LoLo Disign.:ロロデザイン

Archives
Links
Web Site Works
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)

2010年09月07日

河村傳兵衛さん 株式会社リバーソン設立6周年

株式会社リバーソン 社屋河村傳兵衛さん
9月3日、LoLo Design.でWebサイトを担当している河村傳兵衛さんの会社(株式会社リバーソン)の設立6周年パーティにご招待いただいたので袋井市の松原まで行ってきました。

ずいぶん前のブログ記事でも書きましたが、河村傳兵衛さんといのは静岡酵母という日本酒酵母を開発した『静岡の日本酒の父』と言われている方です。

河村傳兵衛 公式Webサイト│株式会社リバーソン

サイトをはじめて制作してから3年ほど経ちましたが、これまで傳兵衛さんにお誘いいただき、たくさんの日本酒をいただいてきました。

そのほとんどはアトリエで打ち合わせ後に近くのお寿司屋さんでご馳走になるんですが、回らないお寿司や静岡市内の高級料亭でおこなわれる吟醸酒の会は、忙しくなければほとんど毎月参加していますし、年に一回おこなわれる浮月楼(ふげつろう)での『伝べえの会(美味しい日本酒を伝える会)』にも出席しています。

もともと私は、日本酒はほとんど飲めない(というかむしろ苦手な)人間でしたが、傳兵衛さんの造った日本酒が旨いのと、人に飲ませるのが上手なのもあって今ではスイスイいけるようになってしまいました;

というわけで、様々お酒のお付き合いをさせていただいて、今回始めて設立パーティに招待いただけたのでとても嬉しかったです。

静岡の日本酒喜久酔 純米大吟醸・開運 吟醸・開運 大吟醸
さて、この日に出されたお酒は、当然傳兵衛さんの息のかかった酒蔵の日本酒。

國香・開運・満寿一・喜久酔の純米大吟醸・大吟醸・吟醸がそれぞれと、國香の大吟醸で漬けた梅酒もありました。

さらに傳兵衛さんご本人から予々お話を聞いていた『寿司屋の市』さんの出張サービスもあり、大変贅沢な会となっていました。

ちなみに私はいつも純米大吟醸・大吟醸・吟醸という順番でいただいています。

室温によるお酒の温度変化や自身の酔い加減の兼ね合いもあるので高価なお酒から順にやるのが一番いいのかもしれません。


河村傳兵衛さん株式会社リバーソン設立6周年
また、会に出席された方達も錚々たる顔ぶれ、酒蔵は開運の土井社長一人でしたが(他の酒蔵はお酒で参加)、現在傳兵衛さんと発酵茶の開発をしている各メーカーの方(だいたい社長さん)や研究のお手伝いをしている大学の先生方、昔からの知り合いである静岡県議会議員の先生方など、とても賑やかでした。

静岡県議会議員の奥之山さん静岡県議会議員の三ツ谷さん
私の席の横が静岡県議会議員の奥之山さん(写真左)で、その向かいに三ツ谷さん(写真右)と戸塚さん。傳兵衛さんとの様々なエピソードをお話いただきました。

、、、しかしアレですね。

さすが日本酒の会だけあって、開始当初の緊張した雰囲気が間もなく一変し(町内会の宴会みたいに)和気藹々でした。


最後はお土産に『伝べえ(つたえべえ ─ 予約販売のみ)』という喜久酔の超レアな純米大吟醸を1本いただいてお開きです(私はドサクサで余ったお酒全部持ち帰りましたけど)。

寿司屋の市さん/シャトー・シノンの石原さんワインバーでお寿司
傳兵衛さん行きつけのワインバー・シャトー・シノンの石原さんもお手伝いで参加。

2次会はシャトー・シノンさんでワインでしたが、ここにも寿司屋の市さんが大きな寿司桶を持って現れて歓声があがりました。


普段お世話になっている傳兵衛さんの御祝いということでずいぶん盛り上がって飲んでしまいましたが、『本当に旨い酒は翌日に残らない』という傳兵衛さんの言葉にあるとおり二日酔いもまったく無いことにもあらためて納得した感動の週末でした。

また来月の吟醸酒の会も楽しみです(あ、吟醸酒の会に興味のある方は私までご連絡いただければご案内できます)。

これから秋になって日本酒に合う魚がたくさん採れるのも楽しみですね。

そして、『アカン!飲酒運転』です。


○関連リンク
河村傳兵衛 公式Webサイト│株式会社リバーソン
土井酒造(開運)
豊田肥料(吉福茶)
荒畑園(茶流痩々)
おさだ製茶(山吹撫子)
カネ松製茶
浮月楼

○関連記事リンク
静岡酵母の開発者 河村傳兵衛さん取材撮影




lolo_design at 15:08Journal.  この記事をクリップ!