2007年01月23日

どうして勉強しなきゃいけないの?の議論にムズムズ

【どうして勉強しなきゃいけないの?】学習塾で助手をしているのですが、小学一年生の女の子から先日ついに「どうして勉強しなきゃいけないの?」という問いを投げかけられました。

将来私も人の親になるのだろうし、自分も相手も十二分に納得できる答えとは何なのだろうと改めて思います。

どうして勉強しなければいけないのですか?(後略)


という人力検索はてなでの質問に関する一連のエントリー

分裂勘違い君劇場

子供の「どうして勉強しなきゃいけないの?」→ 勉強することの具体的で直接的で切実なメリットを説明

弾氏

勉強したら負けだと思っている

を読んでムズムズした。

上2人より年齢が小学生に近い私は少なくとも違うと思った。(村尾信尚風)

一番納得いった意見は

Snail Blog

的外れすぎる「どうして勉強しなきゃいけないの?」の回答。

・義務だから
少なくとも中学までは。

学習塾の助手という立場ならばこの回答で十分だろう。
ごく短い時間しか子供に関われない人間が
中途半端な回答をして子供に疑問を残させることは絶対に避けるべきである。
本当に余計なお世話だ。
ただあくまで子供のためではなく
自分、小学生を教えている塾の講師、
親の立場を考えての回答であることも述べておく。

私が小学生のとき通っていた個人塾でも
子供に勉強を強いることに疑問を持っていた講師がいた。
そしてその旨を子供に伝えてしまい講師は親とトラブルを起こした。
私の意見はその経験を根拠にしている。

そもそも<自分も相手も十二分に納得できる答えとは何なのだろう>という
質問自体で質問者の程度が知れる。
あえて言おう、ずうずうしい。

立場、優先順位をまったく踏まえていないうえ、
子供の詳細も記載されておらず、つまり一般論で最適解を求めている。
論外。


勘違い君も弾氏もそもそも頭がよすぎる。

特に勘違い君の

あの政治家、(フロイトの)肛門期的性格だよなー」とか「うへ、それじゃビッグブラザーじゃん(オーウェルの1984)」とか、「熱帯雨林ではバクテリアの代謝が活発だから二酸化炭素を吸収するというのは辻褄が合わねえべ。」とか「これはデブのジーンズ(genes)を持った人用のジーンズ(ズボン)なんだ」とかいうジョークやネタが、先方からポンポンでてきた。

なんて会話、胸くそ悪くなってくるっちゅうに。
しかもそういった会話をする人がすばらしい友人かというと疑問を感じる。
知識をひけらかすことで離れてゆくすばらしい友人もいるはずである。
すばらしい友人がどんなものなのかという論は
幸福論という大風呂敷になるので避ける。

弾氏みたいな子供は奇特で、
楽しめないから小学生は聞いてるのに要領をえない。
勉強と学習の語の違いなんかも基の話からすればどうでもいい。

まあそれもそのはず、
勘違い君も弾氏も小学生ではなく
大人を対象とした弁論を展開しているに過ぎないのである。
塾講師が勘違い君の回答に満足しているのがいい証拠だ。

こんな理論を小学一年生の子に納得させちゃうのかな自己満足の助手君?

子供に関われる時間、立場によって回答は変わってくると思う。
具体的な処方箋は個別解しかありえない。

ここで再びSnail Blogより引用。

考える楽しさ、知識を得る快楽、回答するスリル
しかし義務や将来への危惧ばかり強いるのも確かに問題だ。やはり勉強や学習の楽しみは積極的に教えるべきである。

子供が知識を得る喜びは、少なくとも異国の人間や多角的遊びには無い。”自身の好奇心”と”親や友達”というもっと身近な存在だ。

例えば親が知らないような知識を子供が得る。それだけで子供は知識を得る喜びと充足感を感じる。

誰にでも経験があると思うが、学校で新しく習ったことや本で得た知識などを、親にクイズ形式で質問したりするのもそうだ。親が答えられなかったら「してやったり」である。そうやって幼心ながらに知識を持つ喜びを感じているのである。

何も遠い国の文化を引き合いに出す必要など全くない。

そうやってグイグイと知識欲をリードしてあげれば、自ずと学ぶことの快楽を身に着ける。

まったくその通りだと思う。
ただ塾の助手、講師レベルではこの役割は荷がかちすぎる。
親(子どもの育て親)、学校の先生が限界だろう。

また子どもがこういった質問をする背景に
勉強を理解できていないということが根本にあるのかもしれない。
そういう子はそういう子ならばまずは楽しい云々より理解させる説明力と根気力が必要だ。理解できれば楽しくなるかもしれない。

理解してもなおつまらないと言うのならそこで
弾氏の述べた楽習力をつけさせてあげるきっかけを作る必要が出てくる。

そういった点で子どもが理解を深めることに喜びを感じるという意味での
楽習力も重要ではないだろうか。

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「なんでべんきょーせなあかんねん」の補足  [ 国民宿舎はらぺこ 大浴場 ]   2007年01月23日 13:41
とりあえず、前回書いた内容に対する補足。 ただ、そのおかげでまったくの怠け者になってしまうんだとしたらそれはそれでマズイし、なにより (4)騙されてひどい目に合いにくくな
2. どうして勉強しなきゃいけないの?の議論にムズムズ その2  [ 買ってしまおよ何もかも ]   2007年01月25日 00:50
「なんでべんきょーせなあかんねん」 国民宿舎はらぺこ 大浴場から 前エントリーどうして勉強しなきゃいけないの?の議論にムズムズに 言及をいただいたのを受けて、 前回のエントリで書けなかったこと、まとめきれなかったこと、 自分へのエクスキューズを含め補足説明...
3. どうして勉強しなきゃいけないの?  [ とりあえず続くまで。 ]   2007年02月10日 03:54
【どうして勉強しなきゃいけないの?】学習塾で助手をしているのですが、小学一年生の女の子から先日ついに「どうして勉強しなきゃいけないの?」という問いを投げかけられました。 上記の質問を通して様々なブログでその答が議耵mmisу

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔