2010年01月

2010年01月29日

厳冬


先日、娘がNHK『おかあさんといっしょ』に出演して自慢げなマグです。



朝晩の冷え込みが厳しくなりました。

朝から展示車のガラスはガチガチに凍って毎日大変です。

子供の頃は寒さなど感じず、半袖半ズボンで登校していたのが

うそみたいに、今は寒さにめっきり弱くなりました。



当社の事務所は、温度が上がりにくいようで

この時期はストーブを1日つけっぱなしの日が多いですね。

エコという点では、当社はまだまだです・・・。



エコといえば、エコカー減税と補助金。

ユーザーには認知が進んでいると思っていましたが

先日接客したお客様は、

「13年以上乗っとるけん、補助金12.5万円プラス5万円

もらえて、税金払わんでいいんよね?」

えっ・・・・・・・・・・・・・・。

人間というものは都合の良い部分しか頭に入らない生き物だと

いうことがわかりました。



2,3月は年間でもっとも需要が多い時期となります。

せっかくの新車販売支援策です。

宝の持ち腐れにならないように

なんとか1台でも多くの車を販売したいですね。




losso_9 at 20:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月26日

事故、事故、事故

皆様、お疲れ様です
カツオです

年始から事故、事故、の毎日です(少し大げさ)
ありがたい事ですが代車がたりず、はがゆい思いで
いっぱいですが、お客様に迷惑かけないよう何とか
かんとか代車を回しております

1月は何かと出張が多く仕事も溜まりまくっておりますが
留守中BPのフロントには大変申し訳ない気持ちで
胸いっぱいです

先日ある経営者講習会で
リスクマネジメントの講義があり参加してきましたが
2時間の講習で沢山のリスクを認識させられました
あまりの多さに嫌気がさしましたが
いつ自社にリスクが訪れても
最悪な事態だけは防げれる様、
準備だけはしないといけません
もちろん最悪な事態とは倒産です
1月は何かと出張が多かった事は先ほども
書きましたが、その度にBPの工場長には
申し訳ない気持ちでいっぱいです
当社では昔から最長老の工場長が見積もりや損保との
協定をすべてしており4年前位から
私と二人でするようになったんですが
工場長も昨年、定年退職し現在は嘱託。
私が留守をするたびにご無理をさせております
当の本人(工場長)は
私が出張があるとわかると気を使わせないよう
に「大丈夫、大丈夫、この位」
と言って出してくれてます
ただこのままでは1人の担当者に頼りっぱなし
なので、万が一何かあれば対応出来ません
まずは一日も早く若手を育てる
これがリスクに備える事にもなります
熟達者がどんどん去っていくこれからの
時代はますます組織内のコミニュケーションが
大事になってきます
リスクマネジメントで痛感させられました

自社でもここ最近で若手が増えたので
コミュニュケーションをとるためにも
積極的に声をかけていきたいと思います






losso_9 at 19:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月25日

2010年庚寅(かのえとら)の年頭宣言

こんばんは、今年も夜型のレッドクリフ(赤壁)です。

2010年庚寅、本年もよろしくお願い申し上げます。
年が明けたばかりの1月ですが、相変わらずLOSSO-9プロジェクトは
走り続けています。

今月も年明け早々のロータス札幌支部様を皮切りに
山口県支部様、島根県支部様には、LOSSO-9をご支援いただき
大変ありがとうございました。
既にユーザーとなった同友の方から事例をご紹介頂いたり、
本当に感謝の念でいっぱいです。

さて、LOSSO-9開発ブログは2008年12月から1年以上
継続しています。

恥ずかしながら、昨年明けに記載した自分のブログの内容を
振り返ってみます。

==以下、昨年のブログから抜粋==
今年は「己丑(つちのとうし)」です。
戊子(つちのえね)の昨年に芽生えたものがまっすぐに伸び出し、
それがどんなものか主体性がはっきりする年といわれます。

「つちのとうし」にちなんで、今年は、
『LOSSO-9の独走(独創)を確固としたものにし、
さらにどこにもない新しいものを、日本に、世界に発信する!』
を、私の年頭宣言といたします。
==抜粋終わり==

2009年年明け当時はちょっと書き過ぎかと思いましたが、
2009年を省みると、

日本にLOSSO-9を発信;
3月国際オートアフターマーケットEXPO
7月沖縄オートアフターマーケット
7月レスポンスセミナー

世界にLOSSO-9を発信;
10月国際自動車通信技術展(世界初、自動車と通信に特化した展示会)
+ATTTアワードビジネスイノベーション部門 優秀賞受賞

LOSSO-9の独走(独創);
整備業務に密着した短時間診断+カンタン操作+診断結果帳票
+フルーオートのプログラム更新

などなど、LOSSO-9に関わる実に多くの方々のご協力・
ご支援のお陰様をもって、年頭宣言がほぼ実現できている
ことに気が付きます。

何よりも、2009年は自動車アフターマーケット関係の方々だけでなく
自動車メーカーに近いメディアの方々にLOSSO-9/EagleCatch
をご理解頂いたことも目に見えない大きな成果だと思います。

今年の、庚寅(かのえとら)は、
2009年の己丑(つちのとうし)に現れた、しっかりと筋を通す
新制度(システム)などが世間的に新しいうねりとなっていく年
とされています。

LOSSO-9プロジェクトでは、2010年第一弾として、
「MCPCアワード2010」にロータス九州株式会社として
エントリーをしました。

MCPC(=Mobile Computing Promotion Consortium)は、
モバイルコンピューティング推進コンソーシアムのことで、
モバイルコンピューティングの本格的かつ健全な発展のために、
通信キャリア、コンピュータハードメーカ・ソフトメーカ、
システムインテグレータ等の関係者が連携し、技術的課題、
標準化の課題および制度的、運用上の課題等従来の枠組みを越えて
協調して推進するために設立された会員167社からなる団体です。

MCPCでは2003年からMCPCアワードを開催し、
モバイルシステムの導入により「業務効率化」「コスト削減」
「売上拡大」「業績向上」や「モバイル技術の効果的活用」
などの顕著な成果をあげている企業や学校・団体・自治体の
事例を募集・顕彰しています。

アワードには、
●グランプリ(大賞)
●総務大臣賞
●モバイルテクノロジー賞
●モバイルビジネス賞
●モバイルパブリック賞
●モバイル中小企業賞中小企業
が設定されており、3月19日(金)には最終選考に残った各社の
プレゼンと各賞の発表が行われる予定です。

MCPCアワードといえば、モバイルを活用したソリューションの日本一を
決めるもので、過去のグランプリ(大賞)には、

2009年 九州電力(株)様
2008年 総合警備保障(株)様
2007年 いすゞ自動車(株)様

と錚々たる企業が名を連ねています。
よく見ると、これらのソリューションの社会貢献は間違いないのですが、
全て自社1社だけで完結するソリューションです。

LOSSO-9(/EagleCatch)の、自動車に共通のテーマである
クルマ電子化に根ざした業界全ての会社の役に立つ
普遍的な仕組みとは根本的な幅広さが違うものと自負しています。

日本経済はこれまでのやり方を変えなければいけないと
言われ続けていますが、誰もその回答を出せていません。

大企業が系列で囲い込む旧来の日本的な仕組みを変えていけるのは
LOSSO-9のような個々の企業の力を結集する仕組みなのでは?
と信じ、今年も更なる高みを目指していくことを
今年の年頭宣言といたします。

(次回に続く)



losso_9 at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月22日

診断件数が・・・

お願いします。 チョコBです 

今更な時期ですが、明けましておめでとうございます。
皆様 今年もどうぞよろしくお願いします。 

ちょいちょい話題に出てきます収益化、実際のところ

どれ位の工場が取り組んでいるのだろうかと思います

先月の当社では約70,000円まできました、

うまのすけさんも70,000円ですよね、これってもう

見込み収益なので経営において止められませんよね。

現状当社において改善点はまだまだありますが

これをきっちりできるようになればプレゼン型販売でも

100,000円まではいけると予測をしてます。

経験則で思い出すと、初めてクリーンエアフィルターを

部品商が提案してきた時、そんなに交換する人は

おらんやろ〜 と思っていましたが今では販売する

私達が交換して当たり前の気持ちで提案しています

月に40〜50個程販売していますので同じ様に

LOSSO−9も将来は当たり前の商品になるだろうと

考えています。

何度も書き込みしつこいかも知れませんが皆様も

是非取り組んで、改善していき、高収益を安定化

させて下さい。

話は変わりますが、ダイハツのO2センサーが

メーカーの保証延長が出ている為、お客様に提案

しても先日メーカーでしたので必要ないと断られる

ケースが続出してます。(車によるので交換前には

ダイハツに要問合せです)

PS

先日の大雪でやっと神戸まで到着し久しぶりの

方々とお会いできてうれしかったです。






 


losso_9 at 17:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月21日

自分の手で守るしか・・・

お願いします。
2010年、飛躍の年にしたいと願う『ニーパ』です!
皆様、本年も宜しくお願いいたします。

JALがついに会社更生法を申請し、受理されましたね。
負債総額、実に2兆3222億円。
破綻後のつなぎ資金は、支援機構と日本政策投資銀行が
融資を行い、取引金融機関に対しては債権の削減を。
また、JALの株式は100%減資して、上場廃止の計画。

経営破綻に至った要因は、様々であったろうが
1987年の民営化後も半民半官の意識・体質が抜け出せず
経営不振に陥っても「国が何とかしてくれる」甘さが・・・。
現に今回、公的資金が投入され3年計画で経営再建の道を
模索して行くことになりました。

全体を広く見渡せば、公的資金を投入して企業を救うことは
必要なのかも知れません。
しかし、完全民営化して一民間企業としての経営が20年余
行われていたのですから・・・法的整理でそのツケが国民に
回ってくる可能性があることは腑に落ちません。

債権放棄を迫られる金融機関や、株式を保有していた株主。
それぞれ今回の破綻で、財務状況が悪化するでしょう。
ただ、それぞれ自分の意思・判断で融資を行い、また株式を
取得したのだろうから仕方がないことだと思います。
同じようにJALも、自らの経営の失敗に対しては「仕方がない」
気がしてなりません。

昨年、大切なお客様であり個人的にも大変お世話になった方
の会社が倒産しました。
負債総額は数億円。
借入の連帯保証をされていた社長と、そのご子息は自己破産。
これから先、どうされるのか判りません。

この不況の中、日本全国至る所で中小企業の倒産が続いています。
インターネットで「倒産情報」で検索すれば、おびただしい数の
情報が閲覧できます。
それらを見るたびに私は思います。
「誰も救ってはくれない」と。

時代の変化に適応して、経営体質を改善したり
新たな収益確保のために知恵を絞ったり・・・。
絶えず、考えて行動することを怠ってはならないと肝に銘じます。

どうか、このBlogをご覧の皆様がLosso-9を用いて
新たな収益化に向けた実践を行っていただけることを願います。
取り組む母数が多ければ、未だ未知であった新たな可能性を
開拓するチャンスは、その分増加するはずです。

皆様にとって2010年が素晴らしい一年になることを願っています。




losso_9 at 09:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)