今日はなにをしようかなぁ


パスタとラーメンが大好きで食べ歩いたり自分でも作っています。
時々近所(千葉県)の食べ歩きも 日本橋の食べ歩きはブログ今日は何を食べようかなぁでどうぞ。

今日のパスタ

ほうれん草とネギのジャポネ

ネギの風味の香るスパゲットーニにチャーシューと玉子を載せてみました。
過去にも作りましたがニンニク醤油味ですので違和感はありません。
DSC02657
茹で立ての2.2mmのスパゲトーニはもちもちして良い食感です。
最近はボルカノや昭和が手に入りますが昔は名古屋までヨコイを買いに行かなければなりませんでした。
ヨコイ昭和太麺ボルカノ
【作り方のコツ】
オリーブオイル・ニンニクみじん切り・ネギ・ほうれん草・バターの順で炒めていきます。
ネギ・ほうれん草を一旦取り出し、トマトのざく切りを炒め醤油を合わせ入れます。
茹で汁を少し入れて、乳化したところに茹で上がった麺を絡めてから野菜を混ぜ合わせます。
(これは具材の隙間にソースが入り麺に絡む量が減ることを防ぐ為です。ナポリタンも同様です。)
お好みでチャーシュー・玉子を追加しましょう。

鮭とエリンギのクリームソース

今日のパスタは冷蔵庫のこれらを使って作ります。
DSC02431


太めのパスタに胡椒の効いた鮭クリームソースが良く合います。エリンギの食感がアクセントです。
DSC02433

【作り方】
1.エリンギを薄切りしてから、パスタを茹で始めます。茹で時間は16分です。
2.オリーブオイルでエリンギを柔らかくなる位まで炒めワインを振りいれ水分を飛ばしたら
 軽く塩コショウをして皿に取り出します。
3.その後、鮭フレークをオリーブオイルで炒めます。
水分が大体飛んだらば小麦粉を追加して更に炒めます。
粘り気が無くなって乾煎り状態になったら牛乳を入れます。
焦げ付かないようにかき混ぜながら、沸騰させます。
4.胡椒を混ぜて茹で上がったパスタを絡めます。
5.更に生クリーム絡め皿に盛り付けます。
6.エリンギをトッピングして出来上がりです。

【材料】
スパゲットーニ(2.2mm) 350g
エリンギ数本
牛乳 200cc
生クリーム 100cc
鮭フレーク 一瓶

オリーブオイル 大匙2杯
小麦粉 大匙1杯
ワイン 少々
塩コショウ 少々
胡椒粗引き 小さじ 1杯

なめことベーコンのペペロンチーノ

由比海岸から、富士五湖めぐりの帰りに巨大なめこを買ってきました。
DSC02092

ポイントは葱と塩の変わりに味噌を使ったことです。
なめこは軽くゆでてから使用しました。
DSC02096
スパゲティはボルカノの2.2mm この歯ごたえとなめこの旨みが絶妙です。
これからは、名産品や旬の食材のパスタ、頑張ってみたいと思います。

アンチョビーとたまねぎのパスタ リングイネ

昨日はすごい強風で外出をしなかったので冷蔵庫の中は空っぽ。
肉類がまるで無いので朝食を何にするか悩んでいたところ、jyuji_s1さんの記事
これなら出来る^^!
DSC00831
オニオンリングを取った後の玉葱は、微塵切りにしてニンニクと一緒にじっくりと火を通します。
これならば、ニンニクも焦げないし甘みも出ます。更にソースにとろみも加わります。
リングイネはガロファッロ。ブロンズダイスのザラザラ感と独特のコシが楽しめます。
jyuji_s1さんありがとうございました。

長ネギとベーコンのペペロンチーノ

DSC00305
パスタ記事を書けとの暗黙のプレッシャー。もちろん毎週作っていますがいつも自己満足の品ばかり
とりあえず、今朝のパスタです。

最近は玉葱より長ネギを入れる方が多くなってきました。
【作り方】ペペロンチーノ同様にニンニクをオリーブオイルで香出しします。
その油でベーコンとシメジを弱火で炒めます。
茹で上がり3分前にワインを振りいれ、更にゆで汁2杯を入れて、千切りにしたネギを煮込みます。
塩コショウで味を調えてからパスタを絡めて出来上がりです。

味が薄めなのでペコリーノロマーノをたっぷり掛けて出来上がりです。
DSC00304
相変わらず盛り付けがへたくそです。

こちらは先日つくった「長ネギと牡蠣のトマトソース」 トマトを裏ごししなかったので、見た目が粗いです。
DSC00138


正月に作った「ウニのパスタ」アンチョビは入れないほうが良いと思います。火も通さない方が良いかも。
IMGP6252

カボチャとフランクフルトのジェノベーゼ

ハローウィンにちなんでカボチャ入りのパスタを作ってみました。
IMGP5498
ジェノベーゼはジャガイモを入れることが多いですが、ホクホクのカボチャは違った美味しさがあります。


【作り方】
カボチャは電子レンジで火を通してから、油を引いたフライパンで6面に焼色を付けお皿に取ります。
同じフライパンでフランクフルトをいためます。火が通って少しそり気味になったらこれもお皿に取ります。
フライパンにオリーブオイルを足してニンニクを炒めます。ペペロンチーノの要領です。
茹で汁を足して乳化させてからスパゲティを入れ絡めます。
同時に刻んだバジルとカボチャとフランクフルトもフライパンに戻して絡め合わせます。
最後に。粉チーズをかけて出来上がりです。
茹で汁の塩分が決めてです。少し塩を多めにして茹でると麺にも下味が付きます。
ペコリーノロマーノの様な塩分の強いチーズを使うのも良いと思います。

アンチョビとそら豆のアリオ

ブログネタ
パスタ に参加中!
毎週パスタは作っていますが、仲々アップできません。
IMGP5287
長ネギを沢山入れるのがコツです。
チーズも良く合いますのでお試しあれ。

パセリ一杯のベーコントマト

IMGP4347

パセリが多すぎ 刻んでないので麺と絡みませんw

休日のパスタは続いていますが、ネタになるような物は少ないのでまとめてup。

ボンゴレビアンコ
IMGP4120
殻をはずすのが面倒でした。

トマトとナスのパスタ
IMGP3510
チーズ一杯で美味です

ジェノベーゼ
IMGP4041

ジャガイモと良く合います

少しネタも考えなければ・・・

チキンリゾット

IMGP3217

朝ごはんは作り置きが何もないので、リゾットを

鶏肉と玉ねぎを炒めてからワインで香りをつけます、市販のコンソメと水を加えコメを入れます。
隣で湯を沸かしておいて水分が減ってきたら足してひたひたにします。
ジャスミンライスを使いましたが、日本のお米の場合は糊分が多いので始めから水分を多めにして泳がせる様に
炊き込みます。(茹でるの表現の方が良いと思います。)
炊き上がり寸前に塩胡椒で味を調え、玉子をいれ2〜3分火を通します。
出来上がりはアルデンテ(芯が少し残る)が美味しいと思います。(そうでないと「おじや」「おかゆ」になってしまいます。)
IMGP3218

最後にパセリを散らし、粉チーズをかけて出来上がりです。

アルブーロフォルマッジ

ブログネタ
簡単レシピ に参加中!
GW突入です 食べたもの全部書きます。w

まずは朝ごはん
IMGP3175

バター・ニンニク・パセリ・粉チーズだけの簡単パスタです。
IMGP3176

パルメジャーノレッジーノを使いましたが、少し塩加減が薄い気がします。
ペコリーノ・ロマーノのほうが良いかもしれません。

なめことベーコンとホウレン草のペペロンチーノ

ブログネタ
パスタ に参加中!
IMGP2825

今日は生のなめこが手に入ったのでパスタを作ってみました

なめこは、ガーリックをオリーブオイルに薫り出ししたフライパンに入れて炒めます。
同時にベーコンは電子レンジ、ホウレン草はパスタの湯の中で一緒に茹でてしまいます。(2分くらい)

なめこから薫るキノコの香りがタマリマセン(嫌いな人もいるけれど)
キノコってパスタに良く合いますね。

お湯を使わないでパスタを作る方法

ブログネタ
パスタ に参加中!
2011年東北地方太平洋沖地震 大変な事になっています。
被災された方々に心からお見舞い申し上げます。

実は我が家も今回の影響で赤水が出ています。
近くのお店では水のペットボトルはもう売り切れです。
そんなときに、貴重なペットボトルの水で湯を沸かしてパスタを作ったら罰が当たってしまいます。
でもパスタ食べたい・・・

時間は掛かりますが僅かな水でパスタが作れます。
それは、水でもどしてしまうことです。
湯を使うのは吸水と糊化・グルテンの固化だと思いますが、吸水の為に湯に入れて煮込まなければなりません。
その行程を水で行ってしまいます。

器にパスタとパスタの量×1.5の水を入れます。
IMGP2493

(丁度良い入れ物が無い場合は、大きめのビニール袋を使います)
そして、柔らかくなるまでふやかします。(約2倍の量になります。)
2.2mmの麺で6時間後の状態です。
IMGP2494
色が白くなり、フニャフニャです。感覚は生麺よりも柔らかい感じです。
これを油で炒めます。今回はペペロンチーノです。
フライパンで油にニンニクを炒め香りをつけます。
茹で汁の代わりに、ふやかして吸水しなかった水を入れて乳化させます。
塩水を使っていないので此処で塩を入れます。
更に麺を入れて炒めます。
IMGP2496

火が通った部分は透明になってきます。
白い部分がなくなるまで、良く炒めます。
IMGP2498
本来茹でると2.5倍近くまで嵩が増えるので少し固めですが、生麺の様な感触です。
コンソメを入れてスープパスタでも良いかもしれません。
時間が許せば、普段でもこの作り方は使えます。お試しあれ!

今だけでも節水致しましょう。

ブタデスカ

ブログネタ
パスタ に参加中!
出典: ノンフリー百科事典『マイペディア(Mypedia)』

スパゲティ・アラ・ブタデスカ
IMGP2354ブタデスカは、元パズー家のメニュー。スパゲティ・アラ・ブタデスカ (Spaghetti alla Butadesuca) が正しい呼び名。意味は、「親父風パスタ」。
元パズー家の名物パスタ。親父がゲームにも忙しく、アンチョビの代わりにブタニクをいれて、パスタにして食べたという話に由来する。このスパゲッティを見たカミが「あら ブタですか」と言ったことが語源。
名前の由来は他にも諸説あり、「オヤジがカミを太らせるためのパスタ」説や、「刺激的な味わいが二郎を思わせるパスタ」説など様々である。
ブタニクなど肉類に、ポモドーロ、ケッパー、オリーブ、赤唐辛子、黒コショウなどで味付けする。ブタニクの脂味やニンニクの香りが効いた刺激的なパスタ。

作り方

材料「3人前」
スパゲティ 300g 太目のもの
豚肉    200g
トマト   1個
オリーブ  100g
ケッパー  50g
エリンギ  2本
ニンニク  2欠
鷹の爪   1本
オリーブオイル 大匙1
胡椒    少々
白ワイン  大匙1
醤油    小匙1

調理法
スパゲティを茹でます。
ケッパー以外の材料をフライパンに入れて煮こみます。(5〜10分)
ケッパーとスパゲティを入れて絡み合わせれば出来上がり。


外部リンク [編集][プッタネスカ][wiki]

練り雲丹のパスタ

IMGP2289

ウニのパスタが食べたいけれど、高いしなぁ
という事で「練りウニ」(300円程度)を使いました。

【材料 3人前】
練りウニ    1本
生クリーム   200mg
長ネギ      1本
マッシュルーム 4個
ニンニク    1欠
オリーブオイル 大匙1
白ワイン    少々
スパゲティ 350g(控え目?)

【作り方】
長ネギは5cmの長さに切り 縦に2つに切ります。
芯の部分は別に取り分けて刻んでおきます。
(注)刻んだ生の長ネギは結構辛いです。分けずにフライパンに入れても良いと思います

マッシュルームは4枚に縦割りにします。

麺を茹で始めたらフライパンにオリーブオイルとニンニクをいれ、弱火で香り出しをします。
(このときフライパンを傾けて端の方の油溜を使うと良いと思います)

茹で上がり5分前くらいに長ネギを入れて、ネギの香りも油に染み出させます。
適当にしんなりして来たら。マッシュルームを入れて火を通します。
1分ぐらい火を通したならばワインを注ぎいれ強火でアルコールを飛ばします。(3分前位か?)

中火にして生クリームを入れその後、練りウニを入れ混ぜ合わせます。
(中身を瓶から綺麗に出すのは時間が掛かりますw)

茹で上がった麺を入れ、ソースと絡ませます。
盛り付けた後に、刻んだネギと海苔を乗せて出来上がりです。

今回は、昭和産業の太麺を使ってみました。
太さは2.2mm 茹で時間は16分です。
IMGP2284

今までは、新幹線を途中下車してヨコイを手に入れていましたが、これでいつでも太麺が食べられます。
IMGP2290

この太麺の噛み応えは病み付きになりそうです。
これからは、麺ののびてない「ジャリコ」が食べられますw

カボチャとチキンのフェトチーネ (ほうとう風)

IMGP1812

ランチでカボチャのパスタを食べたのをヒントに作ってみました。
本当はタリアテッレを手打ちしようと思ったのですが、市販の生麺で手抜き仕様です。
【作り方】
①鶏肉を一口大に切り塩胡椒をしてフライパンで炒めます。
②焼色が付いたところでワインを振りかけ香をつけます。
③カボチャと牛乳を入れ煮込みます。
④カボチャが柔らかくなったところでスプーンで少しつぶします。
⑤ここで塩胡椒で味付けです。(トロミが出てからだと味が不均一になります。)
⑥10分程煮込み、茹であがった麺と絡めて出来上がりです。
IMGP1814

アクセントに乾煎りしたカボチャの種を添えています。
今回は塩味でしたが、味噌味にしても面白いかもしれません。
記事検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
livedoor プロフィール

元パズー

最新コメント
  • ライブドアブログ