蒼と碧の境界で

― the Elysium of sinners ―

『解夏』

今回読んだ本。
さだまさしさんが書いた『解夏』。
解夏 (幻冬舎文庫)解夏 (幻冬舎文庫)
さだ まさし

幻冬舎 2003-12
売り上げランキング : 29391

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
昔、「愛し君へ」というドラマになってましたね。
菅野美穂と藤木直人が主演でフジテレビの月9でやってたはず。
森山直太朗の主題歌が結構好きだったんだよなぁ。
僕が高校生の時、勉強しながら見てた記憶があります。
たしかドラマが終わる頃にこの本を買った記憶が…。
何年間本棚に眠っていたことになるんだ。。。
映画にもなったと思うが…僕は見てません。
以下、読んだ感想をネタバレありでつらつらと。

続きを読む

『人が生きるということ』

またまたジャンルが変わって、今回は詩集を読んでみました。
西村陽子さんの『人が生きるということ』です。
人が生きるということ人が生きるということ
西村 陽子

新風舎 2007-02
売り上げランキング : 1515396

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
これまた買ったのは二年以上前という…。
どうも僕は買うだけ買って放置することが多いらしい。
…いまさら気付いても遅い?(笑)
以下、感想をつらつらと。

続きを読む

『しずく』

久々の単行本!
読んだのは西加奈子さんが書いた『しずく』です。
しずくしずく
西 加奈子

光文社 2007-04-20
売り上げランキング : 33662

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
たしか一年以上前に、帯に書かれている言葉に惹かれて買った本のはず。
買って以来、ずっと本棚の奥に眠っておりました(笑)
帯に書かれていることも含め、以下にネタバレありの感想をつらつらと。

続きを読む

『オンリー・ミー―私だけを』

前回読んだ本に引き続き、
三谷幸喜さんが書いた『オンリー・ミー―私だけを』を読みました。
オンリー・ミー―私だけを (幻冬舎文庫)オンリー・ミー―私だけを (幻冬舎文庫)
三谷 幸喜

幻冬舎 1997-04
売り上げランキング : 75362

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
三谷氏の他の本の感想はこちら。
→『気まずい二人

前回読んだ対談集が非常に面白かったために、今回も三谷氏の本をチョイス。
…といっても、たしか私がこの本を買ったのは三年以上前だった気が。。。
今さらですが読んでみました(笑)
以下、ネタバレありの感想をつらつらと。

続きを読む

『気まずい二人』

小説じゃない本を読んでました。
三谷幸喜さんが書いた『気まずい二人』です。
気まずい二人 (角川文庫)気まずい二人 (角川文庫)
三谷 幸喜

角川書店 2000-02
売り上げランキング : 29255

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
脚本家として有名な三谷幸喜さん。
この本の内容を簡単に言うならば対談集のようなもの。
人見知りだという三谷氏が様々な女性と対談する様が書かれています。
以下、ネタバレありの感想をつらつらと。

続きを読む
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ソラ
Author : ソラ

twitter