LOTUS第28号

 目  次  
【巻頭随筆】
人間から遠く離れて …………………………………………………………… 九 堂 夜 想
【特別作品】
  祝 福 ………………………………………………………………………… 古 田 嘉 彦
  茜色の久遠 …………………………………………………………………… 吉 村 毬 子
【特集/LOTUSレポートI─九堂夜想俳句作品評】
  九堂夜想五〇句 ……………………………………………………………… 九 堂 夜 想
  天元の劫をゆく鷹 …………………………………………………………… 流  ひ さ し
  虚構と幻想の論理 ─眠れぬ夜想曲─ ………………………………………  表  健 太 郎
  Que de janus ─五十のQ資料批判抄 ………………………………………… 鈴 木 純 一
  「九堂夜想の五〇句」についての文章形態分析
             ─助詞詰め俳句を中心に …………………… 北 野 元 生
【作  品】           
  三枝 桂子、酒卷 英一郞、志賀 康、鈴木 純一、曾根 毅、豊口 陽子、流 ひさし、丑丸 敬史、表 健太郎、北野 元生、九堂 夜想、熊谷 陽一
【評 論】
永劫の縄梯子 ─野の借り物暮し攷─ ………………………………………… 救仁郷由美子
【LOTUS作品評(第27号より)】
LOTUSは何処へ ………………………………………………………… 丑 丸 敬 史
27号作品読後随想…………………………………………………………… 曾根 毅


第28号(フォト)
表紙装丁・デザイン=表 健太郎


【特別作品】古田嘉彦「祝福」より
  雪原にヴァイオリン弾き集め恢復期 
可燃性は睡眠 刺し傷 雨の点滴
感染症=蝶のまま濃縮される 
葛の原 攻撃性をみずみずしくして

【特別作品】吉村毬子「茜色の久遠」より 
水椀(みずまり)のまろきを酌むや方違へ 
翁振り北に菜の花浄土かな 
睡蓮を鬼また散らすひめなそび 
水剖れてとうとうたらり羽が降る

【作品】三枝桂子「伊呂波考」より 
星老いる日の大蛤を生みぬ 
さかさまの鳥の遊びや藤垂れる 
くちなしに溺れたる日の黒指紋

【作品】酒卷英一郎「阿哆喇句祠亞」より 
火の百合の
虎頭を
いつか降りる人

何丸の眉間か
なんの
穂綿浮く 

囮籠
算術師
いま駑馬を消す


【作品】志賀康「野蒜噛む」より
 霊山やどの生き物も胸動き 
熊に二を人には一を終の樹果 
万年の未完言語やはねかくし

【作品】鈴木純一「Spells & Scrolls」より 
あをあらし讀みは三手をよしとせよ 
おのづから羂索堂や後の月 
ねぢのはな世界はずつとこのままに在る

【作品】曾根毅「指先」より 
昼過ぎにして衰えし鶯よ 
蓬莱を机の上で愉しめり
 冴返るいつもの山が遠く見え

【作品】豊口陽子「笹の家」より 
人形の忽と出入りや笹の家
藪甘草の仮象を問うや火の中に 
東の海へ経一巻を捧げねば

【作品】流ひさし「一」より 
春の水かわいて春ののこりけり 
紫陽花の外をもれなく雨降れり 
太陽のうしろを雲は流れざる

【作品】丑丸敬史「シドニアの騎士」より 
天地いまだかたまらずして冬すみれ 
にはたづみ天にもありてゆあみせん 
くえびこの天にかへれば桃のはな                                         

【作品】表健太郎「天地論」より 
蓮の根を掴めば大地昇るかも 
地を踏めば声前はるか大母音 
麦踏みて上がる雲雀の音符なれ

【作品】北野元生「ピアノ協奏曲」より 
リラ冷えやピアニッシモ即Dマイナー 
黙圧黙示蹌踉としてチェロを溶く 
オーボエの髑髏の紋の和聲樂

【作品】熊谷陽一「風枕(かぜまくら)」より 
手の灰を吹く 女は橋のように朽ち 
青壁に骨吊りおけば風枕 
鳥消えてまず完璧な空となる

【作品】九堂夜想「ラピス」より 
フリュートや亡し風眼の騎手にして 
冥婚の雨はオルガン地方より
蛇立つや重力レンズ越しの掌(て)を

(九堂夜想 選)

問い合わせ/作品送付先
〒338 -0003 さいたま市中央区本町東7 -6 -11
LOTUS事務局 酒卷英一郞宛  E-mail: sakamakie@jcom.home.ne.jp