臨死の夢の真相

この出来事がきっかけで
私は「臨死の夢」のことを
霊能者に質問することにしたわ

この頃までに、自分の中で
あれは夢ではないし
自分の臨死体験でもないと
整理がついていたのよ

あれは、5歳で病死した姉が体験したこと

それから、あれほど強く私を苦しめていた
死んだ人の記憶も感覚も、この頃までに
ほとんど忘れるくらいになっていたから

だから、ほうっておいても
このまま記憶はどんどん薄らいで
消えていくように思っていたのよ

だって、私は祝福家庭になったのだもの

この記憶がすっかり消えたなら
私はごく普通に残りの人生を
送れるような気がしていたわ

でも、わかったつもりで済ますのじゃなくて
本当に理解しなくてはいけないことがあると
そう思ったのよ

姉の死の前後の記憶が
なぜ、私に残ることになったのか

本当のことを理解するべきだと思ったの

答えは
やはり統一教会で教育を受けた人なら
知っている内容だったわ

でも、私にはその言葉の意味することを
心の奥深くで納得して理解するために
とても長い期間が必要だったわ

霊能者はこう答えたのよ


「あなたのお姉さんは
亡くなって肉体を離れた直後に
あなたの中に入ってしまったのよ

あなたが感じて記憶している思いは
死の直前と死後
お姉さんが体験して感じた内容よ」


多くの霊人は
天国にも地獄にも行くことができないで
後孫の中に入ってしまって

病気にさせたり、不運を引き起こしたりして
後孫を苦しめることになるのよ

そうして、不幸なまま死んだ後孫は
さらに、後孫の中に入って・・・

この不幸のループはどこまでも終わりがないのだわ

このループを終わらせることのできる
たった一人の方と出会うまで


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ


私のもうひとつのブログ
Unificationism(統一教)の真実


幼なじみ

その冷気はしばらく・・・
30分くらいかしら? で消えたわ

わいてくる思いに
気をつけるように言われたけれど
特別な感情はおこらなかったわ

気をつけるように注意されて
意識していたからと考えるべきなのだけど
この凍死した霊を悪者と考えられない私が
今でもいるのよ

もしかするとこう思うこと自体が
霊の意識にシンクロしてしまっていると
いうことなのかもしれないのだけれど

この子は自分がここにいると
気が付いてもらいたかっただけ
だったように思ってしまうわ

あのタイミングで現れなかったなら
年寄りの昔話と聞き流してしまって
きっと、わからなかったでしょう?

母は、私が突然、寒いと言い出して
霊能者に電話をかけ始めたから

引き込まれて、蔵で死んだ子の
名前と命日を教えてくれたけれど

そうでなかったら
絶対に凍死した子のことを
認めなかったと思うわ

100年以上も昔の話と言ったって
人聞き悪いじゃない

それとね、私、子供の頃に
この子を夢で見て知っていたわ

うちの倉庫の中に子供たちが
住んでいる夢を何回も見たのよ

その子は夢の中で私に言ったわ


「親たちがここに住むように決めたんだよ

もう、親たちは母屋にはいなくて
知らない人たちが住んでいる

君もここに住むようになったんだね」


だけど、私は子供で死んだわけじゃなかったわ


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ


私のもうひとつのブログ
Unificationism(統一教)の真実


憑依から身を守るには

これは霊能者が言った
凍死した人に間違いなかったわ

見つけられるはずがないと思っていた
その人を見つけたのよ

なんてこと、我が家の伝説の中にいたのよ

凍死した人がいるはずと言われた時に
うちの家系に凍死した人なんかいないと言った
その母が、よく知る伝説の中に

その上、わけのわからない霊現象に遭って
全身が冷たさに包まれてしまって

ひょっとすると凍死した霊に取り付かれて
私も凍えて死ぬところだったかもしれないのだけど
私はとても冷静だったと思うわ

私はすぐに霊能者に連絡を取ったわ

この霊能者は、解決方法も知っているのだと
私は確信していたのよ

できる限り早く清平の役事に行って
特別解怨してあげるから、それまでの間
天運石の中で待つように祈って
その霊に伝えて理解させるようにと
霊能者は教えてくれたわ

それから、この後、どんな感情が起こっても
それが本当に自分の感情なのかよく吟味して
自分の感情でないなら
相対しないようにと言ったわ

実はどちらも、統一教会のひとなら
誰でも知っている内容なのよ

普段【憑依】なんてことが
自分の身に起こるとは考えないけどね


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ


私のもうひとつのブログ
Unificationism(統一教)の真実


livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ