2009年02月26日

給料日はうれしい。
今日くらいはええもんを食おう。腹ペコさー。



インザとんかつ屋。
閉店間際。
お客さんは僕ひとり。と、思いきや小学生の女の子がひとり。
少し離れた席に座った。


こんな店にひとり。こんな時間にひとり。小三がひとり。
カレーをたいらげて、漢字ドリルを始めた。
消しゴムのカスがたまってきた。消しゴムのカスを集めた。下敷きにのせて遊んだ。もう漢字どころではなくなって。必死になって遊んで。どんどん自分の世界に入る。

僕はこの一連の流れ、やはり素敵だとまた実感してしまう。
この時間の、この光景、色んな人間くさいドラマがみえてくる。
お母さんの仕事が終わるまでここで時間をつぶさなきゃ。家で一人で、ゲームはあってもご飯はない。



とんかつ屋でひとり、宿題の小学生。漢字ドリルの小学生。


風穴をあける、そのドリル。酸素がそこから少し漏れるドリル。


sanso_chudoku@

we_love_kokyu@


アドレス変える前に機種変を。









ルルっ曲
カニ、兄弟でユートピアを渡る/ruruxu/sinn


looseness at 00:37│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔