマをいち早く取り上げます。
(中略)体験・現場主義に貫かれた取材でお届けします。

2.既成概念を疑います。
(中略)高度情報化社会においては、これまで常識とされていたことが一夜にして非常識となることもしばしば起こります。既成概念にとらわれることなく、既存の定説・常識に挑んでいきます。

3.タブーに挑戦します。
(中略)たとえば、、新聞、雑誌、テレビなどの大手マスコミでは、広告クライアントへの配慮からその企業に関連するネガティブな情報を入手しても報道しないこともままあります。当シリーズではそうしたタブーに屈することなく、手頃な価格でいつでもどこでも読めるペーパーバックスをお届けします。

内容が捻じ曲がらない程度に略してるのと、太字は私によるもの。
《いつでもどこでも読める》とあるが、ひとつ突っ込んでおくと、ペーパーバックはポケットに入らないため持ち運びが不便すぎる。

ところで、ペーパーバックって何さ、って方にはwikipediaより。

ペーパーバック(paperback)とはハードカバーより安く、安価な紙に印刷された形態の本のことである。洋書などで見られる言葉である。並製本(なみせいほん)ともいう。

簡便な出版物であり、日本においては新書・文庫に近似する様式である。

これだけだと分かりにくい。最近、コンビニに置いてあるマンガで、カバーがなく、角ばってて安っぽい紙を使ってる表紙のレイアウトも小汚い感じでちょっと値段の安いやつ。あれだ。

本が好きな人ならペーパーバックと言えば洋書を思い浮かべるだろう。比較的、大きい書店でも内容による分類ではなく、「paperbacks」のコーナーでひとくくりにしてることから分かるように取り扱いは少ない。需要が少ないということだ。

日本では新書・文庫が廉価版という点でペーパーバックの代わりを務めてる。
なぜかというと、製造コストが劇的に変わるわけではないというのと、見栄えを気にする人が多いというのと、カバーを取り外せるということは、消費税などの関係で値段が変わったときにカバーだけ変えればいいというのと、返品された時に表紙だけ変えて復活させられる可能性がある、という話を聞くが、その業界の人ではないので事実は知らない。

ともかくペーパーバックというのは日本人にとってなじみのあるものとは言えない。

そこで、白人コンプレックスがある日本人にうまくペーパーバックをステータスとして売り込むのだ。

つまり、ペーパーバックス=洋書であるという点を突いて、ペーパーバックは知的なものですよ、というように戦術的に日本製ペーパーバックを販売するのだ。それによって普段、読書をしないけど、知的に魅せたい人の知的虚栄心を動かすというのがたてまえの目的。ペーパーバックをブランドとして定着させる。

私の願いとしては『地球環境問題はなぜウソがまかり通るのか』のようにマスコミの偏向報道とは違う側面や事実があり、そういった読書をすることによって自分で考える癖をつける人が増えて欲しいなぁというところに本音がある。

当然、著作は吟味しなければならないが、洋泉社の取り組み、特に太字部分に可能性を見た気がしたのだ。

どうだろうか出版社のみなさん。

lola_verc at 15:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!はてなブックマークにこの記事を追加

hydeの才能を三行で

いうと

続きを読む

lola_verc at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!ラルク │はてなブックマークにこの記事を追加

2007年08月04日

キングゲイナーとブレンパワードをひとことで

いうと

続きを読む