2005年06月

2005年06月28日

落研入りてー

ゼミの友達、ヨネザワ。


落研所属。やられキャラ。落研にしてはあまり面白いことは言わない。でもいいヤツ。


そんなヨネザワが集団コントに出るらしいから今日初めて落研の寄席を見てきた。

わくわくしながらヨネザワの登場を待つ。


出たー。出やがった。つかみでいきなりスベるヨネザワ。見てるこっちがハラハラする。がんばれ


でもヨネザワは堂々とやりきった。すごい一生懸命が伝わってきた。ゼミでみる頼りないヨネザワじゃなかった。単純にかっこよかったのだ。女だったら惚れてたわ。




笑いは厳しい。ウケるかスベるかだ。わりと勝ち負けがはっきりしててある種スポーツみたいなとこがある。

誰かが言ってた。舞台でどれだけ斬新なネタをしてもウケなきゃ意味がない。逆にどれだけベタなネタでもウケたヤツは楽屋に帰ってきたときの顔がちがう。


でも今日僕は思った。たとえスベってもヨネザワはやりきった。それで僕は十分感動した。


いつだって見る側の人間はやっている側をすぐ馬鹿にする。外野はいつもブーブー言うのだ。


あいつら全然おもんないよ。

とか。

言うのはホントに簡単だ。けどやっている側は見てる側の思っている以上の努力をしてる。何倍もの。見てるヤツはなかなかそこが見えてない。


つまりやってる側ってのは大抵見てる側よりすごいわけ。見てるだけのヤツなんて言うだけで実際何もできやしない。


やっぱり簡単に人の批判なんかできねーわけ。一番痛いのば偉そうにしてる自分だよ。



looseness at 23:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

1ミリでもちょっかいかけたら殺す

梅雨に入ったってゆーのにさっぱり雨なんか降らない。毎日暑い日ばっか。

それがストリートライブをやる今日に限って降りだすんだな。ライブしたかったわー。バッキャロー。カミナリ様。高木ブー。



夕方ごろ部室に行くとちょっと困ったことが。部室前の校舎の天井にスズメの子供が入り込んで出られなくなっている。心配そうにあたりを飛び回るお母さんスズメ。


みんなで協力して救出にあたる。なんて素敵なサークルなんでしょう。こーゆーことでちゃんと一生懸命になれるヤツは大好きだ。


無事に救出。鳥目であたりがよく見えないらしくうまく飛べない。目がよくなるまでいったん保護しようとつかまえる。しかし恐がってすぐ僕の手から逃げ出す。僕の手はスズメから見たら大きな悪魔の手だったんだろう。


大丈夫よ


そんな言葉をかけても通じない。言葉はスズメには使えない。言葉なんてそんなもんか。

本当に学ばなきゃいけないのは中国語でもフランス語でもなくまず鳥語だわ。人間以外とも対話しなきゃ。
僕らはいつも一方的すぎる



looseness at 22:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

全治2秒

今日は交通事故にあいました。


よそ見しながらチャリンコをこいでたらとつぜん駐車場からおっさんの運転する車(時速2キロ)が出てきました。

あわててブレーキをにぎりしめたけど前輪を車のヘッドライトにカツン!


めちゃくちゃ謝りました。おっさんもめちゃくちゃ謝ってくれました。


一見落着です。



looseness at 02:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年06月27日

カモン、和田アキラ

練習の空き時間を利用して公園へ行く。芝生が広がるでっかい公園。



岩の上にねっころがる。きもちーわー。目の前に広がるのは空だけ。いいねー。最高に曇ってるけど。



ちょいと離れたところでは男の子と女の子がキャッチボールをしている。この男、相手は女の子なのに速球派。伊良部くらいはえー。女の子がそらしたボールがてんてんと転がってくる。あわてて飛び起きて投げ返してやる。



「すいませーん!ありがとうございます!」



あぁ、なんかいーわー。こーゆー日常のヒトコマ。ほのぼのだわ。ほのぼの。



looseness at 01:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年06月26日

コンジョーコンジョーロボコンジョー

あのウォークマンを買って以来どこへ行くときも持ち歩いてる。かわいいポーチに入れて。


キャンパスの中で音楽聴きながらスタスタ歩く自分は我ながら暗いなーと思いつつも変な優越感に浸れる。


もうあいつはマブダチですわ。


やっぱ暗いわー



looseness at 00:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年06月25日

蒸し暑い待合室

なんだかんだで一番素敵な顔は笑顔だわ。



いつも笑顔で挨拶してくれる人。それだけでホント救われますわ。




高校のときいつも笑ってる人がいた。いつも。雨にも負けず風にも負けず、いつも笑顔。つらいこと、悲しいこと、何があっても笑顔。すごいよ。きっと笑ってなんかいられない日もあったはず。あの人が身を削って笑うぶんまわりは幸せになれる。



これからも幸せをふりまいておくれ。



looseness at 00:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年06月24日

無気力果てしなく

なんか落ち込んでるわぁ。イヤやわぁ。こんな日は日記なんか書きたくないわぁ。


何も考えたくないわぁ。エアコンガンガンつけて布団かぶって電気消してちっちゃい音で音楽かけてごっつええ感じのビデオ見てゴージャスな気分にひたりながら就寝したいわぁ。



こーゆーときは自分を含め人の嫌なところばっかり見えてくる。どんどんイライラしてくる。いかんいかん。やっぱ早く寝たがいいわ。

looseness at 01:17|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2005年06月21日

ヒトコト

女が最低と思う事をやりとげるヤツは男からしたらカッコよかったりする。



looseness at 16:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

何期生じゃおら〜

1113148673397.jpg詞を書いてると体がほてってくる。何でかな?


集中力がきれたからスティックマイヤーに電話をかけてみる。


無駄に長電話になる。


また体がほてってくる。何でかな?


こんな日はもう寝る

looseness at 02:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

考えも甘い

おかんはちょくちょく僕に電話をかけてくる。


今友達と一緒におると言えば気をきかしてまた後でかけ直すと言う。


ちゃんと毎日メシ食ってるかなんて聞いてくる。普通に食ってる。ガキじゃないんだから。


ガキじゃないんだから


でもおかんからしたらいくつになってもガキなんだろーな。自分が親になってみなきゃ親の気持ちなんてわからんけどきっとすごい心配してんだろう。




中学、高校時代は手のつけられないくらいのヤンキー少年でよく警察にお世話になった。

わけではなくそんなヤンキーにびびりながら生活するおとなしくてパッとしない少年だった。だからおかんにどうしようもないくらい心配をかけたわけではない。

けど今思い返せばやっぱりおかんは心配してたと思う。なんていうかひねくれてたわ。考え方とか。ビビリだから何もできないくせに。



おかんにはいつか恩返しせないかんわ。



そーいえば今日何年かぶりにネクターを飲んだ。桃のジュース。小さい頃よく飲んでた。今改めて飲むとすげー甘い。飲んだら飲んだ分だけ喉がかわく。よくこんなもん好き好んで飲んでたな。


そんな事考えながら気づけばしっかり飲みほしてた。

まだまだガキですな



looseness at 00:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)