Windows10をAnniversary Update(バージョン1607,ビルド14393)に更新後、それまで無効化していたロック画面が復活して困っていました。

無効化しようと試行錯誤の様子を記した記事はこちら。
http://blog.livedoor.jp/lost_elysium/archives/1909489.html

こちらの記事のコメント欄にて教えていただいた方法で、Anniversary Update後でも無事にロック画面を無効化することができたのでその方法をここに記しておきます(教える人さん、ありがとうございます)。
この方法を使えばサインアウト時だけでなく、PC起動時のロック画面も無効化できます。
また、Home版・Pro版ともに可能です。

こちらのWebページに方法が書かれていました。
http://www.intowindows.com/disable-lock-screen-in-windows-10-anniversary-update-1607/
「LockScreenGone」というパッチを適用する方法です。

1.まずは上記WebページのStep 1にあるリンクからLogonController_Patch.zipをダウンロードします。
(GoogleDriveにファイルが置かれているようなので、私のブログからは念のため直リンクはしないようにしておきます)
Windowsに関する設定などを書いている様々なブログ(Winaeroさんなど)で普通にリンク先を書いてたりするので、やっぱりこのブログからもリンクしてみます。
https://drive.google.com/open?id=0ByXxjI18DZC5VE8xalJKSGJ3SXc
画面右上にダウンロードのアイコンがあるのでそれをクリック。

2.ダウンロードしたファイルを展開します。

3.展開したフォルダにあるInstall.cmdを右クリックし、管理者として実行を押します。
すると以下の画像のような画面になります。
LogonController_Patch
ロック画面を無効化する場合はキーボードのDキーを押します。
(なにもしないで終了する場合はQキーを押します。)
Press any key to continueと表示されたらどこでもいいのでキーを押すとウィンドウが終了します。

以上。
ただし、パッチを当てることによる弊害(セキュリティ上の安全面の不安も含む)が出る可能性も否めないので、実行する際は自己責任でお願いします。
特にDISMやSFCを実行する際は注意が必要かも?

もしもWindows Updateなどでロック画面が復活したときの方法もINTO WINDOWSさんのところで紹介されているようなので読んでおくとよいかも?

--追記
自動メンテナンスが実行されるとロック画面が再度復活する可能性があるようです。
詳しくは以前までの方法をまとめている記事のコメント欄(23番目)を参照のこと。
http://blog.livedoor.jp/lost_elysium/archives/1909489.html#comments
また、それ以降のコメントにてWindows Updateによってロック画面が復活した場合の対処も話し合われています。
--追記終わり

--追記その2
32bitでPCを使用している場合、パッチを適用しようとした際にエラーが出るかもしれません。
(私は64bitPCしか持っていないため未確認です)
エラーの詳細、対処方法は追記と同じ記事コメント欄の30〜35番を参照のこと。
http://blog.livedoor.jp/lost_elysium/archives/1909489.html#comments
--追記その2終わり

また、パッチを使いたくないという方はバイナリエディタを使用すればいいかも。
詳しくはこちら
http://forum.xda-developers.com/windows-10/development/windows-10-anniversary-permanently-t3434863
こちらにはLogonController_Patch.zipへのリンクと共に、LogonController.dllのバイナリ変更箇所も記されています。

xdaフォーラムにもスレッドはありますが、一番議論されているのはMDLフォーラムにあるもの(本スレ?)のようです。
https://forums.mydigitallife.info/threads/71192-LockScreenGone-v1-0
https://forums.mydigitallife.info/threads/72193-LockScreenGone-v1-0
(URLが変更されたため、リンクも修正)
ちなみにパッチの作成者さんはdobbelina氏。

追記その3--2016/10/10
上記のMDLフォーラムにて、パッチの作成者(dobbelina氏)が次のように書いています。
Please don't use this patch!, Wait a few days and revisit, I'm working on a new improved one that works 100%
dobbelina 2016-10-10
ということなので、今からパッチを適用しようと思っている方は少しの間待っていたほうが良いかも。
--追記その3終わり


追記その4-- 2016/10/12
上記のMDLフォーラムにて、パッチの作成者(dobbelina氏)が次のように書いています。
2016-10-11
Has been re-worked totally.
It's now smarter, as It will scan your existing LogonController.dll for a MD5 match,
before doing any changes to the system.
The issue with the lockscreen re-appearing after Lock & Sleep mode have been resolved.
If you already have a patched dll, download this new patch and choose "Restore" first when running Install.cmd,
so the original dll file is restored before running the patch again.
とのこと。
パッチのダウンロード先は今までと一緒で次のURLから。
https://drive.google.com/open?id=0ByXxjI18DZC5VE8xalJKSGJ3SXc
使い方も一緒で、ダウンロードしたzipを展開してInstall.cmdを実行。

「既にパッチ適用済みの人はリストアしてから新しいパッチ使ってね」
と作者も言っているので、私も使ってみましたが無事に無効化できています。
ちなみに、.bakファイルを削除しただけで(リストアをしないで)Install.cmdを実行しても
Sorry, your LogonController.dll has an unknown MD5
と表示されるだけです。
LogonController.dllが、同梱されているPatch_Index.txtに記載されているMD5と一致した場合にのみ書き換えられるようになっているので当然ですよねー。
(既に無効化済みの場合はMD5が一致しないことになるので)

でもこれって、LogonController.dllのバージョンが変わったら(Windows Updateでたまに変わる模様)、再度MDLフォーラムから最新のパッチをダウンロードしろってことだよね…。
若干面倒くさいけれど、確実にロック画面を無効化するにはしょうがないか…。
この追記以降、ロック画面が復活した際はコメント欄に情報残すようにしていきます。
パッチの使い方が大幅に変更されたらまた追記するかも?
--追記その4終わり

あー、これでやっと無駄な機能から開放される…!