2006年02月

2006年02月28日

誰よりも真面目

d873aabc.jpg←これが欲しい。どこに売ってんのかな。これだけで三日くらい遊べる。シャーーって。





久しぶりに音楽の話をした。あのバンドがやべーこのバンドがやべーって。楽しいの。こーゆー話。その光景はメイド喫茶で〇〇ちゃんが萌えとか話す人たちと一緒。第三者が見たらきもいのよ。けど人それぞれきもいじゃないか。私はむしろ逆できもい部分が全然ない人間のがきもいのです。人をバカにする前に自分のきもいとこを探して欲しいですね。普通てつまらん。






新しいことを始めるときは勇気がいるし絶対不安もある。けどそれ以上に期待とかあるからやるんだな。きっと。ロストをみた翌日、何か変わる気がした一日。






ξ萌えな一曲ξ
非常事態/THERE IS A LIGHT THAT NEVER GOES OUT


さがしてさがしてさがして、やっと手に入れたCD。CDセットして再生ボタン押したらホントに非常事態に陥ります。やばすぎ。やばカッコイイ。何、この危機感は?どんどん追い詰められてくる。綺麗なギターがアルペジオで緊張感を高めて。言葉にならないくらい叫び狂うボーカル。宇宙船のことを歌ってるんやけどホントにこの曲の中に宇宙を見いだせる。大げさじゃないよ。

looseness at 01:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ロスト2デイズ二日目

0877b398.jpgライブみるのって疲れません?

だって四時間くらいずっと立ちっぱなんだよ。しかも暑いし。だから僕はセットチェンジのときしゃがみこむ。きつかったらあんまり気持ち良くなれねーしね。


でも昨日は会場がマンパンで。ドラムサンってあんなに人入るんだってくらい入ってて。まったく身動きとれない。ドリンクもとり行けないし、しゃがみこむことすら出来なかった。きっついきっつい。




チケットにでっかく書いてた。


「LOST IN TIME vs No Regret Life」


なるほど。今日はこの二つのバンドの対決ってわけか。


「先攻!No Regret Life!」


ボーカルさんが言ってギャーンと演奏が始まる。初めて聴いた。客の雰囲気からして英語のメロコアかなーとか思ってたけど予想と違った。日本語の熱いロックって感じ。男臭さがあった。盛り上がってた。


で、後攻がお目当てのロスト。


SEなしで普通に登場。演奏はじまる。


もうね、圧勝でした。No Regret Life好きな人には申し訳ないけどコールド勝ちでした。二回コールド。打者一巡でした。ライト線にきれいに流しました。いや、No Regret Lifeもすごいバンドですよ。でも僕の中では圧勝でした。ごめんなさいNo Regret Life。すいませんNo Regret Life。てかNo Regret Lifeってポチポチ打つの疲れるわ。



メガネを外した海北くん。前日のアコースティックサウンドとはうってかわって激しいバンドサウンド。めちゃめちゃかっけー。なるほど、あれがスイッチか。あんだけ動いて歌ってきっちり弾いて。てかベースボーカルなのにほんとスキのないラインを弾くんですよ。そしてその音はまさに僕が部室でアンプいじって出そうとしてた理想の音そのもの。まじ憧れっス。まじ泣けるっス。泣けてきたっス。


歌とかMCとかガツーン響いた。特にMC。なんか今欲しい言葉だったな。ほんときたな。助かった。ここ最近のもやもやが薄れていった。ほんと今このタイミングで見れてよかった。天神はライブハウス多くてお隣にはラフィンノーズが来てて。隣の隣にはハウンドドッグ来てたけど今日ここに来てよかった。大正解だった。いっぱいありがとうって言いたかった。何か変わる気した。


「また来ますから。今度は待たせないから。」


なんかライブを見にきたってより大切な友達に逢いにきたって感じだったな。





ギラギラする街を通って帰ったとさ







Э長くなった一曲Э
誰かはいらない/LOST IN TIME


この曲で歌ってることは銀杏ボーイズに通ずる気する。僕と君。この狭い世界でしか生きられない。そこが幸せになったら素敵。

looseness at 00:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年02月26日

芸術に触れる

26332f54.jpgレコードプレーヤーが欲しいけど置き場所に困りそうだ。しかもレコードとか買い出したらあれゴツいからこれまた置き場所に困りそうだ。僕に土地をください。

ツタヤで立ち読みした銀色夏生さんの詩集がよかったなー。写真が綺麗で印象的だった。詩で思い出したけど元INUの町田康さんの書く詩はホント素晴らしい。「うどんの中の世界」はまじ絶品。目のつけどころがすげー。



さて、今から読書始めます。






£一目惚れな一曲£
the reason why we sing/season

初めてあったときから好きでした。

まさしくそんな感じでメロディに惚れました。すごい。よくこんなメロディが出てくんな。ドラムの音も好き。軽やかでサッパリしてる。朝飯で出されてもペロっと食える。やっぱ東京モンはオシャレな音出しよるわ。ナウいナウい。


だいたいメロディアスな曲ってのはメロディが先行してたりして第一印象はいいけど飽きるのがはやい。何回も聴けない。で、最初聴いたとき印象薄かった曲が後から味を出してその素晴らしさに気づき一生聴いていける一枚になったりする。いやー、なんか人間関係みたいやん。

あ、でもこのバンドは飽きないっすよ。

パソコンから試聴できまっせ。聴きやすいし、わりとオススメ。

http://seasonweb.m78.com/

looseness at 03:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ロスト2デイズ

b66156ae.jpg天神タワレコにてロストインタイムのインストアライブ。あの端っこの狭いスペースでライブするやつ。開始一時間前でもう列が出来ていた。今まで見たタワレコライブとは比べものにならないくらい人多い。けどなんとか五列目くらいにすべりこむ。


メンバー登場。榎本さんはオシャレだった。大岡さんはスカジャン着ててワルそうだった。海北くんはクロセそっくりだった。


先に感想を言うと今日のライブ、ここ最近見たライブの中でぶっちぎりで一位だった。もうなんて言うか何もかもが違いすぎた。エライもん見た。もうこの感動、表現しよーがねー。



一曲目、完成度高すぎるイントロから海北くんの歌、「渇き出した〜♪」のかぁー♪からもう衝撃。なんやこれはと。歌うますぎるわと。強弱のつけ方が最高にうまくてグァーって盛り上がるとこは鳥肌もの。そしてこの人の歌はホント人に届くのです。胸の中にこそっと入ってくる。これやば。


「ライン」を歌う前にこの曲についての思いを喋っていた。素晴らしかった。僕も何かしなきゃって気になった。


今日は人多かったから会場が熱くてね。僕の前にいた女の子が急にパタっと倒れてしまった。隣にいたお母さんらしき人に抱えられ女の子が運ばれていった。会場がちょっとザワつく。


「ごめんな、長い間立たせて。後ろで休んでてください。ちゃんと聞こえるように歌うから。」


何げないこの言葉。心からのやさしさがつまってて、ちっとも嘘がなくて何とも言えない気持ちになった。偉大すぎた。


最後の「羽化」でウルウルしてくる。やべー、泣きそうやんとか思ってたら自然と泣いていた。唇のぷるぷるがとまんない。次から次へと流れた。一言一言すげー救われたんだ。ホントに。出会えて良かった。あんなに心から拍手したことはない。気づけばタワレコのフロアの半分くらいはライブを見る人で埋まっていた。



ライブ終わってからタワレコの店員さんが言うんだ。「本日ロストインタイムのCDお買い上げの方全員にステッカープレゼントします。メンバーから手渡しです!」

なんとも商売上手な人だ。けど僕は曲を聴きにきただけだ。別にステッカーとかいらんしメンバーと握手しにきたんじゃない。そんなのミーハーのやりたがることさ。



うん



CD買いました。






◎涙の一曲◎
羽化/LOST IN TIME


明日もドラムサンでライブ。楽しみすぎる。

looseness at 00:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年02月23日

至って普通のバームクーヘン

練習、練習。せーので音を出したらすごい気持ち良かった。あー、バンドっていいって改めて思えた。一人で部屋で弾いてるときとはまったく別世界になった。


塾の時間まで一人部室に居残りしてアンプをいじりまくる。しかしちっとも好みの音はでない。ほど遠い。ずいぶん遠い。もう一本欲しいのです。

一人でニキニキニキニキ悩む。そういえば部室には幽霊が出るってことを思い出す。アンプの中から声が聞こえてきたり変なおっさんがソファーに座ってたり数々の心霊現象がおきてる。気づけばあたりもだいぶ暗い。恐いから帰る。



塾いって一日終わり



寝てないから今から寝ます。今から寝たら生活リズムがすごくいい感じに戻りそうな予感。しかしあったかい布団ていいな。人間でよかった。あったかい布団で眠るんだろなー。羨ましいだろ、熊さん。幸せなのです。

ψおやすみな一曲ψ
sloughy/AS MEIAS


イントロで眠りにつく

looseness at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ベタな引き出物

763adbc9.jpgキャシャいのでちょっとムキムキな体に憧れる。海外のバンドの人はガッシリした体の人が多い。レッチリとかもみんなゴツいし。脱いでベースを弾くフリーはカッコエエ。



ああなるために筋トレを始めた。


昔なんかのテレビでボディービルダーの人が言ってた。自分の理想の体を想像しながら筋トレするとほんとにその通りに筋肉がついてくるって。



だから僕はなかやまきんにくんの裸を想像しながらエッチラホッチラやるわけ。




三日坊主の予感。








♂ムキムキな一曲♂
君がロック/ミネタカズノブ


映画のサントラより。みうらじゅんのかく詞はホント素晴らしい。あー、またビデオ借りたくなった。何回目や。

looseness at 06:40|PermalinkComments(1)TrackBack(3)

2006年02月22日

バーム・ク・ヘーン

97a38f29.jpgあれ?あの子ひょっとして俺に気があるんじゃね?





そう思ってるだけでちょっとウキウキできるんなら僕はいっぱい勘違いをするよ。

勘違いしてる人は痛い人じゃない。いっぱい幸せをもってる人だ。これからもおおいに勘違いしていこうと思う。





▽ウキウキな一曲▽
はじまり/LOST IN TIME


サビで弾いてるギターがバカみたいに綺麗でね。詩人っぽく言うと朝露に濡れてキラキラ光ってる感じ。いい曲です。

looseness at 06:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

僕と君とバームクーヘン

8b61ec67.jpgJAPAN









ジャペーン








郷ひろみが家に来たとさ






≦一途な一曲≧
北風と太陽/LOST IN TIME


∽∽∽∽∽∽∽


人はどうして
こんなふうに
後になるほど
思うのでしょう



もっと正直に
話せたらなあ

もっと素直に
笑えたらなあ

人はどうして
こんなにも
歯痒いほど
不器用でしょう


∽∽∽∽∽∽∽



やばい。どっぷりきてる。もう今週はロストインタイムしか聴かない。なんかこのバンドは俺のために結成されたそんな勘違いすら起こす。なんて鋭い直球を投げるんだ。直球の素晴らしさがわかるかい?回り道してカッコつけない勇気。言葉がグァーくる。ドンピシャやん、これー。好きだなー。付き合いたいなー。抱かれたいなー。掘られたいなー。嫉妬したいなー。そのやさしさを独り占めしたいなー。とにかく早く生でみたい!
いっぱい色んなバンド聴くけどめっちゃ好きレベルは結構一握りかも。

looseness at 05:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年02月21日

音ちょうだい

3603b1d3.jpg突然あらわれた久留米市民と名乗る男とセッション。


松下敦みたいなゴツいドラミング。うまかった。



「ベース、大体いつもそんな刻みなんですか?」




おーっとかるーくバカにされてるぞー。スラップとかできねーぞー。練習すらしねーぞー。




ジャーン


ジャジャーン


タカタン




市民が帰ったあとは後輩とセッション。気持ち悪いコード進行とすべて不協和音のアルペジオで独自の世界を作り上げるあいつのギター。



なかなか偉人が多い。







⇔偉人な一曲⇔
列車/LOST IN TIME


ライブに向けて最近毎日聴いてる。めっさ好き。2ndからも何曲かやって欲しい。

looseness at 00:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年02月20日

色黒、服部

b765498e.jpgごめんとかありがとうとか好きとかは生きていく上で大事な言葉でね。みんな使う。けど大事だからこそ言葉の安売りはよくない。無駄づかいした分いざってときの効力が弱くなる。

それでもいっぱいこの言葉を使うのはやっぱり人に嫌われるのが恐いから。なんとかしがみつこうと必死なんだな。一人はなかなか恐いよ。


今日一人でも明日誰かに会ったり、喋ったり、懐かしい人とか場所に再会したり、昔みた映画をまた借りたり、まだ出会ってない誰かとつながるために生きる。さかい。





#空腹な一曲#
ココロノウタ/LOST IN TIME

笑いながら泣けるウタ

looseness at 00:44|PermalinkComments(1)TrackBack(0)