#無駄なエネルギーをなんとかプラスに転じて欲しい。

米国人が消費している一人当たりのエネルギーは日本人の2倍、最も貧しい国の人々の数十倍はある。選挙で膨大なお金もエネルギーも使い果たして、オバマ選出ならばヒラリー隠居のように、一方の勢力がまったく消滅するとは、これこそエネルギーの無駄づかい。同じエネルギーを発展途上国にむければ助かる人はおおいぞ。

オバマ大統領、ヒラリー副大統領のドリームチームを目指すんじゃなかったのか??


引導渡され撤退=副大統領候補案に反対論も−米クリントン氏
(時事通信社 - 06月05日 17:01)
 【ワシントン5日時事】米大統領選の民主党候補指名争いで敗れたヒラリー・クリントン上院議員は、バラク・オバマ上院議員の指名確定から4日後の7日にようやく撤退を宣言する。進退の表明を先送りしていたクリントン氏は、11月の本選挙に向けた結束固めを重視する党幹部だけでなく、自派の議員からも引導を渡された。同氏を副大統領候補とする案への反対論も噴き出し、包囲網は狭まっている。
 民主党内には、オバマ氏の指名確定直後にクリントン氏が敗北を認め、オバマ氏への支持を表明する「英断」への期待があった。しかし、クリントン氏は3日夜、進退の判断を数日間先送りする意向を表明。党の結束に貢献する気があるのか疑義が生じた。
 ディーン全国委員長やぺロシ下院議長ら党指導部は4日、連名で声明を出し、「有権者は意思を示した」と指名争いの終結を認定。「党員は本選挙に全精力を傾注しなければならない」と呼び掛けた。クリントン氏は自らを支持する下院議員団と電話で対応を協議したが、米メディアによると、早期撤退を促す声が相次いだという。