今日はなにをしようかなぁ


パスタとラーメンが大好きで食べ歩いたり自分でも作っています。
時々近所(千葉県)の食べ歩きも 日本橋の食べ歩きはブログ今日は何を食べようかなぁでどうぞ。

習志野市

わだい家 津田沼店

かつ丼 660円+税
DSC07677
前回食べたリブロースかつ定食
DSC06994
がとても美味しかったので、その時に気になったかつ丼を食べに来ました。
とんかつは近隣で食べた中で一番だと思います。果たしてかつ丼は?
DSC07678
かつ丼はランチ時(土日15:00まで)だけの様です。
DSC07681
御飯物の中では一番安いのがかつ丼の定食です。

サラダ、味噌汁、レンコンの煮物、香の物、デザートが付いています。
DSC07683
とんかつのお肉は6ミリ程度です。タレはさほど濃くありませんが、汁ダク気味です。
リブロースカツの様な美味しい感動はありませんでしたが、津田沼でのランチとしては、
抜群のコストパフォーマンスだと思います。
元寿司屋さんだということで、夜も来て見たいと思います。

住所:習志野市津田沼1-10-30 イトーヨーカ堂津田沼店7F

吟家 実籾店

濃厚トンコツ醤油ラーメン 650円 ねぎ増し100円 (麺カタメ・油多目)
BlogPaint

「中華瀬川」の跡地に今週開店した家系ラーメン店です。
駐車場は6台分です。武石インターからはY字路の右側からフロンティアの駐車場を抜けて行くと良いと思います。
私は駐車できるか心配だったので炎天下の中歩いて訪問です。(自転車にすればよかった!!)

2重の入り口の扉の間に自販機があります。
食券は流行の大型のボタンのもの、ゴチャゴチャしてトッピングが判り辛いのが難です。
DSC04234
種類は醤油・味噌・塩と3種類。家系ですから当然醤油をチョイス。

2つ目の扉を開けて中に入ると6人掛けのテーブルが3つとカウンターがあります。
中は家系独特のスープ臭がしません。中の造りが良いのでしょうか?
まだ、開店の手伝いが居るのか、6人でオペレーションしています。

食券を渡すときにカタメ等のコールをすると赤鉛筆でカタメのところに丸をつけてくれます。

程なくしてドンブリが到着
ネギ増しは小口切りを全体に散らして在ります。(予想のビジュアルと違ったけれど仲々面白い)
トッピングはチャーシュー1枚とホウレン草とウズラ玉子です。
DSC04240_r
チャーシューバラ肉で薄く切られており、水茹でしただけなのか、味がしません。
スープはしっかりと乳化して雑味の少ない物、塩分が強めだが表面の鶏脂が美味しい。


麺は大橋製麺所製の表面のザラザラした中太ストレートです。
DSC04249_r
カタメを頼んだのですがボソボソしており、この店は普通の固さでも良いかもしれません。

今日はブレブレでしたが、家系にはブレが付き物です。1ヵ月後にまた訪問して見たいと思います。
しかし、この辺り家系が増えたなぁ!

住所:習志野市実籾3-7-5

横浜家系らーめん 大久保家

チャーシューめん 850円(カタメ・アブラ多目)
DSC03515
私のラーメンの思い入れは「二郎」→「家系(ラーショ)」→「なりたけ」と変遷してきました。
そんな経緯もあって京成大久保にも「家系」が登場したことは本当に嬉しい限りです。
これで「二郎」「なりたけ」「コウジ系」「たいふう系」と出揃いました。
(最近行くのは桂林餃子が多いのは何故?)

中に入るとは結構広めでゆったりとしています。
券売機のメニューはラーメンとつけ麺の2通りですが、トッピングをいろいろ選べます。
DSC03534
麺量は中盛が+100円 大盛りが+200円と高い気がしますが、麺量によって器を換えるので
スープの原価率も上乗せされているようです。
その代わり、暫くの間ライスが無料サービスされます。
小盛〜大盛まですべて無料なので食べ盛りには嬉しいサービスです。

長い間、家系で大盛りしか食べて居なかったのですが、健康を気にして今回は並にしました。
しかし、普通盛のドンブリは小さくてチョットがっかり。
海苔は基本どおり3枚乗っています。端にはほうれん草も顔を出しています。
DSC03520
チャーシューは大きなロース肉が厚めに切られていてボリュームたっぷりです。
見た目は良いのですが、肉は硬め。煮込みがもう少しほしいところです。

麺は「酒井製麺」のザラザラ&もちもちしたものではなく、表面がつるっとしてコシのあるものになっています。
麺箱には表示はありませんでしたが、年季の入った箱でした。
DSC03530
スープは最近の武蔵家より濃厚で良い出来映えです。新店で此処まで濃厚に作り上げる実力はなかなかです。
チー油はネギ等の香りがつくと嬉しいかも。

新店にしては完成度の高いラーメンだったと思います。
スープが良いので工夫を重ねれば人気店になりそうです、再訪必須です。


住所:
千葉県習志野市大久保3丁目11−24

七夕眉鍋祭

グレケニーさんとmakoto-jin-reiさんの共同企画の鍋二郎 朝10時に集合です。
DSC02532

総勢19名の集団、鍋があるのが異様です。
DSC02534-2

開店前の店で寸胴にスープを入れてもらい
DSC02537

ボールに肉と野菜
DSC02538

そして生麺をもらいました。
DSC02541
この生麺はMFさんと私には貴重な研究材料です。
オーションの色・麺帯の幅・固さなど普段手にとって見ることが出来ないものです。

材料を前に皆テンション上がり気味です。
DSC02548

MFさんは自作の麺と豚を持ってきてくれました。
DSC02549-2

MFさん自作の「赤いカウンター」で撮影させてもらいました。感じでてるでしょ。
DSC02551


暴力的でない盛りに生姜と葱のトッピング
BlogPaint
この相性は抜群です。

お酒と脂に酔ったアンニュイなひとときです。
DSC02555
結局時間を延長してもらい16時に解散です。

2次会の途中張替酒店に寄り道
DSC02558
お土産に獺祭の酒粕と七田の1升瓶を入手しました。

ナポリ前の露天 良い味出しています。
DSC02560

例によってサイゼで2次会、今回奢って頂きました。ありがとうございました。
DSC02561
時刻はもう18時この後、勇者たちは眉二郎夜の部に戦いに、
へたれの私は千鳥足で帰路につきました。
楽しい一日でした、皆さんありがとうございました。

中華 泰山

ねぎみそチャーシュー 950円
DSC02234

北習志野で「自家製麺」をやっている店がある。と知って行って見ました。
DSC02235
メニューには中華丼・カレーライスもある典型的な地元の中華屋さんです。

でも、食材にはこだわりがある様です。
DSC02236

大盛りは無料ですが、ここは止めておきます。
だって、潜在的な恐怖心が植え付いた「すり鉢」なんですもの!。
DSC02237
ラーメンには分厚いチャーシューが4枚とボリュームたっぷりです。
やわらかくトロトロでまるで煮豚の様に柔らかい仕上がりです。

麺は太麺注文、縮れた麺はグルテンが弱めの柔らかい感触です。
DSC02240
スープは薄め、テーブル上のニンニクや豆板醤を入れたかったのですが、空っぽでした。

日曜日なのに次から次に客の途切れない地元に愛されているお店だと感じました。

住所:船橋市習志野台2-8-14

ラーメン大(DAI)虎 京成大久保店

半チャーシューメン 700円 たぶん半熟玉子100円」
DSC02188
「まるは」のG郎麺を食べようと、カミを連れ出して京成大久保のゆーろーどを歩いていくと
ラーメン大のFC店が新規開店していました。
「これは絶対食べねばならない!」とカミを説得して訪問です。(わざとらしいが・・)
DSC02197
半チャーシューというメニューがあって、それ程ガッツリ行きたくない時には良いアイデアです。
DSC02189
黒ウーロン茶があるのは当然として、最近流行で品薄の特保コーラもあります。
食券はカードではなくて印刷する形式です。
野菜・カラメ・ニンニク・脂の増減は食券を渡すときに申告します。

スープには化調・おろし玉ねぎ・おろし大蒜・カエシを入れ、豚骨スープで薄めます。
その後に背脂をゴリゴリいれて、更に溶けたラードも加えています。
DSC02193
塩分はそれ程濃くなく最後まで飽きずに食べきります。
玉子はトロトロの半熟です。完熟だったらどうするのかな?

麺は丸山製麺製の全粒粉の中太麺ですボソボソした感覚は、好みの分かれるところです。
DSC02194
チャーシューは腕肉のスライス、3枚程度入っていました。
カミは野菜のみ、野菜マシにしないと足らなかった様です。

食べていると近所のおばちゃんがラーメン3個を注文しに来ました。
なんと「お届けしますよ!」と出前をしてくれます。
常にそうでは無いでしょうが、近所を大事にする姿勢は周りから愛されるお店にる事でしょう。

住所:習志野市大久保1丁目18-12

らあめん花月嵐 京成大久保店

肉そば けいすけ 720円+味玉 100円
DSC01887

200店舗を越える大チェーン店ですが、殆ど入った事が事がありません。
ネットで見ると「肉そばけいすけ」をやっています。
住吉のお店には行く機会が無いのでこちらを食べて見ます。
DSC01888

竹岡式と云われる様に、真っ黒な醤油スープです。
DSC01889
スープには肉の味が出ていない感じですが、(梅乃家よりも薄い?)
生姜を混ぜ込むと面白い味になります。
チャーシューは腕肉を強火で短時間茹でてスライスしたもの。
京都の、新福菜館の様な感じで仲々美味です。

麺は中太ストレート 癖の無い麺です。 
DSC01894

やはり住吉まで確認に行く必要がありそうです。

カミはモヤシ(100円)とネギ(100円)をトッピング
DSC01892
+200円でこんなビジュアルで良いのでしょうか?

どろそば屋ひろし

竹岡ひろし 700円+にぼしそば 680円
DSC00291
夜の部しかやっていない「にぼしそば」と今月の限定の「竹岡ひろし」を一気に逝っちゃいました。

売り切れが怖いので6時丁度に店の前に着きますが行列は無し。入店してみると既に3組がいました。
DSC00292
ここの量ならば2杯いけるかも?と限定のボタンも押してしまいました。

最初に到着したのは「竹岡ひろし」。
チャーシュー・メンマ・菜の花・味玉・玉葱がトッピングされて彩り良く出来上がっています。
DSC00295
麺は淡い色の細麺ストレート
DSC00296
スープは醤油とみりんで作った肉豆腐の汁の感じです。梅乃屋に比べてマイルドです。

チャーシューは厚み2cmはある極厚の物。よく煮込まれてトロトロになっています。
DSC00297

程なくして「にぼしそば」が到着。煮干の香が素敵です。ビジュアルは前回の豚そばと同じです。
DSC00298
竹岡風の後に食べると味は弱めです。

麺は同じものでしょうか?チャーシューは炙った物が乗っています。
DSC00299
今回はチャーシューの迫力も手伝って竹岡式の勝ちでした。
食べる順番が変われば別の結果になっているかもしれませんが、どちらも美味しかったです。

帰りはおなか一杯でしたがサイゼリヤで予行演習をして帰りました。

住所:習志野市大久保3-12-5

ラーメン龍王 京成大久保(閉店)

ラーメン大盛680円
DSC00007

寒い土曜の午後、こういうときには、「ラーメンで温まろう!」なんて・・・
ぶらぶらと「ゆうろーど」を歩いていきます。
「花月」「たいふう」「わかば」「まるは」を眺めつつ、「ひろし」に行くも煮干しはまだ。
のこりは「二郎」「龍王」「」の3択です。
未訪の龍王は「たいふう」の3号店でもあって浅草開化楼の麺を使っているので期待できます。
DSC00009 - コピー
前は夜だけだった、「勝浦式坦々麺」は昼の時間にも食べられます。
並盛り150g、大盛220g、特盛300gは茹で前の重量で価格は同じです。
メガ盛は茹で前で450gで+200円 チャーシューとか増えるのかな?
でも、今日は無理をしないで大盛で我慢です。

ここはフードコートと同じセルフ方式です。食券を渡して、番号札を貰います。

10分程で番号が呼ばれてお盆に乗ったラーメンを取りに行きます。
光線の加減で赤く見えますが、茶色に乳化したスープです。かすかにニンニクの香りがします。
DSC00011
カエシが立った家系を少しベジポタ風にした感じです。

麺は中太麺、軽くウエーブが掛かっています。
DSC00012
麺の量は茹で上がりで400gある筈ですが、殆どダメージ無しです。
特盛にすればよかった。w
でも温まりました。体調の良いときに勝浦式も食べてみないと。

住所:習志野市大久保3−13−4 大久保ビル1F

麺屋 小町

中華小町チャーシューワンタン 980円
IMGP6139
今週開店した新店です。
外にはお品書きが無いのでどんなラーメンなのかドキドキしながら店に入ります。
店内は4人掛け3つとカウンターがあります。
開店早々の為か厨房には5人も居ます。

メニューは「魚介香る懐かしいらーめん」と
「魚介系とろみつけ麺」の2通りです。
IMGP6135
極太麺のつけ麺も気になりましたが、此処は基本のラーメンを注文です。
半ライスのサービスと味玉の無料券を貰いました。

5分ほどでラーメンが到着です。普通盛りなのに大きな丼です。
永福町を想像させる白いドンブリ仕立てです。
チャーシューは5枚にワンタン・メンマ・ネギ・ナルトが乗っています。
もも肉チャーシューですが柔らかく仕上がっていてこれは美味です。
IMGP6137
スープは鰹節が香るしょうゆ味です。柚子の切れ端がなんかの拍子に香ります

麺は中太ちぢれ麺で、少し柔らかめです。
IMGP6138

普通に美味しい「昔ながらの中華そば」、ある意味インパクトは薄いです。
この場所で、集客の為にどのように変化していくのか楽しみです。


住所:船橋市習志野5-6-38

超高級中華料理店 香蘭

ブログネタ
ラーメン@東京神奈川千葉埼玉 に参加中!
チャーシューメン 500円
IMGP5221
この記事に刺激されて京成大久保のレトロなお店を訪問してみます。
まずは京成大久保の商店街から東金街道沿いを津田沼方向に歩いていきます。
少し行くと「ラーメン」の赤い提灯が見えてきます。

近づいてみると黄色い看板にメニューが色々書いてあります。
IMGP5222
ラーメン350円って激安です。

お店の中ではジィちゃんが新聞を読んでいます。 
IMGP5792
厨房の奥からはバアちゃんが出てきます。

テーブル上にメニューが置いてあります。
「THE SPECIAL MENU」はこんな感じです。
IMGP5787
下部に「超高級中華料理店 香蘭」と書いてあります。 市内局番はまだ2桁のままです。
料理はジィちゃんとバアちゃんの二人三脚で作ってくれます。

出てきたチャーシューメンは透き通ったスープ。ニンニクの香りがして表面にラードが浮いています。
チャーシューは腕肉で結構厚めです。シャキシャキしたモヤシも結構乗っています。
IMGP5789
麺に関しては茹で過ぎを期待?していましたが、もちもち感がありしっかりした感触。
なぜか生姜タップリの冷奴も付いてきます。

スープが薄めなので何を掛けようか考えていると自家製のラー油を持ってきてくれました。
IMGP5791
辛味は余りありませんが胡麻の香りが良い感じです。

カミは「肉入り焼きそば 450円」
IMGP5788
青海苔・モヤシ・人参の入ったソース焼きそばです。肉はそこそこ入っていますがやはり味は薄めです。
ラーメンスープと同じものが付いてきます。

この店は京成大久保の学生の胃袋を満たしてきた歴史のあるお店だと想像します。
ジイちゃん・バアちゃん何時までもお元気で店を続けてくださいね。

住所:習志野市大久保1丁目16−7

ぐうの音 

豚ちりりうどん 480円+春菊天100円
IMGP5233

流石に2日連続のラーメンは飽きるので今日は饂飩します。

モリシアの上にあるうどん屋さんに行って見ました。
10Fからみる眺めは最高です。
IMGP5228


かけが380円・豚ちりり(ツユしゃぶ)480円です。
価格は仲々リーズナブル しかも特盛(1玉)まで無料です。
IMGP5225
後で調べてみると
かけうどん 580円→380円(▲200円)
大判きつねうどん 700円→480円(▲220円)
豚ちりりうどん 850円→480円(▲370円)
と大胆な値下げになっています。

大きな器に入ったうどんには、かすかに柚子の香りが
IMGP5229

うどんは、自家製のうどん、程々にコシがあります。
IMGP5232


大英断のこの価格、庶民の味方です。

住所:習志野市谷津1-16 モリシア津田沼 10F

どろそば屋 ひろし

豚そばチャーシュー 930円+大盛50円(250g)
IMGP5211
先週に開店したこのお店、信さんに先を越されてしまいましたが行って参りました。
場所は昔に「大勝軒」のあったところ。

目当ての「煮干しそば」はやっていない様で「豚そば」に変更
IMGP5212
「煮干しそば」ならば特盛(400g 150円)にチャレンジしたのですが、「豚そば」は無理です。
「負けた気がしても良いんです」無理な物は無理ですw。

チャーシューは炙ったもの。玉子が半分乗ってます。
他に穂先メンマが3本程と海苔が1枚です。
IMGP5214

スープは豚骨に魚粉がはいってドロドロですが、「超ガメラ」の方がドロドロだったと思います。
しかし、こちらは微粉を使っていて粉を感じさせないスープに仕上がっています。

麺は中太のストレート、スープに良くマッチしています。
IMGP5219
器は小さめの丸丼 見た目よりも量が入ります。

カミは「あっさりつけそばチャーシュー」930円+大盛50円
IMGP5215
鶏ガラベースに魚粉・柚子が入っています。
こちらには薬味に玉ねぎも入っています。

麺は加水率高めの細麺です。これはスープに負けている気がします。
IMGP5216
カミ曰く「スープは私の好きなタイプ、麺は平打ちのほうが良いかも」
量に関しては「今日は体調が悪いからこの位でいいわ!」・・って300gもありますよ!

丁重に作られた「豚そば」はほぼ完成形。万人に受け入れられる一杯たと思います。
ただ、ネギ・野菜のトッピングとテーブルには七味・ニンニクは置いて欲しいところです。

住所:習志野市大久保3-12-5

らーめん 太一

ブログネタ
ラーメン@東京神奈川千葉埼玉 に参加中!
太一醤油 750円 大盛100円
IMGP3255

毎日らーめんを食べるバカ夫婦が今日も登場w
天雅」の隣にあるラーメン屋さんです。昼は15時でお休みに入ってしまうので、買い物の帰りには仲々行けませんでした。
IMGP3247

豚骨こってり(太一)らーめんには醤油・塩・味噌が選べます。そのほかに醤油さっぱりもあります。
醤油サッパリに背脂を入れるとチャルメラ?初めて知りました。

出てきたラーメンにはロールチャーシュー・味玉半分・もやし・葱が乗ります
IMGP3251
スープは背脂チャッチャ系です。ホープ軒の様な感じのスープです。

麺は黄色い中太縮れ麺で札幌らーめんの麺に似ています。硬めにゆでてあり良い歯ごたえです。
IMGP3253

ランチには餃子3ヶをサービスしてくれます。
IMGP3254
餃子は大振りでキャベツタップリです。

カミは太一醤油750円+大盛100円+辛ねぎ120円
IMGP3248

葱が足らないと私のを奪っていきました。

一世代前のラーメンですが偶にはこれも有りかと思います。

住所:習志野市東習志野3-23-3

らーめんわかば (閉店)

味噌らあめん 大盛 750円
IMGP2155
「今日から俺は」の跡地に昨年11月に「らーめんわかば」が開店
IMGP2156
味噌らあめんが売りとの事ですが、曜日によって「つけめん」と交互に提供されるようです。
IMGP2160
月水金が「つけ麺」というのは「たいふう2号店」と同じ
月水金は暖かいラーメンを 何処で食べれば?
IMGP2158
並盛150g 大盛230gで 大盛も同額です。
IMGP2166
待つこと8分、思ったよりも早くラーメンが出てきました。
上には白髪ネギ・味玉・メンマ。もやし・キャベツ・キクラゲが乗っています。

麺はぷりぷりの中太麺 味噌ラーメンに良く合います。
IMGP2170 - コピー
カミは味噌ラーメン大盛+ネギ大盛
IMGP2161

カミの一言 「これなら、遠くに行かなくても大丈夫だね!」と珍しく褒めます。
続いて次の一言 「でも大盛ではないね!」orz

食べ終わって呆けた顔で、ユーロードを歩いていると自転車に乗ったmakotoさんにばったり。とっさの事で言葉も出ません。失礼しました。

住所:習志野市大久保1-16-18
記事検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
livedoor プロフィール

元パズー

最新コメント
  • ライブドアブログ