Microsoftが「Photos Companion」というアプリを米国時間2018年2月15日に公開しました。
iPhoneやAndroidスマートフォンからWindows10の「フォト」アプリに写真や動画を直接ワイヤレス転送するアプリです。

詳細はここから。
Photos Companion - Microsoft Garage
https://www.microsoft.com/en-us/garage/profiles/photos-companion/

Microsoft、QRコードでiPhone/AndroidからPCへ写真・ビデオを転送するアプリを無償公開 - 窓の杜
https://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1106807.html

で、私も早速使用したので遭遇したエラー諸々と感想を書こうかと。


スマートフォン側のアプリ自体は普通にストアにからインストールするだけなので問題なしでした。
iOS版:iOS 10.2以降
https://itunes.apple.com/jp/app/wu-liaode-yin-le-dong-hua/id1322187844

Android版:Android 4.1以降
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.microsoft.PhotosCompanion


Windows10側の「フォト」アプリはv2018.18011.13110.0以降である必要があるため、こちらはストアアプリから手動で更新しました。
store
ストアアプリの右上の…からダウンロードと更新をクリックした先から更新。
更新が終わったあとに「フォト」を起動し、右上の…から設定を開き、一番下までスクロールするとバージョンが確認できます。

続いて、バージョン情報が書かれている部分の少し上に「Wi-Fi 経由でのモバイル インポート機能に対する Microsoft テストをサポートする」というオプションを有効化します。
photo1
どうやら有効化した後は一度アプリを終了させて、再度アプリを起動しなければいけないみたい。
てっきり有効化させた後はすぐインポートできるもんだと思っていたので、私はここで一歩つまづきました。時間返して(笑)

オプションを有効化し、アプリを再度起動した後はインポートのところに「Wi-Fi経由でモバイルから」という選択肢が出てくるのでクリック。
photo2
表示されたQRコードをPCと同じネットワークにあるスマートフォンの「Photos Companion」アプリで撮影し、画面表示に従ってファイルを送信すれば完了。

なのですが私の場合、送信するとPC側が
「ファイルを受信しました。最終処理を行っています…」
の表示を最後にフォトアプリが強制終了してしまいました。
コントロールパネルのセキュリティとメンテナンスにある信頼性履歴には(一部のみ抜粋)
問題イベント名: MoAppCrash
パッケージのフル ネーム: Microsoft.Windows.Photos_2018.18011.13110.0_x64__8wekyb3d8bbwe
アプリケーション名: praid:App
障害モジュールの名前: combase.dll
障害モジュールのバージョン: 10.0.16299.15

イベントビューアーには(一部のみ抜粋)
障害が発生しているアプリケーション名: Microsoft.Photos.exe、バージョン: 2018.18011.13110.0
障害が発生しているモジュール名: Windows.UI.Xaml.dll、バージョン: 10.0.16299.248
障害が発生しているアプリケーション パス: C:\Program Files\WindowsApps\Microsoft.Windows.Photos_2018.18011.13110.0_x64__8wekyb3d8bbwe\Microsoft.Photos.exe
障害が発生しているモジュール パス: C:\Windows\System32\Windows.UI.Xaml.dll
障害が発生しているパッケージの完全な名前: Microsoft.Windows.Photos_2018.18011.13110.0_x64__8wekyb3d8bbwe

がそれぞれ記録されており、送信したはずの画像もどこにも保存されていない状態でした。

で、いろいろ操作しているうちにエラーが起きない方法が判明。
フォトアプリの設定にあるソースに任意のフォルダを追加すれば良いみたい。
photo3
「Photos Companion」でファイルを送信すると、ここで追加したフォルダの中に「Imported from Photos Companion」というフォルダが作成され、そのフォルダの中に送信されたファイルが保存される仕様のようです。
そのため、フォトのソースに何も登録されていない状態だとエラーで強制終了してしまうのですね。
初期状態ではソースにピクチャフォルダが既に登録されているので普通の人は問題が起きないのでしょう。
登録されているフォルダを手動で消したのは私自身の問題だけど…時間返して(二度目)
ちなみにソースに二つ以上フォルダが登録されている場合は一番上に表示されている(最初に登録している)フォルダにImported from Photos Companionのフォルダが作成されるみたい。


エラーも無事に解決したのでアプリの感想。
スマートフォンの画像をPCにケーブル接続無しで送信できるのは楽で良いと思います。
また、スマートフォンとPCで一対一のやりとりをできるのでネットワーク共有やNASなんかの知識も不要だし、セキュリティ的にも手軽で安全。
問題点を挙げるならば、ファイルを送信後に再度送信したい場合はQRコードを再度読み込まなければいけないところでしょうか。一手間増えて若干の面倒臭さがあります。
Bluetoothのペアリングみたいな感じで、一度接続したデバイスを記憶してくれると良いのだけれど…。
その一手間があったとしても、このアプリは手軽で良いなぁ〜と個人的には思います。
Windows10なら標準で付属しているフォトアプリを使うというところも魅力的かなと。

以上!