2015年08月

2015年08月30日

8/30

そうくん(甥っ子)



が風邪ひいた。


だるまさんが転んだ。
ぼんさんが屁をこいた。
レスラーがはにかんだ。
公務員が割り込んだ。
神様が有休とった。
ドリカムがCM断った。




そうくんが風邪ひいた。
生後8ヶ月にして初めての。
くしゃみもくしゅんだし。すりおろしリンゴを口にするのも初めてで。全てが初めてのことで、苦痛よりも興味が勝つ。
しかし姉ちゃんは異常なほど心配してて飯も食ってなく。
いやそれ異常やないで、それが正常なのかなと。
この半年くらいずっとずっと一緒におるて。たまに帰省したときに会う自分とは全く別の感覚。
きつい仕事や、子育て。
人がほんと変わるのは、それくらいで。自分できめた決意とかはいつの間にか足下に散って、その上から雨が降って、なかったことに。
そうくんはたぶんすぐ治る。





****

ユーテロ出演は1年ぶり。
リハでやたら他のバンドかっこよく見えたり。ウヘェ、こんな強者たちと一緒にやるのかとか。思い通りの音でなかったり。逃げ出したいけど、でもここにいたいていう、初デートみたいな緊張感につぶされて。
それってここ何年もかわらず、趣味の割には悩むぞと。そんなあれですが、やはり終わってみると何にも例えられない、いや勿体なくて例えたくもない気持ちになったり。タイバンの方に信じられないくらい勇気をもらったり。結局その夜限りも多いのですが。
やっててよかった、やる側でよかったと。ばりばり黒人なら讃美歌うたいたい気分。
えっとお客さんからイベンターになってわざわざ自分の誕生日に企画して自分がその日一番楽しんじゃってなぜか若いくせにバンドに対して上から目線で彼氏いてもこのバンドマンは心の中で特別な位置におりますを、正当化したい、そんなそんなやつに腹を立てたり羨ましく思ったり嫉妬したりもあるけど。
それすら小さなことだと。自分はまた全然ちがう景色がたまに見れるのだと。気づかせてくれるから結局続けたいなと考える。お客さんに感謝感謝だが。今はメンバーに感謝な気持ちが膨らみ、これもまた、老化の一部かなと勝手に納得。
MCで悪口はやめるね。ヘヘン!









21:20

looseness at 21:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年08月25日

8/25 台風の日

台風の日くらい観よう、と国会中継をつけた。





ふと、思い出したことは文化祭実行委員を決める放課後のことで。
みんな早く部活に出たいから、上だけTシャツに着替えたり、靴下だけハイソックスに履き替えたりして、めんどくさそうにしているあの時間。

立候補者がいない場合は推薦になって。あまりやりたくないのに、丁度いい位置にいるやられキャラの子の名前が数名あがり、「では多数決で!」の一言の後に、次々と増えていく正の字。
正正正


他に五画の漢字があればよかったものの、よりによって正しいという漢字。
それが並ぶと、ウワベだけでは正しさで溢れて見える。
正しさが多いほうが、正しいに決まっている。間違いない間違いない。
多数派の暴力でボコボコにされた生徒は名前の上に赤のチョークでハナマルをもらい、みんなは足早にそれぞれの部活に向かう。


すっかりガラガラになった教室で、なかなか席から動けないハナマルの坊主は。
窓の外を見て、紫の空の色を確認し、吹奏楽部のチューニングの音と野球部のかけ声を交互に聞く。
机の上には最後の授業で使った教科書がまだ出されたままだった。
涙は確認できなかったが、鼻がつまってすする音は聞こえた。
代わろうか?なんて一言はとても自分の口からは出ずに、明日の時間割で必要な持ち物をメモするふりを続けた。
実行委員の仕事が負担で落ち込んでいるわけじゃない。みんなからいじられて、時には人気者になった瞬間もあったが、そんなの一瞬で、結局は嫌なことを押しつけられる自分の立ち位置を突きつけられたことにショックを受けているように思えた。
間が持たなくて、日直でもないのに黒板を全て消して。古い黒板消しクリーナーのスイッチをつける。吸引力ないくせに、旧式の掃除機みたいな強烈な音が教室じゅうに響く。

ブィイイィィーーィイィン。
自分はいつも隙間を埋めようと必死なとこがある。




****
公園のすみで、静かに落ちる線香花火のオレンジの美しさも。
車の運転席から手だけ出して、ポイと捨てられたタバコがアスファルトに転がって、火花が細かくチカチカ光るオレンジ。
どっちも一緒でしょ?
と、拗ねてたけど。
世界陸上をみて。
どうした織田裕二。
みたいな気持ちになって。
男子やり投げを見て。
どこか投げやりな自分の生活を見つめ直し、何若いくせに人生に頬杖ついてんだと。80メートル付近、地面にやりが刺さるたびに、私の胸もチクリであります。
今日から変わると決めた。て、言うのも107回目くらいけどね。













17:19

looseness at 17:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年08月21日

8/21

考え事をしていると、自分の世界にどっぷりでまわりで何が起きても気づかなかったりする。
頭に刺さっているのは夏の工作のペットボトルロケットで。開発者は日焼けした小学生。
思ってた以上に勢いよく飛ぶペットボトルロケット。最初は歓声をあげたものの、伸びすぎる飛距離と消えた機体。すぐにそれは不安に変わり。
「確かこの辺に落ちたハズー。」と迷い混んだ公園。

ベンチに座っていた青年の頭に刺さったロケットをみて、やべー逃げろとスタコラ。
しかしは青年は腕組のまま、ぼんやり遠い目で、考えても仕方がないことばかり考える。考える人。それは考える自分が好きなだけの人。思考は宇宙。しかし夢がない。


同い年の友人は、ロックミュージックとかヒップホップの枠を超えて、音楽で宇宙になりたいと言っていた。
「宇宙には!」
「銀河には!」
「時間軸が歪みが!」

夏が終わると、夢もさめて、失業保険も終わるから、早く仕事を探すべきだと思った。



****

少女がおっさんに殺された。そんなニュースが頻繁に伝えられ。その頻度に、どこか受け手も感覚は鈍り、驚きが薄れてしまう。
朝のニュースで、深夜の警固公園に集まる10代の女の子たちがインタビューを受けていた。
かわいらしいモザイクで顔を守られて、ふざけながらクラブに入るための偽造免許証を持っていると告白した。
危ないことをしたいから、と言うわけでもなく、暇だからと応えていた。

マクドナルドは売上が低迷しても、やさしく彼女たちを受け入れる。それはもう僕が小学生の頃から変わっていない。
親や先生よりも確実にマクドナルドはやさしい。
どんな雑談でも悪口でもいくらでも聴きますよ。朝までどうぞ。ピロリ、ピロリと相づちをする。

長いけどタール低いタバコに火をつけて、くるくる回るイスにちょこんとバッグも座らせる。そこに付いている大きめのディズニーキャラクターのキーホルダーは、大人びたエナメルのバッグには不似合いだけど、その年代の心のデコボコは見事にあらしていた。
トレイの底に敷かれたクルー募集の紙でも、居場所の少ない女の子たちに全力で笑いかけている。このまま売上が上がらなかったら、スマイルの有料にしちゃうぞ。それでもマクドナルドは彼女たちにとっては必要。ここは逃げ場ではない。ただ携帯充電したいだけやし。



****


縦の糸も横の糸もわたし。



クラスメイトが一足先に卒業された。自分のちょうど倍くらい生きてる方だ。
「若い子とちがって覚えが悪いの。」とよく漏らしてた。
ちょうどみっちり終わったノートをみて、努力の量が伝わった。鮮やかに色合いの表紙は学校が始まったころのウキウキがそのまま詰まっていて、すごくキュートに思えた。











23:04

looseness at 23:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年08月18日

8/18

朝晩、少し涼しくなりましたね。
てのが毎年お盆の前後。
近所のおばちゃん達が話してる。暑さが緩和されるのは嬉しい反面、妙にさびしく、センチメンタルを独り占め。


酔っぱらって家帰って熱湯甲子園だけ見て。野球部ではもちろんなくて。それどころか、クラスマッチのソフトボール女子投げでピッチャーしてたくせに号泣しちゃう。満塁ホームランとか、打たれたピッチャーにもきちんとスポットライトをあてるから素敵だ。
君のそのキャップのツバは、時に強い日差しから視界を守り、時に流す涙を隠し。ねぇそのツバってやつは絶妙な大きさで君に寄り添う。金のステッカーとか貼らないでね。


プールの監視員が足先で水面をかきまぜながら、来月からのバイトの為にタウンワークに折り目をつけて。
TSUTAYAのジブリコーナーのレンタル中も、少しずつ返却され始め。
アサガオ栽培キットのあのわざとらしい青の鉢も、日に焼けて白くなり始めた頃に。
色んなひと夏のなんたらてやつも店じまいを始める。
ひと夏だからいいの。9月までだらだら続けると、楽しいこともぼやける。その短さがいいのと。強がってみるものの。
挨拶もなしに過ぎる夏の袖だけ少し掴んで、なるべくかわいい顔でいる。
今年の夏は忘れません。



今日は嬉しいこともあったし腹立つこともあった。
あんまり怒ってないけど、無理してキレてみたりもした。みじめ。
でも後から人に話すとちゃんと笑い話にできる。
嬉しいことはそのこと自体が嬉しいてより、誰かに報告して喜んでもらえたり、そういう仲間がいるてことを再確認できることが嬉しい。大人だ、わし。
授業中、こないだのニュースの、ちんちんちょん切られた話になって。想像しただけで、ゾワゾワーけど。
ちんちんなかったら、晴れて仏になれるなと。
色んな物事を平等に見れて、誰にでも優しくできて。仏の顔、三度どころか死ぬまでニコニコできるなと。なんとなく思った。体の中で唯一アバウトな箇所。



****

忘れてないよね遊び来てね。

8/29(土)
@薬院UTERO
OP/18:00 ST/18:30
前売¥1800+1d
【CAST】
ソコラノグループ(東京)
Mantra
THE VOTTONES
東京不足
Num Contena

looseness at 23:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年08月07日

8/7

ももちブランニューサンセット。





西区はあれだ。
もう半分くらい中国人なんやないか思うくらい。ガチに中国人で溢れている。

福岡タワーの下のお土産屋さんで、福岡タワーくらい長いバウムクーヘンを振り回しては、早口で何か言う。それを聞いて笑うのも中国人で。
昔の浜崎あゆみみたいなサングラスして、自撮り棒をシュイン。そっちのやつもシュイン伸ばして、互いにクロスで夏を彩る。
シャチの浮き輪は、空気が半分ぬけたまま、ぐったりと。また明日も付き合わされるのかと思うと力も抜ける。


アイタタこちとら塩なめて水飲んで少し横になりたいとよ。
コンビニ入ると店員の名札が平仮名で「ちょう」て。またか!
季節外れのおでんは完売で、あいつらがみんな食べてしもた。
すいませんと謝ってきたのは「り」さんで。
またか!
この時間シフトどんななってんのテンチョーやけど。

「り」さんて。
大学のとき留学生で「り」さんていた。
「り」って一文字の名字らしいけど、みんなは呼びやすいようにリーさんリーさんと呼んでいた。
リーさんは明るく、いつもニコニコしてらした。
だから付き合い悪くても皆に好かれていた。

兄弟が多いと、話してくれた。
「バイトがアルノデー」と、いつもゼミの飲み会の誘いを断っていた。
最前列で授業を受けて、終わるとすぐに帰宅していた。春になってもいつも同じダウンジャケットを着ていた。
「リーさん今度演奏するから来てよ。」
と誘うと「ワカリマシター」と。一度だけ演奏を見に来てくれた。
昼休み、学食の隣の広場で。みんな足をとめないけど、リーさんは笑顔で手を叩いて、終わったら僕の元にかけより、「So cool!」と言ってくれた。あ、そこは英語なんやと思った。

それからリーさんは勿論ストレートで卒業して、自動車部品の設計かなんかの。わりといいとこに就職した。関東にいった。

あれから会ってないけど。リーさん。一生懸命働いて、たくさんたくさんお金を稼いで。観光地でめちゃくちゃに羽を伸ばしてよ。君は少し真面目すぎた。










23:32

looseness at 23:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)