2010年01月

2010年01月30日

きん未来





就寝時間まであと四分。
四分で今日の出来事を書き残そうかしたけど、たまには今日や昨日のことよりも明日のことを書きましょうという気持ちになった。




きしさんと鍋を食らって、盛り上がる(であろう)

ひゃ












∵∵∵∵∴∴∴∴
白痴/THE NOVEMBERS


looseness at 01:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月29日

爆弾コント

ビーステに。
二回目のマイクロ。
よしだくんと音楽の話をした。彼はストイックだ。普段できないから嬉しくてついつい喋りすぎた。
ぼくはただのおしゃべりだなと、すこし悲しくもあった。



最近はよく仕事おわりにライブに。残業だとソワソワして。仕事雑になっちゃう。いかんねこれは。



この前も残業で。ナノスナップみれなくて。せめて音源だけもらおう思ってオヤフコーまでいって。
けどグラフは地下やから。携帯つながらんくて。オニデンしたけどつながらんくて。(若者言葉)
結局寒いなかひとりで一時間くらいまって。オヤフコーのエッチなお店の客びきにしつこく勧誘されながらも。ひとりで待って。あ、終電てなって。何もせずに帰って。



たまにほんと俺ひとりで何してんのやろて考えるけど。

あんな寒い中待ったりだとか。
知り合いのほとんどいない空間にひとりで飛びこんだりとか。
めんどくさがりの人間にそんなエネルギーを与えるとは。
音楽はやはりすごい。



会いたい人にまた会いたい。それは居酒屋でもいいんだけど、それよかやっぱ。ライブハウスであいたい。久しぶりていいたい。ライブハウスで再会てこれはもうこれ以上素敵なことはない。ほんとに思う。
大人になればなるほど。忙しい毎日の中に音楽が埋もれてく。




帰り道、コンビニでかったビールを飲みながら。
恋をせねばと。そんなことも考えた。


☆おやすみなさい★















ббббрррр
ワールズエンド/nanosnap


looseness at 01:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月26日

新宿気味



池袋
恵比寿
世田谷
祖師ヶ谷大蔵
赤坂
中野
地下と地上をいったりきたり。
新宿だけ小さな鳥かごで。フェンスに囲まれて空がちゃっちい。扉に小さな鍵がついてて。出るに出れない。出たら戻れない。コンビニのごみ箱にひゃくまんえん。野良猫の足音が無音。

行ってみたいなあのまちこのまち。
いつもみる景色からはなれない。
変なくしゃみがとまらない。ぞわぞわするよ。なんかこのあたり。



雨が降る前に家に帰る。
風が吹くころには家から出ない。
今日はまっさらに晴れ渡って。窓を拭くとキラキラ。空中のホコリがくっきり綺麗だった。


3月のファッションショーの音楽、結局みんなが知ってる曲がいいてなって。ジェイポップから選ぶことになった。

イーティーキングとか。
九州男とか。(くすおと読むらしい)
もう全然わかんなくて。いまいろいろ聴いて曲順とか考えてるけど。全然わかんなくて。
ジェイポップ強いはずやったけど。イーイージャンプでときがとまったよ。





寿退社をする他店舗の店長がいて。
社長がしきりに
ニヤニヤしながら。うちから○○店長が卒業します、と言っていた。




ぼくはモーニング娘。に入ってしまったんだな。

一年たってはじめて気づいた。













ёёёееее
YOUTH/mudy on the昨晩


looseness at 22:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月25日

フェイバリット





変わりたいと思うのは簡単だけど変わることはむずかしい。


生活の改善をと考えたら夕方。

あまりにながい間変わらないでいると、どうせもう変われないしとかも、考えたりする。





滴るパーマ液。
いつのまにか眠りについて。
下校中の学生の会話がぶつかりあうおと。
アジアのパピヨンがとまる花。
自転車に轢かれて、シャンホワニーハオだった。

暖房でほてった頬を。帰り道が少しずつ冷ましてく。
お母さんと仲良く夕飯の買い物の女子中学生。感動するよ。なんでかな。なんだかはかなくて泣けてくるよ。バサキの歌声がみみに刺さったよ。
ナナナンキリコさんの漫画を買った。俺はまだ本気出してないだけて漫画を三回読んだ。


気持ちを言葉にすると、どうも安っぽくなるけど。もとから気持ちなんて、そんなに複雑で高貴なものでもないから。言葉にするくらいでちょうどいいよ。
みんなかっこつけることばっか考えてる。当たり前か。人間だもの。











┗┓╋┏┗┳┻┳
思いやり/バサキ



looseness at 18:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)





あーあ。


とても寒いよるだ。
とても。


あーあ。
思い出しちゃった。いろいろ。






明日はなにをしようか。
髪でもがっつりきろうか。和田あきたな。











┌└┘├└┌│┴
双子/micro sub cult


looseness at 01:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月21日

せわしない

fb4aa219.jpg

ポテチにコーラ
体にわるいものばかり食べている。





モテキて漫画買った。
面白い。
高三の夏、夢中になった漫画、3 3 7ビョーシの人の新しいやつだ。
懐か面白い。
面白い
面白い。



テレビでダウンタウンと千原兄弟がからむと嬉しい。なんでみんなあんなに面白いんかな。プロだからかな。プロだからだな。
きのうのテレビの話をさ。きのうあれみた?ってさ。そんな話がいま一番したかな。



はやく友達がほしいなあ。
そんなことを考えた一日でした。
あひゃー。











姚姚姚姚姚姚姚
グッドバイ/toe



looseness at 22:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月20日

手羽あるある

3d5a22ef.jpg

研修中の名札。まだ十代かな。黒髪の男子。いつもいくレンタルビデオ屋。パソコンの調子が悪くてうまくカードをスキャンできない。

ピピっを20回くらい。少々お待ちくださいを10回くらい言って、焦った様子。
結局最後は手書きの領収書。ぼくの後ろにできた長い行列をみて、ボールペンを持つ手が震えていた。




作品名

「人の


セッ


クスを






うな」






「人のセックスを笑うな(2008年)」



松山ケンイチがかっこいい。永作博美が素敵すぎる。美大ていいね、なんか。課題をもった学生たち。インクをねちゃねちゃねる音。それは小学生ぶりくらいにきいた懐かしい音でした。




長いタイトルのAVでも借りてりゃ。あの震えたぺん先は。そりゃもうみじめだったかな。


「ヤ


リマン

サークル日



誌二泊



三日の大波


乱淫乱ス






ー旅行









昼間から映画をみて、いつも途中で寝ちゃって。寝ちゃったぶんだけ巻き戻して。静かな映画ばっかだから。音量知らず知らずのうちくそ上げてて、テレビに切り替えたらその大きさにびっくり。


の繰り返しです。いまから天神いく。











цццццццц
чччччччч
нннннннн
ээээээээ


looseness at 15:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

パーリィの行方





パーリィをおえた。
ひどく楽しめなかった。
みんなが楽しそうにするコイバナに。ひどく理解に苦しんだ。




このまちに引っ越してきて、出会う人はみんないい人ばかりだけど。価値観がちがいすぎる。



かわってるねてほんとによく言われるけど。
ぼくは自分がかわってるとは思わない。
普通の基準はいつも自分の真ん中にある。
あまりに相手との違いの大きさに出会ったときは。
相手はきっと人間のマスクをかぶったタヌキだと思うようにしてます。
いままでの環境が、まぁ特別やったんかなあと。
離れて初めて気づくことはおおいです。



人間に合格するために太宰の人間失格をよむ。でもぼくは綿矢の文体のが好きだ。現代っこだ。



また少しずつがんばろう。明日はヨジゲンにマイクロサブカルトをみにいく。ひとりヨジゲンへ。



自分らしくいきる。
大切だ。














ΘΟΘΟΘΟΘΟ
ΘΟΘΟΘΟΘΟ
ΘΟΘΟΘΟΘΟ
ΘΟΘΟΘΟΘΟ


looseness at 00:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月18日

きんきょう

今さらかな。



いま、さらかな。




そんな曲。もう30回くらい聴いた。発売前に。
楽しみ。ベルトパンチ。
こんなに発売前から楽しみなのて久しぶり。


いまさらかな


君を思って書いた曲

今さらかなと。



ぼくはそんな悲しい歌ばかりが好きだから。

今週はパーティーなんかして楽しげに過ごそうと思います。




パーリィ。



仕事のことは
かかない。





最近は
エッチな夢ばかりみてしまう。おもらししそう。感性だけが面白いほど若返ってて。悲しいけどとめられない。
きんきょうでした。














ΘΘΘΘΟΟΟΟ
クライマーズハイ/VELTPUNCH


looseness at 00:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月16日

サルスベリ




お化粧系。


お化粧系と。

その日からちょっとお化粧系という言葉を気に入って。口には出さなくても心の中で何度か呟いていた。

華の、退屈な高校生活。
そこにこぼれたお化粧系という言葉。私が食いつかないはずがない。
それってあれでしょ。コスプレとかしてるやつ。血とか出てて。
男が化粧て。ナルっぽくて気持ち悪いし。それに群がる女もなんかいいイメージはないんだけど。
華の、退屈な高校生活。刺激があればなんでもいい。ちょっとみるくらい面白いかも。微かな期待をこめて、お化粧系を心の中で繰り返す。口には出さないよ。そこは私だよ。



そんな日の昼休み。



「ちょっと話さない?」



だとか。このタイミングか。ずいぶん連絡がご無沙汰なあの方から。
わざわざ私たちの大奥、保健室まで出向いていただいて。



「ひゃーい、行っといでー」


耳元でにこにこしながらつぶやく妖怪の後押しをうけ。この妖怪の最近の流行語はひゃーい、だ。テレビで芸人が言ってたのを丸々引用だ。ひゃーい。
渋々。あとをついてった。ひゃーい、と返したときは笑顔で余裕だったけど。いざ二人になると信じられないくらい動揺してて、どうやってそれを隠そうか、そんなことばかり考えてた。1.5メートルくらい後ろ。見慣れた背中。今日もばっちりわざとらしく出たシャツ。まで1.5メートル。わたしたちの距離。まだ会話はない。これ以上離れないように近づかないように変なスピードで歩いてた気がする。

連れて行かれたのは倉庫の階段。やっぱりここかと。人気がなくて、体育大会のときしか開かない倉庫。告白された場所。ばかの考えそうなことだ。やっぱりここかと。

そしてあのときと一緒。
私が四段上。あんたは四段下だ。上に座られる前に、軽やかにとんとんっと上って。少しだけ目をあわせ腰をおろす。



「高いとこ好きだな。」




「うん、えらいもん。」



私の指先が遊びはじめた。階段に塗られた塗料が剥がれてきており、エメラルドグリーンのところどころから茶色い錆びた鉄の部分が見えている。その茶色に爪を立てて。カリカリすると簡単にポロっとグリーンは剥がれ、どんどん茶色の部分が広がる。

久しぶりの。久しぶりと言っても一週間ちょっとか。この逃げ出したくなる何とも言えない空気の中。
しかし逃げ道をしっかり四段下でふさがれているので、せめて指先だけ。
なるべく不満そうに。
不満そうに。
言いたい言葉は山ほどあるのに口から出てくる言葉は山ほどない。
今はただ塗料を剥ぐことでしか自分を表現できない。


「あのさ、なんかごめんね」


なんかって何だよ。なんかって。そのなんかをちゃんと説明しろよ。少しだけ間があいた。


「うん、いいよ」


いいよって言葉。自分で口にしといて。私も何を許したのかすらわからない。そもそも喧嘩もしていない。なんだったんだ。それでも彼のごめんねという言葉にひどく安心をおぼえ、別に断る理由もなくチュウをして。終わったらまた塗料を剥がす作業に入る。



「こんまえ、まじキモい親父にパンツみられてさー、」


「ハァ?まじくらそうか、そんなやつ」



できもしないくせに。
すぐ強がる。

幸せだった。

いつもの二人だった。一週間という時間を埋めるように、どうでもいいことをたくさんしゃべった。

エメラルドグリーンの中のいびつな茶色。だんだんそれらは世界地図に見えてきて。私は大陸を広げるのに必死だった。卒業までにこね階段全部を茶色に剥がしてやるのが目標で。鼻をかくふりをしてふと指先を臭うと、こおばしくてつんとする鉄のにおいがして、なるべく忘れないでおこうという気持ちになった。


フェンスの向こう、通行人と目があった。
私はいま、人生で一番きらきらした時間を過ごしていて、数年後フェンスのむこうから階段をながめ、しみじみと今日の出来事を振り返る自分を安易に想像できて。


悲しくもあったのよ。









≡≡≡≡≡≡≡≡
≡≡≡≡≡≡≡≡
≡≡≡≡≡≡≡≡
≡≡≡≡≡≡≡≡



looseness at 00:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0) お腹いたい