■句会参加者(計23名)
《LOTUS》丑丸敬史、表 健太郎、北野元生、九堂夜想、熊谷陽一、三枝桂子、酒卷英一郎、鈴木純一、高橋比呂子、古田嘉彦、松本光雄、無時空 映
《一般参加者》青山酔鳴、井東 泉、今泉康弘、上田 玄、浦 邉、舟、田沼泰彦、藤川夕海、梵、山口可久實、山田千里


■最高点句(6点)

牛行くに遅れて進む牛の腸(わた)        表 健太郎

ほか、次の作品に点数が集まった―

春深し幾たびも山入水せし             丑丸 敬史

へみときにどもりくぐもりけぶりたつ      舟


以下、投句参加者の作品一句―

代理母探せば匂ふ夕桜             青山 酔鳴

首筋をヒョイと抜けたり蜃気楼         井東 泉

飛石を一つ飛ばして春隣            今泉 康弘

かわたれの
藍に塗れて
充ちゆくは
麦                      上田 玄

雲雀野は日を入れてより目を開く         丑丸 敬史

向こうから見知らぬ花車の気配          浦 邉

ダンテ忌の中庭に犬迷ひ込み           表 健太郎

キミは砂表層はまだ安部公房                        北野 元生

人と日と異なる時を鳥や雲                       九堂 夜想

北門に翼無きもの残さるる             熊谷 陽一

水狩りの東風に万波裏返る             三枝 桂子

言語成る
つひ暗がりの
轉び寝に                     酒卷英一郎

雄蕊雌蕊裸形の月にふぶかれて           舟

かの者は花盗人や肩ゆりて                               鈴木 純一

あやとりの盃はなみだでいっぱい             高橋比呂子

弥陀(みだ)
彼岸(ひがん)の戎草(えびすぐさ)
穢土(えど)の弥撒(みさ)              田沼 泰彦

花速し大地は軸に回とふ              藤川 夕海

梢に停泊するヨット 水溶性の舵手                      古田 嘉彦

春の猫あらや識から嚏する                          松本 光雄

烟うつす春の羊水まにあわず            無時空 映

春の秘を
生まれ故郷に

捨てに行く                     山口可久實

啓蟄に落とした鍵が見つからない           山田千里



■LOTUS会合予定(2017年)
5/20(土)王子「北とぴあ」801号室(13:00~17:00) 
     第13回「50句合評会」出句者/無時空 映
(原則同人限定ですが、参加希望者は御一報下さい。)

6/24(土)王子「北とぴあ」801号室(13:00~17:00)
     句会 ※投句締切り 5月24日(水)

7/29(土)王子「北とぴあ」804B号室(13:00~17:00)
       第12回「『去来抄』を読む会」

8/19(土)王子「北とぴあ」 802A号室(定員27名)午後(13:00~17:00)
     句会 ※投句締切り 7月19日(水)



【LOTUS句会/見本誌希望/同人参加希望の方へ】
LOTUS 句会 〜一般参加、歓迎〜
日時 偶数月(原則)第四土曜日 午後1時〜5時(※あらめて下記宛にお問い合わせ下さい)
会場 王子「北とぴあ」(JR 王子駅より徒歩5分)
出句 三句(三句選)/会費1000円

■句会参加者は、あらかじめ奇数月二十日までに句会幹事(酒卷英一郎宛)へ作品三句をご投句(郵便、Eメール等)ください。後日、句会幹事より清記表・選句用紙が送られます。事前に選句(三句選)を済ませ、句会当日に清記表・選句用紙をご持参ください(出席不可の方は、句会前日までに句会幹事へ選評をお送りください)。また、見学のみも可能です。

「LOTUS」は句会および批評活動を通して〈詩〉としての俳句の可能性を追求する現代俳句グループです。偶数月に句会、奇数月に研究・合評会を行い、実作・評論の充実を図りつつ俳句への熱量を高めていくことを旨としています。同人参加を希望される方は、随時、自作の俳句作品二十句に略歴を添えて、下記事務局までお送りください。追って、ご連絡いたします。

句会投句先/同人参加向け作品送付先/その他、問い合わせ
〒338-0003 さいたま市中央区本町東7-6-11
LOTUS事務局 酒卷英一郞宛  E-mail: sakamakie@jcom.home.ne.jp