Windows10 Fall Creators Updateと呼ばれる大型更新が米国時間2017年10月17日から開始されています。
ということで、さっそく我が家のDELL Inspiron 15R (N5110)を更新してみました。

といっても以前の更新とほぼ同じ方法でクリーンインストールしたので詳しい手順は割愛しますw
今回は前回のコメントで指摘されたとおり、USBメモリを右側面のポートに挿して3.0対応でインストールしました。
ブートさせてから15分程?で終了したので、USB3.0の速さを実感!
これは速い!!…次回も忘れずにやろう。

winver_FallCreatorsUpdate
そんなこんなでバージョン1709,ビルド16299になりました。

巷ではこの更新を行うと一部のPCで画面がブラックアウト状態になるらしく騒がれていますが、この機種はそんなこともなく。
更新適用前から普通に使用できているならば、Fall Creators Updateも問題なく使用できると思われます。


追記--2017/10/26
クリーンインストールして気付いたこと。
内蔵HDDのパーティションは一つだけしか作っていないのに、何故かタスクマネージャーのパフォーマンスのタブにディスクが二つある…。
Multi-Card USB Driveだそうな(画像は撮り忘れる)。
デバイスマネージャーを見てみると、ディスクドライブの項目に内蔵HDD以外のものが表示されている(これも画像撮り忘れる)。
どうやらこの機種の左側手前側面に付いているカードリーダーをうまく認識していないご様子。
このままだとタスクマネージャーのプロセスタブから見えるディスク使用率が見難いので直すことにする。
(内蔵HDDとカードリーダーのドライブを合算してパーセント表示してしまうので、たとえ内蔵HDDの使用率が100%になってもタブには50%と表示されてしまう)

デバイスマネージャーから自動でドライバーの更新を試みるも、最新版としか表示されず直らない。
なのでN5110のサポートページからドライバを拾うことに。
http://www.dell.com/support/home/jp/ja/jpbsd1/product-support/product/inspiron-15r-n5110/drivers
以前とはページの作りに変更があったようで、カテゴリからチップセットを選び、Realtek RTS5138 Card Reader Driverをダウンロード。
ダウンロードしたR292473.exeを実行すると展開場所を聞かれるので選択(デスクトップに適当な名前のフォルダを作ってそこでOK)
展開が終了したら、フォルダ内のSetup.exeを実行。
それが終了したら展開先にしたフォルダは用済みなので削除。
この時点でデバイスマネージャーを見ると、ディスクドライブの項目には内蔵HDDのものしかなく、USB(ユニバーサルシリアルバスコントローラー)の項目にRealtek USB 2.0 Card Readerが出てきている。
タスクマネージャーでもディスクは一つだけの認識になっているので無事に直りました。
最後に念のためとしてデバイスマネージャーからRealtek USB 2.0 Card Readerのドライバを自動更新しておく。
以上!
--追記終わり