2014年09月

2014年09月28日

9/27

男けど親友は女。
てやつおかま。


そいつきっとパンのことトーストとか言う。
きっとカフェでパリパリした中に温かいシチュー入っとるのたのみよる。
一回タイバンしただけの人と異常なほど仲良くなってツイッターであだ名で呼びあいよる。




いえいえ。それはひとそれぞれで。
その考え方は狭いとか。柔軟性がないとか。
すぐに女性としてみるのは中学生みたいだとか。
妹みたいな存在とか。昼間に少し時間空いたからちょとお茶だけとか。お互い結婚式は絶対呼んでねとか。
素晴らしいじゃあないか。みんなの人生はそれぞれでそれぞれ違う輝きを放ち、互いに一寸先の未来を照らす。



最後ひとこと言いたいことがあるとしたら。
男けど親友は女。
てやつおかま。













24:12


looseness at 00:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年09月25日

9/25

訓読みを音読みに変えるだけで簡単にあだ名なんて出来てたのは高校時代で今はそう簡単にはいかない。
人に会わない時期はとことん会わない。


そんな大事なことをナンちぎりながら話しちゃダメけど、ナンちぎりながらじゃなきゃ真面目なことなんてなかなか話せないくらい不器用でもある。

友達がまた遠くへ行く。みんな仕事タボーーー。
わしゃ1人。春日シティ。迫り来る魔の手とシェイクハンズ。
検索履歴見られるくらいならタンクトップで町内一周。






22:46続きを読む

looseness at 22:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年09月23日

9/23

シフト作ってアゼン。
来月休みが5日。うち1日は姉の結婚式。まぁ忙しくても忙しくなくてもあまりかわらないけと。タバコは吸わないから紙パックの野菜ジュースばチューチュー。11月の始めにライブ決まりそう。てか決めないとさすがに。あと名前変わる。



毎日同じ服だと学童でいじめられるんだって。
急にそんなことぼそりともらすから。ハンガー磨く私の手もとまる。







23:40
続きを読む

looseness at 23:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

9/22

酔ウトアウト。
ただもうあれ。仕事終わった瞬間のんじゃう。
他に特に何もないので。




電照菊のこと。
電照菊のことをふと思い出した。大学生のとき、ケースケの家からの帰り道、遠くに光が見えた。深夜と住宅街の真ん中。お祭りの光みたいにぼんやり。少しの懐かしさを含みながら。電照菊はゆらゆら。


夜間に光をあてて、菊に勘違いをさせて、出荷時期を調節する。
菊はアホ。その程度の光に騙される。
ただ今は妙に菊は。騙されたふりをして元気に咲き続るふうにも見えて。結局そう、知ってるのに知らないふりで相手の作戦にのっかるほうが、妙に大人じみて。利口で。魅力的に感じてしまう。
反発する元気もないくらいに疲れた足腰。迫り来る就寝時間。今まで空けてきたビールの缶を積み上げてお空に届いた瞬間。お空へ行けるわけやけど。そこは底なし。自分の身長よりもイチミリでも高ければ空は空やし。大気圏越えても平気で宙とか言いやがんし。天使の輪も下手くそなフラフープみたいに足元に転がる。ライフイズベリーショーーート。ベリーショーーート。

日本エレキテル連合が営業先でハンドマイクなのみて。心からいいなぁと。タイタンなのね。バンドマンは嫌いな人多いけど、芸人さんはどんな芸風でもそれぞれかっこよくてみんな好きだな。こだわりがないだけかな。
ただダッチワイフのモノマネを子供たちが平気でやるてことが面白いし。それをポップに消化できるのはセンスだし。
自分の性器を取り外し、洗面所でせっせと精子を洗い流すダッチワイフの映画も昔見たけど。
アプローチの仕方がたくさんあることが嬉しい。





25:19

looseness at 00:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年09月21日

9/21

絵日記にセヨ。日々を絵日記に。
そう言われましても絵の部分は毎日同じで。
小さなカウンターの中で洋服を仕分けしとる絵の連続でありまして。何枚めくっても同じ絵が続く。
しかし下の文章だけは毎日バラバラ。いつも絵と文が合っていない。子供の頃は合ってたのに。
大人はそんなで、景色が変わらない。
たまに何処かへ遊びに行ってみて、文末を楽しかったです。また行きたいです。なんて感じでしめちゃったりしても、絵は自販機の隣のゴミ箱が入りきれなくて頭の上に何本も缶が積み上げられている絵で。切り取るとこがそこかとか。大人はそんなで少し変。


感性にぴったりなものがないなら歩くしかない。作れないならもう黙って歩くしかない。
相手を批判することで得た自分の評価は一瞬で消えるし。けどその不器用さも若さも愛しく感じるのは。結局は自分だから。味方はわたし。

ベランダのミニトマト栽培も。お家で簡単浅漬けも。続かないことは知ってるから。数年前の自分よりかは少しは大人である。






23:35

looseness at 23:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)