LOOP日記もどき

葛飾の雑貨屋、店長のつぶやく日々のあれこれ。 http://loop-m.com/

2014年10月

ちょっと長すぎるんでないの?と思われたLOOP文化祭でしたが、過ぎればあっという間。とうとう最終日となりました。

そして今日はハロウィン。
LOOP-Mにとってハロウィンはオープン記念日の前夜祭にあたり、毎年盛り上がっておる訳であります。
今年も仮装してきてくれたお子さんにはささやかなプレゼントと、写真をブログにアップさせていただくってのをやらせていただきたいと思います

文化祭に際しては、
私ごときの声掛けに対し、たくさんの作品を提供して下さったこと、作り手の皆さんに感謝、感謝です



お声をかけたからには、私も何かガンバらなければ、と思い、ブラウスを作ってみました。

先ずはパターン。製図は一本の後ろ中心線を引くことから始まります。
スタンドカラーにフリルを付けたちょっとオスマシなデザイン。

素材はコットン100%、番手の細い100双という生地を使用。
裁断後、前身頃と後ろヨークに刺繍を。

白地に白、生成、極薄いブルーとクリーム色の刺繍糸を2本取りでミックス。
全体で見た時に、ただの真っ白ではない微妙な雰囲気を出したかったんです。
名付けてニュアンス刺繍。とか言ってます。誰も気づかないけど(笑)

一番初歩なアウトラインステッチとフレンチナッツだけのシンプルな刺繍に、ビーズとスワロフスキーの
キラキラを散らしました。
自分のだけ詳しく解説しちゃってすみません。しばらくはこのニュアンス刺繍シリーズでいきたいと画策中。


唐突ですが、いよいよ当店でも、なんとクレジットカードが使えるように進化?いたします。
相変わらず何年やってもたどたどしい店長ではありますが、何卒よろしくお願いいたします

夜になるとグッと冷えますねー

いよいよ、店頭のイルミネーションも引き立つ季節がやって参りました。

文化祭も残りあと2日。
明日はお休みをいただいて、u-craftさんのステンドグラス教室、楽しんできま〜す

さて、今日のご紹介は、

レース編みのKazuさんと、

差織りのなごみさん、
03
寄せ木細工の髭おじさんさんです。

いずれも大変手間のかかる職人技。

手に取れば、ただひたすらこつこつと、その積み重ねた時間を感じることができる。
手仕事は、使う人にその温もりを伝えてくれ…
なんて、いい話をしてるところですが、

そこのあなた、
やっぱり気になりますか?

髭おじさんの、
右に見えるオブジェ。あれは?

ドーム形の小物入れですが、何か?
作者、男性なだけに、やんちゃな発想で楽しんで創ったであろう作品ではあります(笑)

とにかく、作り手それぞれが思いを込めた品の数々!
ぜひ一度手に取ってご覧くださいませね。

以上20名のご紹介終了いたしました

こう気温が下がると、ニットが恋しくなりますね。
手編みのMichiさんからこんなウェットティッシュカバーや、ペットボトルカバーが届きました。

暖かい気分に浸れるお香も新着です❗️

今、LOOP-Mはちょうどサンキャッチャーのシーズン。
お日様の角度のおかげで店内に虹の玉が溢れちゃう。そんな時間帯が、とても嬉しいのです
窓辺にかかるこのサンキャッチャー、
作ってくれたのはmaiko onishiさんです。

maikoさんは、アロマテラピーのオーソリティー。
アロマのマッサージやパックなどの美容面はもちろん、心のメンテナンスにも、エッセンシャルオイルを利用したアドバイスをしてくれます。
サンキャッチャーにもメンタルに作用する効果があることから、ご希望に合わせてアレンジしてもらうことも可能です。

難しいことはさて置き、ただただキレイだからサンキャッチャー。
窓辺にひとつ、おすすめです!

こちらは編みぐるみのHIROさん。

ご本人は華奢な体格ながら、400のバイクを乗りこなす男前な女性です。

まだ5時過ぎなのに外は真っ暗。
秋の夕暮れって、なんでこんなに寂しいんでしょう。。
モヘアの質感が心地良い季節はすぐそこ。温かいスープでもいただいて、ほっこり気分に浸りたいですねー

TAKEさんの籐のお人形、もう一人仲間入りしました。
ちょっと背の高い右側のお姉さんは、籐を紅茶で染めた色。
二人の静かなお喋りが聞こえてきそう。


本日のサプライズ。
綾瀬の手作り雑貨のお店、Decola。さんご夫妻がご来店!
恐縮です。http://decola.me




すっかり陽が短くなって、夜は涼しいを通り過ぎ   こんな時期は風邪に要注意。

それには体を温めるあったかいご飯に、
あったかい飲み物が一番です。

土ものの器はお料理の温度を保ちつつ、手にも優しいですよね。

そんな焼き物を作ってくれる、
和ーずわーすさん、改めてご紹介します。
程よい大きさのマグカップには、お花や渦巻き模様。
思わず両手で包み込みたくなる可愛さに一目惚れ。渦巻き好きにはたまりません!
ぽってりと分厚くなり勝ちな土ものですが、和ーずわーすさんの器は程よい薄さで重過ぎず、洗う時など扱い易いのが嬉しい。
私も毎日のご飯を美味しくいただいています
シンプルだけど、ひとつひとつ微妙に違う。個性のあるお皿たち。
料理を選ばず引き立ててくれるので、いつものおかずも美味しそう〜

虹もキャッチ

堀切菖蒲園駅に程近いラッキー通り商店街にある和ーずわーすさんのカフェでは、ランチやコーヒーはもちろん、
こんな陶器作品も並んでいます。

まったりスイーツでお茶しながら、器を眺めて…と、贅沢な時間が過ごせます。


さて、文化祭も残り5日となりました。
期間中にも新作が入ってきていますし、ディスプレーも変化しています。
彩魚さん
sottoさんのオーダー制作ブレスレット
暗くなるのが早まる、ということは?
LOOP-M名物、店頭電飾が映える!
ということ         悪くない



袋物やパジャマを縫う。
銀粘土のアクセサリーを作る。
紙ひもを編む。
陶器を焼く。
ビーズアクセサリーを作る。
ステンドグラスを作る。と、
とにかく幅広く、また、独特な作風が魅力の作り手、Rieさんの紹介です。

最近ではこのグランマバッグ。
紙ヒモ編みと布袋を組み合わせた、
洋にも和にも合う不思議な魅力のバッグ。こう見えて、意外と入るんです。

シルバートップのペンダント。
モチーフは海の仲間⁉️
マンボウにイカ、龍…σ(^_^;)
伊勢海老やらゴジラやら、とにかく
まず見たことないデザインです。

そしてステンドグラス。
うさぎとニンジンのリース風。


かと思えば、こんなゴージャスな
ビーズのネックレス。
テグスではなく糸なので、素直に馴染み、スパイラルに編まれたビーズはひときわキラキラ。
タートルネックのセーターなどに 引き立つ2通りの長さです。


彼女とのお付き合いは長く、学生時代の同級生で、u-craftさんのステンドグラス教室にも一緒に通っている同士です。
彼女のステンドグラスは先生もびっくりする緻密さ。図案も独特です。

作る喜びを知る者同士、刺激にもなるし分かり合える、ありがたい存在なのであります

いいお天気になり、今日も窓辺のサンキャッチャーが店内に虹の粒を撒き散らしてくれました。
うっとりするひとときです。

そんな秋の陽を通して色とりどりの影を移すガラス

今日は私の憧れるステンドグラス作品を製作する工房、 u-craft  さんをご紹介。

ご夫妻はアメリカ生活の中でステンドグラスを習得され、帰国後工房を開かれました。

ずっと憧れていたステンドグラス、いつか習いたいと思っていた私は、お花茶屋のアロマファームさんのご紹介で u-craftさんを知り、レッスンにも通わせていただいていますが、これがまた本当に楽しい



ユニークで斬新なデザイン。
発想が自由で独創的な作品を展開されています。 

陽を通した時のさまざまなガラスたち。
灯りを通してできるガラスの影。

ひとつひとつのパーツを成形し、ハンダで接着する作業は気が遠くなるような手間ですが、それだけに作品には手作りの暖かみがあります。
一口にステンドグラスと言ってもさまざまな手法があり、こちら手前は複数の色ガラスを熱で溶かして作るフュージョンのペンダント。
フュージョンのソープディッシュなども素敵です。

工房にはこんな作品も!


左奥にあるのはモザイクの植木鉢。
モザイクもいと楽し。
ステンドグラスと言えばランプ。
もちろんオーダー可能です。


いかがですか?
ガラス自体に温度はなく冷たい。
なのに、どこか懐かしいような、暖かい気分になるから不思議。

ここ当分は、この魅力にヤラレっぱなしな店長です

大変申し訳ありません。
文化祭期間中ですが、

25日土曜日は午後からの営業となります。

何卒よろしくお願いいたします。

雨、よく降りました。
急に寒くなちゃうし、もう秋終わるの?
なんて思うと、ちょっと焦っちゃう。
もう少しゆっくりにしてください〜

まだまだハロウィンまで
文化祭は続いております。

さて、1日開いてしまいましたが、
作り手さんご紹介、まいります!

本日のご紹介は、
羊毛フエルトのMiriluさんです。

羊毛フエルトと言えば最近では、一度やってみた事がある、って人多いみたいですよね。チクチクするのもなかなか大変!指を何度も刺しちゃった!とか…

そんな羊毛フエルトでほっぺの落ちそうな子達を次々と生み出しちゃうMiriluさん。
デビューするなり「ウチのペットと同じ子を!」とのオーダーで、すでにダックスや、オカメインコちゃんたちを沢山作ってもらいました

TOPに上げたお人形のミリルちゃんもすでにオーダーが入りました。
こんな子たちにホッとする。
これからの季節に、ホットココアでも飲みながら暖かい気持ちで過ごしたいですね

家庭科で運針というの、やりませんでしたか?

布と布を合わせて針を運ぶ、
地道で気長な手縫いの世界。

今日の作り手はMICHIさんです。
コースターやイチゴの香りのヘアゴム、ストラップなど。
コースターにはプロバンスプリントも
ミックスしてチクチク…


手編みのマフラーや帽子も。
編み物も一目一目、地道ですね。

もう一人、パッチワークの作り手、
Keikoさんは、ハワイアンキルト系など。
一口にパッチワークと言っても
種類がたくさんあるんですよねー

タペスリーは非売品で、受注製作。
使用する布は柄違いになります。

モラ、という手芸があるのを知り、人の手はいったいどこまで緻密なものを創り出すのか、と驚嘆しました。
ちょっとだけやってみたいかも。
うそー(笑)

http://www.hat.hi-ho.ne.jp/heart_thoughts/panama/mola.html

良い革製品は、使い込むほどに味わいが出て来るものですよね。

そんな上質な革を使って革雑貨を作っている、ふるさわ革工芸さんをご紹介します。
色鮮やかな質の良い牛革と、内布プリントの組み合わせが楽しいトートバッグ。
抜きのバッグチャームや、肩にもかけられる長めの持ち手もポイントです。

ふるさわさんの一押しはお財布。
タイプもいろいろ、二つ折りや長財布
など、小銭やカードの収納部分もカラフルな革使いで、使う楽しさを演出。

小振りなファスナーポーチは、小銭や印鑑、お薬、カードなど、細々してるけど大事なものが整理できますね。

こんなカラフルなカードケース。
ついつい貯まるけどちょっと捨てられないポイントカードの収納、名刺入れにも

動物シルエットのバッグチャームも、ひとつ¥300という優しいお値段♪

パターンや革を選んでオーダーすることもできますので、ぜひ自分オリジナルを
作ってもらいましょう

homeページはこちら
http://www.furusawa-kobo.com

私も作っていただいた長財布を愛用しています

さて、LOOP文化祭も中盤。
長いようであっという間に過ぎて行きそう
もっともっと皆さんに楽しんでいただけるよう、がんばりますよ

うわー、外が暗くなってきたー
お天気は下り坂
でも、気分を上げて 行きましょう❗️







このページのトップヘ