大阪市長選の投票率、若い世代が押し上げていた


  大阪市選挙管理委員会は21日、昨年11月に行われた市長選の年齢別投票行動の調査結果を公表した。
 前回選の投票率を30代で20ポイント、20代で16ポイントそれぞれ上回るなど、若い世代の関心の高さが、40年ぶりに6割を超える投票率につながったことを裏付けた。
 知事選とのダブル選となった市長選は、平松邦夫・前市長と前知事の橋下徹市長の直接対決に全国的な注目が集まり、投票率は60・9%と、前回より17・3ポイントアップした。
 調査は市内24区から5%ずつ抽出した有権者計約11万人を対象に実施。前回選との投票率の比較では、30代が20・8ポイント増の52・8%と最も上昇。20代は37・5%、40代は59・5%、50代は66・9%で、それぞれ17ポイント前後アップしていた。
(2012年2月22日08時09分  読売新聞)


ちょっと疑問にも思ったりもして。

橋下大阪市長の動向は、彼の一つひとつがリアルタイムで報じられているように、賛成する人も反対の人も、中央ももちろん大阪も、そして右も左も、無視できないもようです。

その圧倒的な人気は、記事が伝えるところからも分かるようです。
疑問に思ったのは、記事が若い世代が押し上げたと見出しをつけていることにたいして。記事が伝える範囲でも、若者の投票率が高くなっているのは明らかなのですが、他の年代にくらべて特別に高いといえるのかどうか、という点。

私には、いうほどのものではないだろ、と思えるのです。たしかに30代の投票率アップが、たとえば40代や50代と比較すると3ポイントほど高いにしても、それは見出しを裏づけるようなものなのか、です。ましてや20代はといえば40代や50代より伸び率が低いのですからね。

みるかぎり、すべての世代で投票率がアップしているのです。20代、30代が他の世代より10ポイントくらい高いのだったら、疑いなく記事に賛成するのですが。

ちなみに大阪市選挙管理委員会の報道発表の文章はつぎのようなものでした。記事のように若い世代が押し上げたと評価をしているのではなく、「30歳以上39歳以下の年齢層の投票率が、前回投票率を20%を超えて上回っている点が特徴的」としかふれていません。

 結果は、前回選挙時を17.31%も上回る60.92%と、同じく昭和46年以来40年ぶりに50%を超える投票率となった。
年齢別の投票率は、20歳以上24歳以下の年齢層が最も低く(35.15%)、その後年齢が上がるにつれて投票率も上昇し、70歳以上74歳以下の年齢層でピークとなっている(78.44%)。この結果は前回・前々回と同様である。
年齢別の投票率では、各年齢層で前回投票率を上回っているなかでも、30歳以上39歳以下の年齢層の投票率が、前回投票率を20%を超えて上回っている点が特徴的である。
男女別の投票率の比較では、総じて女性の投票率が、前回・前々回と比べても男性の投票率を引き離しているが、39歳以下の若年層の男女間の投票率の差が際立っている点が特徴的である。その他、55歳以上59歳までの男女間の投票率の差が10%近くまで広がっている点、前回・前々回と男性の投票率が女性の投票率を上回っていた70歳以上74歳以下の年齢層において、今回女性の投票率が男性の投票率を上回っている点も特徴的である。


どうもメディアは橋下市長の若者人気という先入見にとらわれているみたいですね。

coleoの日記を改変しました。



■応援のクリックをお願いします⇒ にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へにほんブログ村