2011年02月15日

「クラウド化」と「点検機能・故障探求機能」

こんにちは。レッドクリフ(赤壁)です。

汎用スキャンツールの普及検討会の第3回が
先日(1月28日)に実施され、クルマの電子整備の必要性から、
整備事業者に大きな課題が投げかけられました。

最終的に、3月24日に第4回を開催し決定されますが、
「電子整備のクラウド化」と
「点検・車検時の故障コード点検の標準作業」の
2つの大きな方向性が示されています。

2つの大きな課題は、
スキャンツールを持っていない整備事業者はもとより、
既存のスキャンツールを持っている整備事業者にとっても、
1社だけではどうすることもできない大きな壁となってしまいます。

「クラウド化」は整備事業者1社ではどうすることもできません。

 「故障コード点検の標準作業化」は、
既存のスキャンツールでは時間がかかりすぎて、
とても全ての点検・車検対象車両で実施することが
難しくなるからです。

最近では、点検機能に特化したコードリーダーなる簡易版も
発売され業界のニーズに対応しようとしていますが、
残念ながら「クラウド化」には対応していません


 一方、 LOSSO-9/EagleCatchユーザーは、
2つの課題を、既に楽々とクリアしています。

 「クラウド化」については、全国の点検結果が
センターサーバに集約され、
車種ごと走行距離ごとの故障コード傾向が把握できますし、
故障時には修理のための問合せ窓口があります。

「クラウド化」にはいくつかの段階があり、第一段階の点検機能はLOSSO-9/EagleCatchで対応しています。

さらに将来、故障探求機能についても「クラウド化」する場合には
新たな仕組みが必要になるかも知れませんが、
「クラウド化」を実現している唯一のものです。

「故障コードの点検」については、
国産車では、電源、メーカー選定、診断ボタン操作で、
点検結果メールを待つという簡単操作で、
結果帳票を印刷しても5分とかからないので、
入庫全数に故障コードの点検の実施を実現できています。

全国の整備事業者の方々とお話して実感することがあります。
ほとんどの方は、故障探求機能に相当なこだわりがあり、
 LOSSO-9/EagleCatchに物足りなさを感じるとおっしゃいます。

 実は、
今回の汎用スキャンツール普及検討会で打ち出している
点検作業は故障探求機能がなくとも対応できるものです。

今回標準化されようとしている点検作業は、
医者にたとえると聴診器で行う診察です。
聴診器で診察して、異常の可能性があるときに、
精密な検査機(CTスキャンやMRI等)で異常を突き止めていきます。

クルマの電子整備(診断)も同じです。
点検機能(消去機能付)と、故障探求機能を分けて考えないと、
日々数多く入庫してくるクルマの点検に対応できなくなってしまいます。

100台入庫して数台あるかないかの利用機会のために
故障探求機を必ずしも持つ必要はありません。

クルマの整備は、
「いくら時間がかかっても直して何ぼ」の考え方を
入庫する全数のクルマで実践することは難しいと思います。

 整備業界も取り扱うクルマの進化に応じて発想を変え、
点検ツール(消去機能付)と、故障探求ツールを
分けて考える時代になっているのではないでしょうか?

(次回へ続く)



losso_9 at 14:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年12月06日

第2回 汎用スキャンツール普及検討会から

こんばんは、レッドクリフ(赤壁)です。

 第2回の汎用スキャンツール普及検討会が
11月26日(金)に開催されました。

 整備業界は大変なことになりそうです!
といっても、LOSSO-9を普段から活用している皆様には、
何の心配もありません。

 当初からこのプロジェクトで提唱してきたことだからです。
車検時や定期点検時に、故障コードをチェックする作業が
標準作業となる案が有力になってきました。

 検討会で配布された資料によると、
専業整備事業者におけるスキャンツールの普及率は
約3割とのことです。
 残り約7割のスキャンツールを持たない整備事業者は、
車検や定期点検の標準作業ができないことになります。

いよいよ、待ったなしです。
電子整備に対応していない事業者は淘汰されてしまう
かもしれません。

汎用スキャンツールの普及検討会は、
2011年3月までに一定の結論が出てくる見込みですが、
LOSSO-9ユーザーの方はご安心を。

LOSSO-9を持っていても、使っていないユーザーの方は
今からでも遅くありません。
毎日の整備業務、入庫時チェック、出庫時チェックの作業を
各社の現場作業の中に取り入れていただければ
問題ありません。

これまでも、これからも、
未来を自分たちの手で

(次回へ続く)

losso_9 at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年11月22日

MCPCフェア

こんばんは、レッドクリフ(赤壁)です。

「MCPC(モバイルコンピューティング推進コンソーシアム)
モバイルソリューションフェア2010」が
2010年11月26日(金)東京の青山TEPIA(テピア)
で開催されます。

MCPCアワード2010の
審査委員長特別賞&モバイル中小企業賞の
ダブル受賞のモバイル活用事例として
ロータス九州による
「モバイルを使ったクラウド型自動車整備用ツールLOSSO-9」
のセミナーが予定されています。

また、
展示会場には、通信事業者やシステムベンダー等の展示に
混じって、ロータス九州/エムログのブースでは
「LOSSO−9/EagleCatch」を出展します。

モバイルの活用事例の中にあって、がっちりと自動車整備業と
手を組んだ異色のソリューションとして注目されています。

ソリューションと言えば、いまだにコスト削減・効率追求が
主流の中、自動車アフター市場に共通する課題の解消と、
経済効果が期待できるスケールの大きさが評価されています。

これを見た通信業界・コンピュータ業界の大手企業は
どのような印象を持ったか、あるいは何も感じないか
非常に興味があるところです。

後日追記、
11月26日当日は、通信業界・コンピュータ業界等の大手企業を
中心に多くの来場者があり、
セミナー会場にはグランプリ受賞の岡山県警の「PITシステム」
以上の聴講者を集め、
MCPC事務局の方からの「元気をもらった」というコメントに
代表するように、大きな反響があったことを報告します。

奇しくも、同日の11月26日国交省で
「第2回 汎用スキャンツールのあり方検討会」が開催されました。
電子整備に対して、まだ目を覚まさない整備業界の方々には
退場を迫る大きなうねりが本格化することが明らかになりました。
こちらは、別の機会にご報告します。

未来を自分たちの手で
‐良くも悪くも未来は自分たち次第‐

(次回へ続く)



losso_9 at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年11月15日

ハチドリのひとしずく

みなさんこんいちは赤い彗星です。
先日、地元での役職の関係で教育系のフォーラムに参加してきました。
全くの別業種なので面白い発見もあり楽しんで関わっています。
その中で冒頭の挨拶での話や講演会の話を紹介します。

つめこみ教育というのはもうすでにパンパンで入らない状況
なのに無理矢理詰め込むことをいうことで、まだまだスカスカ
な状態に入れることは詰め込みとは言わない。みなさん真剣に
考えて下さいと冒頭市長からの挨拶で会場はシーン。
(参加者は先生がほとんどでした)

その後、講演会の講師は医師、NPO法人ロシナンテス理事長
川原尚行氏で、後で聞いたのですが情熱大陸やその他のTVにも
出演されていらっしゃって結構有名な方でした。
話の内容は全て自分の生き様を高校時代から今にいたるまでを
わかりやすく面白いエピソードを交えながらあっという間の90分でした。

そんな中最後に話されたのが「ハチドリのひとしずく」でした
短い話なので紹介させて頂きます

森が燃えていました
森の生きものたちは
われ先にと逃げていきました
でもクリキンディという名のハチドリだけは
いったりきたり
くちばしで水のしずくを
一滴ずつ運んでは
火の上に落としていきます
動物たちがそれを見て
「そんなことをして
いったい何になるんだ」
といって笑います
クリキンディはこう答えました
「私は、私にできることをしているだけ」

この最後の一行、私は私にできること・・・
ここがすごく重要だと感じました。
私がクリキンディならもっと効果的な方法をとか

ただし講師の川原先生も言われていましたが
意志と行動の大切さを感じながら人生を生きることが
とても大切であると

もしかすると今回の我々のチャレンジは
ハチドリのひとしずくかもしれないけど
自分の意志で行動していくという意味においては
なんらかの成果を必ずや挙げたいと考えながら
このプロジェクトを進めて行っています。

データが集まることによって色んなことが見えつつ
ある状況になってきました。

〜未来を自分達の手で〜








losso_9 at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年11月08日

もしかしてすごい時代?

こんばんは、レッドクリフ(赤壁)です。

ここは、OBDプロジェクトの開発ブログですが、
クルマを動かす燃料(=エネルギー)に注目してみると、
エネルギーの変遷に伴う社会の変わりように驚かされます。

19世紀の産業革命、
日本で言えば幕末から明治維新にかけて、
化石燃料である石炭の利用が定着すると、
蒸気船や機関車等が登場し、
資本主義の考え方と共に、
軽工業や交通機関の発達が一気に進みました。

20世紀に入ると、
同じ化石燃料ながら液体の石油の利用が中心となり、
重化学工業化が一気に発展しました。

そして、21世紀、
環境・エネルギー問題への意識の高まりから
太古の地球からの遺産=有限の化石燃料からの
脱却を目指して、
自然エネルギーの利用が、世界各地で、
かつての大航海時代さながらの大競争時代に
突入しました。

「突入しました。」と過去形を使わせていただきます。

石炭、石油はそれまでの薪や炭より熱効率がよく、
輸送も便利なため、爆発的に利用が広がり、
固形燃料の石炭や、液体燃料の石油と
その時代時代の燃料の形態に合わせて
社会インフラが整っていきました。

地球の遺産である化石燃料の食い潰しを止めるため、
現時点では無限と思える自然エネルギー
(宇宙レベルでは太陽にも寿命があり、
それゆえ地球の寿命も有限なのでしょうが)
の利用が世界各地で急速に進んでいます。

石油の場合は、
大規模な石油コンビナートや石油タンクが
エネルギー蓄積の拠点となり、
そこから様々な燃料や原料や製品に形を変えて
流通していきました。

自然エネルギーは、一旦、電気や熱の形に、
住宅・建物や自動車などに蓄電・蓄熱されたものが、
出番を待ちます。

自然エネルギーを利用するということは、
当然、エネルギーの蓄積、流通、消費の形態が
全く変わるということです。

過去、石炭利用、石油利用が普及したときに
社会の産業構造が、「革命」と言われるほど
変わってしまったことを考えると、
自然エネルギーの利用が進むと、同じ様に産業構造が
ガラッと変わることが容易に想像できます!

ある産業分野の発生や、消滅、産業間の融合など
何が起こっても不思議はありません。

こんな時代には、
過去の遺産である○○業界などの仕切りや、
やり方に縛られていてはいけません。

それぞれの立場で、何をもって社会に貢献するのか
自らの役割をしっかりと見つめて、
しかも過去のやり方に捕らわれず取り組んで
いきたいと考えています。

こんな2010年を、10年後、20年後の人々が
どのように評価するか非常に楽しみですが、
こんな2010年に社会的意義のあるプロジェクトで
様々な課題に直面し、
悩み苦しみながら新しい仕組みを創りだすのも
ある意味で幸せなことだと思っています。

〜未来を自分たちの手で〜
よくも悪くも未来は自分次第

(次回へ続く)


losso_9 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年11月02日

第一印象

みなさんこんにちは赤い彗星です。

先日、ある支部さんにLOSSO-9の説明会に
行かせて頂きました。メカニックの方にも参加
して頂きましたが、出た質問の中に1年前に
解決したトラブルを「こないだ使った時に・・・」
と言われました。
第一印象が悪いとなかなか使ってもらえない
その時の事だけが記憶に残り普段は中々
活用できていないといったケースが数多く
あるようです。
この商品の性格上、徐々に成長していくもの
ですからこの点を理解していないとお蔵入りに
なっている会社が多くあるように感じます。

第一印象が悪いものひっくり返すというのは
それなりのパワーがいりますが
多くの同友さんに使って頂かないと
データという点においても強みが発揮できません

現時点では個社対応というのは現実的に
難しいですが近い将来なんとか個社での説明会が
開催できるようになんとかしたいと考えています。

多くの同友さんが収益化でうまく使われたり
または近隣工場との差別化のツールとして活用
されたりと嬉しい報告も数多く聞いています。

それ以外の使い方も研究し、これがなければ
仕事ができないと言う商品に育てあげれれば
なと考えています。

うちはこんな使い方してるよと言う方がいらっしゃれば
ご一報頂ければと思います。
数多くのデータが集まれば最終的には大きな価値が
生まれると信じています。


〜未来を自分達の手で〜



追伸

10月12日のレッドクリフ(赤壁)さんのブログで
第9次交通安全基本計画(中間案)のことが
書かれています。
11月4日までがパブリックコメントの受付期間に
なっていますので何か一言と言う方は是非
ご活用下さい。

交通産業の一翼をになう我々としては
世界一安全な道路交通の実現に向けて何が
できるのかを提案できればと考えています。








losso_9 at 14:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年10月25日

パブコメ

こんばんは、レッドクリフ(赤壁)です。

 

「車載式故障診断装置に係る情報の取扱指針(案)」、

いわゆるOBD情報の取扱指針(案)に対して、

LOSSO-9プロジェクトから、本日、意見を提出しました。

 

主なポイントは、次の2つです。

 

1.情報の開示範囲が「排気に係る装置等の点検整備情報」

に限定されている点。

 

OBD2義務化に関して、米国、欧州に大きく遅れをとって

いるにも関わらず、エンジン系統のみの情報開示です。

 

 米国におけるリコール問題で大きく取り上げられたABS
(ブレーキ)や
このプロジェクトで収集したデータにおいて
100台中1.7台の割合で
働かないことが明らかだった
エアバッグ系統など、クルマの安全に
関わる装置にまで
情報提供を拡大すべきです。

 

 そうしないと、専業整備工場にクルマのメンテを頼んでいる
お客様は
安心してクルマの運転もできませんし、
メーカー系列のディーラー網で、
全てのクルマに対応することも
不可能だからです。

 

2.情報開示のスピードが遅い点

2008年10月発売の新型車からJ-OBD2がスタート
しましたが、


「排気に係る装置等の点検整備情報の提供」は、
2011年4月から


「スキャンツール開発情報の提供」は、2012年4月から


「専用スキャンツールの提供」は、2013年4月から


と気が長い話です。 その間、系列ディーラーでメンテを
受けられない
お客様のクルマの安全・安心はどうなるのか
心配です。

 

 欧州では、2007年の時点で系列ディーラーと同等の情報、
同等の
ツールを提供しない自動車メーカーには課徴金を課すと
命令が
出されました。その中には日本の自動車メーカーも
含まれています。

 

クルマの安全・安心を願う一般の私たちには、違和感のある
情報の
取扱指針(案)と言わざるを得ません。

残念ながら、パブコメを提出したからといって、指針(案)が
見直される可能性は低いと思いますが

これからの動向もしっかり見守って行きたいと
思います。

 

未来を自分たちの手で

(次回へ続く)



losso_9 at 22:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年10月19日

カスタムEV!?

本当に申し訳ありません、エムログです。。。

既に「車の電子化」「LOSSO-9」のDVDが全ブロック・全支部に
配布された事を聞きました。
関係各所の皆様、DVD制作時にはお世話になりました〜。

さてLOSSO-9の管理画面ですが
コンテンツを充実していく取り組みの中で、
弊社のサポートセンターに問い合わせがあった内容などを
管理画面のTOPに掲載する事にいたしました。

クラウド型のスキャンツールという特徴をいかし
皆様で情報を共有できる仕組みをこれからも構築していきたいと思っています!!

話は変わりますが、
昨日のYahoo!ニュースで北九州市の整備会社で
どんな車もEV車に改造できるということで、
第1号のデモ車が8月に車検を通ったというニュースがありました。

改造費は150万くらいということらしいのですが、
どんな車でもというは少し惹かれますね。

車はやっぱり楽しく乗れてなんぼだと思いますので
個々人の趣味嗜好にあったものが
どんどん出てくると面白そうですね。



losso_9 at 11:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年10月18日

Google

みなさんこんにちは赤い彗星です。
車の免許を取得してすごのころ毎晩友人と
ドライブばかりしていました。免許を持ってて
車も持ってるのが仲間内では少なくて
毎回、車だしの運転手でした。
時々、自動車なんだから自動で運転する
ロボットか車自体が目的地を設定すると
ハンドルもアクセルもブレーキも自動でやって
くれる車が出ないかと考えていました。

なんとびっくりGoogleがこんなニュースを

Google、“自動運転カー”プロジェクトを発表――既に公道で試運転中


Googleが人工知能を利用した自動運転カーを開発中であると発表した。
同社の車で収集した膨大な情報をデータセンターで処理することで
実現するとしている。


米Googleは10月9日(現地時間)、自動車用自動運転システムを開発中
であると発表した。既に米カリフォルニア州の公道で走行テストを実施
しており、同システムを搭載した自動車を14万マイル(22万5000キロ)以上
走らせたという。

 実験中の“自動運転カー”は、ビデオカメラ、レーダーセンサー、
レーザー測距器を使って車や通行人の状況を“見”ながら、Googleが
収集した詳細な地図データを参照して目的地に進む。同社のデータ
センターで「Googleストリートビューカー」が収集している膨大なデータを
処理することで、こうした自動運転を可能にしているという。

 走行テストでは安全を期して、運転席には訓練を受けたドライバーを、
助手席にはソフトウェア技術者を乗車させており、あらかじめドライバーが
従来の方法で走行して状況を把握しているルートを走っている。

 Googleのエリック・シュミットCEOは、先月開催された
「TechCrunch Disrupt」イベントでの講演で、「自動車は自動で
走行すべきだ。自動車の方がコンピュータより先に発明されたのは
間違いだった」と語っている。

 同プロジェクトを率いるセバスチャン・スラン氏によると、
交通事故と炭素排出を減らし、人々の自由時間を増やすことが、
このプロジェクトの目標だという。スラン氏はスタンフォード大学の
コンピュータ・サイエンス学科と電気工学科の教授で、スタンフォード
人工知能研究所の所長を務めており、GoogleにはDistinguished
Software Engineerとして参加している。

 同プロジェクトには、米国防総省高等研究計画局(DARPA)主催の
ロボットカーレース「Grand Challenge」参加経験を持つ優秀な技術者を
集めたという。スラン氏はこのレースの常連であるスタンフォード
レースチームのリーダーでもある。

 米New York Timesが同日掲載した取材記事によると、
この自動運転カーの実用化には8年以上かかるという。同記事には
自動運転カーに同乗して撮影した動画や写真が掲載されている。

8年以上はたして何年以内で実用化するのか
Googleってすごいなって思ったニュースでした。



losso_9 at 23:44|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2010年10月13日

ロータス全社員大会

久しぶりの更新になりました
さらに順番無視のカツオです
それにしてもなかなか一つの事を続けるのってむずかしい
ですね!!!!
「習慣を作るのは人だが、その後は習慣が人を作る」
となんかの本で読んだような・・・・・・

さて今週末は?ロータス大分の全社員大会です
安○支部長にお願いして記念講演には
私の大好きな先輩経営者である
「中村文昭」さんを呼ぶ事になりました
支部長!!!本当にありがとうございます!!!

中村さんを知ったのはこれまたロータス福岡の野○社長に
「これを聞いて見ろ!!」
とCDを渡されたのがきっかけでした!!
それからCDを聞いて大ファンになり
今年の4月には熊本の天草まで講演を聞きにいきました
それから何とか大分に呼びたいと思っておりましたが
こんなに早く実現するとは・・・
ロータス恐るべし・・・・
中村文昭さんも人の縁や出会いをテーマに講演される方ですが
ロータスこそ出会いのあふれる場だなぁと
勝手に感心しておりました
自動車業界は目まぐるしく変化、進化しております
私の師匠○松社長のブログにもあったように
すごいスピード燃料の需要が減ってきてますので
ますます業界には影響してくることだと思います

今週末の中村さんの講演を聞いて気持ち新たに
がんばりたいものです
また講演の感想をブログにて報告出来ればと
思います



losso_9 at 10:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)