LOOP日記もどき

葛飾の雑貨屋、店長のつぶやく日々のあれこれ。 http://loop-m.com/

2008年02月

はっぱ

もも











去年の秋口、ひとりのわんこ連れの女性がご来店。
わんこはビッキーちゃんという1歳のミニチュアダックス。

ひとしきり、うちのわんこと遊んで、お散歩へ。

公園からの帰り道、ふたたび顔を見せてくれた時、
「ビッキーからのお手紙です。」
と、その女性が手渡してくれたのが、きれいに色づいた落ち葉の手紙。(写真)

なんて、詩的で、ロマンティックな女性でしょう!
笑顔のとってもすてきな方です。

そして、また先日、「お恥ずかしいんですが…」
と言いつつ、小さな桃の花のアレンジを作ってきてくださいました。(写真)
「ビッキーが初節句なので」
とまた、にこにことすてきな笑顔。

私は思わず彼女に言いました。
「もし、私が男性だったら、間違いなく惚れます!」

このところ、やっとこさ「女性の品格」を読み始めた矢先。
品格、という表現がふさわしい方に出会えて感激でした






ソーイングのレッスンで、お客様と一緒に、いろいろ作っていると、
正直、私自身もすっごく勉強になるし、何より出来上がった時
お客様がとってもうれしそうなので、私までうれしくなっちゃいます。

ご注文でいろいろ作らせていただく上では、確かに産みの苦しみはあるけど、
でも、本当にありがたいお仕事をさせていただいてるなぁ、ってしみじみ。。。

手先を見ながらの仕事っていうせいもあるかな。
やたら指や爪が気になるので、アロマのハンドクリームを作るのも楽しみ。
エッセンシャルオイルは、とにかく美肌・老化防止・しわ対策系にこだわってチョイス。
手指のマッサージしながら、癒し効果満点です
これはあくまで、個人的趣味の手作りですが。はまってます。


ちなみに、今、LOOP-Mで進行中のお仕事は、というと
去年に続いて、大学のスポーツ部のユニフォームのレプリカを作ってます。
某有名私学のアイスホッケー部、卒業記念のご注文。
小さなクマのぬいぐるみに着せる超ミニユニフォームを制作するというもの。
個々に各選手のゼッケンと名前をミシン刺繍します。
去年は、アメフト部の60枚だったけど、今回は12枚なので、楽勝?です。
このレプリカのお仕事、ほんとたのしーですよ
できたら写真アップしますね。







この2〜3年、R&Bにのめりこんでいたんだけど、
どうしてあんなに傾倒したんだか、自分でも不思議。

放っておいたらそうなったんだから、人の嗜好とは、それ自体、
説明がつかないものなんでしょうね。

JAZZってわかりにくい。と思っていた。
すごく良く聴く、いわゆるスタンダードは、退屈そうに思えた。

でも、とうとう傾倒してしまった。

キッカケは生演奏。楽器はサックス。
今、店のBGMはもっぱらJAZZになった。

もともと、店を始める前から、都内で、ちょっといい感じの雑貨屋さんには
だいたい、気の利いたJAZZが流れているなあ、というイメージがあった。

そんなの、意識しちゃったりして。
でも、JAZZって広すぎて、自分の好きなタイプをどうやって
探したらいいのかぜんぜんわかんない。

リズムやメロディーが複雑すぎたり、前衛的すぎて難解なのもやっぱり無理。
声ってイメージを限定しすぎるから、ボーカルはない方がいい。

そんなある日。運命的に1枚のCDを入手。
JAZZへの入り口をとうとうみつけてしまった。
中は広いし、深いから、素人なりに、楽しめばいいやって感じかな。
自分の嗜好に忠実に。

そして、今年もライヴ、たくさん行かせてくださーい!



4
水面の鳥

バス











寒い朝、鳥たちは水の上に浮かんでる。水のほうが温かいんだね。

今年は、がんばっていっぱい、美術館とか、なんかの展示会とかイベントとか、
できるだけ行くぞ!ってのが年頭に決めたテーマ。

いつも思ってはいても、なかなか休みの日は仕入れとか用があって行けてないので。

まずはやっと、6日、東京ドームのテーブルウエアフェスに行ってきた。
ああいう、でっかい空間は、めちゃくちゃ苦手なんだけど。。。

距離を歩くのはキライじゃないんだけど、とにかく明るすぎて、
空間や空気や人に酔ってしまって、冷静な判断ができなくなるのよ

向いてないなあ、と思いつつも、まだまだ今年は挑戦するぞ!

とりあえず、ランチョンマットを作ろう、と思った。
いつものごはんがおいしくなるように。

結局、砂時計と、二階建てロンドンバスのミニカーを買って帰って来た、
まぬけな私。。。やっぱ、冷静な判断っつーものができてないみたいね。。。

このページのトップヘ