マガシ観察計画

PSPo2i・PSU・PSO2での出来事や活動のメモです。キャスト好き。突然のネタバレもあります。

PSO2日記

リミットブレイクと毒の沼

この記事に限ったことではないのですが、
ゲーム内のあれこれには時々調整が入ったり仕様が変更されたり、
仮に当時は正しかったことでもそれが今合っているとは限らなかったりなので、
日付には要注意でお願いします…!
キャス男の顔の話あたりは今もう大分仕様が変わっていて、
変更されない項目があると忠告出るようになったしなあ。

と一応書いておいて本題へ。
きっともう先駆者さんはいて既出の情報だと思うのですが、
やっぱり発見をしたとなるとなんだか嬉しくなって書きたくなるもの!
それでこそ!思い出メモブログじゃ!!ww

リミットブレイク時にヒーリングガードやモノメイト等で回復する量は
リミットブレイクによって下がった方の最大HPに依存する…
というのは前回の記事で書きました。
今回気になったのは…
「じゃあ、毒の沼のダメージも減った方の最大HPに合わせて減るんじゃないか?」ということ。
ゆりかご緊急に参戦したときにふと気になったので、試してみました。

結果、どうだったかというと…
毒沼のダメージは減る前の最大HPに依存っぽいです。つまりリミットブレイク関係なしです。

やべえ!!!!wwww
何がやばいかって毒沼のダメージを3回食らったら死ぬ計算になる!!!ww
これが不具合なのか仕様なのか判断がつかないんですが、
(確認されている不具合や対応状況には…なかったはず…)
とりあえずこのスキルやっぱりすげえクレイジーだなと再認識しました!!!ww

ぱっとわかりやすく画像をのっけておくとこんな感じ。
毒の沼のダメージ痛い
沼のダメージはリミットブレイク前と完全に同じだった…w

公式サイトはこちら!
『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp/

矛盾さんの近況報告

ハーフラインブーストと細氷の枷を組み合わせたらどれだけ凍るんだろうか…
という好奇心と勢いで、矛盾さんのFiレベルを上げ始めました。
どうにかこうにか装備するのに必要な技量を満たしてローズスチュワード再装備、完了!

Fiのスキルには自身のHPが低下している時や状態異常になっていると効果を発揮するスキル、
そのスキルを活かしやすいようにするスキルの「リミットブレイク(メインFi限定)」がありました。
リミットブレイクに関して、最初は
「レベルを上げるほどHP上限が下がるようになるスキルなんだろうか…?」と思っていたのですが、
最初に習得する時点でもうHP上限は25%まで一気に下がるんですね!!これ!!ww
レベルを上げることでリミットブレイクで得られる状態異常の時間が長くなっていく仕組みでした。
上げれば上げるほど効果時間が長くなり、恩恵を受けられる…と同時に危険にも晒される…
おおうクレイジー!!ww

で、このリミットブレイク、発動した時にどんなエフェクトが出るのか確認してみました。
最初は何やら弱くなったかのような頼りなさげなエフェクトがもわーん。
HPごっそり減らして…
その直後、燃え上がる炎のような効果が出現。
攻撃力その他もろもろブースト!
ゴゴゴゴゴ。

で、肝心の凍りやすいのかどうなのかという話。自分の環境では…
なんだか凍るときはめちゃくちゃ凍るものの、そうでもないときは普段と差は無い感じ…かな…w
しっかり回数重ねて数えた訳ではないので完全に体感で、ですが、
体感ではなんとなーく若干凍りやすくなってるって感じでした。やや!若干!少し!
 
それとリミットブレイクしてみて気づいたことをちょこっとだけ。
リミットブレイクすると強制的に最大HPが本来のHPの25%になるのですが、
その時にJGしてヒーリングガードが発動すると、
リミットブレイクで下がった最大HPに合わせて回復量が決まります。
つまりほとんど回復しない!!今の矛盾さんだと12くらいしか回復しない!!ww
知らなかった…!
といってもヒーリングガードの回復は各々の最大HPの5%分っぽいので、
周りの人へはいつもどおり回復のおすそ分けができるっちゃできます。たぶん。
食べられかけてるウォパル原住民(SH)にヒーリングガード当てたら4桁回復してびっくりである。

そんなこんなでサブパレットにリミットブレイクを迎えたところ、
深刻な…深刻な何いていえばいいんだこれ…ぼ、ボタン不足!
大体矛盾さんもヒューナルさんも同じ戦い方をしているので
今まではパレットの配列は同じだったのだ…戦闘中に切り替えられるほど器用ではないし…!
というわけで、いままでのパレットもコピーして残しておきつつ、
ソルアトマイザーがあったところ(8キー)にリミットブレイク入れてみました。
生き残れてないです!!!
スタンスの効果時間は長くなってるし、
かけっぱなしのスタンスは別のパレットにするのも手かなと思う一方
どのスタンスが発動しているかぱっと見てわかる安心感も捨てがたい…。

最後にリミットブレイクというスキルがキャラ設定的にすごくおいしいスキルなのではないかという話。
言われたことが大変ツボってしまったのでお祭り騒ぎでした。
防御(といっても硬さというよりJGだけど…w)が最大の攻撃、っていう戦い方の矛盾さんが
攻撃が最大の防御に切り替わってる…
…という燃料を投下されてですな…。
アークスに追い詰められてすごく攻撃的になってるけど内心何が何でも身を守りたい、みたいな…
すっげえ矛盾してて矛盾さんまじ矛盾さんである。自棄感もある…w
うめえうめえ。

一種自分を追い詰めてその代わりに力を得る、とか
火事場の馬鹿力とか、そんなイメージでも捉えられそうでおいしいなってことです!ww
キャライメージにあったスキルを選んでみるのも楽しいかもしれないし、
その逆もあるのかもしれないなあ。
スキルを使っているうちにキャラの設定が固まってくる、ってなこと。おお、楽しい。

公式サイトはこちら!
『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp/

アンコール!

ささっと追記、コメントありがとうございました!お返事はこちらですー。

クーナさんの新曲「終わりなき物語」のライブ、見ました!
クーナの新作ライブ
聞いていると鼻からメギド(言い回しが気に入ってるらしい)で若干!
もだえそうになりましたが!!ww
嫌いって意味じゃないんだ、この感覚の説明難しい…ww
終われ…物語は終わって欲しくはないが終われ…でなければ我が終わらせるぞ…!
最終的には独りだ…うううう
ってうちのダークファルスさんが無駄に抗って死にかけてました。若干の小物感。
正確には中の人が鼻からメギ(ry
終わりなき物語
気になりだすと気になるしゃちほこ。
光属性の歌だよなあ。とても前向きで明るい歌詞の歌です。
やっぱりクーナさん、アイドルですなあ。
なんとなく、EP3のストーリーに合わせてMAD作れたら楽しいだろうなとも思いました。
熱い展開になりそう…w
衣装も舞台も綺麗でした
クーナさんの衣装の模様、綺麗でしたよー。

このライブでは終わった後にしばらく間があり、
どうやらその間に(…だと思うのですがよくわかってません!!ww)
「アンコール」という言葉が含まれるチャットが一定数を超えると
クーナさんが再登場する模様。 
Our Fighting ver.MIYABI…だったかな、Our Fightingの和風バージョンを披露してくれます。
間奏のアレンジぐっときた…w
MIYABI版もよかった
なんだかんだで見に行ってはアンコール!って叫んでます。

ライブの後は緊急クエストへ!
新しい緊急クエスト、「黒に染まる領域」にも遊びに行けました。
黒に染まる領域
アンジャドゥリリさんのレアが出るのかなーと何故か思い込んでいたんですが、
戦って様子を見て初めて違うエネミーだということに気づくなど!!ww
アンジャドゥリリ、そのレアのヨグジャドゥリリ、
そして灯篭着火暴走車輪のパジャドゥリン、ですね。覚えた!…はず!!ww

テレポーター前にある説明文は3ページ。ぺたぺたーっと貼っておきます。
黒に染まる領域解説1
黒に染まる領域解説2
黒に染まる領域解説3
不思議なエネルギーってなんだろう。白の民たちから見たフォトン、って感じなんだろうか。

侵食された灯篭はある程度減らせば瘴気が消え、
低い位置を走っていてもダメージを受けなくて済むようになります。
何かしらのEトラクリア→パジャドゥリン出現→何かしらのEトラ→パジャドゥリン出現→…
となっている印象でした。
最後のパジャドゥリン出現ターンではギグル・グンネガムさんも登場します。

どうやらこの緊急、かなり遠く離れている場所で倒されたエネミーでも
経験値判定があるっぽいこと、Eトラがすぐ近くで起きるとは限らないっぽいこと、
そしてパジャドゥリンが出現した段階で瘴気の発生に十分な数の灯篭が侵食されること…
色々考えると、12人全員がまとまって行動するよりも
ある程度ばらけてエネミーを倒していくのが案外近道なのかもしれませんね。
割と好き勝手あっちこっち走り回ってたよ…
妙な共闘感があって変な居心地のよさがあった…ww

あとパジャドゥリンさん、試しにウォークライしてみたんですが
見向きもせず灯篭一直線でした!!wwやっぱ特別なんだな…w

ひとつ惜しいことを挙げるとすると、
報酬は最後にまとめて防衛戦のような形式で出てくれたらありがたかったかもしれない…ww
いやしかし、それはそれで最後その巨大報酬箱の所に直通で飛べるカタパルトがないと
分散して戦う形態の緊急であるからして、戻るのが大変かもしれない、か…w
拾いにいくのが結構大変!!ww

公式サイトはこちら!
『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp/

月見てこんこん

新しいロビーに改装されてからは初のお月見ロビー。
お月見ロビー2014
今年もうさぎとリリーパが登場。ロビーのあちこちにはススキと共に団子が再登場です。
空に映る月
夜空っぽい雰囲気でこれまたよし。

さてさて新緊急で慌てふためいたり新しいライブを堪能したりしていますが
まずは恒例、スクラッチの話をば!
今回のファッションアップデート、スクラッチのタイトルは「ミスティックムーン」。
和風の衣装やアクセサリに加え、
ルーサーさんや2代目クラリスクレイスの衣装、髪型も実装されました。
キャス男のパーツはライザーF・シリーズのCVが来ましたよー。
スクラッチ画像をぺたっとな!今回は枠の色が違うのみのタイプの模様。
ミスティックムーン200AC版
ミスティックムーン500AC版
FUNスクラッチは画像に変更はないものの景品が入れ替わり、
黒カラステングの面や山伏の白肩掛けなどなど
こちらも和風なアクセサリが色々と追加されました。
焼きサンマが妙にうまそう…おせちといい三色団子(とくにヨモギ)といい、
食べ物のグラフィックちょいちょい凝ってる、気がする…w

で、ですねそのFUNスクラッチの中でおおっと嬉しくなったのが
ショルダーシールド!
位置調整で微調整できるようになって本当によかった…!

矛盾さん、本当は両腕に盾っぽい構造があるのですが(という設定)
武器でシールドの類が来ることは今のところなさそうなのもあって、
イメージに一番近いエヴァレットアームにしてたのです。
これ腕に盾っていうより刃がついてるよな!うん!ww
そんな矛盾さんに、このショルダーシールドで盾要素を持たせられたのが嬉しいところ。
ショルダーシールド
肩の盾ってのもかっこいいものだー。よきかな!

そういえば記事では触れてなかった気がするのでひとつ書いておきます。
マイショップで出品されているアクセサリの試着が出来るようになっているのですが、
実はスクラッチの景品一覧からも
アイテムを選択することで試着、プレビューできるようになっていました。
このプレビュー、教えてもらってやってみるまで知らずにいたことがありまして…
ロビアクも見られるんですね。気づかなかった!!!ww
プレビュー機能ありがたい
プレビュー画面で踊っているのを見るのがなんだか新鮮だったなあ。

以下ちょこっとおまけ。
突然現れて勝負を挑んでくる超時空エネミーの「ニャウ」。
最初に出てきて戦ったときは、
大事な剣(と思われる)を壊したら大泣きされてしまって、
どうにも戦いづらい…やりづらいってのがあった…あったんだがな…だが…
ニャウに殺されかける
見てくれこのダメージ。
ニャウに殺されかけたので考えを!変えた!!!ww
誰かに剣を向けるのならば!!己も何かを失うことを覚悟せよ!!!
あらゆる敵を屠り続ける我はいつでも殺される覚悟だぞ殺されたくないけど!!
って紙装甲の矛盾さんが言ってた!!

…でもやっぱり泣かれると若干弱いので困る。
一方的に勝負挑んできて、で負けたり武器壊されたりして泣いて暴れるっての、
よくよく考えるとすっげえ勝手極まりない…よな…w手加減はせぬよ。
チェンジオーバーした場合はボスが出てくるっぽい…のかなあ。
自分は今の所、ゴロンゾランとギグル・グンネガムさんを見かけてます。
聞いた話では仮面さんやヒューナルさんも出てくることがあるとのこと。
後、周囲チャット…にかはよくわかりませんが
チャットにも反応するようで、反応したときの態度も結構あれこれあるみたいです。
チャットならなんでもいいのか、「修造」ってひとことを聞いて
ニャウが照れてたときは笑うしかなかった…wwもっと熱くなれよおおお!!
これ、チャットしまくったら何か起きないかな…起きないか…w

公式サイトはこちら!
『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp/

床があった

コメントありがとうございました、お返事は該当記事のコメント欄(こちら)にてー!

先日、床に水が張ってある!と思って釣りのロビアクをして遊んだんですが
これ…これ…

透明の床の下に水が流れていた
透明の床の下を水が流れてたーーーー!!!!wwww
確かに噴水と比べるとちょっと色味が違った…w

報酬期間もあっという間なものでもうあと少し。
今のうちに矛盾さんの武器の潜在能力開放と強化、やっちゃおうかなあ。
10日は10日でまた新しいスクラッチやライブも来るようなので
楽しみであります!

公式サイトはこちら!
『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp/
マガシbot
  • ライブドアブログ