牛海綿状脳症(BSE)の危険性が高いため輸入が禁じられている脊柱(背骨)が、成田空港で検疫手続き中の米国産牛肉から20日見つかり政府は再び全面禁輸措置をとる方針を決めた。背骨は脳などとともにBSEの原因物質が蓄積しやすい「特定危険部位」で、除去の義務づけを条件に昨年12月、政府は米国産牛肉の輸入を再開した。対米関係を配慮して解禁を急いだ政府の対応へ今後、批判が高まるのは必至だ。
ashahi.com

政府は、(ちゃんと考えてる)消費者あるいは検査機関側からの反対を押し切って輸入再開を決めたわけだが、その結果がこれだ!政府はなんて言い訳するのか。圧力をかけてきた米国側はなんて開き直るのか。

ランキングバナー小黒
↑ブログランキングにご協力を

農水、厚生労働両省によると、背骨が混入していた米国産牛肉は同日午前中、成田空港の動物検疫所でみつかった。米国の畜産業者「アトランティック」が東京都の業者向けに輸出したという。390キロ(41箱)の牛肉のうち、55キロ(3箱)で混入が確認された。

再開決定に際しては、米国産牛肉の安全性に対する日本の消費者の不安が根強いことに配慮し、BSEの原因物質が蓄積しにくい肉に限定することを重視。対象を生後20カ月以下の若い牛に限定したうえで、特定危険部位を米国側で取り除くことなどを輸入再開の条件とした。

20日夕、記者会見を開いた中川農水相は「(米国側の責任による)混入が事実とすれば輸入プログラム違反であり極めて遺憾。きちっと調査をして、米国政府に厳重な申し入れをしたい」と述べた。

中川農水相は小泉首相に「国民の食に対する安心を確保することが大事だ。米国にしっかりした対応を求める」と報告し、安全性が確認されるまで輸入を再び全面停止する方針を伝えた。小泉首相は記者団に「再開したばかりなのに残念ですね」と述べ、中川農水相に対しては、川崎厚労相ともよく協議し、適切な対応をとるよう指示したことを明らかにした。

ジョハンズ米農務長官は、訪米した中川農水相との13日の会談で、牛肉輸入条件を生後30カ月まで緩和するよう要請。2年間の禁輸期間中に豪州やニュージーランドに奪われた日本市場を取り返すため、官民挙げて米国産牛肉の売り込みに力を入れている。

小泉首相の発言「再開したばかりなのに残念ですね」はなんとも肩透かしな感じ。一国のトップの発言としてはなんともマヌケな感じだ。
中川農水相が言うように、これは違反なんだ。なんの?日米間の信頼に対する‘違反’であり、‘裏切り’だ。

輸入再開のそもそもが信用ならなかった。安全性が何も立証されてない。「アメリカ人も食ってるんだから安心だ。」 なにそれ?