地方で活動するweb制作者の日々を綴るblog

浜松市のホームページ制作会社・株式会社ルーパスの中の人による日々の業務日記。 web制作やSEO、サーバー管理、プログラミング、はたまたネットに関することなどを色々書いていきます。

vacation メモ

メールを自動返信できる vacation の設定メモ。
インストールはcentosに。

インストール時

インストール時にエラーが出るので、 "-Werror=format-security" を外す

Makefile
CFLAGS          = $(RPM_OPT_FLAGS) -g -Wall -Werror=format-security
CFLAGS          = $(RPM_OPT_FLAGS) -g -Wall


バーチャルドメイン時の .forwardの記述

バーチャルドメインを切っている場合で、@より前と、ログインアカウントが違うときは注意が必要。

【例】
ログインアカウント名:fugafuga.hogehoge
メールアドレス:hogehoge@fugafuga.jp

.forward
\fugafuga.hogehoge, "|/usr/bin/vacation -t0 -a hogehoge fugafuga.hogehoge"
"|/usr/bin/vacation -i"

※-a を使って、エイリアスを変更しないと正しく動作しない

日本語の文字化け

メールソフトによっては、Subjectが文字化けする可能性がある。その際は
$ echo 日本語テスト | nkf -W -M -j
などとしてiso-2022-jpのエンコードを作って、vacation.msgに
Subject: =?ISO-2022-JP?B?GyRCRnxLXDhsJUYlOSVIGyhC?=
という感じに設定すれば文字化けしない

にほんブログ村 IT技術ブログ プログラム・プログラマへ

無料でオレオレじゃない証明書が取得できる「StartSSL」

SSLで暗号化をしたいけれど、お金を払ってまでするのはちょっと…だけどオレオレ証明書で証明書エラーが出まくるのも…という方におすすめなのが StartSSL

ドメインの所有者で管理者メールアドレス(postmaster や webmaster)での受信ができれば、簡単に証明書が取得できます。
オレオレじゃないので、証明書エラーになることもなし。

にほんブログ村 IT技術ブログ プログラム・プログラマへ

hotmailやoutlook.comでSC-001と言われメールが送れない時の対応

hotmail や outlook、live へメールを送ろうとした際に、以下のように "550 SC-001" と言われ、メールが送れない時の対応方法。
<hogehoge@outlook.jp>: host mx2.hotmail.com[65.54.188.126] said: 550 SC-001
(BAY004-MC4F30) Unfortunately, messages from XXX.XXX.XXX.XXX weren't sent.
Please contact your Internet service provider since part of their network
is on our block list. You can also refer your provider to
http://mail.live.com/mail/troubleshooting.aspx#errors. (in reply to MAIL
FROM command)

このメッセージが出ている時は、送信元がSPAMとみなされてメールを送信できないようになっています。
なので、Microsoftに「うちはSPAM送信者じゃない」ということを連絡する必要があります。

連絡するのは以下のフォームから

https://support.microsoft.com/en-us/getsupport?oaspworkflow=start_1.0.0.0&wfname=capsub&productkey=edfsmsbl3&ccsid=635660384219463241

必要事項を入力すると、問題がなければメールが返ってきて
Mitigation may take 24 - 48 hours to replicate completely throughout our system.
と言われますので、1-2日待てば解除になるはずです。

MSからSPAM認定受けているかどうかをチェックするには、エラーメールだけでなくSmart Network Data Servicesからチェックすることも可能。
(要MSアカウント)

にほんブログ村 IT技術ブログ プログラム・プログラマへ

Postgresqlのシーケンスを再設定する

postgresqlのシーケンス値は、mysqlと違って指定カラムの最大値を取ってくれるのではなく、別に保存してある「最大値」を設定するようになっている。

SQLでinsertして行く分には基本問題ないけれど、CSVなどからインポートした場合、保存した値とずれてしまい、SQLからのinsert時に
"duplicate key value violates unique constraint"
などと怒られてしまうことがある。

これ再設定するには

select setval('hogehoge_id_seq',(select max(id) from hogehoge));

みたいな感じにする。
後半のselect分はテーブルのidの最大値を取る、と言うことで、この部分を直接数字を入れても構わない。

select setval('hogehoge_id_seq',10);

とか。

"hogehoge_id_seq" はpostgresqlでserial型などでテーブル定義すると自動で出来るシーケンス名で、テーブル名+カラム名+"_seq"みたいな形式で作られる。


#これ、たまにやるんだけれど、いつもSQLを忘れちゃうのでメモ

にほんブログ村 IT技術ブログ プログラム・プログラマへ

ML110 G6, ML110 G7+CentOS(RHEL)で内蔵RAIDを使う方法

昔のML110やML115で内蔵RAIDでCentOSやRHELを使うことは、特別ドライバーを用意しなくても問題が無かったのですが、G6以降の内蔵RAIDであるB110iは専用のドライバーをインストール時に入れなければ利用できなくなってしまいました。

ということでその方法についてメモしておきます。

ちなみに、USBメモリが必要なので用意しておきましょう。
またB110iの設定画面からRAIDドライブを構築しておきます。続きを読む

にほんブログ村 IT技術ブログ プログラム・プログラマへ

【Firefox】Web Developer 1.2を日本語化する

Web屋さんには重宝されるアドオン「Web Developer」ですが、1.2になって突然日本語表示がなくなりました。
これまで旧バージョンをインストールして凌いでいた方も多いと思いますが、それもなぜか使えなくなって、仕方なく1.2にした方も多いのではないかと。

しかし、1.2を日本語化している方がいらっしゃるので、そちらを使えば一安心。


Firefoxアドオン「Web Developer 1.2.2」を日本語化してみた。

にほんブログ村 IT技術ブログ プログラム・プログラマへ

【Firefox】fireshotが使えなくなった場合の対処方法

Firefoxのアドオンの中で、Web屋として必要なものの一つだと思っているのが、スクリーンキャプチャーが撮れる "Fireshot"。

こいつがまれに "fireshot pro trial is over" とか言って使えなくなることがあります。

それを回避するには、レジストリエディタを使う必要があります。

レジストリエディタを開いたら、"HKEY_CURRENT_USER/Software/Screenshot Studio for Firefox"を開きます。
その中には "fx_prokey" という値が入っています。おそらく "yes" になっていると思うので、それを "no" に変更します。
こうすることでpro版からstandard版に変わり、上記のメッセージが出なくなります。


【参考】
unable to switch back to basic free version from pro

にほんブログ村 IT技術ブログ プログラム・プログラマへ

【PostgreSQL】CSVからテーブルにインポートする [COPY]

PostgreSQLにCOPYコマンドを使ってCSVをインポートする手順。

ちなみにphpPgAdminなどを使えばもっと簡単にできるはずなのですが、意味不明なエラーを出されることが多いので、その際はコマンドラインからやることをおすすめします。

psqlコマンドを使ってデータベースにログインしたら
copy hogetable from '/tmp/hogehoge.csv' CSV;
って感じで入力するだけ。
テーブル名とCSVファイル名は任意で選択。

一部のカラムだけインポートしたい場合は
copy hogetable(id,title,update) from '/tmp/hogehoge.csv' CSV;
みたいな感じに指定すると、指定部分だけに入ります。

にほんブログ村 IT技術ブログ プログラム・プログラマへ

Facebookページに自作ページを追加するためのメモ

Facebookページにて自作ページ? を追加するためのメモ。
(2012/4/9現在版)

※Timeline対応(コンテンツ幅変更)修正版
 後で追加する かも?

先にFacebookページは作成済みであることが前提。

Facebookページで表示するHTMLを自サイトにアップ

横幅を520px(Narrow)もしくは810px(Wide)にする
なるべく高さ800pxまでにする
→高さ制限は解除できるけどね
 http://www.u-ziq.com/blog/2011/05/facebookjquery.html

アプリケーションを作る

https://developers.facebook.com/apps
にアクセスして、新規アプリケーションを作成
App Display NameとApp Namespaceは適当に。
前者はいわゆる管理用タイトル、後者はIDになるものだと思われる

設定変更画面にて変更する

設定変更画面が出るので、以下を変更する
アイコンを変える
メニューにアイコンが出るので、アイコン変えた方がかっこいい

Facebook上のアプリ
キャンバスURL:読み込むHTMLが置いてあるサイトのディレクトリまで入れる
例) http://www.hogehoge.com/fb/fuga.html
を読み込みたい場合は
http://www.hogehoge.com/fb/
セキュリティで保護されたキャンバスURL:httpsなURL。考え方は上と同じ。なくてもいいけど、SSLで閲覧された際にページが表示されなくなる

ページタブ
ここがFacebookページに表示される内容
ページタブ名:左サイドに表示されるタイトル
Page Tab URL:読み込むHTMLのURL
Secure Page Tab URL:SSLで読み込むHTMLのURL。なくてもいいけど、SSLで閲覧された際にページが表示されなくなる
ページタブの画像:タイムライン上部に表示されるタブ画像。ないとかっこわるいので、作っておくべき。横111px×縦74px
Page Tab Width:Narrow(520px)かWide(810px)どちらかを選択
保存してアプリの設定を完了する

アプリにページを追加

2011/12/10に仕様変更があった模様で、「アプリのプロフィールページを見る」が表示されなくなった。
そのため、以下のURLを直接たたく必要がある

https://www.facebook.com/dialog/pagetab?app_id=[Your APP ID]&next=[Secure Page Tab URL]

APP IDは設定画面の上部に、Secure Page Tab URLは「ページタブ」のところで設定したURLのこと。
上記のURLを開くとFacebookページの選択画面が出るため、追加したいページを選択して「ページタブを追加」をクリック

その後、Facebookページ側で最初に開くページとかページの順序とかごにょごにょしてあげると色々楽しいFacebookライフになること間違いなし!

【参考(Facebookの画面がやや古いけど基本的な考え方は同じ)】
http://ascii.jp/elem/000/000/593/593097/

にほんブログ村 IT技術ブログ プログラム・プログラマへ

【Firebird】SQLをエクスポートして他のDBMSにエクスポートできるようにする

Firebirdのエクスポートは "FBExport" で


Firebirdのテーブルの内容をエクスポートするには、標準ツールではできず、FBExportを使ってやることになります。

FBExport
http://fbexport.sourceforge.net/fbexport.php

FBExportを使ってもデフォルトはFirebirdの標準であるfbxになります。
しかしオプションを指定することでINSERT文を吐き出すことができるので、これを使ってエクスポートします。

FBExportのインストール


FBExportのインストールは、ソースを回答したら
# make
# make install
するだけです。windowsの場合は最初からバイナリが付属していますので、それを使えばOKです。

FBExportの使い方


使い方の例としては
# fbexport -Si -H localhost -D "/var/lib/firebird/data/default.fdb" -U SYSDBA -P masterkey -Q "select * from users" -F /tmp/users.sql -J "Y-M-D"
みたいな感じで。
-QでSQLを指定しているように、一つのテーブルごとにしか出力できないようなので、地味にやっていくのがいいのか・・・な?(調査不足)

あと、PostgreSQLにインポートする際に、日付形式が違うと怒られたので、-Jで出力される日付形式を変更しておきましょう。

これでエクスポートできれば、後は任意のDBMSにインポートすればいいのではないかと思います。
ちなみにPostgreSQLでは、何の問題もなくinsertできました。

(おまけ)テーブル定義を出力するには


テーブル定義を出力するのはFBExportではできず、標準のisqlを使うことになります。
# isql -x -u SYSDBA -p masterkey "localhost:/var/lib/firebird/data/default.fdb" > /tmp/ddl.sql
みたいな感じで。


【参考】
Re: [Firebird-jp-general] 特定の テーブル だけを 「バックアップ / リストア」 したい。
http://groups.yahoo.co.jp/group/Firebird-jp-general/message/3860?viscount=14&expand=1

にほんブログ村 IT技術ブログ プログラム・プログラマへ

Archives
Profile
Recent Comments
cpi
VPSレンタルサーバー
記事検索
ブログパーツ


注目されている記事
▼すべて表示
generated by レビュー・ポスター

この日記のはてなブックマーク数
yahoo
地方で活動するweb制作者の日々の生活
  • ライブドアブログ
Blog Widget by LinkWithin