2015年11月

2015年11月27日

11/27

この街で一番明るいのはパチンコ屋。


な、わけで25時。
商店街の中を一人歩くと。気象予報士が言ってた今年一番の冷え込みを実感実感実感なわけです。
あほかコレ、あほかと。
自分にしか聞こえない音量でマフラーの中で呟く声は暗すぎる商店街では誰かに聞かれているような音量にも錯覚します。
「わぁ!」
と、驚いたのは婦人服屋のマネキンでガラスケースの中、非常灯の光を分けあってモデル立ちで。
それはもう下手なお化け屋敷よりもよほど不気味で。
肩パット入っとるんて洋服に袖を通しても黙ったまま。
マネキンは文句を言わない。女性は言う。
でもマネキンは夜中怖い。
ダイの大人でも足早にその場を去るレベルなのです。



観光地として急成長な地元は、駅に降りるとすぐに海が見渡せ、賑やかなお土産
屋さんを連ね。
いや、るるぶ常連すみたいなソトヅラけども。
子供の頃から過ごしていると何だか素直に応援はできず。背伸びしとるだけやんという気持ちになる。
海辺のイルミネーションを見ると、アイメイクだけ頑張った中学生みたいに思える。
ビルが1つ立つと、懐かしい場所は7つ消えて。子供の頃によくヤングドーナツを買った丸山マーケがごっそりなくなってたのを見たときは唖然。
変わらないで欲しいなと思うのはただのエゴなんだろけど。
そりゃないよーと、欽ちゃんみたいな気持ちになる。













23:05

looseness at 23:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年11月24日

11/24

たまたまつけたテレビでスパニッシュな曲をポルノグラフィティが演奏してたら年末の雰囲気。
十代の頃からそれは変わらず。
ばりばり虚ろな目でそれを眺める。
休日はすぐに終わる。
また何もしなかったと後悔だけはジェンガみたいに積み上げる。


ユーテロで23℃みてウエストで酒飲んで。
いつまでこんな日々続くのかとたまに考える。
大人になってからたくさん大学生と知り合った。
そしてその子達もぞくぞくと卒業して遠くへいった。



期待して終わってのサイクルでぐるぐる目をまわして。
ライブハウスもう通うのやめよてヒャッカイ思った。けど来てる。やや異常だ。同級生でこんなやついない。どこか恥ずかしくも思う。昔ほど音楽すきくない。無理はしない。何処を埋めようとしてるのか謎だ。

昨日買った23℃の音源がとてもいい。どこか懐かしく、人懐っこく。そしてエモによっている。曲がひたすらいい。6曲てサイズもいい。もう5回聴いた。こういうの久しぶりだ。嬉しく思う。








23:00!

looseness at 23:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年11月16日

pork meets girl

リンダリンダを好きになれないのは。

リンダリンダー!までが長いから。





中吊り広告に目をやると。
キャッチコピーのプロたちが、狭い空間で暴れている。
ドリカム新幹線て。
新幹線までやるのか、ドリカムはと。
夢をかなえに、今日行こうて。キャッチコピーがとてもビビビときた。
いつか叶える夢は、叶わない。
いつかって何だか諦め8割な、とても否定的な言葉にも聞こえる。いつかって約束とか果たしたことない。
夢に期限を。短期なほど好ましい。
そして叶わなかったときの為に少しの言い訳を。





架空のバンドをたくさん組んでいる。
それらはお酒の席で。
あ、このメンバーでバンドやろうよてやつ。
だいたいバンド名は日本語表記で、その日、パッと思いついたワードで。翌朝全然面白くない。メンバーはその場にいた楽器してないお客さんとかも入っちゃう。
しかし一時的に意気投合し、永遠の契りを交わすような約束。
バンドやろうぜバンドやろうぜ。
魔法の呪文だ。
スタジオすら入ったことない、架空のバンドを。
たくさん組んでいる。
いつかほんとにやるんじゃないかと、胸だけは一人前におどる。





リンダリンダを好きになれないのは。

リンダリンダー!までが長いから。












22:58

looseness at 22:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年11月05日

11/5

こっそり集めているもの。
コンビニのレジを打つバングラデシュ人の名前。
そうデシュそうデシュ。
いつも名札をチラ見する。



ジャビーン、ラハマン、タパ。

それらを心の中でこっそり収集してる。まるでトレーディングカードを集めるみたいに。こっそりと。
肌の黒い彼らが、青と白のローソンの制服を袖をとおすと。顔と体の絶妙なアンバランス。
幼いときに戦隊もののヒーローの人形の頭をとって、姉ちゃんのリカちゃん人形の体に無理矢理はめ込んで遊んで、へらへら笑ってた。あの違和感を思い出した。顔と体があってない。
けど、そのあってない感じが今コンビニを支えている。彼らはやることがないとき、別にやらなくていいけど、おでんの蓋をあけておたまでかき混ぜる。特別な出汁が出る訳じゃないけど。シャイマセーと魔法の呪文を唱えながらかき混ぜる。
日本人はどこだと、天神の真ん中で首をかしげる。




学祭をみてきた、こないだ。
青春がどぎつかった。
やたらベビーカステラすすめられた。
でも「酒のんでるとき甘いのいらん!」と心で思った。

同じレオパレス同士で仲良くなって、サークルも同じで同じパーカー。その友情が何時までも続きますようにと、心で願った。
お好み焼きひっくり返すやつ持ったままウロウロ。去年卒業した先輩が「これが社会人と学生のちがいよ!」とか言いながらフランクフルト山ほど買ってイキってたり。そこには今も昔も変わらない光景しかなかった。
ライブもひとバンドだけ見た。なんでマキシマムザホルモンの真似する人たちてきまってみんなカッコ悪いんだろ。でも自分たちの先輩も同じことを思ってたんだろなと、白紙のアンケートを提出した。部長さんに話を聞いたらもう何年も前からメインステージには出れなくなったと話していた。賑やかな露店の裏側でひっそりと音を出す部室がセンチメンタルで溢れていた。


29になって学祭に来ても面白くないと、学んだ。
みんながおったから楽しかったのだと当り前のことけど、学んだ。











19:30

looseness at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)