2016年11月25日

やっぱりリアル本屋はイイネ

image
出張先のジュンク堂書店で久し振りに買い出し。
持って帰るのがチト難儀ですが、掘り出し物あったなぁ😃


losange at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日常 

2016年11月21日

これが来るのか


YouTubeに県の新しい漁業取締船『あづま』試運転の動画がupされてました。
就役時には小名浜で式典やるだろうから、県のWebページにプレスリリース載せてくれないかな。

losange at 22:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 船舶 

2016年11月18日

もうちょっと詳しいアンテナ情報を欲してるんですが

image
image
仕事で訪問した広島工業大学敷地内にパラボラアンテナがありました。
天頂方向を向いているこれは直径13mのもの。

image
image
こちらは7.3mのもので、前掲のとは違いトレーラーに積載されています。
検索してみると「可搬型」と言われていますが、これをトラクターで牽いて学外へ移動させることってあるんでしょうかね?

大学では、上掲のアンテナを用いてLANDSAT-7、EROS-A1、ENVISAT-1等のデータを受信し、様々な研究に用いているそうです。


losange at 01:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ステキな構造物 

2016年11月16日

試験電波確認するの忘れてた!

rfc西金山FM補完中継局いよいよ開局!
2016.11.16

今日11月16日、ラジオ福島の7番目の放送局“rfc西金山FM補完中継局”が開局します。本放送開始は午前7時過ぎ。あらかじめ収録しておいた金山町立横田小学校の皆さんのカウントダウンで放送をスタートします。
西金山FM補完中継局は、国の民放ラジオ難聴解消支援事業の助成を受けて金山町が整備し、ラジオ福島が運営する公設民営の中継局で、周波数は79.3MHz、出力は20W。放送区域は、只見川沿いの越川、横田、大塩など金山町西部のおよそ370世帯で、今年1月に開局した東金山FM補完中継局(周波数77.8MHz・出力20W)の放送区域と合わせると、三島町早戸から只見町との境界にある滝ダムまで、国道252号沿いのおよそ30kmの区間でラジオ福島の放送が聞けるようになります。
尚、金山町では大きな被害の出た平成23年の新潟・福島豪雨災害を教訓に、ラジオの難聴解消に取り組んでおり、来年の完成をめざす金山中継局と合わせて3つの中継局で、町内全域の難聴を解消することにしています。

image
image
今日から運用を開始したラジオ福島の西金山局。東金山局に続いてAMラジオ難聴地帯である金山町の聴取状況改善のために設けられました。
工事を請け負ったのはNHKアイテック東北支社で、工事期間は平成27年11月24日〜平成28年12月28日となってますから、周辺整備などの工事が残っているのかもしれませんね。

じつは、西金山局を訪れる前に東金山局にも行こうとしたのですが、局へと向かう道路が鎖で閉ざされていたので断念しました。
天気が好ければ徒歩でアクセスしたんでしょうけど、雨模様でしたからねぇ。



losange at 12:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ステキな構造物 

2016年11月10日

こりゃマズイなぁ…

image
実家へ戻ったことは前の記事に記しましたが、目的は車のタイヤ交換とバイクの冬支度。
結局今シーズンもあんまり乗る機会が無かったので、タンクに入ってる燃料を新しいのに換え、キャブレターから溜まっているガソリンを抜いておきます。

image
タイヤの空気もだいぶ抜けていたので、正常な値まで補充。
このあと、ちょびっとだけ山道を乗ってきました。
来期はもうちょっと乗る機会を得られるかなぁ…

image
問題だったのはNS50Fのエンジンが掛からなかったこと。
キックしてもダメだったので、押し掛けを何回か繰り返してみるもやっぱりダメ。
バッテリーとキャブレターは正常だったので、念のためにプラグを外し火花が飛ぶか試してみたら・・・あれ、飛ばない?!
夏に乗って以降、特に何にもしてないんだけど、CDIでも逝ったかな〜。


losange at 12:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0) バイク 

2016年11月09日

いつまで脛齧りでいるの?

放射能
原発避難者ら「路頭に迷う」〜住宅支援の継続要望

投稿者: ourplanet 投稿日時: 火, 11/08/2016 - 01:25

住宅支援が来年3月に打ち切られるのを前にして、8日、原発事故による自主避難者らが支援の継続を求めて、政府交渉を行った。

政府交渉を行ったのは、自主避難者らがメンバーの4団体で、対応したのは内閣府や復興庁、国土交通省、環境省ら国の担当者と福島県の担当者。被災者らは、除染が不十分であることや、福島県の小児甲状腺がん及び疑いが174人になっていることを指摘。

これに対して、環境省の担当者は「除染実施前と比べて、空間線量は低減している。フォローアップを行う」「甲状腺の被ばく線量は、チェルノブイリよりも低い。原発事故が根拠であることは認められない」と答えた。

住宅支援に関して、内閣府の担当者は「災害救助法に基づくもので、都道府県知事が判断する」と説明。福島県の担当者は、市町村の除染計画が進んでいることと、食品の安全性の確保を理由にあげ、「避難指示区域外の方への支援を終了することは県が判断した」と認め、住宅支援打ち切りを見直さない考えを明らかにした。

被災者らは「避難生活を続けたい」「路頭に迷うような追い出しはしないで欲しい」と住宅支援の継続を訴えた。

発災から5年にわたる家賃補助の支援を受けていたのに何の対応策もとっていないこの連中は、いったん路頭に迷わせた方が良いんじゃなかろうか?

彼らはいつまで善意に縋れば気が済むの?

−追記−
余計な尻押し
交渉の場には、余計な尻押しをするバカ2人も途中から加わったようで…


losange at 12:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 東日本大震災 

2016年11月08日

思った以上に揃ってました

image
過日、実家に戻ったところ、伊達市月舘のイベントで発動機運転会が催されるとのことだったので足を運んでみました。

image
イベント会場の一角が運転会に充てられ、およそ20台の発動機が並んでいました。
毎春、大笹生で運転会を催す県北発動機愛好会の会員が持ち込んでいたようで、私にとっては馴染みのある機種もちらほら見えます。
私が臨場した時間は撤収間近だったこともあり、稼働していたのは10台に満たない数でしたが、晩秋の冷たい空気を吸いながら元気に動いている発動機を興味深そうに眺める御仁も結構居られました。

当日並んでいた各発動機は、別途upしてみるつもりです。


losange at 22:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 愛すべきキカイたち 

2016年11月07日

まず第1陣

CX-5タイヤ交換
さきの週末は、とりあえずCX-5のタイヤ交換をしようと実家戻ってました。
併せて親父のPASSOのタイヤも交換してきましたが、iQ、Jeep、ステラ、ハイゼットと残り4台が控えてます。


losange at 19:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) くるま 

2016年11月04日

マニュアルだったら愉しかったかも

BlogPaint
相方のCX-5が車検の時期を迎えたので、ディーラーへ預けた代わりにあてがわれたのがアルトキャロルでした。
平日だったからあんまり乗る機会の無かったのが残念。


losange at 22:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) くるま 

2016年10月31日

iQの後継はこれも候補

UAZ
排ガス規制等の関係で輸入をストップしていたUAZ-452が、来春あたりからまた輸入再開の運びとなるらしい。
少々値は張るみたいだけど、使いでのある車だから所有してみたいよなぁ…


losange at 23:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0) くるま