土曜日、東京メイン・青葉賞。
井崎脩五郎先生の理論とは…。
キャリア3戦以上で、2つ以上の勝利がありそのうち1つは芝での勝利。前走がオープンクラス出走で5着以内、条件戦なら大差勝ちしていること。
条件に当て嵌まったのが勝浦「エルソルダード」だったが、他にもいました。勝った幸四郎「ヒラボクロイヤル」でした。
馬柱を見ると、エルソルダードの前走水仙賞1着というのは、特別賞といっても500万条件だった。しかも0.2秒差では大差勝ちでなかった。
ヒラボクロイヤルは、前走毎日杯(G掘砲僚転沺しかも2着入賞。軸はこっちだったトレース後に気がつきました。  ・・・反省・・・。
でもこの理論は使えます。

天皇賞は惜しかった。
全てはアイポッパーの出遅れだった。先週からアンカツが「前目の競馬になる」と伏線を張ったからか。しかしアンカツの戦略では実際は好位差しを狙っていたらしい。
伏線のせいか、他陣営が前に殺到、しかも1ハロン11秒代が続出。これでは脚を溜められないし、前にいけない。上がり3ハロンでは秀逸の34秒2を叩いたが届かなかった。最初の3コーナーまでに7位くらいにいることが出来なかったスタートの出遅れが全てであった。しかもテレビ「スーパー競馬」で井崎脩五郎先生が「アイポッパー」を推した。この時点で「アイポッパー」に勝ち目が無く馬券は外れていた。
井崎先生、頼むから予想を被せないで・・・。
しかし、京都の芝なら・・・、と推したエリモエクスパイアが11番人気の人気薄で2着。やはり京都の芝がこの馬にはあっている。読みは合っていた。これは覚えておこう。
3着入選の池添「トウカイトリック」。ゲート入り後、馬が嫌がって騎手が下馬して再ゲート。こういうときの馬は絶対に走るのだ。他のレースでもゲートで嫌がった馬がいれば要注意。でもその時点では馬券は締め切られているからね。
やられた感が強く残った、天皇賞でした。

日曜日、東京メイン・スイートピーステークス。
予想発表はしませんでしたが、見事キの三連複12650円を獲得。
ここは松田聖子の「赤いスイートピー」。赤い3枠がくることで有名。天皇賞の影で赤枠3枠5番の万馬券ゲットさせていただきました。

これで今月は、万馬券5回。
前週・前々週と中3週間万馬券と出会えなかったから、非常に嬉しい。
4月は、万馬券5回で終わり。

来週はNHKマイル(G機法
でも田植えがあるので馬券投票できませんので予想もしません。あしからず・・・。