囁き(うたかた)♪

旧 *Lotus Gate blog
麻井シキは詩を書かない( ,,Ծ ◡ Ծ,,)

〈2018-02-27〉
私の欲望を知っている 小人が首を吊る
私の欲望を知っている
私の腫れた膝をゆっくり
そこに座って
ここにあなたはいない
月を世界を干渉する気になったか
私の耳が首を吊る
20180227 麻井シキ

〈2018-02-26〉
飢える、夜の川
夜に歩く
由来のしらない体感の定型 疎遠になるはずだ
高架の道路、由来の
しらない好感の定型。
どれ
だけ詩を繰り
返しても何も気付きはしなかった
どれだけ生きても
善いことはすべて逃れ繰り返さず
 川に沈んだ体に憧れら
言葉は夢想を拒否できず
夢想は言葉をおもい起こさず

恐怖して死のうが安楽に死のうが死ぬ
永遠はまだとおいだろう
私の心の絶対
有限なのに生きてきてしまった、失敗するあいまい
絶対は、永遠が来れば何も起こらなくなる
20180226 麻井シキ

〈2017-??-??〉
明日の言葉を考えてねむる
「おはようミミィ」
幸せになる呪文存在様式存在様式
 人の生き方
毎日空を見ることと毎日空を見ることの意味と毎日寝ることと毎日寝ることの意味と
私を殺したことの意味
2017???? 麻井シキ

〈2017-02-13〉
コーヒー コーヒーを作る人 コーヒーの木を作る人
わたしにはなんにも関係なかった
わたしはコーヒーをのんで世界を否定した

普遍的なことだけをわたしは話せるとおもった
わたしはわたしにとって秘密 雨だれの光沢な雫の水
秘密を暴ければわたしは全能だ
誰にも話していないことだけがわたしの言葉だった
私だけに隠して書いたことの先には世界があった
世界にはともだちも父も母も蛙も秋もいた

 へだてられていないことだけがそこには
 なかった

人々が決まった言葉を言うときわたしはその言葉の決まりは
わかるけど その言葉の文字通りの意味を知りたくって
立ち留まる                             百円玉を数え
                                  て砂糖水を買
やがてばらばらになって消え失せてしまう               う手のしぐさ
わたしの生きることの意味                      と 明日もま
                                  た会う友達は
みんなわたしに会話してわたしの意味を知っている           水玉模様の論
わたしはわたしの意味の決まりを知っているし             理と星砂と糸
意味が決めたとおりにわたしの心もつくっているけど わたし      の繋がった緑
の生きることの文字通りの意味を知りたくって地団駄をふんだ
社会は一人でいることの意味も知っているから
わたしは一人になってはいけない
わたしは一――
人のわた――
しではない    わたしくしはともだちも知らないし父も母も蛙
         も泥水もわたしも知らない
20170213 詩 Advent Calendar 2016 1225 麻井シキ

〈2017-02-12〉
なんで心配するの
わたしはここで心配しているしかないのに
人のことを気にしてだされた言葉
   だいじょうぶ?
     わたしはなにもできないけど
       がんばって
わたしはそんな言葉とたたかわなきゃいけない

社会に消え去った言葉はそこで消え去ってしまえばよかった
人間のふりを演技した言葉はそこからでてこられなかった
わたしは人のことを気にしちゃいけない

冷たくなって終わる宇宙の話を聞いた わたしはいづれ死ぬ
星々はバラバラに散って暗がりに無限に冷たくなってゆく
生き永らえた最後の人々は無限に冷たくなってもう誰も自分を受け継
ぐ人がいないことを知りながら生きるのをやめる
私を受け継ぐ人が誰もいないことを知りながらわたしはいづれ死ぬ
元気だして だいじょうぶ?
わたしはなにもできないけど
わたしをなぐさめた言葉をわたしはゆるさなきゃいけない
なぐさめた人の無力をクズ籠に捨ててわたしはすべてをゆるしている
絶望が演技している 明日は平和だ
人間のnの力が神をうみだした 最後の人は神を信じながら死ぬ
                自分が知らないことを信じながら死ぬ
                わたしはわたしをうみだしたから神はいない

文明たちの前ではすべてが滑らかでつるつる
わたしは明日を生きてゆくことを知っている 一人の人っぽくふるまえてる
なにも正しいことを知らないから
わたしはびちゃびちゃに分かれてる
わたしを組みあわせる言葉、は罪だから
なにも光もひとときの輝きも与えない
わたしは絶望を毎日やる
20170212 詩 Advent Calendar 2016 1224 麻井シキ

このページのトップヘ