LOOP日記もどき

葛飾の雑貨屋、店長のつぶやく日々のあれこれ。 http://loop-m.com/

2017年12月

空気がとっても冷たくて、
らしいと言えば暮れらしい。

なんて思っていたら雪です


大晦日。
とりあえず大掃除の真似事 

夏に大掃除する派だから。
などと声に出して言ってみる

なんたって、
探し物が出て来たんですから、
締めくくりとしては御の字です(笑)


今年もご来店いただいた皆さまから、たくさんの笑顔と、たくさんの暖かいお言葉をいただきました。

心からありがとうございました


本日より4日まで、お休みします。

戌年の2018年は1月5日より、
またわんこ共々がんばっていこうと思います!

どうぞ、健やかな年越しを




さて、ここからはラオスのお話。

その国を知ると、避けられない負の歴史。

日本の本州とほぼ同じ国土に、未だに眠っている不発弾の数は。

全部処理するのに200年はかかると言われています。

知れば知るほど複雑ですが、
世界遺産として観光客を受け入れる一面を素直に堪能

ガイドブックに誘われて行った川沿いのカフェ。
それは、ナムカーン川を眺めながら、
ゆったりと寝そべることができる夢のような場所。




広い敷地、どこでもくつろぐことができる。
オブジェかと思ったら、あちこちに爆弾が突き刺さっている。
プランターやベンチもよく見ると爆弾の殻。



日常を忘れ、間違いなく楽園気分に浸れるカフェ。

その名もユートピア。



静けさの中寝そべり、鳥の鳴き声と、遠くにひっきりなしに響く建設の音を聞きながら、
帰りたくない…また戻ってきたいなーと思いました。




人々はとても優しく生き生きしている。

ブラックな働き方が人を蝕む日本。

早いとこ考え直さないと、今にラオスやカンボジアに置いて行かれるぞ。

という話も聞こえてきて、

いたく腑に落ちる店長なのでした。








ラオスの気温は今日も28℃











いつからでしょうか。

メリクリやら、
あけおめやら、

皆、何をそんなに生き急ぐのでしょう

一呼吸おいて、

この冷たい空気をいっぱい吸って、

こんな時期だからこそ、
ちょっとゆっくり行きませんか?



ステンドグラスのクリスマスランプ。
by U-Craft

点滅して、とてもキレイです

左はすでにお買い上げいただきました。

こんな灯りを見るたび、
心の中がぽっと暖かくなります。

ガラス自体は冷たいのに、
不思議と暖かい。
年代を問わない人気の理由です。




イルミネーションも年々様変わり。

寒いけど、冬の楽しみ  

@元渕江公園



さてさて、


     

今日は花のお話。

以前、我が店頭で花市をやっていた頃、
とある鉢植えを買ってくださった
近所のおばあちゃん。

しばらくして鉢の植え替えなどをお手伝い。
翌年も花が咲いたと喜んでくれました。

ところが2年後、
それを置いている階段の踊り場、
近くにある元々あった植木が、したたるように蜜を出し始めたと言う。
そのせいで階段がベトベトになるのだと。

今までそんな事無かったのに、なぜ突然蜜を…??
花はとても可愛いので気に入ってはいるものの…
拭いても拭いてもキリが無い。
足の悪い彼女は困り果てていました。

確かにその鉢植え、
茎も葉っぱもベトベト
背の高いその木もベトベト
階段もベトベト

ふとした会話からその事を知り、
しばらくウチで預かることに。

ベトベトの部分はほぼカットし、
大き目の鉢に植え替えてしばらくすると、

ベトベトはなくなってどんどん元気に。
今年はたくさんの花を咲かせてくれました。

おばあちゃんちの植木は?というと、
結局相変わらず葉の先から蜜を滴らせていると言う。

そう言えばウチにもって来たその鉢植え、
何となくおばあちゃんちの方に向かって生えているような…?

コレって、もしかして…恋?

あの背の高い木は、この可憐な花に恋しちゃったのかなぁ?

なんて話をしたら、おばあちゃんも
「そうかもしれないねぇ」
なんて

いや、そうとしか思えない。

その花の名は…初恋草 

良く咲いているから戻しましょうか?
と言うと、
咲いているのなら動かさない方がいいと。

多分ベンジャミンかと思われる
その木と小さな花の恋のお話

ここは、そういう事にさせてください












今年は寒さが早く来てしまったようで、
もうとにかく、
ひたすら防寒 防寒 の日々です。



お布団だって

人間が古いのか?電気よりお日様

布団乾燥機より天日干し!
電気毛布より湯たんぽ!

そして、両脇にわんこ
…きっと最強なはず…


さて今日は新作のご紹介。



消しゴムハンコ作家の彩魚🐟さん。

わんこハンコや、ユニークなブローチ、
彩魚ワールド炸裂のポストカードや
ポチ袋など、入荷しました。

クリスマスカードや年賀状にも活用してくださいね
住所やお名前ハンコのオーダーも承ります。


こんな多版刷りもすてき!
かなりの数の消しゴムハンコの多色刷りです
とってもアンニュイ



こちらはchiroruさんのバッグチャーム、
アニマルワールド炸裂。
新作はパンダさん
来年の干支のわんこもすべて一点物。




ステンドグラス工房U-Craftさんより。

こちらもU ~ワールド炸裂!
ステンドグラスとワイヤーワークの壁飾り。
ガラス窓にも映えますよ



ステンドグラスの置き時計2色。
時刻のパーツはフュージョンガラス。
静かに時を刻みます。

赤りんごと青りんごのボックスには、
グリーンなど飾って

などなど、続々と新作が仲間入り。
プレゼント探しの際はぜひ





さて、恒例店長の気まぐれコーナー、
ここしばらくはラオスのお話にお付き合いください。

亜熱帯なモンスーン気候のこと、
植物はみな大きく、葉っぱの形も魅力的

では野鳥は?と気にはしていたものの、大して遭遇叶わず

スズメはやっぱりスズメだった
でも、寒くないから膨らんでないし、
気持ちサイズも大きめかも。

店先などによく飼われていて、
綺麗な声で鳴いていたのが



この、コウラウンという鳥。
カゴの中というのが残念ですが、
人びとにとても愛されているようでした。

森の中にはきっとたーくさんの野鳥が住んでるんだろうな〜

そして、私ごときのスマホカメラなんぞには、とうていおさまりっこない、
それはそれはステキな存在なのです
























長めのおやすみをいただいて、
織物や刺繍の見学を言い訳に、ひょんなことからラオスに行ってきました。

目的地は、ラオス北部にある世界遺産の街、ルアンパバーン。


泊まったのは
ナムカーン川沿のゲストハウスです。





右側通行の通りには、トゥクトゥクという観光客向けの車や、
バイク、自転車も多いし、高級車もたくさん走っているけど、信号が無いので、道を渡るのにコツがいります。


早朝の目玉、托鉢。
たくさんの僧侶が続く光景を見学させていただきました。


そんな、観光客で賑わう市街地から、レンタル自転車で織物の村へ。

スリル満点な細い木の橋を渡り、
ところどころ陥没した舗装道を行くと、



その先は未舗装の地域へ。
土ぼこりに目を細めつつ、山道を立ち漕ぎで頑張ることしばし。

ヒナを引き連れた鶏がコッココッコしている、のどかな織物の村に到着です。

暑い所なので、雨よけはあるものの作業はほぼ屋外。



糸を紡ぎ、染色するなどの工程を経、
たくさんの織機に色とりどりの糸がかかります。



そして、これまた見事な織り柄の、シンと呼ばれる伝統衣装を身につけた女性たちが、スルスルとんとんと織っていきます。



ギャラリーやショップには、美しい模様のシルクやコットンの布や小物が。



模様や色の組み合わせがステキ


そんな訳でラオス織物にかぶれた店長は、夜な夜な開かれるルアンパバーンのナイトマーケットに通い、



まだ幼なさ残る少女から、商いとはなんぞや、を思い知らされることになったのでありました(笑)



こちらは国立の博物館の敷地内にある建物。
強い日差しに照らされて、大木のブーゲンビリアの花が映える。

チケットを購入して靴を脱ぎ、博物館に入っていくと、…行く手に中扉を閉め始める女性。

え?なんで?

…なんと、3時間ほどお昼休みでクローズ。

ちょっとちょっとー…
しかも今日は日曜ですよー
他の観光客もオロオロ…

まあ、こんなの〜んびりが
私たちには必要なのかも

仕方なく、建物の外を一周していると、
ちょうど裏手の石段に座って刺繍をしているご婦人に遭遇



迷いなく素早く、
正確に模様を描いていく針運びに感嘆

そしてどなたも優しく撮影させてくださいました。
あ〜つくづく来て良かったーー

また、ひょんなことから
どこか知らない場所へ、
布や刺繍に出会う旅ができたらいいなぁ~

旅のエキスを栄養に、
またマイペースで制作していこうと思います

ラオス🇱🇦コープ チャイ














このページのトップヘ