【マターリ】電車で腹の立つこと 84両目【乗りたい】http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1379232859/

14: おさかなくわえた名無しさん:2013/09/17(火) 12:05:12.68 ID:

自分は頻繁に呼吸がしづらくなる人間で、そんな時に電車で立つと大抵体調が悪くなる
その日も呼吸がしづらかったのでできれば座りたかった

前に並んでいた母娘(50代と30代くらい)の母は
ささっと二人掛けの席に座ったが娘はもたもたと座らなかったので
不意打ち気味になるかと思ったが若いしいいかと思って母の隣に座った
そしたら母の方が娘に席を譲れと言う
私は呼吸がしづらく長くしゃべれないので「そうですか」と言い譲らなかった
すると娘がいらっとした態度で私と母の間にかばんを置いた

その後10分強の乗車時間、私への罵倒を二人でしていた
70代のお婆さんが立ってたのでその人に譲れよとかも言われたけど
お婆さんには悪いが他にも高校生やら私と同じかより若い人がいたので私が譲る理由はないと考えてしまった

降り掛けには少し回復したので「若いので譲らなくていいかと思いました、
若いのにもしかしたら体調も悪いのかもしれないとか考えないんですね、すごいですねー」と言って降りた
「お婆さんに譲れよ!」
とか真っ当な言葉も言われつつ怒鳴られたが、
それは私以外の人にも言えばいいじゃないと思ってスルーした
体調がいいときは譲る方だがたまに体調不良気味で座るとこの有様かと悲しくなった
15: おさかなくわえた名無しさん:2013/09/17(火) 12:09:13.87 ID:

譲れなどと命令される筋合いはない
18: おさかなくわえた名無しさん:2013/09/17(火) 14:35:52.84 ID:

>>14

自分も似た経験をした。
自分はヘルニアなんでなるべく混んでる電車は乗らないようにしてるんだけど、
仕事の関係ですし詰めまではいかない満員の電車に乗った。
その時に途中から乗ってきた60過ぎ位と40代位の親娘。
娘の方が母親を庇うように横向きで立って自分にバッグをぶつけてくるし足元にショッピングバッグを置いていてこっちの足に取手が当たる。
身をよじってもスルーされてた。

具合は悪くなるし足元にバッグがあるから立つにも苦労するしで辛かった。
やっと自分の前の席が空いたから座ろうとしたらその娘がブロックしかけてきた。
かろうじて座ったら若いのにうんぬん二人で言ってたけど、他の座ってる人も若い人がいたし、元気はつらつにベラベラ話してる親子に譲るいわれはない。
19: おさかなくわえた名無しさん:2013/09/17(火) 18:06:14.27 ID:

自分勝手で他人を不快にさせる人間が多くて疲れるね
私もその一人かも知れないが気をつけて生活するよう気を付けよう
22: おさかなくわえた名無しさん:2013/09/17(火) 19:16:11.78 ID:

親と電車に乗ったことあったけど、席空いてても親が一切座ろうとしないから自分もずっと立ってたな…
ねえ、あそこ空いたよ。座りなよって言っても大丈夫。の一言だけ
親子共々席に執着するなんて醜いね と言ってみる。
24: おさかなくわえた名無しさん:2013/09/17(火) 19:31:38.10 ID:

自分も腰痛持ちだからわかるよ
大体健康でせいぜい10分しか乗らないやつが
でかい顔して「席に執着云々」って
何様?

それに座席は早い者勝ち
もたもたしてなかなか座らないなら
割り込んでもいいと思う
すぐに座ろうとしてたんならダメだけど。
まぁ「ここいいですか?」の一言は必要だと思う。
おすすめ記事
娘のスマホ、深夜禁止されているのに使ってたからぶっ壊してやった
通勤電車にて妊婦「…うぅ」 俺「…」 妊婦「すみません」 俺「はい?」
【女子が語る】ダメすぎる男子必見! 彼女に好かれる彼氏になる8つの方法
【知ってた?】意外と知られていない?車の給油口は右か左か一発で分かる方法判明へへ
プリパラやってたら通報された
同期「えーとじゃあ一人4200円ね」俺「は?」後輩「・・・」
お前らにとって37歳の独身女ってどういう印象?
【悲報】 「 雲丹 」 ← ゆとり世代正読率5%wwwwwwwwwwwwwwwwwww
「金糸雀」←これが読めたら漢検準1級レベルらしい
ゆとり「おこめ1合って何gなんですか?」←wwwww
おすすめサイト記事

おすすめ記事2
近所の居酒屋で朝飯食べてきた 旨かった これでいくらだと思う?
【女子が語る】ダメすぎる男子必見! 彼女に好かれる彼氏になる8つの方法
「あーもうこいつ無理」ってなる友達の行動
正直この画像の左の方が好きな奴wwwww
子持ちBBA出勤当日「すいません。子供が熱出しちゃったんで休みます」