京都で少し時間が有ったので山科経由で醍醐寺へ参拝
修学旅行や過去の京都見学でも方向が違うので参拝した事がありませんでした。
地下鉄東西線の醍醐駅から徒歩10分です。
36号線をくぐると総門が見えてきます。
IMGP1121

夜間のライトアップもやっているようです。
IMGP1122


仁王門で睨みを利かせているのは重要文化財に指定されている仁王像 長承3年(1134年)勢増・仁増の作
IMGP1131IMGP1130
頭が大きく下から見上げると丁度良い、迫力のある像です。

金堂(国宝) 延長4年(926)建立 2度の消失のあと 慶長4年再建されたもの
IMGP1134
醍醐寺の本尊(薬師如来坐像)が祭られています。


五重塔(国宝) 天暦五年(951)に建立 京都最古の建築物です。
IMGP1146
上に行くほど細くなっていく屋根とそのカーブが素敵です。

折りしも紅葉の真っ最中、弁天堂の紅葉は今が見ごろです。
IMGP1167


参拝の帰りは三宝院でマッタリ(内部は写真禁止です)
IMGP1124

中の庭園は素晴らしい景色です。縁側に座って参拝の疲れを癒します。

時間と体力が足らない為に上醍醐には訪問できませんでしたが、京都駅から往復で2時間の道のり。
穴場ではありますが一見の価値のあるお寺です。

住所:京都市伏見区醍醐東大路町