2018年05月17日

5/17

角度にこだわるのがフジで、こんばんは。
ニュース番組すらおしゃれに。キックの音が乾いたエレクトロニカミュージック。最近のテレビの傾向色濃く。仕事終わりの23時過ぎ、部屋のインテリアに合わせて、情報すらおしゃれに受けとりたい視聴者。


透明飲料が特集されていた。
昔からある果実系のものから、少し前に話題になったミルクティー。そして最近ではカフェラテまで。
何で透明じゃなきゃダメなんだろ思ってたけど。
ビジネスシーンで、わりときちっとした場所で、人前で、確かに色のついたものだと失礼にあたるのかと。ハハーンと納得けど。ここ何年、いや、もしかしたら今までの人生でそんなに緊張感がピリッとした場所で仕事してなく。普通の人て、そんなことにも気をつけて生活しなきゃいけないなんて、ほんとに大変と。
どこかまだ、傍観者でいる。やだよね、ネクタイて。あせもとかできるやん。

続いての話題はこちら。
滝川クリステル影響下の名前も知らないアナウンサーは、独特な角度からカメラ目線を残し、テンポよく次のニュースへ。
そのスピード、とり残されてるなぁと、次のビールをプシュる私の頑丈な人差し指。マイペースマイペース。時代に遅れてるのではない。一周差をつけて、勝っているのだ50ccマリオカート。



******



認知症は病気だ。
当たり前けど。
病気だ。それは極端に顔色が悪くなるとか、皮膚が爛れるとか、左足がないとか。外見から一目見て、他人に病気と伝わるものがあればもっと理解があるだろうし、同情すらされる。
けどない、残念ながら。




「母さんはもう死んだんだから!!」

90年代のドラマでありそうなベタな台詞も。2018年、平気で吐かれる。
天気の良い日曜日。穏やかな老人ホームのフロアのソファに不似合いなほどの声量とトーンで、息子、怒鳴る。
しかし父さんは納得してない。今どこの病院に入院してるんだっけと、再度聞き直す。
自分の親なのに、理解がないなぁと。
一部の家族をみて、思ったりする。ほんの少しだけ勉強すれば分かることなのに。病気への歩み寄りはないが、高いお金を払って施設へ。その事実だけで、どことなく満足してしまうのだろうか。
そういう人に限って、写真の中では笑ってはる。居室のタンスの上、背面を棒で支える写真立て、倒れてしまって天井を向いているけど、お父さんと一緒に写った写真の中では満点の笑顔。

の、となりに死んだ母ちゃんの写真も勿論ある。心配そうにしてる風にも見える微妙な表情だった。遺影は真顔で。













21:20

looseness at 21:20|PermalinkComments(0)

2018年05月16日

5/16

忙しいのかもしれない。
好きな時間に起きて、観ても観なくてもいいような映画をダラダラと観て、いつのまにか寝てるって日が1ヶ月のうちで1日もない。
作ればあるのだろうけど、勿体無いが勝つ。どうせ読まないと分かってても、本を買う。買うことで何かを発散してる。


値下げシールの重ね貼りのお惣菜となるべく早めに酔えるお酒を手にとり。並ぶレジ。セミ深夜の方が集客があるスーパーは、必ず店員の態度が悪い。
8人並んでも1レジしか開けないのならば、自然と客は苛つく。
やっとあけた2レジ目に、すっと入って行くおばさん。2番目にお待ちのお客様こちらへどうぞの一言があれば、こんなことはないのだけど。
5番目に並んでいたおじさんはそれがとても気に入らなかったらしく。
6缶パックのビールが入った買い物カゴを、なるべく大きな音を立ててレジ台に置いた。横入りしたおばさんを細やかながら、威嚇した。
文句をいう勇気がないのか、気力がないのか。ただ自然と泡立つ缶ビールが、どうかお家で爆発しますようにと、その2つ後ろから願いをかけるスーパーマーケ。ここは地獄。
駅みなみ、ここに天使はもういない。



******

切ないとは、 マイナス感情なはずけど、妙に欲す。あれはなぜだ。ナルシストなだけなのか。
切なくなるのは嫌なはずなのに、切ないものばかり追いかけたくもなる。
ふと胸に手を当てると、剥がれかけのシールみたいに、見慣れた乳首しかない。


駅ヒガシ。怒るでしかし。

最大料金800円と、日焼けしたコインパーキングの看板の文字は柔らかく白い。これから来る夏を歓迎してるようにも見えた。頭上に複雑に絡む道路、その隙間から少しのぞく夕焼け空。
さあどうぞ、と言わんばかりに切なさが降ってくる。
ご迷惑をおかけしますと、道路工事の予告看板。先に謝れば何とかなると、ばりばりつけこんでとりあえず、謝っていた。
謝れる方がえらい。大人になると自然とそう。
正しく生きたいなぁと、思うけども、頭の中では常に嫌いなやつボッコボコにして、相当ケンカ強い自分もおるし。ガーゼいくらあっても足りんし。現実とのギャップに洗顔で歯を磨きたくもなるし。
それでも正しく生きたいなぁと、剥がれかけでほとんど粘着力なんてない乳首シールをまた貼り直す。


関連動画でたまたま流れてきたゲスの極みの新曲のミュージックビデオは、さすが売れてるバンドで感じで。
アンサンブルも抜けている。売れててちゃんとかっこいい。
あの頃はあの頃はあの頃はと、あの頃てワードがたくさん出てくる。

誰にでも、あの頃がある。
どんなおっさんにもあの頃は、必ずある。そのあの頃てワードを口にすればするほど、あの頃は遠ざかる。


夜になって大学の同級生のラインを返して、ふと思い出す。
週3で宅飲みしてた友人の家にはローンで買ったレコーディング機材があり。夜な夜な集まり、朝の7時くらいまで、さっき作ったみたいなふざけた曲を録ったり、誰も聴かないラジオを録ってCD-Rに焼いて遊んでいた。

雑な演奏の中にピヨピヨとした音色で。やたらグッドセンスなフレーズを弾くハジメくんは前やってたバンドのギターで。今聴いてもやけに良い。グミをちぎったような不思議音色とフレーズが心にとまる。
この日、学祭前夜。彼女に連絡とりたくない!と怒られて、ドブ落ち込んでいたこと。目の前の就活から全力で目をそらすために、無理して宅飲みの予定を入れていたこと。平均台の上で眠るような毎日だったけど、妙に愛しく彩るピヨピヨフレーズ。
ピヨピヨフレーズ。
また僕の部屋にあの頃を運んできよった。もうだめだ!





******



6/17(日)MUSIC UNFAIR
@UTERO
OP/18:30 ST/19:00
前売¥2000 当日¥2500(+1drink order)
【CAST】
左右(横浜)
喃語(札幌)
ナルコレプシン
迷いクジラ
tokotokotonntoko's
ダム狂い















2:04

looseness at 02:04|PermalinkComments(0)

2018年04月20日

4/20

退院してすぐ、ふつうに働き。
酒を飲み。
演奏もして。
曲を書いて、たまに人に迷惑を。
夜勤がないから、わりと忙しい。


結局行き着くところはイオンのフリーイートスペースで。あの日はそうだ。
夕方6時過ぎくらいだったろうか。
値下げシールと来店数の比例具合がギンギンな時間帯。
小学生の女の子が長机に広げたのはお母さんの手作り弁当で。慣れた手つきでほどく結び目。ディズニーキャラクターの布。包み布。ミッキーのあどけない笑顔と対照的な大人びた横顔。シルバーの水筒。立つ湯気で、魔法瓶の微かな魔法を実感実感で。
進学塾までのわずかな時間。イオンのフリーイートスペース。そこで買い物したものしか食べてはならないルールだが。特別ルールも働く。
焦る様子もなく、自分のペースで口に運ぶおかず。
少女は、その若さで、生活を営んでいた。
けして忙しさに甘えることなく。
生活を営む。
とりあえずで済ませない食事。時間をかけて味わうこと。
洗濯物を畳んだり、お風呂で新しい入浴剤を試したり。寝る前に10ページだけ進める読書。
営むて、そういうこと。ただ過ぎるではなく、営む。時間に負けないこと。
日が暮れるとひんやり冷たい公園遊具の錆びた鉄の温度や、セーブしたつもりで消えるゲームの世界。知らなくても。
毎日一行でも記録を残すこと。そのひとつひとつにちらばる輝き。なにか気づかせてくれるような説得力。
少女から教わる。



******


2月から細々とレコーディング続けてる。まだできん。
リコーダーを先日録った。
この曲思いついたのさいたの前の家で。さいたはそのときまだ7回目の大学の夏で。ポケモンゴーが発売される前日で。人の家に泊まると必ず早く目がさめる意外と繊細な己の体。叩きつけるような暑さ。午前中ならフル稼働のセミは題名がないにしては主張だけ強い音楽会、不快。
暇だからなんとなく楽器を触っていたあの夏。
まだ2年前くらいか。しかし遠い。目覚めたら、しれっとポケモンゴーをダウンロードして。学食のおばちゃんに投げつけるモンスターボール。スイートな夏だった。
そんなとても個人的な思いがいつのまにか、ピリピリと輪郭をつけ、具体化していく作業に。冷や汗は止まらず、不思議な気持ちなのですレコーディング。誰が聴くねんこんな曲。
買ってね。






5/6(日) MUSIC UNFAIR
@福岡UTERO
OP/18:00 ST/18:30
前売¥1800 当日¥2300(+1drink order)
【CAST】
LEARNING(諫早)
NAGGS
The Centralbars(大分)
HIRAKAIMEN TAI
ダム狂い
















23:54

looseness at 23:54|PermalinkComments(0)

2018年03月26日

3/26

額に3色信号機をつけて、両手は踏切の黄色と黒の棒、首からなぜか社員証をぶら下げている。

それはこないだのプリキュアに出てきた敵で。てんで、ふざけてやがる。強いわけがない。結果ハートのビームを喰らって死ぬ。死因すら、かわいいに持ち込む女の子のストイックさ。



*******


「え?あたしが4人目のプリキュア!?」


そのセリフ。10代になってすぐくらいのタイミングで口にしたかったものの。まさかのアサラーで口にするとは。
新卒で入った会社、良くも悪くもない会社。結婚するまでだから、まぁいいかと言いきかせて。
そう言えば、先月の話。3つ上の先輩が寿退社していって、ウワベではみんなお祝いムードで手作りアルバムまで作ったけれど。個々の負担が増える業務。女同士のささやかな嫉妬。
女子トイレの鏡は他人の陰口で曇る。
という、現状を踏まえ、「え、あたしが4人目のプリキュア!?」

全て投げ出して、戦わないといけないけれど。引き継ぎ、今後の生活の不安。混じって変身どころじゃない。
円満なプリティ退社などなく。
地球のために大変だろうけど頑張ってねという優しいお言葉の、裏ばかりさぐる。
世界の平和よりも、守りたいのは私生活。




*******

退院が決まり。
近い上司にすぐに電話報告。
そして職場でライン知ってる方々、ひとりひとりにご迷惑をおかけしましたと送る。
流石にしんどくて、文章コピーエーンドペーストだけど。ああこの時間、遅番が誰と誰かわかんないけど一緒に上がって同じタイミングで携帯見られると、ズルしてるのバレるなあとか。
お詫びのお菓子はどのくらいでかい箱のがええのかなぁとか。デパ地下のあそこの店なら安くて大袈裟なのあるかなとか。あの人とあの人には個別でなんかせんないかんのかなぁと。大変だこれは。仕事を休むとは。
そして、生きてるだけでひたすらお金かかるなぁと。8度見した今回の入院の請求書。アワワワワワワワワワワ。
しかし得たものは大きいのじゃないか。はっきりと見えてきた人間関係や信頼。人の優しさ。空気読む人読まん人。そうとでも言っとかなきゃアワワワワワですし。




******


術後、管抜けるまでの四日間は笑うだけでも痛いから。なるべく笑わないように。しかし観る動画はお笑いばかり。
水曜日のダウンタウンの企画で。
サスケ×ホームセンターみたいなのあって。ホームセンターで買い物した道具を使ったらサスケ攻略できるんじゃないかみたいな説で。
サスケに命をかける真面目なおっさんが。そり立つ壁という傾斜が90度ある壁で。本来は駆け上がるその壁のステージで脚立を使うと言い出し、もうそれがおかしくておかしくてたまらんくなり。痛くて痛くて、でも笑いたくて息できなくてパニックになり。携帯を投げ出した。あれは幸せな痛みだろうか。


夜になり。
ベッドの頭側の角度。上げておかないと、傷が開くから仰向けで寝れないので。出来るだけ上げる。リモコンでゆっくりと、ウィーンと盛り上がるベッド。振り返ると僕の背中、そこにも、そり立つ壁。
そり立つ壁になっており。もうダメだ、動画の続きを観ようと。またのばす携帯。退屈なんて、思う暇なかった。





******

消灯までの僅かな時間。
ギャルはまたあのいつものベンチ。椅子の上で膝を抱え。珍しく通話も休憩で。孤独を満喫。指先は髪の毛をくるくるして。キティサンダルは左右、カカトだけひっついて150度の角度で開く。
何も変わらず。

向かいのベッドの人は生活保護と年金だけで。今回の入院費が払えないのも知ってる。60過ぎても金ない人はほんとにない。パない。生々しいほどない。結婚してなくて、新しい家を借りる保証人がいないことを採血しに来たナース捕まえてひたすら話す。チャプチャプと下品な音を立ててご飯を食べる。しかしおしゃべりが好きで性格は明るい。明るいてすごい。今夜はオペで今頃CCUか。痛みと戦っているんだろか。
斜め前のガンの人は4日前くらいに退院したけど、昨日から入った人もまたガンだ。
カーテン一枚のプライベート。
漏れに漏れる個人情報。でも僕は顔を知らない。みなさんのお顔。
明日退院する。10時までにチェックアウトしないと怒られる。













23:48

looseness at 23:48|PermalinkComments(0)

2018年03月22日

3/22

夢はしっかりと見る。
短い眠りの中でも。
今日ライブなのにコード進行を覚えてなくて、確認しようと焦って電話をかけているところから始まり。
極楽に10人くらい兄弟がいて、電話をかけるけど、1番下の2歳くらいの子が出て「ごめん!お兄ちゃんに代わってよ!」って何回も言うけど何にも喋らず。どうしようどうしようてとこで目が覚めて。あ、そう言えば入院していたと。
ペラペラのパジャマの背中は湿っており、こんな夢で汗をかくなんてと。虚しい気持ちになる。と、同時にあぁ俺実は焦っているんだなぁと痛感もする。
よく夢に今の自分の心理をえぐられる。時間が勿体無いから、この時間を利用してラップを考えたり、今パソコンでできる来月の仕事のこと少しでもやろうとか思ったけどやめた。
そもそも時間のことを勿体無いと思ったりするから焦るのかなと考えたから。
時間は、ただそこにあるもの。
そう捉えるようにした。
観ても観なくてもいいようなドラマを何となく観た。



オペ当日は緊張もせず。
両親に、「じゃ」と告げ、今更けどカッコつけてオペ室に速足で入る。ドラマで見ていたオペ室よりも照明が多く明るいなあなんて印象で。何だか社会見学でもしてるような気持ちで。背中に太い針が入り、やっぱり当たり前のように痛いなぁなんて思い。
全身麻酔がポタポタ流れるけど全然眠くなく、このまま目が覚めたまま切られたらどうしようなんて思っていたら「中村さん、終わりましたよ。」と。
4時間ちょいの時間がたっていたらしいが、ほんとに一瞬だった。
せわしく流れて行く天井と次々変わる人の顔。鎖骨の激痛で息苦しく酸素マスク外しちゃう。戻されるを繰り返す。
自分の足が価値のない置物のようにそこにあり、頑なに動かず、膝を立ててもらってもパタリ倒れる。邪魔だなと感じ、もうメルカリに出してもええと投げやりにもなる。


朝まであと12時間。時計もなく、たまに体交してくれるナースが時刻を教えてくれる。2時くらいかなぁ思ってたらまだ0時ですごくがっかり。あんなに長い夜は本当に初めてできつかった。
いま大きな地震きたら、真っ先に死ぬなぁとか。そしてそんな状況の人たちが常に地球にはいるんだなぁとか。当たり前だけど、普段考えないことを考えた。
氷棒という、アイテムがあり。
棒の先にガーゼを巻いて、その部分を軽く湿らせて凍らせたシンプルなやつで。
味はなし。どプレーンなそれ。
激しい口渇と痛みを紛らわす為に、結局朝まで僕はその棒を5本貰った。
子供の頃に食べた生協アイスをなぜが思い出した。唇を湿らせて、少しだけ飲み込んだ。
隣でばあちゃんが娘の名前を何度も呼ぶ。看護師が娘のふりして対応する。少し安心するが、また忘れて呼ぶループ。かわいいなと、思った。



翌日、病棟に戻り、やっと携帯さわれた。僕は携帯のこと大好きなんだなぁとか思った。
連絡をくれてた人たち、当たり前のように感動した。
その感謝すら、時間が経つと忘れるのかなぁとか思ったけど。その頃また病気になるのかなとも思った。
あれもこれも大切だと思って、どこか必死だった人間関係けど。実はあれとこれしか大切なものはないと、また気づいた。



******

痛みがない時間帯を見て、ひたすら廊下を歩く。
看護助手のおばさんだけ、「いょ、中村くん」と声をかけてくれる。明るいなぁと思う。
洗面所、爺さんがまじめに髭を剃っている。どんな体の状況でもたくましくのびる髭は、何か真っ直ぐな意志すら感じる。
誰に会うわけでもないけど、整容すること、生活にリズムをつけることの大切さ。教わる。
病棟一周する時間をストップウォッチで測る。歩き出した頃は7分だったタイムが今日は最速で5分に。
そして何周しても、東病棟1番端っこの窓際の1番眺めええベンチ。わしも座りたいベンチ。そこにアディダス3本ラインジャージにキティサンダルの点滴ギャルがいることに気づく。点ギャルはいつも一瞬だけ僕を見るが、すぐに視線を正面に戻し、ずーと電話をしてる。
おかんと上司にしか電話をかけてない僕からすると、何をそんなに話すことがあるのだろう、思うが。点ギャルは話す。次来てもまだ話してる。
まだ話してる。
うけるー、って怒ったような顔で言う。
頑なに病院着に着替えず、ややオーバーサイズスエット。
足元キティちゃんはゴールド×ブラックの配色で頭にハイビスカスをつけている。
ばりカラバリ豊富と、ドンキ行ったらいつも思う。無個性に見えて、実は個性出せる。ベランダ用に欲しいけど、やや高くてためらう。

外の気温を知らない僕は、ニュースキャスターが言ってた寒の戻りという言葉を鵜呑みにしてたけど。
白いとこもやや黒い、動物園のパンダみたいなキティは黙って主張して来た。
てか、ハイビスカス。
まじハイビスカスやし。
世の中には楽しいことしかねぇ。
どんな状況でも芯の強さを感じる。ギャルには。だから憧れる。
僕は思う。ギャルはパネェと。
パネェのだ。
パあったことなんて一度もない。
いつもパネェ。
良くても悪くてもまじやばい。
だってやばいものはやばいから。














22:16

looseness at 23:16|PermalinkComments(0)

2018年03月18日

3/18

病室から宇宙へ。
少し遠い。
保健室の天井には、不規則に並ぶ点々の模様があって。それらを繋げれば冬の星座くらいは作れる。3時間目くらいは潰せる。

しかし真っ白。なんて退屈な天井なのでしょう。宇宙まで、やや遠い。
宇宙兄弟て漫画も、2巻の途中で読むのやめちゃったしな。僕は宇宙に縁がないのだろう。火星移住計画。あれどうなったの。GEOないとしんどいし、火星人、ぬるぬるしてそうけんやめとくけどさ。



バックホーンの初めての呼吸でという曲を繰り返し聴いているのは。
200円入れて洗濯し、乾燥機は100円。
真っ白な天井よりはいくらかましの乾燥機の中。色んな表情を見せながら回る己の下着やタオル。タオルは色とりどりにしておいて良かったなとか。くるくるを眺めながら、いろはすを飲む。


洗濯機の銀河の中〜。て曲あったなぁと思い出し。あ、バックホーンだと。
大学生のとき、みんなバックホーン好きだったね。今熱心に聴いてる人は減って、「懐かしい」ていう少し悲しめな音楽になってしまったのかもしれないけども。バックホーン。
日常と宇宙が奇跡的につながるようなあの曲。イントロのコードはミスって抑えたやつをそのまま採用したてあの曲。
赤ちゃんの時、初めて呼吸して体に入れた酸素はほんの微量だが、死ぬまで肺に残っているていうあの曲。
死んでやると、飯を炊きながら日々を超えるあの曲。
思い出したらもうたまらなくなって。ずっとリピート。夕方四時過ぎ、隙を見つけて院内に忍び込む西日とマッチして、痛みを忘れるほど心地よかった。

目の前にあるもの。想像のつくもの。
それらを変わらず愛すこと。日常のことをけして退屈だとは思わないこと。
それが大人だろう。
もう僕に宇宙はいらない。初めての呼吸で好きだと確かに言うべきけど。みんなありがとうとか、好きまでの回り道が遠すぎて息を切らしている。


******

今朝。
一気に2人が退院し、4人部屋なのに僕の病室はあの斜め前のガンの方の2人きりになり。
今日はナースコール5回程度。
なんか苦しいと。来てくれと。しかしそれが抗がん剤の副作用だから特に処置もできず。看護師の対応も様々だ。
何度も自分で体温を測る音。そしてはぁはぁと息を切らす音。カーテン一枚ごし、すごくリアルに伝わる。
痛いの痛いの飛んでけー。
今幸せな誰かのところに。じゃなく、宇宙。そう想像を超えたどこか深いところへ。その時だけ必要だ宇宙が。












23:16

looseness at 23:17|PermalinkComments(0)

2018年03月17日

3/17

人生でこんなに長い時間休むて、もしかしたらだけど、おじいちゃんになるまでないのかもとか考えてみたり。

有り余る時間に期待して、買ったけど読んでなかった本を持ち込み、得意げにベッドテーブルに山積みにしてみるが。なぜか読む気にもならず。栞に挟む細い紐がだらしなく垂れている。ほんならこの本、一生読まんなと。
僕は文字が嫌いなんだろうと気づいたり。


少し生活のペースを落とせ。誰かからきっとそう言われてる。そう信じてる今回の入院。


毎日何かしらの検査があって、どれも初体験で。MR検査室では、アップテンポなダンスナンバーが流れていて。恐らく患者をリラックスさせようていう意図なのだろうと、予想はつくが。
せまいコックピットみたいなとこに吸い込まれるとき。陽気なリズム。白い巨大な丸みを帯びた機器。子供のころに来たスペースワールドの何かのアトラクションに乗る感覚に近く。妙に懐かしさが支配した。
何で閉まる前に行けんかったかなぁとか。そんな呑気なこと考えてるうちに輪切りにされるお腹。


痛みがないときはなるべく丁寧に歯を磨いたり、ゆっくり爪を切ったりして過ごしている。
YouTubeはとっくに飽きた。関連でGLAYのベース弾いてみた動画出てくるとやはり、胸がチクリ痛むときもあるが。それにも慣れ。

点滴のポタポタと、窓から見えるブックオフの旗がハタハタなびくのを交互に見ながら。痛みが和らぐのを待つ。
夜になると上司に状況報告をラインでする。わざと美味しそうなご飯やお酒の写真を送ってくる人。夜中まで相手してくる人。正直くそ救われてる。人の優しさは、いちいち胸を指す。みんなありがとう大好きとか、そんな幼くてぬるいものじゃなくて。1人1人に、言葉じゃなくて誠意でお返しを。あちら側未来の方向へ勢いをつけて転がす絨毯。セレブだから、綺麗な道を歩きたいの。



******


屁の音。

屁の音で判別できるようになったのは個室から4人部屋にうつって2日目くらいで。
カーテン一枚で仕切られたプライベート。薄いようだけれど、実は厚く。常に閉まっており。菓子折りを持って今度隣に引っ越してきました的な挨拶なんてあるわけなく。未だに僕は同じ病室の人の顔をしらない。

互いになるべく生活の音を立てぬよう気を使いながらひっそりと暮らす。家族が来た時など、たまに聞こえる話し声から想像する顔は国語の教科書に写真付きで載っている昔の詩人の色んなパーツを合体させて作った架空のもの。答えあわせはまだできてなく、2日がたち。手がかりは屁。

右横の方は健康的な音。斜め前の方はこもったような怪しい音。
顔も知らないけど、今のは隣の人だとか自然と分かるようになっていた。
昼でも静かなこの空間。だから響く屁の音。

******


それが今日は珍しく、隣と斜め前が何かのきっかけで急に世間話を始めた。
簡単な自己紹介を済まし、何で入院してるかっていうその話題から入る。

「肺に穴が空きかけててね。いやでもよかったですよー。疑ってたガンじゃなかったですからね。」

と、隣がまず自分の病状から説明し始めたとき。僕はカーテンの裏。妙にヒヤヒヤしていた。
というのも、斜め前の人が何度か看護師に抗がん剤の副作用の話をしていることや、家族に電話をかけて今度来るとき県民共済とアフラックのハガキを持ってきてと頼んでるのを聞いていたから。
なので、ガンじゃなかったから良かったと嬉しそうに話し始めた瞬間ヒヤリとした。よりによってそれは言うなと。

ところが斜め前は落ち着いた様子で自分はガンであること、ステージ等。家族のこと。仕事のこと。少しジョークまで交えて楽しそうに話した。
これが受け入れる強さかと。
カーテンの向こう、ほのかに自分の中で芽生えるふつふつとした気持ちを感じた。
今夜も消灯時間をすぎて、暗くなった室内。廊下からさす少しの明かり。テレビに突き刺したイヤホンから僅かに漏れるタレントの笑い声。それよりも存在感のあるあの斜め前の屁の音。低音をえぐる不健康な大腸。
明日洗面台でたまたま歯磨き一緒になったら少し話そう。そして夜は長い。こんな長いて知らんかった。















23:47

looseness at 23:48|PermalinkComments(0)

2018年02月11日

2/11

引っ越してもうすぐ1ヶ月で。
インテリアに凝ろうとして無駄なものを買い揃えたり、必要以上にお風呂掃除を頑張ったりする。そんな時期はやや過ぎ去り。
低反発の枕もあまりに元気なくなってて。できればもう少し重力に対して反発を。こんなに小さかったけ?と朝二度見する。
ハロー住吉。
グッナイ路地裏でして。
気持ちは穏やか、やること多い。
新しい飲み屋だけがときめきのもと。



千代までチャリで10分くらい。
怪しげな平日の夜。孤独のパピヨンプラザの中にある大型スーパーでは値引きシールを貼るタイミングにハイエナのように人々が集まる。
10台くらいはあるレジで仕事をする、そのほとんどは外国人で、みんな死んだ魚の目をしてる。名札だけはそのファンキーな名前を得意げに名乗るが。表情も声色も暗く皆、疲れてる。母国は遠すぎる。

ダメージ受けすぎジーンズをはいた彼はアジア系。ジャラジャラ音をたてるチェーンは長く伸びて、その先は買い犬ではなく長財布。おしりポケットでおとなしくしてる。
こんなに売り場面積は広くとも。アルバイトの貴重品を管理する個人ロッカーはないのかと、レジに並ぶその時間に想像は膨らむ。



フリーイートスペースが昔から好きだ。
色んな人がいて。なんだかこの国の問題点がぎゅっとつまる感じすらある。
飲酒喫煙禁止と。ラミネートされた紙がきっきり貼られてるが、ガン無視で。ホームレスは仲間と相撲協会に痛烈な批判をしながら大関あける。
高校生たちに門限はなく。してもしなくてもいいような話に夢中。
そういえばこの近所に私服オーケーな定時制の高校あったなと。白と黒のブロックチェックのスリッポンは若さの象徴で。大人になるとはけなくなることを、彼女たちは大人だから知っている。
節分に歳の数だけピアスをあける。なるべく痛いところになるべく痛いところに。遊ぶというより、家に帰らない為に時間を消費するだけ。そんな感じで、華やかな青春がだらしなく平日の夜にぶら下がる。

ピッ、ピッ、ピッ

とわりと一定のリズムであちこちからなるレジのスキャンする音の隙間。
ピッ、ピッ、カン!と。

テーブルの上に缶を置くそのカン!て音がさっきよりも大きくなっているのに気づく。どうやら僕もいつのまにか酔っ払っていたようで。少しだけ強気になった自分の態度にも気づく。誰にアピールするわけじゃないけど。ピッ、ピッ、カン!でして。

隣のおそらくアメリカ人のおっさんは大きなリュックをテーブルにのせて、ご自由にお使いくださいコンセントの穴に、電動ハブラシの充電器をさしこんで。すましてやがる。
ここでハブラシ充電するやつに、今夜泊まる宿があるのだろうか?
それでもやつはすましてやがる。気品をたもってやがる。ピースサインでつくぜ2穴コンセント。ドブアンドピースてこういうことだったのね。
告知です。




2/14(水)DYNAMIC VIBRATO!
@UTERO
OP/18:30 ST/19:00
前売¥1500 当日¥2000(+1drink order)
【CAST】彼女のエース、彼女のレシーブ、うさぎのみみっく!!、チャペ・ココ、橙苺

【FOOD】チャペ・ココ薬局の元気が出るチョコバナナ


↑↑↑↑
共演者全てアイドルの日。
僕もアイドル枠で出演します✌️



UTEROコピバンNIGHT!!
2018 03/18(Sun)
CAST
FUCK-TICK(BUCK-TICK) / IMI(聖飢魔) / Micchi Hot Chili Peppers(Red Hot Chili Peppers) / REBOCCO(REBECCA) / らっどういんぷす本舗(RADWIMPS) / 極楽の“modern…”with 極楽軍団オーケストラ(GLAY)


↑↑↑↑
コピバン大会でGLAYのコピーします。ラルク派だったけど。











15:22

looseness at 15:22|PermalinkComments(0)

2018年01月24日

1/24

https://youtu.be/VHKMwue-jUE




下校中までさかのぼる。

小学生はソプラノリコーダー。
中学生はアルトリコーダー。
声変わりと共に低い音に移行するリコーダー。
身長と共に少しだけ伸びるリコーダー。
そう、下校中までさかのぼる。


リコーダーは音楽の授業で必ず必要なので、ひとり一本所持。
ときに楽器に、ときに武器に。ちょうどよいサイズ。
新品のピカピカリコーダーを持つ者。
お兄ちゃんお姉ちゃんのお下がりの皆とは違う色のリコーダーを持つ者等。
さまざま。
なんとなくお下がりが恥ずかしい年齢に差し掛かるが、下校中。
ルナシーが好きな兄貴からのお下がりのリコーダーを持っていた友人が吹いていたメロディ。
単音のメロディ。何度も吹いていて耳に残る。簡単だから左手だけでも吹けるそのメロディには当時の景色も匂いも張り付いている。
華やかで明るくて、これから門限までの僅かな時間。冬になると日が落ちるの早いから門限も30分くり上がるシステム。しかしきっちり遊びこむ決意。
急がなきゃ。歩くスピードと共にテンポも速くなるそのメロディ。
ランドセルは玄関にポイですぐに公園や団地の隙間に、器用に遊び場を作ることに秀でていた。




******


知ってる曲だけどタイトル知らない。
globeのその曲のタイトル知ったのはわりと最近。
ブックオフ中古棚で100円で買った傷だらけのCD。
時代を駆け抜けた当時の最先端は、いくつかの最先端に追い越され、埋もれ。
弾けたバブルは床に散らばり、時間がたつと跡形もなく乾いてしまった。
全てのものは色褪せる。誰かの胸の中でしか生きられない。そんな当たり前のことを何度も繰り返すが。
globeのその曲、突き抜けて明るいサウンドだけど、少し歌詞には影があり、更に今のこの現状。その人たちの私生活はサウンド以外の部分だけど。そういう状況を知ってしまうと、妙に音楽に寄りかかり、余計な哀愁を含む。

要は今聴くと、やはり胸が震える。
不倫がばれたから引退と。
そんなシンプルな話では全くないが。あの感じ。いじめられっ子がいじめっ子に対して最後にする復讐が自殺みたいな。あの惨めさすら感じる。
残念だ。
としか言いようがない。
身内の介護をできる人が一番すごい。介護士でも身内の介護を放棄する人もたくさんいる。
介護の仕事をしてるなんて偉いわね、なんて。どうでもいいセレブなおばさんにたまに声をかけられるけど。エヘヘと笑って過ごすけど。僕は好きでもない仕事を色んな理由で辞めれなくて続けてる人のが偉いと思う。




「ごはんは食べよるんね?」

と。
ごはんを食べないわけがないと。
こんなにもごはん好きなのに。
今までもずっと食べてきたのに。
それでもごはん食べよるんね?と連絡してくるおかん。
言われる前に今度は
「ごはんは食べてる!」
と、先に連絡するのもありだなと。
六畳ワンルーム。部屋の半分は段ボールで埋まったその部屋。人生三度目の引っ越しを終えた僕の部屋では今、何も知らないglobeが呑気にその懐かしいメロディを繰り返している。



******

明日、演奏。



「MUSIC UNFAIR」
1/25 (th)
@福岡Utero
st/20:00
Ticket/\2,000+1d

Cast /
shiNmm (山口)
New oil deals
6 mab
ダム狂い(22:00〜)












20:13

looseness at 20:13|PermalinkComments(0)

2017年12月25日

12/25

湯冷め、夜更け過ぎに風邪へと変わるだろうから。
そう、カケブトン。
はだけたカケブトンをかけ直すことがサンタの一番のお仕事で。トイザらス並んでも手に入らないものは入らない。サンタ割きいてたのも10年前まで。今年はこんなプレゼントでごめんね。
靴下の横に丁寧に四つ折りされたバスタオルはこの子の思いやりで、悪天候のイブ。体から滴る冷たい雨をどうぞお拭き下さいと。
その優しささえあれば、どんな大人に育っても大丈夫と、サンタさん涙をひとふきなのでした。


******


予約受付中と、かかれたチラシには。
いちごのホールケーキ。暖色系のライトに照らされて。ケーキの魅力よりも家庭の暖かさが伝わるチラシ。
皮肉にもホームレスのお尻の下に敷かれ、座布団。座ったまま眠っているのか。死んでいるのか。
誰も気にもとめずに、年末になるほど街を歩く人々のスピードは少しだけ上がる。スーパーのお惣菜。特別メニューのチキンは持つとこだけおしゃれなアルミ。容器の底に脂を貯めながらも、けして2割引のシールを貼られることなく、気品を保っていた。
一年間頑張ってきたことの答えが出るクリスマス。
警固公園、イルミネーションで撮影会。
そんな写真を見つけたSNS。
一度だけライブハウスで共演した子のツイッター。彼女はたまに歌をうたう。
地方アイドルと言えるほど本格的な音楽活動はしてないけど。フリーモデルていうくくりらしくて。定期的に撮影会を行う。アマチュアカメラマンを集めて、テーマを決めて撮影会を。
その写真をたくさんSNSにあげる。
自分に自信ない発言のわりに、死ぬほど自撮りもあげる。それが幸せならば、よかろうよかろうけど。
こないだの写真。目にとまった。
先日の撮影会の集合写真ですと。20人くらいの団体の写真けど。前列にかわいらしいモデルの女の子が数人うつる中。後列、アマチュアカメラマン。おそらく40代くらいの男性たち。みんなお顔が真っ白に消されてて。ばりプライバシー保護。悪いことはしとらんけど。ばり保護。心霊写真か思った。すっかり消された顔。しかし一列目モデルはきめ顔。
少しだけ異様なその写真。
なんとなく思い出したのは、幼稚園の送迎バスのガラスから子供たちは街の人たちに手をふるけど。デイサービスの送迎車の後部座席のガラスはすりガラスで。ばり保護、プライバシーと。あの感じ。
恥ずかしいことではないのだけど、恥ずかしいと思う人が多すぎるこの国。



******


朝6時のニュースで見たのは。
クレーンゲーム詐欺で逮捕のニュース。
違和感を感じた。とれない設定でお金を騙しとった報じられてたけど。
あれっ元々とれないモンなんじゃないかと。勝手に思ってた。ゲーセンに就職した大学の先輩は、いかにとれそうな雰囲気でぬいぐるみを配置するかに命をかけてると話していた。
1play 100円。→↓
いや、もうちょい←↑
微調整のかいもなく、標的を掴んだ瞬間、急激に握力なくすクレーン。やい、クレーン。
丸くて薄っぺらいドラえもんの顔のお座布団。
劇的に欲しいけど、やはり掴んだ瞬間離されて、めんこみたいにひっくり返り。ドラえもんの後頭部。ただの水色の丸い座布団。ひっくり返ると途端に魅力をなくし、赤子のように起き上がれなくて。黙ってひっくり返ったまま。
とれないのが、当たり前。クレーンゲーム。
たまにうまいやつはいる。女の子が欲しいやつ、簡単にとるやつもいる。
でもそいつは普段からゲーセンに出入りして、他の女の子にもたくさんとってあげたからうまいんだと。とれないとわかってても、何枚も100円を落とすことが誠意だと。
はやく気づいてよのび太くんと。ドラえもんは今日もひっくり返ったままでいる。





*******

1ヵ月後。
ヒップホップでオルタナティブ。
個人的に理想的な面子。
見に来てね。


「MUSIC UNFAIR」
1/25 (th)
@福岡Utero
st/20:00
Ticket/2,000+1d

Cast /
shiNmm (山口)
New oil deals
6 mab
ダム狂い















21:16

looseness at 21:16|PermalinkComments(0)

2017年12月09日

12/9


女の子だけもらえるポケットティッシュに書いてある高時給の仕事のことは、僕は何一つ知らないけども。
男子トイレの個室の中、消されても消されても、更新される実名ありきの卑猥な落書きについてはよく知ってる。
かけたらきっとえらいことになるであろう携帯番号も知ってる。
男女は互いに相手の知らない秘密をいくつか持ってるほうがよい。いつまでも埋まらない距離があるからつめたくなる。
今朝の気温1℃。
国からサンタにダウン支給。
もうすぐ終わる平成。




******


この部屋に引っ越してきたときはまだポスターを貼る元気があったんだなと。はがしながら思うこと。
タワレコのオマケでポスターがついてくると、真っ先に捨てる。
あんなに邪魔なもんはないと。
9年くらいこの部屋に住んで、思い出すとペラペラけど。こうやってポスターをはがして、出てきた真っ白な壁を見つめながら思う、自身の変化に。
寂しさを埋めるものなのだろうか、ポスターとは。ただいい歳になると少し恥ずかしく。


いるもの、いらないもの段ボール。
センチメンタルな気持ちも分別分別で。
捨てるものが多いことはもしかしたら人生において良いことかもしれないと。



******



豆腐買いに来たスーパー。
たまたま通ったその通りで。
近所でお祭りやってた。子供たちが大騒ぎしてた。

「逆に、先生に遭遇するのもありかもね。」

と、最近の子は基本的に逆。
逆が正義。
逆の逆で、元に戻ることか一周してカッコいいと。
ややこしいから十代でいられる。
しかし、週末。
門限までの僅かな時間。気になるクラスメイトにばったり遭遇に命をかけてる姿はいつまでも変わらず。
スーパーボールすくい?
もう古い古いと。
流れるプールのような楕円形の水槽にはミニオンの小さい人形が流れており。彼らは皆、無表情で。
多忙なスケジュールをぬってお祭りに参加したわりに誰もすくわないことを不満に思っているように見えた。


小銭入れを拾った。
白クマさんの小銭入れ。
口のあたりが黒く汚れていた。
白は汚れが目立つから白クマも大変だなと、同情した。
頭の部分のがま口をパカリ開くと560円くらいで。
くじ一回分。小2くらいの女の子が半泣きで探してる姿が浮かんだ。
天使と悪魔、出るひまもなかった。
頼むから将来、ハイブランドの財布なんて持たずに、イルビゾンテとかの財布を長く使う女性になってくれよとか。
勝手に思った。



*******

お待ちしてます。


12/18(月)
福岡utero
19:30st
1800+1d

De Lorians(東京)
Ninjaman(大分)

密笑
ダム狂い













23:06

looseness at 23:06|PermalinkComments(0)

2017年12月07日

12/7

引っ越しが済んだら、キノコダッシュで最終電車に乗り込むことや。
割増のタクシーの後部座席で運転手のちょっとええ話を聞いて号泣することもなくなるのかと。
これはいいぜと思う反面、少し寂しくもある。
こないだも最終電車。
もう最終電車では、マナー違反もOKて謎ルールある。若者が座り、年配がつり革に。
「あと2パーだから。いつ切れるかわからんよ。もう切ろうかね。ねぇねぇねぇ。」と。

切りそうで切らないシリーズ。
ほぼ西野カナみたいな容姿の学生さんは。
さっきまで会っていた人物との会話に夢中で。さっきまで会っていたのに、まだ喋ることがあるのは幸せだなと思った。
2パーで、できること。
無限にあるな思った。




*******


都会のジョイフル、田舎のジョイフルよりも、どのメニューも100円くらい高い。
喫煙席の煙たさも8倍くらい。
横に広く建てると土地代がかかるから上に上に。結果的に四人席をほんの少しだけ離しただけで完成した即席の二人席に通されると。隣の人の会話が丸聞こえで、赤の他人と相席してるみたいな感じになる。居酒屋だと話しかけても良いみたいな雰囲気あるけど。
平日20時にこんなとこでしっかり飲酒してるのは僕らくらいなので真面目に。
四日後に迫ったライブで新曲をやるために枝豆とハイボール交互にいきながら、ど真面目に。バンドメンバーとラップを考えてた。

隣は恐らくOLさん二人組で。仕事や男の愚痴ばかり。味噌汁まっずと。文句ばかり言ってた。
ラップ3、OLさんの会話の盗み聞き7くらいの意識で、またハイボールのおかわりをピンポン。

「タイムハズカムとだいぶ舌噛むで韻踏めるよね。」

なんていうバカなことを話してる横で。

「てか整形したい。」

というシビアな話題がこぼれた。
冗談か本気かの微妙なラインのお言葉は、ガヤガヤしたまわりの喧騒にうまく隠れていた。

「えー、全然整形とかせんでよかやん。」

「鼻。鼻のこのへんの骨が前に出すぎてる。」


すかさず横目でチラ見したお鼻は。全くそんなことなく。むしろとても整ってるように見えたが、コンプレックスは人それぞれなのか。
それともそんなことないやーんを、言って欲しかっただけなのか。


「大丈夫よー。鼻は。
あ!でもいま目はね、2万からできるとこあるらしいよ!紹介しよか。」


と、今度は別にコンプレックスでなかった目に、ターゲットが変更されてて。
仲良しOL。
次のタバコに火をつけながら、二人は慰め合うと同時に、少しだけ攻撃もしながら女同士の友情を確かめ合う。あまがみあまがみたまに本がみ。

二軒目はどこに行くのか。足早に会計を済ませ、去るOL。
タイムハズカム。
野菜だけ綺麗に残された定食。
短時間で山盛りになった灰皿は無口だけど、彼女達の苦悩を饒舌に語ってる風にも見えた。
すごくすごく当たり前だけど、みんなみんな、自分勝手なことばかり話してる。
人の話を聞ける人が、世の中で一番えらい。





*******


こないだの大分ライブ。楽しかった。
全く知らない人に観ていただけることはとても嬉しい。
次はホームタウンで今年のライブおさめ。



12/18(月)
福岡utero
19:30st
1800+1d

De Lorians(東京)
Ninjaman(大分)

密笑
ダム狂い














21:32

looseness at 21:33|PermalinkComments(0)

2017年11月25日

11/25

ど冬。

お腹壊すの覚悟でパックの牛乳を飲み干してパッケージの上に印字された賞味期限の日付を見つめて。
よし、この日にまでにはしっかりしようだとか。中学生みたいな思考でいる。
新しい手帳を購入し、心まで総入れ替えして、毎日を始めようと。



街はイルミネーション。
コア前のキャッチの潔さ。
警固の裏道、結婚式の二次会の団体、みんな丸メガネ。
新天町のスピーカーの音質の良さ。
年の瀬に向けて街全体が少し早足になる感じ。
福岡て街のすみずみ、好き。もうどこにも行かなくていい。

イムズホールで佐久間一行の単独ライブを見て、がつがつボケに行かずに自然体で話すけどくそおもろいその感じ。40過ぎるとやはり大人の中の大人になれるのだろうと。
明るい未来に地雷はない。
大学生のとき、オチケンで一番面白くなかったヨネザワくんて友達のことを思い出した。面白くなかったけど、彼の作るネタが好きだった。ヨネザワの一番好きな芸人が佐久間一行で。小さなアパートでオンエアバトルのビデオ何度も見せられた。
今日会えるかな思ったけど、いなかった。元気ならまぁいいやと。そんな風に思った。




******



大分。
行ったことない街へいく喜び。
見に来てね。


the omelettes release party
& AT HALL 13th ANNIVERSARY!
ハイパーギャングトルーパー!

12/2(土)
@大分AT HALL
OPEN_16:30
START_17:00
Ticket \1500(1 drink order)
県外割引\500♡

Starring:
★BAND
・THE CORPES
・カーブミラーズ
・The Centalbars
・ダム狂い
・yound
・folk enough
・Chainsaw TV
・the omelettes

★DJ
・Anami(カラーフィールド)
・K_yota(ドイサイエンス)














23:04

looseness at 23:04|PermalinkComments(0)

2017年11月13日

11/13

最終回が無数に存在することがドラえもんのよいとこで。
人によって幸せはちがうと言うことを肯定されてるような気分になる。
押し入れでみた夢。どれも儚く。
閉じ込めてもどこでもドア。
コクヨデスクからつながる未来。





******



ソラニンとは、漫画で。
たぶん二十歳くらいのときに読んで感動したやつで。
わりとみんな知ってて。
それから友達の家、好きな人の家、田舎のネカフェ。どこの本棚にも空気くらい当たり前のようにあって背表紙と目が合う。てのがこの10年。
もう改めて読み返さなくていいかと。ほったらかしにしてたけど。最近新装版が発売されたので購入して読み返した。
10年前とまたちがう印象を受けた。
ときの流れと自分の変化に気づけた。去年から何も変われてなくてもどかしいとか思うけど。さすがに10年前とは変われていた。それでいいなと勝手に納得した。



泣く為にあるださい映画を借りて帰る夜のくだらなさも、許そう。

みたいなことを大阪の若いパンクバンドが歌ってらして。
びびびときた。
加齢とは成長とは、許せなかったことを許すことだと。怒り悲しみすべてに賞味期限があるからやっていける。
それでも泣く為にあるださい映画は恥ずかしいから。エロいやつを上に重ねてレジに持ってく。そのへんはいつまでも尖ってたい。






******

遺品整理で実家へ。
出てくるものは衣類衣類衣類と。たくさんのボールペン。なんかのおまけのメモ帳。
せまい部屋でばあちゃんは捨てられない病を患っていたのだなと思った。
日記帳は5冊くらい出てきた。僕が高校のとき使ってた英語のライティングのノート。最初の2ページしか使ってなかったから、その続きから書いてるものもあった。
小学生みたいな文字で、内容も小学生みたいで。サンポて言葉がやたら出てくる。内面的なことはあまり書かずに、その日あった出来事を客観的に書いてるだけの日記だったけど。
それはもともと自身の為に書いてるものだったけど。こうして亡くなってから誰かに読まれると、急に誰かに宛てた手紙に変わる。ありがとうて言葉が出てくるのは、ばあちゃんもそれをどこかでわかっていたのだろう。
毎日何か綴ることの大切さ。
何もない日こそばり愛しい。



******

12月はダム狂いで県外へ。
お越しやす。




12/2(土)
@大分ATHALL
時間未定

cast
the omelettes(福岡・大分)
カーブミラーズ(大分)
THE CORPSE (大分)
The centralbars(大分)
yound (福岡)
folk enough(福岡)
ダム狂い(清川)

DJ
あなみさん
きよたさん














17:02

looseness at 17:03|PermalinkComments(0)

2017年11月01日

11/1

駅。



ホームにて、電車を待つナースは血だらけで。本来止血をすべき立場のナースは血だらけで何かを祝う。
中学生たちは何かに憧れながら平日の門限とSNSの波に揉まれながら精一杯頬っぺたにキズを負う。それらはシンデレラより早めに0時前には魔法切れるし。ハロウィングッズ売り場で一番安いシールは大人の本気の仮装に比べると見劣るけど。いつも何かを越えてくる。

何かて何か。
簡単に言葉で表現できるくらい脆いけど。いちお何かに逃げておく。曖昧でいたいそれら。
実体はないけど、確実に輪郭はあるそれ。思春期の延長戦みたいな余生。
年相応。
セイホーホーけど。昔話しか自慢できない未来なんてゲー出るから。
やはり言い訳せずに楽しいことを精一杯したい。





******


料理番組のBGMは細かいリズムで、陽気にテンポよく。
まな板と刃物がぶつかる音に負けずに。
けど、鍋肌に触れた具材のジューはきちんと聴こえる音量で。
冷蔵庫で二時間寝かせて。
寝かせたのがこちらなんですけども。
ラップの内側の水滴。
タッパの中の銀河系。
美味しいものに勝る正義なんてない。
人を笑顔に炭水化物、
メシしか食うな。















1:01

looseness at 01:01|PermalinkComments(0)

2017年10月26日

10/26

毎年、ちょうどいい時期がない。
残暑がだらだらと続き、やっと涼しくなった思ったら急激に寒くて夜中に目覚める。薄っぺらいカーディガンはおる時期が、地球にない。小さい秋、見つける前に、秋はない。
秋、そばにいるよてaikoのアルバムタイトル、秀逸。
そばにいるのは許可をとってから。



病棟で月に2度ほど資格取得の為に講座をとってて。休みがそれでつぶれるし希望休もとれなくて過酷。スペースワールド行きたいけどうまく予定が立たず、ラッキーラビットにご挨拶できないまま閉園しそう。あの方の職業はスペースアドマイヤーというらしい。どんな職業かよくわからないが、あの容姿、前歯。もう麗しい域。趣味が流れ星と競争することと人を幸せにすることらしく。もう百点。誰に文句を言われようか。ディズニーという巨大すぎる組織と戦い、民事再生法が申請されたときも、笑顔を絶やさず。弱いとこは人に見せず。いち社会人を全うされた。最後まで笑顔でいたことを忘れない。人に心配してもらおうなんて、そんなことを考えるはずがない。だって人を幸せにすることが趣味なのだから。辛いときはひとり星を数え、もうすぐ自分がやっと星になれる。ひび割れたボロボロの前歯を火葬場から発見。笑いすぎて乾いた前歯は。色んな苦労を抱えてもろく、細かくひび割れていた。焼いてそれだけになったときに気づくもの。






閉園した園内。
係員が全員眠りついた頃。
上から下に降ろすレバーのタイプ。
誰かが押したスイッチで一斉にライトアップされて。オレンジ、赤、ピンクと暖色系中心の光に包まれる。と、同時に賑やかな電子音楽がテンション上がりすぎて少しキーを外して歌い始める。
何かを祝う深夜のスペースワールド。
その光を見れるのは、たまたま夢からさめた子供たちだけで。
ソフトクリーム製造機は無限にソフトクリームを垂れ流し。
いつもの倍のスピードでまわるコーヒーカップにエイリアンも大パニック。タイタンの一番上から小人たちがまいたのは、この日のために銀河の隅々から集めてきた星の屑で。それらは軽く、宙に舞い、ゆるいスピードで地上へ落ちる。照明に照らされてきらきらと光を放ち、風
に遊ばれてまた光り方を変えて忘れられない夜にする。下で両手を上げて待っているエイリアンはひとつでも多くそれを掴もうと、もみくちゃに。お祭りは一瞬。宇宙においての地球の誕生と同じくらい一瞬。
ゴー
トゥ

スペース。
帰ろう宇宙に。
懐かしい匂いと家族がいる宇宙へ。
ポケットの中でぶつかり合って音を立てる星屑は、もうすぐ会える家族への期待で高まる鼓動をかき消してくれる。子供たちの笑う顔がまぶたの裏にある。銀河鉄道、急行なくて各駅で、目的地まであと7光年。










********

もうすぐ引っ越す。
特に何も思わないけど、最寄りゲオが変わることが何となく楽しみ。














3:16

looseness at 03:16|PermalinkComments(0)

2017年10月23日

10/23

コピバン大会終えた。
学生ぶりにコピー。
とても楽しめた。見てくれた方々、とてもありがとうございます

普段自分の音楽をされてる方々が多い出演だったが、告知から何から妙に気合いが入ってたのはきっとみなさん、失った鉛色の青春を取り戻そうと必死だったのだろうと思う。友達がいた人、いなかった人、さまざまけど。どちらにせよ、あのとき胸を打った音楽は特別すぎて血や肉になりすぎていて。もう越えられないあの気持ちを、取り戻そうと必死だった気がする。LUNA SEA聴いたとき、自分も中学生のとき友達の見学で初めて入ったスタジオの質感とか。ほこりくささ。床じゅうに散らばってるドラムのスティックのカス。それがくつ下の裏に突き刺さる感触。心地よい痛み。何もかも刺激的なあの感じ。リアルに思い出してガチあがった。宝物すぎて泣きそうだった。大人になれてよかった。



6年ぶりにライブを見に来てくれた大学の同級生。昔はよく来てくれた。だんだん来なくなった。
耳キンするほどうるさかったと感想頂いた。
久しぶりすぎて、話す話題もさぐりさぐりでモゾモゾした。
餃子食べにいこうと誘ったら、餃子は嫌いと言われた。餃子が嫌いなのか、僕のことが嫌いなのか、よくわからなかった。餃子みたいに羽根があれば、すぐに天に旅立ってしまいたかった。
しかし音楽は続く。




********


紙パックの牛乳のあけぐち。
の部分をうまく破るのに失敗し、反対側の賞味期限てかいてるほうを無理矢理乱暴に破って。
いざコップに注ぐとき、思いもよらぬ方向から、あっちこっちからピューっと。


おっととっと。
それはまるで便器の前に立つ思春期男子みたいに。朝からおっととっと。
こんなに大きな便器にすらうまく的をしぼれないなんて。長めのスパンでとった思春期と健康な体に笑いがとまらない。




誰や、ほんま。
こんな乱暴にあけて。そんなに喉がかわいとったか。欲望剥き出しにして、嫌らしい。砂漠でもないせまい部屋で。こんなにビリビリにして。
誰やほんま。
俺や。
俺ひとり暮らしや。
俺や。


実家にいるときは犯人はだいたい父で。
しかしもう。
誰かのせいにすることもできん。
やはりそう。男の人は歳をとるほどに不器用だと、最近よく思います。
そしてどんどん父に似てきてる。声から何から下手すりゃ生き方も。それで正解かもと。きっと幸せに。














12:28

looseness at 12:28|PermalinkComments(0)

2017年10月17日

10/17

図書館の椅子に忘れられたカーディガンは原色で。静かにその存在感を主張していた。
図書館にいるカップルはきっと仲が良い。声を出さずとも、相槌や目線や息遣いだけで相手の気持ちがわかるのだから。
ちょっとタバコに。ちょっとトイレに。
いってらっしゃい。


ヘビースモーカーで尚且つ、ど頻尿。
休憩の多い男と、肌身離さず持ち歩く携帯電話に。
相手の気持ちがわかっても、疑うことを続けることも、もちろん彼女の仕事で。
残されたカーディガンは原色で。椅子の色には馴染まず饒舌。



シャーペンの芯の擦り減る音と。喉に痰のつまったおっさんの咳ばらいだけ。図書館ではお静かに。
喋らなくても歌えるよ、と。
熊も歌ってたことですし。熊怒らすと恐すぎるので、冷凍のシャケ持って謝罪に行く。



課題が永久に終わらない。




バッグを買ったがよく見りゃレディースだし、ヒモ短すぎて肩からかけれず。レシートも貰ってこず。どうしよこれと、玄関に座り込み悩む。バカ殿見るのも忘れてた。何を焦っているのだろうと反省する。
荷物というと、なんだかマイナスなイメージけど。歳を重ねるほどに背負うもの持つものも当たり前のように増えるなぁと。でもこのおかまバックじゃあと。胸もポケットもいっぱいになる。
勝手に秋だけ深まる。




課題が永久に終わらない。
シャケ持って見にきて。





UTEROコピバンNIGHT!!
10/21(Sat)@UTERO

OPEN/START
18:00/18:30
ADV/DOOR
1,500/2,000 (ドリンク別)

CAST
NYAPOOS(戸川純)
LUNA SEAリ(LUNA SEA)
Y-miz(松任谷由実)
極L’Arc〜en〜Ciel(L’Arc〜en〜Ciel)
hona and mey(JUDY AND MARY)













22:51

looseness at 22:51|PermalinkComments(0)

2017年10月09日

10/9

夢だけど、夢じゃなかった。
だからよかった。


純粋な子供の頃ですらトトロに出会えず、どんぐりだけポケットにたらふくつめて帰宅してまわした洗濯機のフタをあけた母親にしかられる。
そんな子供はもちろん大人になってからもトトロに出会えるわけもなく。仕事と趣味、守りたい僅かなものと引き換えに、多めに汚れて心も小さくなって。
けど、そんな皆経験するような当たり前のことをいちいち嘆く隙すら与えてもらえず。ただ重ねる年だけは。成長の実感だとかほったらかして。


夢みることだけ自由。
いやもうばり自由。あきれるほどに。
将来できることの可能性がしぼんできたとか関係はなく、やはり自由。
人前で口にするのはだんだん恥ずかしくなるけど。強気で自由。
夢をみる。そこだけ妙に古くならない。具体的なものでなくても。単に幸せになりたいなぁとかそんなものでも。
みんなが捨ててしまった夢がアスファルト一面、無造作に転がっている。
が、それらを踏み潰しながら歩くてよりは、ひとつだけ拾い上げてまた追いかける。そんな気もする。だから叶わなかった夢もひとつも無駄がなく。
安室奈美恵、かっこいい引退。
夢なんて見るもんじゃない、叶えるものだと歌の中で彼女は言うが。
わたしは、むしろ逆で、叶えるていうよりも、どんな状況でも見続けることなのかなと最近よく思う。



******


ロキソニン、フリスクがわりに口の中に投げる。ピアスを体にあけすぎている。
コロラドの殺人犯にマシンガンを乱射されて体が蜂の巣になったよう。至る場所にあいた穴に酔って。何かあればロキソニン。もう飲みすぎて効果も期待できないほどに、幼なじみのように薬と付き合う。
君の名は。
君の名は。誰かに呼ばれることをずっと待っておる。
クルー募集?ファックだと。
人の笑顔が鼻につく。トレイのチラシはすぐ捨てる。
親も友達もガッコーもすべてファックでおおいに結構。好きなものだけ好きでいればよい。シンプル。







歯茎を出してイーーッであります。

同窓会の集合写真。いかにも楽しそうな表情だけど、どこか虚しい。だって君はけしてクラスで目立つほうじゃなかったし、どちらかと言うと地味だったし。いや、どちらかって天秤にかけるまでもなく地味だったし。念願の大学デビューがプチ成功して、今は沢山の友達に囲まれ、透明クリアファイルに最低限の教科書を入れて、喫煙所Bで旅行と男女間の交流だけが目的のサークルの仲間と集まって、通りすがる真夏でも長袖のシャツを着た友達が少なそうな学生さんを笑ってみて。
それは君の中ではまあ成功なほうで。新たに始まった人生をお祝いしなくちゃ。今度お盆に地元で高校の同窓会があるからと。昔の友達に変わった自分をアピールしたくて、髪の毛ももう一段階明るい色に染め直して。金属アレルギーの肌にムチをうってネックレスをつけて。参加したはいいものの。いいものの。もののあはれ。
君が思っていた以上に、クラスの中で目立つやつらは急速なスピードで人生をかけ上がり。君の倍くらい、色んなことを経験済みで。君の憧れた女の子もそんなやつらの話を聞いて笑っている。あまり得意ではないお酒を無理して飲んで、真っ赤になった頬っぺたは、授業中にこっそり見ていた横顔と同じものだけど。今はどこか下品に見えて。
結局一言も喋れない自分は、あの頃と全く変わってなくて。環境が変わっても、自分は何一つ変わってないことを痛感する為の費用が男性4000円。教室の中で最初につけられた順位は死ぬまで変わらないのだなと。喋らないからお酒だけはよく進み、テーブルの上の枝豆の殻入れは山盛りで。今日自分が喋れなかった言葉が積み上げられているようだった。

最後に記念撮影ですと。あわてて用意した笑顔だけは百点。旅サークルの皆に見せなくちゃだし。昔の友達と再会を喜んだってことにしとかなきゃ。歯茎を出してイーーッであります。今はつじつまあわせに忙しい。













22:07

looseness at 22:07|PermalinkComments(0)

2017年10月07日

10/7

なんやかんやせっぱつまってきて職場にベース1本置いときたいくらい。バレたら最悪けど。ぜんぜん入ってこない。コピーは難しい。


ちょうどこの時期、秋深まる頃。
大学生のときも学祭前で2週間くらいで10曲おぼえんばなときは、もう妥協に妥協を重ねて。けっきょく頑張ったわりに上手くはならなかったなと。
でもわしゃわしゃしてて楽しかったと。アンペグの上に黒霧の紙パックのっけて。ロックミュージックなめたくそみたいな大学生やったけど。
学生として、楽しんでいた。
あの頃とまた環境も立場も違うけど、妙に懐かしさが体を駆ける。
忙しいのはみんな一緒。時間を作ってみんなもがいてる。
何もない休日に憧れるけど。それが続くと不安になる。たいへんだ。自分の心。



******

卒業してから何度か学祭行ったが。当たり前のように楽しめない。知り合いもいないし。転がった青春を石ころみたいに蹴っ飛ばし。冷えたフランクフルトに噛みつく。
しかし今年、母校に野性爆弾がくる。
母校に、野性爆弾がくる。
かりそめ。
そう、かりそめ。
目にうつるもの、それはかりそめ。
仮のすがた。本物は隠れる、時代の隙間。誰かの胸ポケット。
器用に隠れて、誰かが見つけるのを待っている。



この、ふとどき者。

届きそうで届かない。背中の傷を掻きむしるみたいに。
痒いとこに手が届いたら。満足。さがしよると。イイネ!って思えるもの。
もうオムツ交換にいく時間。
待ってますライブハウスで!




UTEROコピバンNIGHT!!
10/21(Sat)@UTERO

OPEN/START
18:00/18:30
ADV/DOOR
1,500/2,000 (ドリンク別)

CAST
NYAPOOS(戸川純)
LUNA SEAリ(LUNA SEA)
Y-miz(松任谷由実)
極L’Arc〜en〜Ciel(L’Arc〜en〜Ciel)
hona and mey(JUDY AND MARY)













23:52

looseness at 23:52|PermalinkComments(0)