2017年06月

2017年06月27日

6/27

好きなドラマが必要。
生活に。テレビドラマが。

そんな風に思ったのはたぶんこの10年くらい、ずっと曜日感覚がないってことに気づいたから。
カレンダー通りに休みのある仕事にずっとついてないなと。
携帯の待受画面がないと、曜日もこたえられない。
困りはしないが、まずいのだ。
ならばもうドラマしかない。毎週、観るのが楽しみで仕方がないような、テレビドラマさえあれば。あと3日で続きが観れると。自然と曜日感覚が蘇る気がして。

けれどよりかかる、テレビすらほとんどつけない日常。無理してでも飲みに出たいし。人のライブもみたい。沈黙や寂しさを紛らわすのは携帯の画面で足りてる。年をとるほどに色んなものへの興味が薄れ、感動もしなくなると。
言ってたな。
まずいなこれ。




******


無理やりつけたテレビは話題の14歳のプロ棋士で。大人びては確かにおるが、よく見るとやはり14歳。こんなやつ教室にいたなと。休み時間決まった友達とかたまってて、そのなかではやや明るいけど、あとはおとなしい。ゲームの話ばかりして、イラストがうまい。こんなやついたなと。
次の対局での、ネクタイの色。お昼ご飯のメニューの予想。
どうでもいいやろそんなこと思ったけれど、みんなが気になるのはそこだし。
せめて会話の一手先くらいは読みたいところけど、カクみたいに斜めだけな不細工な動き方しかできないし。



******

ザラメの日。
ここ最近で一番お客さん来た。
CDもいつの間にか売れてた。


前日緊張で下痢。
つながれた点滴。
リハで半泣き。
打ち上げびびってハジっこの席。
と。
わりと色々あったけど。

体調不良と、自分達が同席していいのかと。打ち上げ前にモジモジしてたら。福本さんに、今日は絡まんでもいいから、とにかくその場におれと。そいで数年後、実はあの時あの場にいましたと、話せるようになれみたいなことを言われて。
この人いつも酔っぱらってるくせに何てかっこいいんだと、実は胸震えていた。
地方で音楽を続けること。
二十歳くらいのカッコいい子達が上京して売れる!みたいな分かりやすい目標あればよかけど。
地方で音楽を続けること。年とるほど向かい風ビュンビュン系けど。
なんだろうなんだろうと、ずっと考えるけど、きちんと答えは落ちているし、あとはその一つ一つ気づけるか気づけないか。別に音楽に限らず。仕事も生活も人間関係も。そういうことなのかなぁと。




自分の出番5分前くらいにたまたま楽屋で二人きりになり、思いを伝えた。
ばり泥臭かった、自分。
けれど最後握手してくれて、すべて報われた。
そのときのこと今度酔ったときに話させてよ。誰も話聴いてくれんぞ。



******


甥っ子がゴミ収集車に夢中。
パトカーも消防車もほったらかして。
ゴミ収集車2台持ちで。ずっとゴミ回収してる。
将来は警察官ね!とか消防士ね!
とか言えず。ゴミ回収のおっさん。
年収よりも、君らしく。





*****


ネクストギグ。
無理してでも来てね。


7/11(火)
@UTERO
OP/18:30 ST/19:00
¥1500(+1drink order)
【CAST】
イフマサカ
riverside yoshino
田中隆治
vague vogue
ダム狂い
















23:02

looseness at 23:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年06月14日

6/14

来世、ギャルになりたい。


と、今世もまだ終わってないのにずっと思っている。
大人になっても手の甲の根性焼きを自慢されるのは流石にうんざりやけど。
北九州で青春時代で過ごすと、少し悪いやつが正義みたいなのをほとんど暴力的に埋めつけられる。その名残。

しかしギャルは正しい。
正比例するヒールの高さと態度のでかさ。
花火大会、一番目立ったやつが1等賞。
ギャルは正しい。
誰しも心に浜崎あゆみを一人だけ飼い(2000年代)、意外と繊細に、好きな歌詞をSNSに書いたりする。友達多いけど孤独気どったりする。
ドンキの駐車場ですらお祭り広場に変えるその力量。
ギャルは正しい。
早めに母になり、人の為に生きることにシフトチェンジ。
ギャルは正しい。
しかし

0:45
平日のGEO。
クレヨンしんちゃんの長編を持ってヨチヨチ歩くギャルの子供を昨日見て。
今からそれ見て、明日の保育園休むならば。野原一家にはなれないなとか思い。
やっぱり来世ギャルやめとこかなーとか。「月刊・来世」をめくりながら考えたりしてる。
来世もまた人がいい。
ギャルじゃなくてもいい。




*****

ホタル族とは、家の中でタバコを吸えないので、ベランダに出て喫煙する人々。暗闇の中に光るタバコの火がホタル。
群れるはずのホタルが、都会に迷いこみ孤独に。

その煙が上の階に流れ、受動喫煙でクレームだとか。そんなことを16時のニュースでみて。一家の大黒柱なのに、居場所がない。浜崎あゆみばりに、ない。
タバコはけして悪ではない。百害もない。ニサン害くらい。
吸って、忘れたりできるものがあるならば、ある種正義。
自分がタバコ吸わないから。
お店で飲むとき、ついつい灰皿もらうの忘れちゃう。ホタル族は実はとても謙虚で。その輪の中で喫煙者が一人のとき、まわりに気を使い、灰皿もらうのためらったりしてる。全然かまわないのに。だから相手の為にもらう灰皿、大切。



はじめてみるホタル。
幻想的。
草まけした皮膚のこと一瞬忘れて、のみこむ息。
地球にこんな場所があったのかと。
「ホタルを見に行こう」とるるぶで特集されなくても。
昔はこれが当たり前だったのかと。

劣らないほど、美しくあれホタル族。
負けないで、値上げに。
マンションベランダ。せまい空間。夜景と携帯の画面を交互に見ながら、少しのストレスと憂鬱を吐き出して、明日の仕事のこと考える。
その生きざま、苦悩の光。美しくなきゃ嘘だそれ。




******


やっと肩の荷がおりる。
話をもらった5ヶ月前からほんとにずっと緊張してた。春先から仕事でもプライベートでも色々あった。
やっと楽になれる。そのことが嬉しい。あと2日。終わったらもう、ゆっくりする。
19時ジャストに始めたい。一曲でも多くやりたいので。



6/17(土)
「zArAme福岡LIVE」
@UTERO
OP/18:30 ST/19:00
前売¥2300 当日¥2800(+1drink order)
【CAST】zArAme(札幌)、ミミレミミ、the PRACTICE、HALAS pauses in the dark of hope.、ダム狂い

OPEN 18:30 
19:00-19:30 ダム狂い
19:40-20:10 HALAS pauses in the dark of hope.
20:20-20:50 the PRACTICE
21:00-21:30 ミミレミミ
21:40-22:30 zArAme
















22:13

looseness at 22:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年06月12日

6/12

どぎつ鬱で苦しんでいた職場の後輩は。
資格もかっちり持っていて、まじめだったし。奨学金の返済や買ったばかりの車の維持費あるから早く夜勤に入れるよう頑張りますとけなげにスタコラ働いてらして、愛をもって入居者さんに接してらしたし、すごい何か天性のものを感じるぞと期待してた矢先、急に休職し、あ、もう結局辞めたよと上司から聞いたのは一昨日のこと。
当たり前のようにいう。ここまで離職率高いと、色んなものに鈍感になる。
あと新人さんの名前を無理して覚えようとしなくなる。いつまでもつのかなぁ。もってからでいいや覚えるの、と。
エレベーターで一緒になっても自己紹介もせず、便利な言葉、お疲れですの多用。
気づいてあげられなかったなぁとか。
そんな偉そうなことも考えず。
ただバックヤードで握ってきたおにぎりを食べずに。壁にもたれて握ったままの姿に。一声かける一声かけると。
優しさとかなんたらとかそれ以外の。人として当たり前のこと。それを実行する勇気がなかったのは悔やまれる。今はほっといたほうがいいのかなぁのブレーキ。びびってかけすぎてしまう。




仕事は楽しいよ、大変だけど。
シロップのあの歌。すごく疲れているメロディ。
まるで誰かに送る手紙のような歌のこと少し思い出して。
世の中で働く方々。社員フリーター派遣自営田んぼなんでも。リスペクトえぐ。美しさしかない。
人様の愚痴を、あたしゃ聞きたい。
好きな音楽みたいに。
ハロー、ハローワーク。
毎年ハローワークのまわりに咲く桜は、誰かを祝福しているのか。
なんのために働くか。
お金のため、家族のため、将来のため、やりがい、プライド、暇潰し。
そんな明確で分かりやすい答えが転がってるとも限らないから。
とりあえず働きながら模索続ける。理由を欲し続ける。評価や、ロッカールームでこっそり話される自分への陰口。よっしゃと耳をふさいでも、きちんと聞こえてくるタイムカードきる音。ジジ。iPodのカリカリ音くらい、気持ちのよい音、ジジ。




******

何かつらいことがあったその日にもう、今日のこのこと数ヵ月後の飲み会の席での笑い話にかえよと考える。心の強さが青鬼レベル。
金棒よりもドンドンドン・ドンキーのようなもので人様の後頭部を殴る。
きびだんご程度で簡単に体を売った、猫、羊、シャチと。みなからオーナーと呼ばれている寿司太郎さん。
四人の暴行に簡単にやられてしまい、まだローンの支払いが途中のお宝をごっそり持っていかれて。やつらは故郷に帰るなり、すぐに英雄になり、凱旋ライブみたいなものを主催し、もうほとんどAメロのそれバンプオブチキンやろみたいな曲を演奏し、女性客をかっちりつかむ。
日本のために、頑張ってるんじゃない。ずっと自分のため。しかしそんな個人的な歌は売れない。
知ってた?青鬼の肌の色。ドラえもんが青くなったのと同じ理由。
ブルーを抱えて生きてるが故。


******

やれることやった気がする。告知に関しては。ビラ配り、正直つらかった。もうせん。待ってる。
 


6/17(土)
「zArAme福岡LIVE」
@UTERO
OP/18:30 ST/19:00
前売¥2300 当日¥2800(+1drink order)
【CAST】
zArAme(札幌)
ミミレミミ
the PRACTICE
HALAS pauses in the dark of hope.
ダム狂い












11:58

looseness at 11:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年06月10日

6/10

もちろん毎日会ってるわけじゃないが、昨日ヨウイチローと昔話をしてあのへんで出会った人たちとはもう7、8年のお付き合いで。
なんとなくその月日の長さを思い浮かべるとき僕らはすぐ小学校の長さと比較しがちけど。もしランドセルをからってたらきっと色褪せてボロボロで、授業参観のお知らせのプリントが底でぐしゃぐしゃにつぶれて。大きかったはずのランドセルけどずいぶん小さくなったなぁとか振り返ったり。そのくらいの期間。わりと長い。が、あっというまでもあった。


あの頃よく来てた人がパッタリ来なくなってしまい。とくに女性に多いけど。
結婚や出産、経済事情、飽きた、もう顔も見たくない、それぞれ理由はきっとあるだろうけど。
人が熱心にライブハウスに通う期間て。長い人生でみると、わりと一瞬。一般的には。
その一瞬にものすごく情熱をそそぎ、何か燃やし続け。もう大丈夫になったらさよならなしで去っていく。
けして悪いことじゃないし。そんなこといちいち嘆いてる暇もないくらい、毎日忙しかったり、新しい人とも出会えたり。幸運なのか不幸なのか、考えてもわからないけど、今、あえる人、よけいに愛しき。それにつきるのです。



「最近あの人見なくなったね。」


「あの人は家がオクラホマのほうやから、きっとトルネードに飛ばされたのさ。」



またいつでも帰ってきてね。





******


好きな人のパーカーのフードには何かを入れたくなると。
小5ごころ。
それは一種のちょっかいみたいなものやろか。けれど、つねってみたり、消しゴムをとりあげたり、スカートめくりしたりの体育会系のちょっかいとはまた別の。
すごく大人しくてかわいらしいちょっかいに属す。


入れるものは大切。センスでる。
噛んだあとのガム、食事をしたお店のおごりレシート。最悪じゃ。
ゴミ箱ちがうから。
だめだめ。
後から気づいてキュンとなるもの。
キュンとなるもの。チュッパチャップス。恋みくじの紙。なるものなるもの。
しかし結局気づかれずに洗濯機の中で。
それでいいのかもしれない。気づいて欲しいけど、気づかれなくてもいい。その立ち位置でいつまでも。



夏が来る。
半袖になる。
そこにフードなんてない。
想いは言葉や態度でがベター。




******



亡くなってから初めて夢にばあちゃん出てきたし、耳元で名前を呼ばれ「わぁ!」となって目覚めたのが今朝。1分くらい胸がドキドキしていた。色々と用事を済ませてから来たらしい。
その前に見てた夢がめちゃくちゃエロいやつで、なんか申し訳なかった。













21:24

looseness at 21:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年06月09日

6/9

夏が来る前にやっておくべきこと。


下を向いている蛇口を上向きにひっくり返すこと。
他は特になし。
来てからやる。それで十分間に合うことがほとんど。はりきるだけいつも損、夏。


夏の星座にぶら下がるのもよかけど、僕は下からみる花火の美しさを知っている。なるべくたくさんの人に揉まれながら、コンビニトイレの列に絶望し、すっかりぬるくなってしまったビールを持って会場までゆっくりと歩くこと。
その苦労があるから、やけに綺麗に見える。高層マンションのガラス張りの部屋から見ても、たぶん感動しないて思う。


子供の頃は誰かに遭遇しないかなと、そればかり期待していたが、大人になるとできれば知り合いに遭遇したくない。
グループデートに憧れてたけど、大人になるとそんなんいいけん好きな人とはなるべく早めに二人になりたいとか思う。ともちんがこないだ北九州の女性はご飯誘うとすぐ皆で行こうかに持っていって夢を見させてくれないみたいなMCしてた。妙に共感した。
リンゴあめとかクレープとか、絶対買いたくない。あの暑さで増長した甘さに吐き気をおぼえる。口まわりから手のひらまでべたべたするし最悪。フリー濡れティシュがそこらじゅうに設置されてたらよかけど、そこまで面倒見てくれない、シチョウソン。
子供のころは食べたかったのになぁ。
あのとき満たしたかった欲求て丸ごと。
時間がたってトタン板の上で干からびて、いま少しは満たせるようになっても、もう賞味期限切れすぎてて、魅力を感じない。あのとき満たせておけばなぁと思う反面、満たせない後悔があるからこんな大人になれたと。良かったのやら悪かったのやら。胸の中で静かにあばれるそれ。花火のかやく。




******


硬い背表紙がないからよく開く。
だから文庫本は好きだし。バッグにも入るし値段も安いし。よく考えると文庫本は良いところしかない。好きな本は文庫本出たら買い直したいくらい。

しかし、今日気づいたことは文庫本は中の紙もやわらかく。すぐにページの角が折れてしまうこと。

感動する一行があるページは必ず読んでるときに角を折り返す。
数年後、ふと読み返したいなとか思うけど、なかなか時間がなくて。せめてその角を折り返したところだけ、もう一度読み返そうとよくする。
ときがたっても、やはり感動するものは感動するし。そうでもないなと、若かったなと、なるものもあるし。そこで自分自身の加齢だとか、価値観の変化とか経験とかその他もろもろ。振り返るとてもいい機会けど。
しかし中には角を折り返してはいるが、どの一行に心打たれたかわからないときもある。いやこれぜんぜん普通のページー。
この折り返しは、僕が意識的に折ったものか、汚い部屋の中、なんかの拍子にたまたま折れたものなのか。いつも文庫本に悩まされる。
お腹を空かせた少年のよう、とにかく文章で感動しときたい。
あとはもうブス。













11:06

looseness at 11:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年06月03日

お菓子

仕事。
お休みを頂いたので。
買っとかんばなーと。出勤前にお菓子を。あまおう苺のしっとりフィナンシェ20個入り。正直なんでも良かったけど。箱がでかかったから、それっぽく見えるかなぁとか、その程度の理由。
ご迷惑おかけしました。よければお召し上がり下さいと。バックヤードにセッティングしようかすると、上司に見つかり、「迷惑かけたわけじゃないから、そんな気は使わない方がいい。」と。
言われ、結局置くのやめてロッカーにしまう。狭いロッカーやから。制服やカバン。お茶と栄養ドリンクでパンパンになっており、そこにこのサイズの箱、おさまりようがないぞと。自分で持って帰るのものなんか変だなぁと。お菓子あまり食べないし。困ってた。

深夜、仮眠前。そう言えばあまおう苺のしっとりフィナンシェあるなと思い出し。ひとつ食べてみるかと。
時とまる。
うますぎる。
しっとりと、繊細に。あまみ、絶妙に。
なんやこれと。
興奮とまらず。
なめてた。お土産コーナー。
あまおう苺のしっとりフィナンシェ。
いや、これ普通にまた買いたいと。
これはもう、中世ヨーロッパ貴族のおやつやと。あまおう苺のしっとりフィナンシェ。戦争も終わると。あまおう苺のしっとりフィナンシェ。仮眠どころじゃなくなった。


******

平日。
スタジオ23時。
微妙にあく時間をひとり、サンクスのフリーイートスペースで過ごす。
極楽とラインで、ジャンプで連載してたバンド漫画、ブレーメンの話で盛り上がり。ジジで企画しようとか。ブレーメンがやってそうな曲作って演奏しようとか。そんな話で盛り上がり、こんなときだけどワクワクがとまらない。
ドラッグストアに買い物行く女の子についていくのすごく楽しい。たまたま遭遇した友達やメンバーとファミマの前でビール飲むの楽しい。新曲、徐々に仕上がる感じ、ゲー吐くほど楽しい。ラップ考えようとウエスト行くけど、結局飲んでお喋りしちゃうのたまらん楽しい。わし、やはり音楽のこと好きすぎる。
部屋で一人考えて、気持ちの整理つけたり。深めたり。
そんなことよりも。思考を変えようとするよりも、行動を変えること。なるべく誰かと過ごすこと。いつの間にか時間が経過していること。
けっきょく、いつもこれにつきるなと。なるべくなるべく許される限り、面白いことだけしときたい。人生。
朝顔栽培キットの鉢植えのあの青さはわざとらしい色てそんな曲作ったけど。実家にあった栽培キットの鉢植えは、僕が持って帰ったか姉が持って帰ったか不明けど。さすがに20年以上の月日がたつと、わざとらしい色とは程遠く。雨風、年月。すべて背負って日焼けまでして、白が強い。ざらざらした質感。
中に朝顔はもちろん咲いてるわけもなく、たぶんおかんかばあちゃんどっちかが植えた、わけわからん植物、スコップとともに。そうなると妙に、かっこよくも見える。
やぺろに貰ったヤングドーナツ。バックの中で表面の砂糖が溶けて、ドロ。
お菓子はあまり食べないけど。いざ食べると美味しい。まわりの人にゲチャゲチャに助けられており、あとはもうザラメのことしか考えてない。
おいでやす。すまし顔で待ってる。
バンド人生かけて告知してる。
返信率、2割弱。













1:51

looseness at 01:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)