#久しぶりに読み応えのあるコンサルティングレポーターを発見した。

英国会計士ということだが、著書にはロシアビジネスの会計書もある。次の日経ビジネスオンラインのシリーズレポートでは、欧州、中東欧のほとんどの国のビジネス環境を、彼の独自のビジョンで展開している。

ビジネス経験、基礎情報ともにかなりの力量があるのだろうなあ、と思わせる書きぶりだ。興味のある人が数人集まれば、ブロッグ上で合評してみたい。

日経ビジネスオンラインにはトラックバックもついているので、著者との議論も可能であろう。


NBonlineトップ>投資/金融>知られざる欧州の素顔
http://business.nikkeibp.co.jp/article/money/20070926/136001/

環境、会計、品質そして通貨――。今や、様々な分野で欧州の存在感が増している。欧州の動向を知らずして、ビジネスで大きな成功を収めることは難しいといっても過言ではない。その欧州もEU(欧州連合)のみならず、日本にとってなじみの薄い国々でも、大きな変化が起きている。米国や昨今は中国に目が向きがちな日本人に、変貌する欧州の姿をお届けする。

スティーブ・モリヤマ
英国勅許会計士(FCA)

EU(欧州連合)の首都ブリュッセル在住の作家兼外資系ビジネスマン。ロシアを含む欧州28か国で日系企業に進出・再編指南を行う。著書は訳書を含めると10冊を数え、近著に『日系企業のためのロシア投資・税務会計ガイドブック』(中央経済社)や『人生を豊かにする英語の名言』(研究社)、『ユダヤ人成功者たちに秘かに伝わる魔法のコトバ』(ソフトバンク)などがある。
本人のウェブサイトはこちら
http://www.geocities.jp/stevemoriyama/