2018年12月

2018年12月24日

12/24



佐賀のまるくんと10年以上ぶりに対バンした。
特に変わってなかった。
佐賀ガイルスにまっさんのライブ見に行ったとき、手ぶらでじゃなぁと。なぜかミスドを買ってから行った覚えがある。たぶん10代だった。のちに、ミスドは必要ないと知る。
まるくんはその時にちがうバンドで出てらして、まだニルヴァーナのコピーとかしてたと思う。ボーカルの人を蹴飛ばしてるいた。怖いなぁと思った。あの頃。




********




あの頃は、あの頃はと。
誰にでもあの頃と、いうものがある。
最終電車のつり革で、ほぼ首を吊ったように眠るおっさんにも、八百屋なのに最近暗算ができなくなってしまったおばさんにも。例外なくあの頃はある。

歳を重ねるほどにお酒の席の話題は、あの頃に支配される。
何度も出てくるあの頃というワード。口にすればするほど、そのあの頃は遠ざかる。でも何かを確認するみたいに、みんな言う。砂場で見つけたおもちゃのよう。大事に大事にしまっている。



********



介護施設で、VR旅行体験と。
そんな動画をたまたま見た。利用者はVRのゴツめのゴーグルを取り付けて、目の前に広がる、行きたかった場所の景色を堪能していた。足が悪くてもどこへでも行ける。しっかり目元が隠れてプライバシーの保護もできる。デイサービスの送迎車の後ろのガラスはいつも曇っている。この国で歳を重ねることは、まだまだ恥ずかしいようだ。
あの頃の風景。
更にはあの頃出会った人。
将来、それすらVRの中にポンで。
あとはゴーグルのデカさも、今の深海に潜るサイズじゃなくて、ハズキルーペくらいになって。お手軽にタイムスリップ。そんな時代も来るのだろうか。
過去に引っ張られ過ぎて前の向き方を忘れる。その前に、今日見る景色。今日、自分の足で行く場所。その素晴らしさも忘れぬよう。



********



ホッピングだ。
思い出した。ホッピングだ。
あの愉快な乗り物は。
子供の頃、姉がクリスマスプレゼントで貰っていた、あのファンキーな乗り物は。ホッピングだ。
バイン!バイン!
と陽気な音を立てて、バネが躍動する。
あの乗り物。
公園までの移動手段になっていたホッピング。バイン!バイン!
歩いた方が速かったけれど、僕は羨ましくて、指くわえて見ていたな。
悩みを抱えていても、乗るだけで何もかもがポジティブになるそれ。
ホッピング。

やがて、ホッピングは傘立ての横にもたれて。
誰にも気づかれるず、いつのまにか姿を消した。
ピザの宅配の兄ちゃんが、全員真っ赤なカッコしてるけど。
あれはどうやら返り血らしい。
まじメリクリ。






********

next👉2/23@UTERO
(たぶん)









17:44

looseness at 17:44|PermalinkComments(0)