#サラゴサで、万国博覧会。

愛知万博はどうして愛知でどういう風に環境テーマがきまったのか、もはや、なんにも思い出せないが(トヨタのカネでトヨタが環境アピールをしたという以外なにかあったっけ???)、サラゴサ周辺は地元の水問題がホットなので、テーマと場所のマッチングが良い。まあこれも、水道事業関連の企業がバックについているのだが。

世界水フォーラムというのがあって、文字通り世界中の水問題関係者があつまり、国連などの開発デザイナー・プランナーの下、ものすごい数の参加者となる。2006年にメキシコで開かれ、来年2009年にトルコ・イスタンブールで開かれる。今回のサラゴサ万博は、さしずめ来年の世界水フォーラムの前哨戦だろう。