2007年07月

2007年07月31日

動かぬ証拠

f214cbc9.jpg元気がでない。顔が濡れて元気でない。あくびがとまらない。テストもできない。あーあー何もかんも中途半端にして。



全速力で過去になっていく夕焼けをひきとめることもできず黙ってみてみる。



電車の中で吊り革につかまって。憂欝そうなポーズをとって窓ガラスに写る自分をみていた。夜になって黒くなった窓ガラスは鏡みたいにはっきり自分が写る。そうだ。窓の中がドラマみたいだ。ウォークマンから切ない曲が流れてきたらそれを勝手にエンディング曲にしたらいい。険しい顔で座るあの人たちはエキストラにぴったりだ。自分だけ別世界。いつまでたっても主役のつもりだ。ところがちょっと数メートル別のアングルからのカメラではピシャリ脇役になって。ストン。



小冊子をつくることになったのに文章がなかなか浮かばない。日記ならさらさらかけるのに。なんかかしこまるな。その前にレポートもあるな。元気でないぜ。くそぅ。ライブ遊びきてください。



(・ω・`)

残念ながらこんな顔文字使っても(・ω・`)ほどかわいらしい目も口もしていない。かわいくなりたい。










£ときには一曲£
あたしのお歌/ミドリ

ちょっと前の金曜。帰り道。夜のツタヤの前を通り過ぎるときこれを聴きながら涙した。とてもはっきり日本語が届いて感動した。後藤まりこの歌う姿がミネタとかぶってみえてしょうがない。大舞台で脱いじゃえばいいのに。


looseness at 02:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年07月30日

夏の箇条書き

石炭@ラグジー






世の中いろんな人がいるなって、また思い知らされた一日だった。ホント色々。なんでも知った気になっちゃいかん。



ラグジーはうちあげのとき出てくる料理がうまい。たらふくうまい。ホテルの朝食みたいなトロトロ卵。あの味が忘れられず今日家で作ってみた。完全再現できた。調子にのって卵6個分くらい食った。



夏ですね。短い命ですね。香水を買った。次から次へとビンをクンクンして。犬みたいにクンクンして。クンクンしすぎて鼻いかれてどれがどの匂いかわかんなくなってやっと今年の夏の匂いを決めた。無理矢理夏に匂いをつけた。最後の夏休みやから。大事に匂いをつけた。


27時間テレビを23時間目くらいから気づいてみだして。今テレビつけた人は何のこっちゃわからないでしょうねって。そんな言い方されるくらいならもう見ないよ。



部屋の鏡が急に倒れてきて足を直撃した。何の前触れもなく急に。人と人との別れみたいに。一方的に倒れてきて後はほったらかし。足が痛む。うずくまる。




今日書くことはそのくらい。また明日。









〓蹴っ飛ばされて一曲〓
壁/lostage

ロストエイジばっかり。今日。


looseness at 02:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年07月27日

人は皆せちがらい

かっこいい父親になりたい。




息子はまだ今の僕を知らない。21歳の夏。まだ僕の背中をみてない。猫背をみてない。だから今日情けない一日を過ごしてもいくらでも嘘をつける。父さんの若い頃ときたら背筋もぴしゃっとのばしてイケイケだったよっていくらでも嘘をつける。息子の知らない世界に関しては簡単に嘘をつける。



しかし息子が生まれてその目で僕を見出したら嘘をつくのは難しくなる。父さん猫背だね。なんかパッとしないね。そっからいいわけするのはなかなかきつい。今のうちに少しでもシャッキっとできたらな。



題名のない音楽会が日曜の朝にあるなら。僕らは題名のない憂欝を月から土まですごす。題名をつけられない。原因もわからない。こんなんばっかだ。まず背筋をのばさなくては。背中にものさしを入れて。そのものさしで世の中のことを少しずつ。




イトコがパパになった。いつの間にか人生はどんどん進む。











α若さと葛藤は一曲α
ひびき/Mr.Children

甘酸っぱくてキュンキュンでこの感じは一昔流行ったどのバンドより青春パンクだ。パンクではないけど。青春とパンクは結びつかない単語かもしれんが。うまい言葉はみつからんな。とにかく素晴らしい。PVめっちゃベタだけど。なんていうかベタとか斬新とかどっちでもよくてとても感動する。

http://www.youtube.com/watch?v=NVCHbn2HEzk



looseness at 02:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年07月26日

悩み音

95cd09cc.jpgまた夕日が綺麗だった。一人ふわふわ過ごした。深爪のせいでなかなかあかないココアの缶を握ってひんやり過ごした。ぐぁっと力を入れたら爪がはげるんじゃないかとか。どうしたらもっとほくほく生きられるかとか色んなことを考えていた。季節は夏。時刻は謎。雨上がりは大変素晴らしい。よしっと思って指先に力を入れたらすんなり空いた。爪もはげない。そんなことで壊れるくらい人間の体は弱くない。車の黒いガラスに反射する夕暮れと信号機をみたら大人みたいな気持ちになった。



あれもこれもしなくちゃってなったら何もしない。ギリギリご飯は食べる。




最近とてもよく泣く。ほんとじいちゃんみたいな涙腺だ。悲しいのも嬉しいのも好き嫌いしないでたくさんの気持ちで満腹だ。こんなに泣いてたら、たとえば感動のワンシーンで泣いてもまたあいつ泣いてるよって思われるから。狼少年の嘘みたいにいざってときにみんなに響かないからやはり僕はトイレで泣くべきだと考えた。自分の言葉なんて嘘ばっかりだけどなんか伝わればいいな。










◎わたしは一曲◎
英雄と人殺し/lostage

わたしは鬼殺し。


looseness at 01:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年07月24日

じゃけぇ

babec8f3.jpgセットストック@広島のでかい公園



初めての夏フェス。




・ダイノジ

弾けば弾くほど腹がでるエアギター。おもろい。




・Dragon Ash

燃えた。とても燃えた。思わず前へいった。ファンタジスタとか。ライフゴーズオンとか。ほらJフォンのCMのやつ。懐かしくて燃えた。日本をかえる真の音楽が僕の鼓膜に直接コンタクトしてたしまと僕の壁はなくなった。




・チャットモンチー

とてもかわいい。




・KEN YOKOYAMA

とても人気。




・フジファブリック

新曲が非常にいい。テンションあがる。やはり山内さんのギターの弾き方がとてもいい。そして鬼うまい。




・ELLEGARDEN

銀杏の場所どりのため見れず。けどエルレ見ないで銀杏の場所どりをする人たちはどんな人たちかはよく見えた。




・銀杏BOYZ

約二年ぶり。海パン一枚にローションでずるずるの体であらわれた。曲始まる前から泣きそうだ。俺。

銀杏ボーイズのファンは半分くらい嫌いだ。意味のない野次とか。前列で暴れたとかダイブしまくったとかで自慢するやつは嫌いだ。弾き語りの曲で拳を振り回して。ちがう。なんかそれちがう。そんな曲やない。聴き方は人それぞれやけどそれすかん。雰囲気ちがう。けど歌えば歌うほどその拳が順番に下がっていく。圧倒的に力のある演奏を聴いた。拳をさげる音楽。初めてみたかも。ぞっとした。つったったまま涙した。曇ってた空なのに最後の曲でいいタイミングで夕日が出た。ミラクル。曲のイメージにぴしゃり。夕日も気持ちも顔もローションでずるずるにされた。





・ザ・クロマニヨンズ

少年からお年寄りまで楽しめるバンド。バランス完璧。すっきりとして聴きやすいのにちゃんとパンチも聴いててもう理想的。歩くチブという曲が気に入った。恥部ー!ヒロトはケツを出しても通報されない。




・the pillows

実はベストアクトだった気もする。かっこよすぎ。さっき出てきた夕日ともバッチリあって綺麗なステージだった。さわお男前。ええ声。




・BUMP OF CHICKEN

トリ。でも最後までみたら帰りが混むから途中で帰った。出口を出てからまさかのギルドが聞こえてくる。うぉー。今日一番のミス。後ろ髪ひかれすぎた。歩けば歩くなるほど小さくなるギルドはまさに夏の終わりみたいに切なかった。天体とかガラスとかスーパーノバとかもしたらしい。帰りの車でたしまの好きな女性のタイプについて話してる間、何万人かはランラララーンラーヘイヘイヘーイの大合唱だったようだ。たくさんの後悔を残して広島を去った。









*ずるずる一曲*
あいどんわなだい/銀杏BOYZ

俺も死にたくない。


looseness at 04:38|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2007年07月20日

きっと多面体

4c048b1a.jpgヨネザワ@スタジオ





オチケンの人々はとても愉快だ。今までで一番よかった。引退してもまだキラキラすることをやっていて素敵でびびっときた。憧れた。あの人々に嫉妬。青春という言葉がぴたりとあてはまる、そんなライブだった。自分も何かキラキラかっこよくできたらいいな。



死にたいくらい魅力的横顔をみた。今日は。いいないいな。真顔より笑顔が似合うお兄さんになりたい。









†アジアン一曲†
君という花/アジアンカンフージェネレーション

懐かしや。スチャスチャスチャ。バンド名カタカナ表記のがかっこいいと思う。


looseness at 03:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年07月19日

気圧配置を考える

ab15cb0e.jpg何代目ですか?きみは。ドアの横に横着な態度でぶらぶらぶら下がっとるきみは。何代目かな。ビニール傘。何代目ですか。


最初にコンビニで500円で買ってそれっきり。適当にあつかうから。色んなとこに忘れてきたり。パクられたり。パクったり。パクられた場合はパクってもいいという意味のわからんルールがある。代わりはいくらでも。何代目ですか。



僕の前はいったいどんな手に握られていたんすか。僕の一代目は今どこに行って誰の手を握ってんのか。さんざん世界じゅうを旅して最後は台風の日に無理をしてぶわぁっとひっくりかえって骨も何もかんもボロボロで捨てられたんか。


僕が適当にしたら僕は適当にされる。傘くらい何でもいいやとか思わず、もう500円出せたら色のついた傘が買える。そしたら少しは忘れないようにパクられないように大切にあつかう。その色を自分の色にしよう。赤でも青でもなんでもいいや。それを自分にしよう。いつのまにかあけた梅雨に嫉妬と感謝。



おりたたみという手もありますよ。











Θドラム系列一曲Θ
ドラマ・ロゴス/lostage

ドラムロゴスではない。新譜、まだ一回した聴いてないけど結構聴きにくい。メジャーから出してるけど売れないと思う。ただごっそりかっこいい。


looseness at 02:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年07月18日

綺麗な指って言われたい

ed788b03.jpgバンドの練習はいつも夜中。帰りは朝になることも。スタジオからの帰り道。とても寂しい。色々考えて不安になる。どこを走ってんのか。しかしその状況をどこか楽しんでる自分もいる。寂しいほうがかっこいいとか。そんな自分を仕立てあげて人と違うことができるって信じている。しかしその人と違うことっていうのも実際はちっぽけで他人からしたらどうでもいいことという場合が多い。なかなかかっこつけられない。もう人と違うことできなくていいから。もっと笑ったり遊んだりをいっぱいしてスカートも短くしてギャルになってしまいたいと思うこともある。キャピキャピが死ぬほど羨ましくなったりする。



午前0時。バス停のベンチにおっさんが横になっていた。さびさびのチャリンコに大きな荷物。僕は一瞬で隣を通り過ぎた。



それから三時間後くらいの帰り道。まだいた。寝返りをうってあっちをむいていた。指先でベンチの文字をゆっくりなぞっていた。その指先に人が悲しいとか寂しいとかそういう気持ちが全部つまっててそれを描いているように見えた。世界は寂しい。嬉しいの裏にも寂しいがあって。寂しいの裏にも寂しいがある。けどそんなの言っててもキリないから少しでも明日に備えて寝るしかない。


もうちょったしたらお別れするであろう久留米シティの街並をなめるように眺めながら帰ってます。もったいないもったいない。いっぱい眺めとかなきゃ。


石炭でレコーディングを始めました。ハジメさんのギター録りのとなりでプレステをしてました。互いに指先は悲しいを描いてました。








∽寝る一曲∽
The Work/i am robot and proud

一日の終わりにね。


looseness at 06:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年07月17日

すばらし2

5c34c7bd.jpg死因はすばら死がいいな。すばらしすぎて死ぬ。キュン死もいいけどすばら死がいいな。



いい一日だった。四年目にして初めて近所のお祭りにいった。夏は適度に明るくていいな。バンドをみた。おっさんやおばさんや中学生はそれぞれ踊っていた。すばらし。中学生のオシャレの基本はオーバーサイズだ。ただお祭りってだけなのに街のすみずみからばぁちゃんやじいちゃんも出てきてニコニコ。いつもは売れてないあの八百屋にも人がたかって。あぁ。いいないいな。平凡だけど平凡すぎてすばらしだ。街の隅々まで好きになる。



家に帰ったらサッカーの代表戦でわくわくして。その後のニュースは悲しい地震で。あぁ、うかれたり落ちたり。

僕はあったこともない人たちを本気で心配するほどいいやつでもないけどあったこともない人たちの不幸で何も感じないわけではない。今はまだそのくらい。自分と身近な人間が笑っていたらすばらしい一日でしたって平気な顔していってしまう。そのくらい。他人の悲しみは悲しいくらいわからない。わかろうとしなければもっとわからない。



また今日が終わった。ちょうちんの明かりが消えていた。やはり切ないと感じた。また繰り返した。ちょっと心が変だ。



飲み会が重なって喉をやられた。声がでない。焼酎のせいか。お酒は少し控える。みんなと過ごすのは好きだけど。それに頼りすぎるのは好きくない。少し控える。少し。それかファンタ飲む。









£やばし一曲£
ANOTHER DAY/LOCAL SOUND STYLE

ずっと聴いてた。歌声がたぶんいじってるけどそんなの関係ないくらい切なすぎて綺麗で響く。ゲットアップキッズにもこの雰囲気はだせない。悲しい詞だ。なんで悲しいのに惹かれるんかな。悲しくなりたくはないよ。


looseness at 04:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年07月16日

すばらし

b47aeb8b.jpg近所で夏祭りをやってた。しょっぼい祭りだ。出店が何件か並んでチョウチンがちらっと飾られていて。小規模で。たいへんしょぼい。横を通り過ぎた。



大変すばらしかった。すばらしすぎた。半分だけ暮れて微妙な明るさの夕日と。ばぁちゃんとばぁちゃんと子供。いっぱい笑ういっぱい子供。ときめく中学生。男子、女子グループ。犬。出店のにおい。何から何まですばらしかった。世界がとても綺麗だった。こんなしょんぼりした日に限って綺麗だ。確かな幸せが道路の上にいっぱいあった。よく考えたら一回もこの祭り行ってない。毎年通り過ぎるだけ。それでも一瞬幸せだった。



十二時間後くらいの帰り道。明るくなってきた空。朝の匂い。夕方と同じ明るさの空。くし膳の横にいるいつも元気ないモップみたいな犬も朝はテンション高い。大はしゃぎで散歩していた。笑顔だった。やはりすばらしすぎる。絶対すばらしすぎる。あなたが思ってる以上にすばらしすぎるんやから。











◇すばらし一曲◇
夏の匂い/ランクヘッド

今日のすばらし世界にぴしゃっときた。


looseness at 08:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)