2010年10月

2010年10月25日

パブコメ

こんばんは、レッドクリフ(赤壁)です。

 

「車載式故障診断装置に係る情報の取扱指針(案)」、

いわゆるOBD情報の取扱指針(案)に対して、

LOSSO-9プロジェクトから、本日、意見を提出しました。

 

主なポイントは、次の2つです。

 

1.情報の開示範囲が「排気に係る装置等の点検整備情報」

に限定されている点。

 

OBD2義務化に関して、米国、欧州に大きく遅れをとって

いるにも関わらず、エンジン系統のみの情報開示です。

 

 米国におけるリコール問題で大きく取り上げられたABS
(ブレーキ)や
このプロジェクトで収集したデータにおいて
100台中1.7台の割合で
働かないことが明らかだった
エアバッグ系統など、クルマの安全に
関わる装置にまで
情報提供を拡大すべきです。

 

 そうしないと、専業整備工場にクルマのメンテを頼んでいる
お客様は
安心してクルマの運転もできませんし、
メーカー系列のディーラー網で、
全てのクルマに対応することも
不可能だからです。

 

2.情報開示のスピードが遅い点

2008年10月発売の新型車からJ-OBD2がスタート
しましたが、


「排気に係る装置等の点検整備情報の提供」は、
2011年4月から


「スキャンツール開発情報の提供」は、2012年4月から


「専用スキャンツールの提供」は、2013年4月から


と気が長い話です。 その間、系列ディーラーでメンテを
受けられない
お客様のクルマの安全・安心はどうなるのか
心配です。

 

 欧州では、2007年の時点で系列ディーラーと同等の情報、
同等の
ツールを提供しない自動車メーカーには課徴金を課すと
命令が
出されました。その中には日本の自動車メーカーも
含まれています。

 

クルマの安全・安心を願う一般の私たちには、違和感のある
情報の
取扱指針(案)と言わざるを得ません。

残念ながら、パブコメを提出したからといって、指針(案)が
見直される可能性は低いと思いますが

これからの動向もしっかり見守って行きたいと
思います。

 

未来を自分たちの手で

(次回へ続く)



losso_9 at 22:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年10月19日

カスタムEV!?

本当に申し訳ありません、エムログです。。。

既に「車の電子化」「LOSSO-9」のDVDが全ブロック・全支部に
配布された事を聞きました。
関係各所の皆様、DVD制作時にはお世話になりました〜。

さてLOSSO-9の管理画面ですが
コンテンツを充実していく取り組みの中で、
弊社のサポートセンターに問い合わせがあった内容などを
管理画面のTOPに掲載する事にいたしました。

クラウド型のスキャンツールという特徴をいかし
皆様で情報を共有できる仕組みをこれからも構築していきたいと思っています!!

話は変わりますが、
昨日のYahoo!ニュースで北九州市の整備会社で
どんな車もEV車に改造できるということで、
第1号のデモ車が8月に車検を通ったというニュースがありました。

改造費は150万くらいということらしいのですが、
どんな車でもというは少し惹かれますね。

車はやっぱり楽しく乗れてなんぼだと思いますので
個々人の趣味嗜好にあったものが
どんどん出てくると面白そうですね。



losso_9 at 11:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年10月18日

Google

みなさんこんにちは赤い彗星です。
車の免許を取得してすごのころ毎晩友人と
ドライブばかりしていました。免許を持ってて
車も持ってるのが仲間内では少なくて
毎回、車だしの運転手でした。
時々、自動車なんだから自動で運転する
ロボットか車自体が目的地を設定すると
ハンドルもアクセルもブレーキも自動でやって
くれる車が出ないかと考えていました。

なんとびっくりGoogleがこんなニュースを

Google、“自動運転カー”プロジェクトを発表――既に公道で試運転中


Googleが人工知能を利用した自動運転カーを開発中であると発表した。
同社の車で収集した膨大な情報をデータセンターで処理することで
実現するとしている。


米Googleは10月9日(現地時間)、自動車用自動運転システムを開発中
であると発表した。既に米カリフォルニア州の公道で走行テストを実施
しており、同システムを搭載した自動車を14万マイル(22万5000キロ)以上
走らせたという。

 実験中の“自動運転カー”は、ビデオカメラ、レーダーセンサー、
レーザー測距器を使って車や通行人の状況を“見”ながら、Googleが
収集した詳細な地図データを参照して目的地に進む。同社のデータ
センターで「Googleストリートビューカー」が収集している膨大なデータを
処理することで、こうした自動運転を可能にしているという。

 走行テストでは安全を期して、運転席には訓練を受けたドライバーを、
助手席にはソフトウェア技術者を乗車させており、あらかじめドライバーが
従来の方法で走行して状況を把握しているルートを走っている。

 Googleのエリック・シュミットCEOは、先月開催された
「TechCrunch Disrupt」イベントでの講演で、「自動車は自動で
走行すべきだ。自動車の方がコンピュータより先に発明されたのは
間違いだった」と語っている。

 同プロジェクトを率いるセバスチャン・スラン氏によると、
交通事故と炭素排出を減らし、人々の自由時間を増やすことが、
このプロジェクトの目標だという。スラン氏はスタンフォード大学の
コンピュータ・サイエンス学科と電気工学科の教授で、スタンフォード
人工知能研究所の所長を務めており、GoogleにはDistinguished
Software Engineerとして参加している。

 同プロジェクトには、米国防総省高等研究計画局(DARPA)主催の
ロボットカーレース「Grand Challenge」参加経験を持つ優秀な技術者を
集めたという。スラン氏はこのレースの常連であるスタンフォード
レースチームのリーダーでもある。

 米New York Timesが同日掲載した取材記事によると、
この自動運転カーの実用化には8年以上かかるという。同記事には
自動運転カーに同乗して撮影した動画や写真が掲載されている。

8年以上はたして何年以内で実用化するのか
Googleってすごいなって思ったニュースでした。



losso_9 at 23:44|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2010年10月13日

ロータス全社員大会

久しぶりの更新になりました
さらに順番無視のカツオです
それにしてもなかなか一つの事を続けるのってむずかしい
ですね!!!!
「習慣を作るのは人だが、その後は習慣が人を作る」
となんかの本で読んだような・・・・・・

さて今週末は?ロータス大分の全社員大会です
安○支部長にお願いして記念講演には
私の大好きな先輩経営者である
「中村文昭」さんを呼ぶ事になりました
支部長!!!本当にありがとうございます!!!

中村さんを知ったのはこれまたロータス福岡の野○社長に
「これを聞いて見ろ!!」
とCDを渡されたのがきっかけでした!!
それからCDを聞いて大ファンになり
今年の4月には熊本の天草まで講演を聞きにいきました
それから何とか大分に呼びたいと思っておりましたが
こんなに早く実現するとは・・・
ロータス恐るべし・・・・
中村文昭さんも人の縁や出会いをテーマに講演される方ですが
ロータスこそ出会いのあふれる場だなぁと
勝手に感心しておりました
自動車業界は目まぐるしく変化、進化しております
私の師匠○松社長のブログにもあったように
すごいスピード燃料の需要が減ってきてますので
ますます業界には影響してくることだと思います

今週末の中村さんの講演を聞いて気持ち新たに
がんばりたいものです
また講演の感想をブログにて報告出来ればと
思います



losso_9 at 10:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年10月12日

第9次交通安全基本計画(中間案)

こんばんは、レッドクリフ(赤壁)です。

昨日は祝日のため1日遅れの更新をご容赦ください。

 

1970(昭和45)年に16,765人に達した道路交通事故

による死亡者。

翌1971年から交通安全基本計画が策定され、

今回は2011年から2015年度に講ずべき施策の大綱、

【第9次交通安全基本計画(中間案)】が

取りまとめられました。

2010年10月5日から11月4日までパブリックコメントが

募集されます。

 

この中間案には『世界一安全な道路交通』の実現に向けて

 「道路交通環境の整備」

 「交通安全思想の普及徹底」

 「安全運転の確保」

 「車両の安全性の確保」

 「道路交通秩序の維持」

 「救助・救急活動の充実」

 「損害賠償の適正化を始めとした被害者支援の推進」

 「研究開発及び調査研究の充実」

に関わる講ずべき各種施策が折り込まれています。

 

「車両の安全性確保」には

 ◆ 先進安全自動車の開発・普及の促進

 ◆ 車両の安全性等に関する日本工業規格の整備

 ◆ リコール制度の充実・強化

とともに

 「◆ 自動車点検整備の充実」の項目があります。

 

その中には、

 ◇ 自動車分解整備事業の適正化及び近代化

 ◇ 自動車新技術への対応等整備技術の向上

 ◇ ペーパー車検等の不正事案に対する対処の強化

等々、自動車分解整備事業者が名指しで対応すべき項目が

記されています。

 

他産業の目から見て、

『「適正化及び近代化」とまで書かれるとは!』という驚きと、

「現状はこのレベルなのかな?」と疑問が残りました。

本文を1部抜粋します。

 

「点検整備に対する自動車ユーザーの理解と信頼を得るため、

(中略)整備料金、整備内容の適正化について、(中略)
その実施の
推進を指導する」

 

「自動車を適切に維持管理するためには、

自動車整備業がこれらの変化に対応する必要があることから、

関係団体からのヒアリング等を通じ自動車整備業の現状に
ついて
把握、(中略)」

 

「指定自動車整備事業制度が設けられているが、

近年ペーパー車検の不正事案が発生していることから、

(中略)事業者に対する指導監督を引き続き行う」

 

ご興味ある方は、以下の内閣府のアドレスから詳細を
ご確認ください。

http://www8.cao.go.jp/koutu/kihon/keikaku9/dai9kihon-bosyu/index.html

 

今回も国の動向に関するものになってしまいました。

ここのところ自動車の安全をテーマにした動きが活発化
しています。

 

そんな中で、先日のブログ「ついに発表!」でご紹介した

国交省が発表した「OBD-2情報の取扱い指針(案)」は、

自動車の排気にかかる装置等に限定した情報公開に

止まっています。

 

今回のテーマの交通安全基本計画の考え方を十分に

反映されたものかちょっと心配になるところです。

 

追伸

今回のブログネタは、車体整備のプロ、Y氏から
ご提供いただきました
ありがとうございました。

 

-未来は自分たちの手で-

 

(次回へ続く)



losso_9 at 22:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)