ietester-0_3

Web制作者にとっていくつかある大きな問題。
その中でもブラウザ毎の表示の差異については、誰もが悩む問題だと思います。

特にInternet Explorer(以下IE)はメジャーバージョンによって表示がかなり違ったりします。
たとえばIE6とIE7で違ったりとか。
Firefoxも差異があることもありますが、こちらはまだそんなに多くはないんじゃないかと思います。

しかし、普通は1台のPCにインストールできるIEは1つのみ。あれこれチェックしようにもこれではチェックできない・・・

それに対する対応策はいくつかあります。
IEを複数インストールする事ができるソフトとか、古いIEのバイナリをダウンロードしたりとか有りますが、今回は「IE Tester」というアプリケーションをインストールして、複数のIEでの表示チェックを行えるようにします。

IE Testerで確認できるバージョン


IE5.5, 6, 7, 8の確認ができます。
ただし、インストールされている以上のバージョンはチェックできません。
(IE7までしかインストールしていない状態で、IE8の確認はできない)

インストール


My DebugBar | IETester / HomePage
から、ダウンロードしてインストールします。

手順としてはこれだけ。
インストール時は全て英語ですが、まぁその辺は頑張ってください(笑
インストールした後に日本語での設定ができますが、それは以下に。

日本語の設定方法


IE Testerのオプション画面から言語を選択すれば、日本語表示も可能です。
オプションを選んだ後に、プログラムを再起動すればOK。


個人的には今開いているページを別バージョンですぐ開けるようなオプションがあると最高なのですが、それ自体は同じところで配布している Debug Bar を使えば解決したりします。
それについてはまた機会があれば。

横に2画面(またはそれ以上)並べて検証する


画面を横に並べる場合は、ちょっと特殊な操作が必要になります。

1. 画面をまず2つ開く
0903171
2. どちらかのタブの上で左クリックしてドラッグするとアイコンが文章のものに変わるので、その状態で表示画面にドロップする。
0903172

これで画面を分割することができます。
解除したければ、2の操作の時に開いているもう片方の表示画面にドロップすれば解除されます。

(これがやりたくて小一時間悩んだのは内緒)


実際使ってみて、かなりいい感じです。
各バージョンの英語版IEになってしまうので、プロパティ等の表示が英語になりますが、確認だけなら何の問題もありません。
また、印刷プレビューもちゃんと各バージョンのものになっています。

これで作業が多少楽になりそうです。

にほんブログ村 IT技術ブログ プログラム・プログラマへ