2011年02月

2011年02月26日

東京、焦燥




今日も作曲聴きながら過ごした。途中米をといで大事なとこを聞き逃した。


かれは曲。
わしは米。



ライブしょー。ライブ。





****



出会えた喜びはいつも一瞬なのに
どうして別れの悲しみは永遠なの

銀杏ボーイズがやはり大好きで。歳を重ねるたびにズシリとくる。
新しい人に出会いたい。けどすぐに付き合いがなくなるならほんまいらん。
2ヶ月連絡とらない人は電話帳から消していくという先輩がいた。
それはすぎょい。
シンプルに生きるとはなんだろ。ただ消すことも大事と。それは最近の変化です。

けどけど先輩それって。電話帳ラスト一人になっても。
消すの。
先輩。
先輩それって。
ちょい狼すぎ。


別れの数と出会いの数がおなじ数。
わかものたち。
それにも終わりがくるのね。後から気づく、すべてのこと。


シトシト、シトシト。
あまもり。
おかしいなあ、ここは一階。












(土)0:59

looseness at 00:59|PermalinkTrackBack(0)

2011年02月23日

家具

66d457df.jpg家具を組み立てた。木塚さんの作曲を聴きながら。


ものをつくるのは楽しい。そんときだけ生き生きする。


わしは家具。
かれは曲。



いつまでもこのままでいられんけん動き出さないと。みんなそれぞれ大変だ。
前向きな気持ちになれました。
ありがす。












(水)23:22



looseness at 23:22|PermalinkTrackBack(0)

ありがす

すこしは勉強しようと博多から天神まですみずみ子供服をみてまわった。
工夫がたくさん。頭がいてて。
ただどこも子供がおって元気よく、なごんだ。
最終的にタワレコでプレンティの最近よくテレビとかで流れてる曲聴いて。その日一番しっくりきた。まあこんなもんか。



****



眠気コナーズ。
夜更かししてみてると肌あれる。
ゆったりした気持ちで眠りにつきたい。同じ夢ばかりみるけど。
現実への執着執着。最後の悪あがき、夜更かし。












(水)4:42

looseness at 04:42|PermalinkTrackBack(0)

2011年02月21日

かげつ


思てたより。
現状はかわらず。
日々だけ流れる。
後悔だけはないよう。
酒はもう家では控える。
夜中に何度か目覚める。
開くと画面がやたら明るくて目玉がきゅきゅきゅとなるのがわかる。
またすぐ目をつぶると数字の影が残ってる。
わりとそんな繰り返し。
ライブ見に行くんもやめちゃおう。
部屋の掃除したり、文章書いたりしていよう。











(月)2:33



looseness at 02:34|PermalinkTrackBack(0)

2011年02月15日

ライフイズビューティフル





春日帰ってきたー。
新幹線座れんけ嫌い。
マナーの悪い年上はもっと無理。



正直休みの日の憂鬱感はんぱない。ぎりぎりな。
けんなるべく仕事とか、とりあえずなんかしてたいわ。



雨の天神で知らない人に声かけられた。石と化した。わし石と。





****



一瞬の出会いを百まんかい経験して
一番のひとと百万こうねんはなれたとこで
一生光をはなつであろう、将来。
死んだら星になるのはやだね。
何もわかってないやつにロマンチックな星座の話なんてされたらムシズはしるわ。勝手に線でつながれても。こちとらただの孤独っす。毎日毎日考えてるだけの。
温室みたいなプラネタリウムでえた知識かんべん。風邪ひこうが曇りだろうが、外で鼻すすりながら一人で毎日夜空をみてる人間もきっとおるんに。

わしほし。名前まだない。みんな心配されたいからって。みんな病みたがりなのは、みんな一緒。けど実際に困ってる人を目の当たりにすると、何度も自分の小ささに気づく。



****



またお会いしましょう。
バッファロー木村のこのギャグが好きだ。
またお会いしましょう。
綺麗だ。












(火)1:22


looseness at 01:27|PermalinkTrackBack(0)

2011年02月14日

フライト

585af323.jpg



一日携帯ばかりさわってた。
バレンタインて。
いいかげんにしなくちゃ。



****


空港に少し寄った。
風が冷たく感じた。デッキから手をふる人々の手が。なんだかたくさん集まると、そして遠くから見てみると無機質にも見えた。とても感情的なのにね。


****


父と酒を飲んだ。
人生悪いときもあるが本当の意味で悪いときはないと。無口な父だからすべて説得力はあった。
ぼくたちは少し感情的になりすぎる。

母は携帯をわたしてきて。あれをとって欲しいといってきた。あんたが高校生のとき文化祭でやりよった曲。ベイビーベイビー。
あの曲はよかったねって。

ポップセンスとは何だろう。
ロックミュージックにひたってない人でも共感できて、なおかつ一部の人達の懐にもしっかり入ってくるようなセンス。

いまは自分の身近にいる人に少しでも認められたいて気持ちが強い。
わかるひとがわかればいいとかやなくて。
身近。もう会わないやろうやなくて、これからもちゃんと会う人。普通なかんじの人。自分と真逆な感じでも。
そんな気持ちのが強い。
それはやっぱり僕にもちゃんと、生活があって人生があってと。そうだからです。


****


明日はなんだか新しい感じな日が来る気がした。
なんせバレンタイン。
朝寝坊はおてのものさ。
またお会いしましょう。












(月)0:29



looseness at 00:31|PermalinkTrackBack(0)

2011年02月09日

なう以上



もやもや考えこんでしまうときはやたら仕事をがんばる。
お店にあるもので一番高いものが売れそうやったけど売り逃した。
この子の腕がもう少し長ければ。余った袖がなんとも悔しい。



夜になると本を読むが、内容が悲しすぎて続き読みきらん。
犬はすき。
文字の中でも躍動感がある。
テレビでは芸人がローションまみれ。楽しそう。RGに原西にやばくにこやぶ。好きな芸人みんな出とってうれしかった。声に出してわらった。

久しぶりにあった人に元気にしとった?なんて聞かれても。
元気やったよと。それしか返し方ない。
元気なのだ。たまに体調を崩す日があっても、元気と思ういじょう元気なのだ。
そいで今が幸せとほんのりでも感じてないと、これから欲しいもの手に入れたって、歳をとったって、幸せにはなれんから。
花粉に鈍感に。
季節の変化に敏感に。
なにより日常の幸せに敏感に。何もかんもなくすまえに気づけますようにと。
わしは元気だ。そいでこれからも。
明日は休みだ。まったく何もない休日は実は久しぶりだ。














(水)0:56


looseness at 00:58|PermalinkTrackBack(0)

2011年02月06日

RG


バス停で待ってたばあさんは時刻表を指差してまだ大丈夫と声をかけてくれた。久留米大の清掃員で夜は居酒屋でバイトをしている。旦那と別れてひとり暮らし。

歳はばあさんだ。
昼と夜働いている。年金だけじゃ生活は厳しいと笑いながらいっとった。
その働いてる居酒屋というのが、大学の近くにあって。オチケンの友人が昔バイトしよった。ぼくも一時期入ろうかした。けどやめた。
湿気くさいアパートの一室。オチケンの友人と昔のオンエアバトルのビデオを見ながら酒を飲み。さんざんそのバイト先の愚痴を聞かされたから。
あまりにも聞き過ぎて、まだ入ったこともないそのお店の人間関係の相関図を何もみなくても書けるくらいになった。
嘘だ、それは言い過ぎた。


どこの職場にもいる空気を乱すやつ。よく陰でアイツて言われよる。アイツがさー、アイツがさー、て。アイツから始まる愚痴話。

アイツには会ったこともないのだけど。何度も話しを聞かされてるうちにぼくの頭の中にもアイツのイメージができた。歳は40手前で、髭がこゆい。で、顎はしゃくれで目だけはパチリと蛙みたい。ちょいと小太り。嫌味なワードを口から出す、なんなら下半身だけ怪獣みたいな。そのアイツはいとも簡単に出来上がった。

ばあさんの口から居酒屋の名前を聞いたとき、アイツのことを思い出した。
年下のアイツから、さんざん嫌味を言われるばあさんもすぐに想像できた。

なんか職場にひどいやついませんか?
なんて聞いてみると。
えへえへえへて笑って返されるだけだった。
話はすぐに孫の話にすり替えられ。
中学生の孫がいて。難しい年頃なんやろねー。親のことが大嫌いみたいで。すぐうちの家に遊びに来るんよ。
こづかいをわたせるくらいは稼がないとね。




駅でばいばいした。
お名前だけ、教えていただけませんかと。ぼくは40個うえの女性を口説いてるみたいだった。

ぼくは夏からのことを少し思い出した。
田舎道、スピッツをかけて車を走ると、山のフモトにとてもとめにくい病院があること。
いつも斜めにとめること。
くしゃくしゃの一万円札をのばして後から財布にいれる瞬間やりきれない気持ちになる。そんなつもりで来たわけやないけど。けどことわらん。
そいでその一万円を何に使ったかってったら何ひとつ思い出せません。

ひとつ前のバス停から乗らんけりゃ、何もなしに帰ったんでしょうが。
やっぱりうまく書けんやった。
ただよく思うのは。そのばあさんにしても、学生時代は景色の一部で、ほんと背景で。何一つ気にも止めなかったことが今この二三年。やたら具体的に目の前に現れたりと。そこはよく感じるな。あのとき過ごした場所の答えあわせやないけど。いま見えてくるものが多すぎて、たまに感動もします。



湿気くさいアパートの一室。
オンエアバトルをみる二人。そいでその後次の寄席でやる新ネタを目の前で披露してくれるオチケンの彼。エロマンガいっぱいの彼の部屋。その部屋の天井四隅にCCDカメラがついていて。今その映像をモニタリングしてるみたい。そいで今、ぼくの部屋のテッシュの箱に小さな穴が開けられていて。中にはキラリ。ここにもCCD。見てるのはもちろん少し未来の自分。
監視は続く。



「そんな大切なことも失わないとわからないの?」

そんな風に女性に説教されたい。たまらんのそれ。


人生あるあるを。
人生あるあるをいってやろうか。
人生あるあるをバービーボーイズの目を閉じておいでよにのせていってやろうか。
人生あるあるいくよー。
人生あるある早くいいたい。
死ぬまでにいいたい。
あなたの口から肌から溢れるすべて。人生あるある。そんな当たり前のこと。
早くいいたいー。





****


絵本の立ち読みをした。ゆめタウンの本屋で絵本部門一位て紹介されとる絵本。
タイトルは「うんこ!」
街にうんこがおって。蛇がやってきて挨拶すると。「くっさ!」ってなって。次のページでは蛇、電柱の一番上に巻き付いとって。蛇逃げすぎとって笑った。
大人と子供の中間の感性。絵本でもパンクロックでも、変に装飾できんで感性丸裸けん。つくるひとすっげ。












(日)22:27




looseness at 22:28|PermalinkTrackBack(0)

猫日和

18660bbb.jpg
ac439c49.jpg


猫日和。
猫がよこぎる。
猫を撮る。
(猫が少し遠いのは、これ以上近づくと逃げるからです。距離感が大切。)
猫の誕生日プレゼントを買う。
猫は寝込む気配はなかった。
土曜休み。
ひるま、街を歩くだけどわくわくする。普段はなかなか見ないからね。このにぎにぎしさ。

バンドのミーティングをして帰宅。
てっきりメンバーが抜けるんか思ってたのでわしはうれしかった。
そいで、最終バスで一緒になった初対面のばあちゃんとくそしゃべった。
素晴らしすぎてうまく書けない。

僕の収納方法はと言えば簡単。23:30には春日シティについて23:45にはお布団の中。簡単すぎて神様の間では好評です。とりあえず今日じゅうにお布団に詰め込んでおけば誰も文句は言わない。簡単だ。笑けてくるよ。ばかみたいで。
ハッピーだ。
おめでとう。











(日)0:14


looseness at 00:14|PermalinkTrackBack(0)

2011年02月03日

かけましておめでとう

待ってるだけの人生を終わるの待ってバカみてーラララーて。


ラララーの意味はわからんが。昔つくった歌。ルーズリーフのはしっこ。
よかな、わかりやすくて。

待ってるの苦手。
じゃあ待たない勇気を。
飛び込む勇気はまだなくても。
じゃあ待たない勇気を。
わし。



絵文字プラスという機能があって。僕は携帯で自分の打った文章をこことかミクシィとかに投稿するまえに必ず一度絵文字プラスのボタンを押して絵文字が賑やかなガヤガヤした文章に変えてもらいます。
携帯が単語から予測してランダムに絵文字を足してくれます。
たまりません。
あほんごとなります。
おたくの暗い文章をポップにしてやりましたよーと。見透かされたかんじ。
でもそれがいい。
そんぐらい笑い飛ばされるくらいがいい。
携帯で打った言葉は結局携帯のもの。
ここには綺麗なものは少ない。
で、その機能だけど。
好きと打てばとなりにハートの絵文字がくるくらい。ラフな機能けど。
勇気という単語のとなりに、二葉が咲いてました。
そのセンスは好きだと思った。









****


乗り越えた。気持ちが楽なった。嬉しい。なんだか今ならどこでも行けそうな気がする。

今朝職場について、掃除を始めて、試着室の鏡をガラスマイペットで磨くとき。おどろいたそこに写る自分のかお。ひどいもんやった。ピンク色のまぶたに土色の頬に白目の部分にこびりついた何か。
汚いお顔に綺麗な笑顔。散らかし放題のパーツを丁寧に集めて。
整いました。
わし顔のほうがついに。整いました。ずいぶん待ったよ。
ありがとうありがとう。
やっぱり今なら何だってできる気がする。
一瞬でもそう思えた今日、ありがとうありがとう。
















(木)22:32
ワールズエンド/nanosnap


looseness at 22:33|PermalinkTrackBack(0)